Microsoft。HDInsight クラスター 2018-06-01-preview

Bicep リソース定義

クラスター リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはHDInsight/clusters リソースを使用して、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.HDInsight/clusters@2018-06-01-preview' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  tags: {
    tagName1: 'tagValue1'
    tagName2: 'tagValue2'
  }
  identity: {
    type: 'string'
    userAssignedIdentities: {}
  }
  properties: {
    clusterDefinition: {
      blueprint: 'string'
      componentVersion: {}
      configurations: any()
      kind: 'string'
    }
    clusterVersion: 'string'
    computeIsolationProperties: {
      enableComputeIsolation: bool
      hostSku: 'string'
    }
    computeProfile: {
      roles: [
        {
          autoscale: {
            capacity: {
              maxInstanceCount: int
              minInstanceCount: int
            }
            recurrence: {
              schedule: [
                {
                  days: [
                    'string'
                  ]
                  timeAndCapacity: {
                    maxInstanceCount: int
                    minInstanceCount: int
                    time: 'string'
                  }
                }
              ]
              timeZone: 'string'
            }
          }
          dataDisksGroups: [
            {
              disksPerNode: int
            }
          ]
          encryptDataDisks: bool
          hardwareProfile: {
            vmSize: 'string'
          }
          minInstanceCount: int
          name: 'string'
          osProfile: {
            linuxOperatingSystemProfile: {
              password: 'string'
              sshProfile: {
                publicKeys: [
                  {
                    certificateData: 'string'
                  }
                ]
              }
              username: 'string'
            }
          }
          scriptActions: [
            {
              name: 'string'
              parameters: 'string'
              uri: 'string'
            }
          ]
          targetInstanceCount: int
          virtualNetworkProfile: {
            id: 'string'
            subnet: 'string'
          }
          VMGroupName: 'string'
        }
      ]
    }
    diskEncryptionProperties: {
      encryptionAlgorithm: 'string'
      encryptionAtHost: bool
      keyName: 'string'
      keyVersion: 'string'
      msiResourceId: 'string'
      vaultUri: 'string'
    }
    encryptionInTransitProperties: {
      isEncryptionInTransitEnabled: bool
    }
    kafkaRestProperties: {
      clientGroupInfo: {
        groupId: 'string'
        groupName: 'string'
      }
      configurationOverride: {}
    }
    minSupportedTlsVersion: 'string'
    networkProperties: {
      privateLink: 'string'
      resourceProviderConnection: 'string'
    }
    osType: 'string'
    securityProfile: {
      aaddsResourceId: 'string'
      clusterUsersGroupDNs: [
        'string'
      ]
      directoryType: 'ActiveDirectory'
      domain: 'string'
      domainUsername: 'string'
      domainUserPassword: 'string'
      ldapsUrls: [
        'string'
      ]
      msiResourceId: 'string'
      organizationalUnitDN: 'string'
    }
    storageProfile: {
      storageaccounts: [
        {
          container: 'string'
          fileshare: 'string'
          fileSystem: 'string'
          isDefault: bool
          key: 'string'
          msiResourceId: 'string'
          name: 'string'
          resourceId: 'string'
          saskey: 'string'
        }
      ]
    }
    tier: 'string'
  }
}

プロパティの値

clusters

名前 説明
name リソース名 string (必須)

文字制限: 3 から 59

有効な文字:
英数字とハイフン

先頭と末尾には、文字または数字を使用します。

リソース名は、Azure 全体で一意である必要があります。
location クラスターの場所。 string
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
identity クラスターの ID (構成されている場合)。 ClusterIdentity
properties クラスターによってパラメーターが作成されます。 ClusterCreatePropertiesOrClusterGetProperties

ClusterIdentity

名前 説明
type クラスターに使用される ID の種類。 種類 "SystemAssigned、UserAssigned" には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 'None'
'SystemAssigned'
'SystemAssigned、UserAssigned'
'UserAssigned'
userAssignedIdentities クラスターに関連付けられているユーザー ID の一覧。 ユーザー ID ディクショナリ キー参照は、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft の形式の ARM リソース ID になります。ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}'。 object

ClusterCreatePropertiesOrClusterGetProperties

名前 説明
clusterDefinition クラスター定義。 ClusterDefinition
clusterVersion クラスターのバージョン。 string
computeIsolationProperties コンピューティング分離プロパティ。 ComputeIsolationProperties
computeProfile コンピューティング プロファイル。 ComputeProfile
diskEncryptionProperties ディスク暗号化のプロパティ。 DiskEncryptionProperties
encryptionInTransitProperties 転送中の暗号化プロパティ。 EncryptionInTransitProperties
kafkaRestProperties クラスター kafka rest プロキシの構成。 KafkaRestProperties
minSupportedTlsVersion サポートされている最小 tls バージョン。 string
networkProperties ネットワーク プロパティ。 NetworkProperties
osType オペレーティング システムの種類。 'Linux'
'Windows'
securityProfile セキュリティ プロファイル。 SecurityProfile
storageProfile ストレージ プロファイル。 StorageProfile
レベル クラスター層。 'Premium'
'Standard'

ClusterDefinition

名前 説明
ブループリント ブループリントへのリンク。 string
componentVersion クラスター内のさまざまなサービスのバージョン。 object
configuration クラスターの構成。 Bicep の場合は、 any() 関数を使用できます。
kind クラスターの種類。 string

ComputeIsolationProperties

名前 説明
enableComputeIsolation フラグは、コンピューティングの分離を有効にするかどうかを示します。 [bool]
hostSku ホスト SKU。 string

ComputeProfile

名前 説明
roles クラスター内のロールの一覧。 Role[]

