Microsoft.Logic integrationAccounts/partners 2019-05-01

Bicep リソース定義

integrationAccounts/partners リソースの種類は、次をターゲットとする操作と共にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners@2019-05-01' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  tags: {
    tagName1: 'tagValue1'
    tagName2: 'tagValue2'
  }
  parent: resourceSymbolicName
  properties: {
    content: {
      b2b: {
        businessIdentities: [
          {
            qualifier: 'string'
            value: 'string'
          }
        ]
      }
    }
    metadata: any()
    partnerType: 'string'
  }
}

プロパティ値

integrationAccounts/partners

名前 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)

文字数制限: 1 から 80

有効な文字:
英数字、ハイフン、アンダースコア、ピリオド、およびかっこ。
location リソースの場所。 string
tags リソース タグ。 タグ名と値のディクショナリ。 「テンプレートのタグ」を参照してください
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部にある子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボル名: integrationAccounts
properties 統合アカウント パートナーのプロパティ。 IntegrationAccountPartnerProperties (必須)

IntegrationAccountPartnerProperties

名前 説明
content パートナー コンテンツ。 PartnerContent (必須)
metadata メタデータ。 Bicep の場合は、 any() 関数を使用できます。
partnerType パートナーの種類。 'B2B'
'NotSpecified' (必須)

PartnerContent

名前 説明
B2b B2B パートナー コンテンツ。 B2BPartnerContent

B2BPartnerContent

名前 説明
businessIdentities パートナーのビジネス ID の一覧。 BusinessIdentity[]

BusinessIdentity

名前 説明
修飾子 (qualifier) ビジネス ID 修飾子 (as2identity、ZZ、ZZZ、31、32 など) string (必須)
value ユーザー定義のビジネス ID 値。 string (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Azure Logic Apps - AS2 Send Receive

Azure にデプロイする
パートナーと契約の成果物を含む、Contoso と Fabrikam の 2 つのパートナーの統合アカウントを作成します。 このテンプレートでは、同期 AS2 Send Receive を示すために、Fabrikam Sales と Contoso の間にロジック アプリも作成されます。 また、このテンプレートでは、非同期 AS2 Send Receive を示す Fabrikam Finance と Contoso の間にロジック アプリも作成されます。

ARM テンプレート リソース定義

integrationAccounts/partners リソースの種類は、次をターゲットとする操作と共にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners リソースを作成するには、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners",
  "apiVersion": "2019-05-01",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "tags": {
    "tagName1": "tagValue1",
    "tagName2": "tagValue2"
  },
  "properties": {
    "content": {
      "b2b": {
        "businessIdentities": [
          {
            "qualifier": "string",
            "value": "string"
          }
        ]
      }
    },
    "metadata": {},
    "partnerType": "string"
  }
}

プロパティ値

integrationAccounts/partners

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners'
apiVersion リソース API のバージョン '2019-05-01'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)

文字制限: 1 から 80

有効な文字:
英数字、ハイフン、アンダースコア、ピリオド、およびかっこ。
location リソースの場所。 string
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
properties 統合アカウント パートナーのプロパティ。 IntegrationAccountPartnerProperties (必須)

IntegrationAccountPartnerProperties

名前 説明
content パートナー コンテンツ。 PartnerContent (必須)
metadata メタデータ。
partnerType パートナーの種類。 'B2B'
'NotSpecified' (必須)

PartnerContent

名前 説明
B2b B2B パートナー コンテンツ。 B2BPartnerContent

B2BPartnerContent

名前 説明
businessIdentities パートナーのビジネス ID の一覧。 BusinessIdentity[]

BusinessIdentity

名前 説明
修飾子 (qualifier) ビジネス ID 修飾子 (as2identity、ZZ、ZZZ、31、32 など) string (必須)
value ユーザー定義のビジネス ID 値。 string (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Azure Logic Apps - AS2 Send Receive

Azure にデプロイする
Contoso と Fabrikam の 2 つのパートナー (パートナーと契約の成果物を含む) の統合アカウントを作成します。 このテンプレートでは、同期 AS2 Send Receive を示すために、Fabrikam Sales と Contoso の間にロジック アプリも作成されます。 また、このテンプレートでは、非同期 AS2 Send Receive を示す Fabrikam Finance と Contoso の間にロジック アプリも作成されます。

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

integrationAccounts/partners リソースの種類は、次をターゲットとする操作でデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners@2019-05-01"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  tags = {
    tagName1 = "tagValue1"
    tagName2 = "tagValue2"
  }
  body = jsonencode({
    properties = {
      content = {
        b2b = {
          businessIdentities = [
            {
              qualifier = "string"
              value = "string"
            }
          ]
        }
      }
      partnerType = "string"
    }
  })
}

プロパティ値

integrationAccounts/partners

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft.Logic/integrationAccounts/partners@2019-05-01"
name リソース名 string (必須)

文字制限: 1 から 80

有効な文字:
英数字、ハイフン、アンダースコア、ピリオド、およびかっこ。
location リソースの場所。 string
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: integrationAccounts
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。
properties 統合アカウント パートナーのプロパティ。 IntegrationAccountPartnerProperties (必須)

IntegrationAccountPartnerProperties

名前 説明
content パートナー コンテンツ。 PartnerContent (必須)
metadata メタデータ。
partnerType パートナーの種類。 "B2B"
"NotSpecified" (必須)

PartnerContent

名前 説明
B2b B2B パートナー コンテンツ。 B2BPartnerContent

B2BPartnerContent

名前 説明
businessIdentities パートナーのビジネス ID の一覧。 BusinessIdentity[]

BusinessIdentity

名前 説明
修飾子 (qualifier) ビジネス ID 修飾子 (as2identity、ZZ、ZZZ、31、32 など) string (必須)
value ユーザー定義のビジネス ID 値。 string (