ロール

名前 説明
自動スケーリング 自動スケーリングの構成。 Autoscale
dataDisksGroups ロールのデータ ディスク グループ。 DataDisksGroups[]
encryptDataDisks データ ディスクを暗号化するかどうかを示します。 [bool]
hardwareProfile ハードウェア プロファイル。 HardwareProfile
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数。 INT
name ロールの名前。 string
osProfile オペレーティング システム プロファイル。 OsProfile
scriptActions ロールに対するスクリプト アクションの一覧。 ScriptAction[]
targetInstanceCount クラスターのインスタンス数。 INT
virtualNetworkProfile 仮想ネットワーク プロファイル。 VirtualNetworkProfile
VMGroupName 仮想マシン グループの名前。 string

自動スケール

名前 説明
capacity 読み込みベースの自動スケーリングのパラメーター AutoscaleCapacity
recurrence スケジュールベースの自動スケーリングのパラメーター AutoscaleRecurrence

AutoscaleCapacity

名前 説明
maxInstanceCount クラスターの最大インスタンス数 INT
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数 INT

AutoscaleRecurrence

名前 説明
schedule スケジュールベースの自動スケーリング ルールの配列 AutoscaleSchedule[]
timeZone 自動スケーリング スケジュール時間のタイム ゾーン string

AutoscaleSchedule

名前 説明
days スケジュールベースの自動スケーリング ルールの曜日 次のいずれかを含む文字列配列:
'Friday'
'Monday'
'土曜日'
'Sunday'
'木曜日'
'火曜日'
'水曜日'
timeAndCapacity スケジュールベースの自動スケーリング ルールの時間と容量 AutoscaleTimeAndCapacity

AutoscaleTimeAndCapacity

名前 説明
maxInstanceCount クラスターの最大インスタンス数 INT
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数 INT
time xx:xx 形式の 24 時間の時刻 string

DataDisksGroups

名前 説明
disksPerNode ノードあたりのディスク数。 INT

HardwareProfile

名前 説明
vmSize VM のサイズ string

OsProfile

名前 説明
linuxOperatingSystemProfile Linux OS プロファイル。 LinuxOperatingSystemProfile

LinuxOperatingSystemProfile

名前 説明
password パスワード。 string
sshProfile SSH プロファイル。 SshProfile
username ユーザー名。 string

SshProfile

名前 説明
publicKeys SSH 公開キーの一覧。 SshPublicKey[]

SshPublicKey

名前 説明
certificateData SSH の証明書。 string

ScriptAction

名前 説明
name スクリプト アクションの名前。 string (必須)
parameters 指定されたスクリプトのパラメーター。 string (必須)
uri スクリプトへの URI。 string (必須)

VirtualNetworkProfile

名前 説明
id 仮想ネットワークの ID。 string
サブネット サブネットの名前。 string

DiskEncryptionProperties

名前 説明
encryptionAlgorithm 暗号化のアルゴリズム識別子。既定の RSA-OAEP。 'RSA-OAEP'
'RSA-OAEP-256'
'RSA1_5'
encryptionAtHost リソース ディスク暗号化が有効かどうかを示します。 [bool]
keyName ディスク暗号化を有効にするために使用されるキー名。 string
keyVersion ディスク暗号化を有効にするために使用される特定のキー バージョン。 string
msiResourceId キー コンテナーへのアクセスに使用されるマネージド ID のリソース ID。 string
vaultUri 顧客キーが配置されているベース キー コンテナー URI(例: https://myvault.vault.azure.net string

EncryptionInTransitProperties

名前 説明
isEncryptionInTransitEnabled クラスター間ノード間通信が転送中に暗号化されているかどうかを示します。 [bool]

KafkaRestProperties

名前 説明
clientGroupInfo AAD セキュリティ グループの情報。 ClientGroupInfo
configurationOverride オーバーライドする必要がある構成。 object

ClientGroupInfo

名前 説明
groupId AAD セキュリティ グループ ID。 string
groupName AAD セキュリティ グループ名。 string

NetworkProperties

名前 説明
privateLink プライベート リンクが有効かどうかを示します。 'Disabled'
'Enabled'
resourceProviderConnection リソース プロバイダー接続の方向。 'Inbound'
'送信'

SecurityProfile

名前 説明
aaddsResourceId ユーザーの Azure Active Directory ドメイン Service のリソース ID。 string
clusterUsersGroupDNs 省略可能。 クラスター ユーザー グループの識別名 string[]
directoryType ディレクトリの種類。 'ActiveDirectory'
domain 組織の Active Directory ドメイン。 string
domainUsername クラスターに対する管理者特権を持つドメイン ユーザー アカウント。 string
domainUserPassword ドメイン管理者のパスワード。 string
ldapsUrls Active Directory と通信するための LDAPS プロトコル URL。 string[]
msiResourceId ユーザーの AADDS でクラスター関連の成果物を読み取って作成するためのアクセス許可を持つユーザー割り当て ID。 string
organizationalUnitDN クラスターとサービス アカウントを配置する Active Directory 内の組織単位。 string

StorageProfile

名前 説明
storageaccounts クラスター内のストレージ アカウントの一覧。 StorageAccount[]

StorageAccount

名前 説明
container ストレージ アカウント内のコンテナー。WASB ストレージ アカウントに対してのみ指定されます。 string
fileshare ファイル共有名。 string
fileSystem ファイルシステム。Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
isDefault ストレージ アカウントが既定のストレージ アカウントであるかどうか。 [bool]
key ストレージ アカウント アクセス キー。 string
msiResourceId ストレージ アカウントへのアクセスが許可されているマネージド ID (MSI) は、Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
name ストレージ アカウントの名前。 string
resourceId ストレージ アカウントのリソース ID。Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
saskey Shared Access Signature キー。 string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Apache Spark 1.4.1 を実行している HDInsight クラスターを作成します

Azure にデプロイする
Apache Spark 1.4.1 を実行する HDInsight Linux クラスターを作成します。
ADAM を実行する HDInsight クラスターを作成します

Azure にデプロイする
ゲノム分析プラットフォーム ADAM を実行する HDInsight Linux クラスターを作成します
HDInsight Linux クラスターを作成し、スクリプト アクションを実行する

Azure にデプロイする
テンプレートは、仮想ネットワークに HDInsight Linux クラスターを作成し、すべてのノードでカスタム スクリプト アクションを実行し、環境 var を設定します。
読み込みベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、負荷ベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight Spark クラスターを作成できます。
スケジュールベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、スケジュールベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight Spark クラスターを作成できます。
VNET でのカスタム Ambari + Hive メタストア DB を使用した HDInsight

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、カスタム Ambari DB と Hive メタストアの両方として機能する新しい SQL DB を使用して、既存の仮想ネットワークに HDInsight クラスターを作成できます。 既存の SQL サーバー、ストレージ アカウント、および VNET が必要です。
新しい Data Lake Store とストレージに HDInsight をデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、新しい Data Lake Store とストレージ アカウントを使用して、新しい Linux HDInsight クラスターをデプロイできます。
HDInsight で書き込みを強化した Linux HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure HDInsight で書き込みを強化した Linux ベースの HBase クラスターを作成できます。
HDInsight に Linux ベースの HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure HDInsight で Linux ベースの HBase クラスターを作成できます。
VNet 内に VNet と HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure VNet と、VNet 内で Linux を実行する HDInsight HBase クラスターを作成できます。
VNet 内に Azure VNet と 2 つの HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HBase レプリケーションを構成するために、VNet 内に 2 つの HBase クラスターを使用して HBase 環境を構成できます。
1 つのリージョンに 2 つの VNet を使用して HBase レプリケーションをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HBase レプリケーションを構成するために、同じリージョン内の 2 つの VNet 内に 2 つの HBase クラスターを使用して AN HBase 環境を構成できます。
HDInsight で Interative Hive クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight と依存する Azure Storage アカウントで Interative Hive (LLAP) クラスターを作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名とパスワードです。 SSH 公開キー認証を使用するテンプレートについては、次を参照してください。 https://azure.microsoft.com/resources/templates/101-hdinsight-linux-ssh-publickey/
仮想ネットワーク内の HDInsight に Kafka をデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure Virtual Networkと、仮想ネットワーク内の HDInsight クラスター上に Kafka を作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名とパスワードです。 SSH 公開キー認証を使用するテンプレートについては、次を参照してください。 https://azure.microsoft.com/resources/templates/101-hdinsight-linux-ssh-publickey/
HDInsight クラスターと Confluent スキーマ レジストリ ノードをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、スキーマ レジストリ エッジ ノードを使用して Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 詳細については、「/azure/hdinsight/hdinsight-apps-use-edge-node」を参照してください。
ストレージと SSH パスワードを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight と依存する Azure Storage アカウントで Linux ベースの Hadoop クラスターを作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名とパスワードです。 SSH 公開キー認証を使用するテンプレートについては、次を参照してください。 https://azure.microsoft.com/resources/templates/101-hdinsight-linux-ssh-publickey/
Linux に HDInsight をデプロイする (Azure Storage、SSH キーを使用)

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 このテンプレートでは、Azure Storage アカウントも作成されます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名/公開キーです。
HDInsight (既存の Hive メタストア、SSH、vnet 上の Linux)

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Linux を実行する HDInsight クラスターを、既存の Hive メタストアと仮想ネットワーク上に作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名/パスワードです。
エッジ ノードを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、空のエッジ ノードを使用して Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 詳細については、「/azure/hdinsight/hdinsight-apps-use-edge-node」を参照してください。
既存の既定のストレージを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight で Hadoop クラスターを作成できます。 クラスターでは、既定のストレージ アクセスとして既存のストレージ アカウントが使用されます。
既存のリンクされたストレージを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight と依存する既定のストレージ アカウントで Hadoop クラスターを作成できます。 このテンプレートでは、既存のストレージ アカウントもリンクされます。 通常、リンクされたストレージ アカウントにはビジネス データが含まれます。
HDInsight クラスターと SQL データベースをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、SQoop をテストするための HDInsight クラスターとSQL Databaseを作成できます。
TLS バージョン 1.2 以降の HDInsight クラスター

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、TLS プロトコルを 1.2 以降に適用した HDInsight クラスターを作成できます。
R-server HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight 用の R Server を使用して Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 このテンプレートでは、Azure Storage アカウントも作成されます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名/パスワードです。
セキュリティで保護された VNet と HDInsight クラスターを VNet 内にデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure VNet と、VNet 内で Linux を実行している HDInsight Hadoop クラスターを作成できます。
Azure HDInsight に Spark クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure HDInsight で Spark クラスターを作成できます。
VNet に Spark クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、VNet 内に Azure VNet と HDInsight Spark クラスターを作成できます。

ARM テンプレート リソース定義

クラスター リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはHDInsight/clusters リソースで、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.HDInsight/clusters",
  "apiVersion": "2018-06-01-preview",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "tags": {
    "tagName1": "tagValue1",
    "tagName2": "tagValue2"
  },
  "identity": {
    "type": "string",
    "userAssignedIdentities": {}
  },
  "properties": {
    "clusterDefinition": {
      "blueprint": "string",
      "componentVersion": {},
      "configurations": {},
      "kind": "string"
    },
    "clusterVersion": "string",
    "computeIsolationProperties": {
      "enableComputeIsolation": "bool",
      "hostSku": "string"
    },
    "computeProfile": {
      "roles": [
        {
          "autoscale": {
            "capacity": {
              "maxInstanceCount": "int",
              "minInstanceCount": "int"
            },
            "recurrence": {
              "schedule": [
                {
                  "days": [ "string" ],
                  "timeAndCapacity": {
                    "maxInstanceCount": "int",
                    "minInstanceCount": "int",
                    "time": "string"
                  }
                }
              ],
              "timeZone": "string"
            }
          },
          "dataDisksGroups": [
            {
              "disksPerNode": "int"
            }
          ],
          "encryptDataDisks": "bool",
          "hardwareProfile": {
            "vmSize": "string"
          },
          "minInstanceCount": "int",
          "name": "string",
          "osProfile": {
            "linuxOperatingSystemProfile": {
              "password": "string",
              "sshProfile": {
                "publicKeys": [
                  {
                    "certificateData": "string"
                  }
                ]
              },
              "username": "string"
            }
          },
          "scriptActions": [
            {
              "name": "string",
              "parameters": "string",
              "uri": "string"
            }
          ],
          "targetInstanceCount": "int",
          "virtualNetworkProfile": {
            "id": "string",
            "subnet": "string"
          },
          "VMGroupName": "string"
        }
      ]
    },
    "diskEncryptionProperties": {
      "encryptionAlgorithm": "string",
      "encryptionAtHost": "bool",
      "keyName": "string",
      "keyVersion": "string",
      "msiResourceId": "string",
      "vaultUri": "string"
    },
    "encryptionInTransitProperties": {
      "isEncryptionInTransitEnabled": "bool"
    },
    "kafkaRestProperties": {
      "clientGroupInfo": {
        "groupId": "string",
        "groupName": "string"
      },
      "configurationOverride": {}
    },
    "minSupportedTlsVersion": "string",
    "networkProperties": {
      "privateLink": "string",
      "resourceProviderConnection": "string"
    },
    "osType": "string",
    "securityProfile": {
      "aaddsResourceId": "string",
      "clusterUsersGroupDNs": [ "string" ],
      "directoryType": "ActiveDirectory",
      "domain": "string",
      "domainUsername": "string",
      "domainUserPassword": "string",
      "ldapsUrls": [ "string" ],
      "msiResourceId": "string",
      "organizationalUnitDN": "string"
    },
    "storageProfile": {
      "storageaccounts": [
        {
          "container": "string",
          "fileshare": "string",
          "fileSystem": "string",
          "isDefault": "bool",
          "key": "string",
          "msiResourceId": "string",
          "name": "string",
          "resourceId": "string",
          "saskey": "string"
        }
      ]
    },
    "tier": "string"
  }
}

プロパティの値

clusters

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft。HDInsight/clusters'
apiVersion リソース API のバージョン '2018-06-01-preview'
name リソース名 string (必須)

文字制限: 3 から 59

有効な文字:
英数字とハイフン

先頭と末尾には、文字または数字を使用します。

リソース名は、Azure 全体で一意である必要があります。
location クラスターの場所。 string
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
identity クラスターの ID (構成されている場合)。 ClusterIdentity
properties クラスターによってパラメーターが作成されます。 ClusterCreatePropertiesOrClusterGetProperties

ClusterIdentity

名前 説明
type クラスターに使用される ID の種類。 種類 "SystemAssigned、UserAssigned" には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 'None'
'SystemAssigned'
'SystemAssigned、UserAssigned'
'UserAssigned'
userAssignedIdentities クラスターに関連付けられているユーザー ID の一覧。 ユーザー ID ディクショナリ キー参照は、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft の形式の ARM リソース ID になります。ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}'。 object

ClusterCreatePropertiesOrClusterGetProperties

名前 説明
clusterDefinition クラスター定義。 ClusterDefinition
clusterVersion クラスターのバージョン。 string
computeIsolationProperties コンピューティング分離プロパティ。 ComputeIsolationProperties
computeProfile コンピューティング プロファイル。 ComputeProfile
diskEncryptionProperties ディスク暗号化のプロパティ。 DiskEncryptionProperties
encryptionInTransitProperties 転送中の暗号化プロパティ。 EncryptionInTransitProperties
kafkaRestProperties クラスター kafka rest プロキシの構成。 KafkaRestProperties
minSupportedTlsVersion サポートされている最小 tls バージョン。 string
networkProperties ネットワーク プロパティ。 NetworkProperties
osType オペレーティング システムの種類。 'Linux'
'Windows'
securityProfile セキュリティ プロファイル。 SecurityProfile
storageProfile ストレージ プロファイル。 StorageProfile
レベル クラスター層。 'Premium'
'Standard'

ClusterDefinition

名前 説明
ブループリント ブループリントへのリンク。 string
componentVersion クラスター内のさまざまなサービスのバージョン。 object
configuration クラスターの構成。
kind クラスターの種類。 string

ComputeIsolationProperties

名前 説明
enableComputeIsolation フラグは、コンピューティングの分離を有効にするかどうかを示します。 [bool]
hostSku ホスト SKU。 string

ComputeProfile

名前 説明
roles クラスター内のロールの一覧。 Role[]

ロール

名前 説明
自動スケーリング 自動スケーリングの構成。 Autoscale
dataDisksGroups ロールのデータ ディスク グループ。 DataDisksGroups[]
encryptDataDisks データ ディスクを暗号化するかどうかを示します。 [bool]
hardwareProfile ハードウェア プロファイル。 HardwareProfile
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数。 INT
name ロールの名前。 string
osProfile オペレーティング システム プロファイル。 OsProfile
scriptActions ロールに対するスクリプト アクションの一覧。 ScriptAction[]
targetInstanceCount クラスターのインスタンス数。 INT
virtualNetworkProfile 仮想ネットワーク プロファイル。 VirtualNetworkProfile
VMGroupName 仮想マシン グループの名前。 string

自動スケール

名前 説明
capacity 読み込みベースの自動スケーリングのパラメーター AutoscaleCapacity
recurrence スケジュールベースの自動スケーリングのパラメーター AutoscaleRecurrence

AutoscaleCapacity

名前 説明
maxInstanceCount クラスターの最大インスタンス数 INT
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数 INT

AutoscaleRecurrence

名前 説明
schedule スケジュールベースの自動スケーリング ルールの配列 AutoscaleSchedule[]
timeZone 自動スケーリング スケジュール時刻のタイム ゾーン string

AutoscaleSchedule

名前 説明
days スケジュールベースの自動スケーリング ルールの曜日 次のいずれかを含む文字列配列:
'Friday'
'Monday'
'Saturday'
'日曜日'
'木曜日'
'Tuesday'
'水曜'
timeAndCapacity スケジュールベースの自動スケーリング ルールの時間と容量 AutoscaleTimeAndCapacity

AutoscaleTimeAndCapacity

名前 説明
maxInstanceCount クラスターの最大インスタンス数 INT
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数 INT
time xx:xx 形式の 24 時間時間 string

DataDisksGroups

名前 説明
disksPerNode ノードあたりのディスク数。 INT

HardwareProfile

名前 説明
vmSize VM のサイズ string

OsProfile

名前 説明
linuxOperatingSystemProfile Linux OS プロファイル。 LinuxOperatingSystemProfile

LinuxOperatingSystemProfile

名前 説明
password パスワード。 string
sshProfile SSH プロファイル。 SshProfile
username ユーザー名。 string

SshProfile

名前 説明
publicKeys SSH 公開キーの一覧。 SshPublicKey[]

SshPublicKey

名前 説明
certificateData SSH の証明書。 string

ScriptAction

名前 説明
name スクリプト アクションの名前。 string (必須)
parameters 指定されたスクリプトのパラメーター。 string (必須)
uri スクリプトの URI。 string (必須)

VirtualNetworkProfile

名前 説明
id 仮想ネットワークの ID。 string
サブネット サブネットの名前。 string

DiskEncryptionProperties

名前 説明
encryptionAlgorithm 暗号化のアルゴリズム識別子。既定の RSA-OAEP。 'RSA-OAEP'
'RSA-OAEP-256'
'RSA1_5'
encryptionAtHost リソース ディスク暗号化が有効かどうかを示します。 [bool]
keyName ディスク暗号化を有効にするために使用されるキー名。 string
keyVersion ディスク暗号化を有効にするために使用される特定のキー バージョン。 string
msiResourceId キー コンテナーへのアクセスに使用されるマネージド ID のリソース ID。 string
vaultUri 顧客キーが配置されているベース キー コンテナー URI(例: https://myvault.vault.azure.net string

EncryptionInTransitProperties

名前 説明
isEncryptionInTransitEnabled クラスター間ノード間通信が転送中に暗号化されているかどうかを示します。 [bool]

KafkaRestProperties

名前 説明
clientGroupInfo AAD セキュリティ グループの情報。 ClientGroupInfo
configurationOverride オーバーライドする必要がある構成。 object

ClientGroupInfo

名前 説明
groupId AAD セキュリティ グループ ID。 string
groupName AAD セキュリティ グループ名。 string

NetworkProperties

名前 説明
privateLink プライベート リンクが有効かどうかを示します。 'Disabled'
'Enabled'
resourceProviderConnection リソース プロバイダー接続の方向。 'Inbound'
'送信'

SecurityProfile

名前 説明
aaddsResourceId ユーザーの Azure Active Directory ドメイン Service のリソース ID。 string
clusterUsersGroupDNs 省略可能。 クラスター ユーザー グループの識別名 string[]
directoryType ディレクトリの種類。 'ActiveDirectory'
domain 組織の Active Directory ドメイン。 string
domainUsername クラスターに対する管理者特権を持つドメイン ユーザー アカウント。 string
domainUserPassword ドメイン管理者のパスワード。 string
ldapsUrls Active Directory と通信するための LDAPS プロトコル URL。 string[]
msiResourceId ユーザーの AADDS でクラスター関連の成果物を読み取って作成するためのアクセス許可を持つユーザー割り当て ID。 string
organizationalUnitDN クラスターとサービス アカウントを配置する Active Directory 内の組織単位。 string

StorageProfile

名前 説明
storageaccounts クラスター内のストレージ アカウントの一覧。 StorageAccount[]

StorageAccount

名前 説明
container ストレージ アカウント内のコンテナー。WASB ストレージ アカウントに対してのみ指定されます。 string
fileshare ファイル共有名。 string
fileSystem ファイルシステム。Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
isDefault ストレージ アカウントが既定のストレージ アカウントかどうか。 [bool]
key ストレージ アカウント アクセス キー。 string
msiResourceId ストレージ アカウントへのアクセスが許可されているマネージド ID (MSI) は、Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定できます。 string
name ストレージ アカウントの名前。 string
resourceId ストレージ アカウントのリソース ID。Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
saskey 共有アクセス署名キー。 string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Apache Spark 1.4.1 を実行する HDInsight クラスターを作成します

Azure にデプロイする
Apache Spark 1.4.1 を実行する HDInsight Linux クラスターを作成します。
ADAM を実行する HDInsight クラスターを作成します

Azure にデプロイする
ゲノミクス分析プラットフォーム ADAM を実行する HDInsight Linux クラスターを作成します
HDInsight Linux クラスターを作成し、スクリプト アクションを実行する

Azure にデプロイする
テンプレートは、仮想ネットワークに HDInsight Linux クラスターを作成し、すべてのノードでカスタム スクリプト アクションを実行し、環境 var を設定します。
読み込みベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、負荷ベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight Spark クラスターを作成できます。
スケジュールベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、スケジュールベースの自動スケーリングが有効になっている HDInsight Spark クラスターを作成できます。
VNET でのカスタム Ambari + Hive メタストア DB を使用した HDInsight

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、カスタム Ambari DB と Hive メタストアの両方として機能する新しい SQL DB を使用して、既存の仮想ネットワークに HDInsight クラスターを作成できます。 既存の SQL サーバー、ストレージ アカウント、および VNET が必要です。
新しい Data Lake Store とストレージに HDInsight をデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、新しい Data Lake Store と Storage アカウントを使用して、新しい Linux HDInsight クラスターをデプロイできます。
HDInsight で書き込みを強化した Linux HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure HDInsight で書き込みを強化した Linux ベースの HBase クラスターを作成できます。
HDInsight に Linux ベースの HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure HDInsight で Linux ベースの HBase クラスターを作成できます。
VNet 内に VNet と HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure VNet と、VNet 内で Linux を実行する HDInsight HBase クラスターを作成できます。
VNet 内に Azure VNet と 2 つの HBase クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HBase レプリケーションを構成するために、VNet 内に 2 つの HBase クラスターを使用して HBase 環境を構成できます。
1 つのリージョンに 2 つの VNet を使用して HBase レプリケーションをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HBase レプリケーションを構成するために、同じリージョン内の 2 つの VNet 内に 2 つの HBase クラスターを使用して AN HBase 環境を構成できます。
HDInsight で Interative Hive クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight と依存する Azure Storage アカウントで Interative Hive (LLAP) クラスターを作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名とパスワードです。 SSH 公開キー認証を使用するテンプレートについては、次を参照してください。 https://azure.microsoft.com/resources/templates/101-hdinsight-linux-ssh-publickey/
仮想ネットワーク内の HDInsight に Kafka をデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure Virtual Networkと、仮想ネットワーク内の HDInsight クラスター上に Kafka を作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名とパスワードです。 SSH 公開キー認証を使用するテンプレートについては、次を参照してください。 https://azure.microsoft.com/resources/templates/101-hdinsight-linux-ssh-publickey/
HDInsight クラスターと Confluent スキーマ レジストリ ノードをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、スキーマ レジストリ エッジ ノードを使用して Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 詳細については、「/azure/hdinsight/hdinsight-apps-use-edge-node」を参照してください。
ストレージと SSH パスワードを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight と依存する Azure Storage アカウントで Linux ベースの Hadoop クラスターを作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名とパスワードです。 SSH 公開キー認証を使用するテンプレートについては、次を参照してください。 https://azure.microsoft.com/resources/templates/101-hdinsight-linux-ssh-publickey/
Linux に HDInsight をデプロイする (Azure Storage、SSH キーを使用)

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 このテンプレートでは、Azure Storage アカウントも作成されます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名/公開キーです。
HDInsight (既存の Hive メタストア、SSH、vnet 上の Linux)

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Linux を実行する HDInsight クラスターを、既存の Hive メタストアと仮想ネットワーク上に作成できます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名/パスワードです。
エッジ ノードを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、空のエッジ ノードを使用して Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 詳細については、「/azure/hdinsight/hdinsight-apps-use-edge-node」を参照してください。
既存の既定のストレージを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight で Hadoop クラスターを作成できます。 クラスターは、既存のストレージ アカウントを既定のストレージ アクセスとして使用します。
既存のリンクされたストレージを使用して HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight で Hadoop クラスターと依存する既定のストレージ アカウントを作成できます。 このテンプレートは、既存のストレージ アカウントもリンクします。 通常、リンクされたストレージ アカウントにはビジネス データが含まれます。
HDInsight クラスターと SQL データベースをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、SQoop をテストするための HDInsight クラスターとSQL Databaseを作成できます。
TLS バージョン 1.2 以降の HDInsight クラスター

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、TLS プロトコルを 1.2 以降に適用した HDInsight クラスターを作成できます。
R サーバー HDInsight クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、HDInsight 用 R Server を使用して Linux を実行する HDInsight クラスターを作成できます。 このテンプレートでは、Azure Storage アカウントも作成されます。 クラスターの SSH 認証方法は、ユーザー名/パスワードです。
セキュリティで保護された VNet と HDInsight クラスターを VNet 内にデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure VNet と、VNet 内で Linux を実行している HDInsight Hadoop クラスターを作成できます。
Azure HDInsight に Spark クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、Azure HDInsight で Spark クラスターを作成できます。
VNet に Spark クラスターをデプロイする

Azure にデプロイする
このテンプレートを使用すると、VNet 内に Azure VNet と HDInsight Spark クラスターを作成できます。

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

クラスターのリソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはHDInsight/clusters リソースを使用して、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.HDInsight/clusters@2018-06-01-preview"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  tags = {
    tagName1 = "tagValue1"
    tagName2 = "tagValue2"
  }
  identity {
    type = "string"
    identity_ids = []
  }
  body = jsonencode({
    properties = {
      clusterDefinition = {
        blueprint = "string"
        componentVersion = {}
        kind = "string"
      }
      clusterVersion = "string"
      computeIsolationProperties = {
        enableComputeIsolation = bool
        hostSku = "string"
      }
      computeProfile = {
        roles = [
          {
            autoscale = {
              capacity = {
                maxInstanceCount = int
                minInstanceCount = int
              }
              recurrence = {
                schedule = [
                  {
                    days = [
                      "string"
                    ]
                    timeAndCapacity = {
                      maxInstanceCount = int
                      minInstanceCount = int
                      time = "string"
                    }
                  }
                ]
                timeZone = "string"
              }
            }
            dataDisksGroups = [
              {
                disksPerNode = int
              }
            ]
            encryptDataDisks = bool
            hardwareProfile = {
              vmSize = "string"
            }
            minInstanceCount = int
            name = "string"
            osProfile = {
              linuxOperatingSystemProfile = {
                password = "string"
                sshProfile = {
                  publicKeys = [
                    {
                      certificateData = "string"
                    }
                  ]
                }
                username = "string"
              }
            }
            scriptActions = [
              {
                name = "string"
                parameters = "string"
                uri = "string"
              }
            ]
            targetInstanceCount = int
            virtualNetworkProfile = {
              id = "string"
              subnet = "string"
            }
            VMGroupName = "string"
          }
        ]
      }
      diskEncryptionProperties = {
        encryptionAlgorithm = "string"
        encryptionAtHost = bool
        keyName = "string"
        keyVersion = "string"
        msiResourceId = "string"
        vaultUri = "string"
      }
      encryptionInTransitProperties = {
        isEncryptionInTransitEnabled = bool
      }
      kafkaRestProperties = {
        clientGroupInfo = {
          groupId = "string"
          groupName = "string"
        }
        configurationOverride = {}
      }
      minSupportedTlsVersion = "string"
      networkProperties = {
        privateLink = "string"
        resourceProviderConnection = "string"
      }
      osType = "string"
      securityProfile = {
        aaddsResourceId = "string"
        clusterUsersGroupDNs = [
          "string"
        ]
        directoryType = "ActiveDirectory"
        domain = "string"
        domainUsername = "string"
        domainUserPassword = "string"
        ldapsUrls = [
          "string"
        ]
        msiResourceId = "string"
        organizationalUnitDN = "string"
      }
      storageProfile = {
        storageaccounts = [
          {
            container = "string"
            fileshare = "string"
            fileSystem = "string"
            isDefault = bool
            key = "string"
            msiResourceId = "string"
            name = "string"
            resourceId = "string"
            saskey = "string"
          }
        ]
      }
      tier = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

clusters

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft。HDInsight/clusters@2018-06-01-preview"
name リソース名 string (必須)

文字数制限: 3 から 59

有効な文字:
英数字とハイフン

先頭と末尾には、文字または数字を使用します。

リソース名は、Azure 全体で一意である必要があります。
location クラスターの場所。 string
parent_id リソース グループにデプロイするには、そのリソース グループの ID を使用します。 string (必須)
tags リソース タグ。 タグ名と値のディクショナリ。
identity クラスターの ID (構成されている場合)。 ClusterIdentity
properties クラスターによってパラメーターが作成されます。 ClusterCreatePropertiesOrClusterGetProperties

ClusterIdentity

名前 説明
type クラスターに使用される ID の種類。 種類 "SystemAssigned、UserAssigned" には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 "SystemAssigned"
"SystemAssigned、UserAssigned"
"UserAssigned"
identity_ids クラスターに関連付けられているユーザー ID の一覧。 ユーザー ID ディクショナリ キー参照は、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft の形式の ARM リソース ID になります。ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}'。 ユーザー ID ID の配列。

ClusterCreatePropertiesOrClusterGetProperties

名前 説明
clusterDefinition クラスター定義。 ClusterDefinition
clusterVersion クラスターのバージョン。 string
computeIsolationProperties コンピューティング分離プロパティ。 ComputeIsolationProperties
computeProfile コンピューティング プロファイル。 ComputeProfile
diskEncryptionProperties ディスク暗号化のプロパティ。 DiskEncryptionProperties
encryptionInTransitProperties 転送中の暗号化プロパティ。 EncryptionInTransitProperties
kafkaRestProperties クラスター kafka rest プロキシの構成。 KafkaRestProperties
minSupportedTlsVersion サポートされている最小 tls バージョン。 string
networkProperties ネットワーク プロパティ。 NetworkProperties
osType オペレーティング システムの種類。 "Linux"
"Windows"
securityProfile セキュリティ プロファイル。 SecurityProfile
storageProfile ストレージ プロファイル。 StorageProfile
レベル クラスター層。 "Premium"
"Standard"

ClusterDefinition

名前 説明
ブループリント ブループリントへのリンク。 string
componentVersion クラスター内のさまざまなサービスのバージョン。 object
configuration クラスターの構成。
kind クラスターの種類。 string

ComputeIsolationProperties

名前 説明
enableComputeIsolation フラグは、コンピューティングの分離を有効にするかどうかを示します。 [bool]
hostSku ホスト SKU。 string

ComputeProfile

名前 説明
roles クラスター内のロールの一覧。 Role[]

ロール

名前 説明
自動スケーリング 自動スケーリングの構成。 Autoscale
dataDisksGroups ロールのデータ ディスク グループ。 DataDisksGroups[]
encryptDataDisks データ ディスクを暗号化するかどうかを示します。 [bool]
hardwareProfile ハードウェア プロファイル。 HardwareProfile
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数。 INT
name ロールの名前。 string
osProfile オペレーティング システム プロファイル。 OsProfile
scriptActions ロールに対するスクリプト アクションの一覧。 ScriptAction[]
targetInstanceCount クラスターのインスタンス数。 INT
virtualNetworkProfile 仮想ネットワーク プロファイル。 VirtualNetworkProfile
VMGroupName 仮想マシン グループの名前。 string

自動スケール

名前 説明
capacity 読み込みベースの自動スケーリングのパラメーター AutoscaleCapacity
recurrence スケジュールベースの自動スケーリングのパラメーター AutoscaleRecurrence

AutoscaleCapacity

名前 説明
maxInstanceCount クラスターの最大インスタンス数 INT
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数 INT

AutoscaleRecurrence

名前 説明
schedule スケジュールベースの自動スケーリング ルールの配列 AutoscaleSchedule[]
timeZone 自動スケーリング スケジュール時刻のタイム ゾーン string

AutoscaleSchedule

名前 説明
days スケジュールベースの自動スケーリング ルールの曜日 次のいずれかを含む文字列配列:
"金曜日"
"月曜日"
"土曜日"
"日曜日"
"木曜日"
"火曜日"
"水曜日"
timeAndCapacity スケジュールベースの自動スケーリング ルールの時間と容量 AutoscaleTimeAndCapacity

AutoscaleTimeAndCapacity

名前 説明
maxInstanceCount クラスターの最大インスタンス数 INT
minInstanceCount クラスターの最小インスタンス数 INT
time xx:xx 形式の 24 時間時間 string

DataDisksGroups

名前 説明
disksPerNode ノードあたりのディスク数。 INT

HardwareProfile

名前 説明
vmSize VM のサイズ string

OsProfile

名前 説明
linuxOperatingSystemProfile Linux OS プロファイル。 LinuxOperatingSystemProfile

LinuxOperatingSystemProfile

名前 説明
password パスワード。 string
sshProfile SSH プロファイル。 SshProfile
username ユーザー名。 string

SshProfile

名前 説明
publicKeys SSH 公開キーの一覧。 SshPublicKey[]

SshPublicKey

名前 説明
certificateData SSH の証明書。 string

ScriptAction

名前 説明
name スクリプト アクションの名前。 string (必須)
parameters 指定されたスクリプトのパラメーター。 string (必須)
uri スクリプトへの URI。 string (必須)

VirtualNetworkProfile

名前 説明
id 仮想ネットワークの ID。 string
サブネット サブネットの名前。 string

DiskEncryptionProperties

名前 説明
encryptionAlgorithm 暗号化のアルゴリズム識別子。既定の RSA-OAEP。 "RSA-OAEP"
"RSA-OAEP-256"
"RSA1_5"
encryptionAtHost リソース ディスク暗号化が有効かどうかを示します。 [bool]
keyName ディスク暗号化を有効にするために使用されるキー名。 string
keyVersion ディスク暗号化を有効にするために使用される特定のキー バージョン。 string
msiResourceId キー コンテナーへのアクセスに使用されるマネージド ID のリソース ID。 string
vaultUri 顧客キーが配置されているベース キー コンテナー URI(例: https://myvault.vault.azure.net string

EncryptionInTransitProperties

名前 説明
isEncryptionInTransitEnabled クラスター間ノード間通信が転送中に暗号化されているかどうかを示します。 [bool]

KafkaRestProperties

名前 説明
clientGroupInfo AAD セキュリティ グループの情報。 ClientGroupInfo
configurationOverride オーバーライドする必要がある構成。 object

ClientGroupInfo

名前 説明
groupId AAD セキュリティ グループ ID。 string
groupName AAD セキュリティ グループ名。 string

NetworkProperties

名前 説明
privateLink プライベート リンクが有効かどうかを示します。 "無効"
"有効"
resourceProviderConnection リソース プロバイダー接続の方向。 "Inbound"
"送信"

SecurityProfile

名前 説明
aaddsResourceId ユーザーの Azure Active Directory ドメイン Service のリソース ID。 string
clusterUsersGroupDNs 省略可能。 クラスター ユーザー グループの識別名 string[]
directoryType ディレクトリの種類。 "ActiveDirectory"
domain 組織の Active Directory ドメイン。 string
domainUsername クラスターに対する管理者特権を持つドメイン ユーザー アカウント。 string
domainUserPassword ドメイン管理者のパスワード。 string
ldapsUrls Active Directory と通信するための LDAPS プロトコル URL。 string[]
msiResourceId ユーザーの AADDS でクラスター関連の成果物を読み取って作成するためのアクセス許可を持つユーザー割り当て ID。 string
organizationalUnitDN クラスターとサービス アカウントを配置する Active Directory 内の組織単位。 string

StorageProfile

名前 説明
storageaccounts クラスター内のストレージ アカウントの一覧。 StorageAccount[]

StorageAccount

名前 説明
container ストレージ アカウント内のコンテナー。WASB ストレージ アカウントに対してのみ指定されます。 string
fileshare ファイル共有名。 string
fileSystem ファイルシステム。Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
isDefault ストレージ アカウントが既定のストレージ アカウントかどうか。 [bool]
key ストレージ アカウント アクセス キー。 string
msiResourceId ストレージ アカウントへのアクセスが許可されているマネージド ID (MSI) は、Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定できます。 string
name ストレージ アカウントの名前。 string
resourceId ストレージ アカウントのリソース ID。Azure Data Lake Storage Gen 2 に対してのみ指定されます。 string
saskey 共有アクセス署名キー。 string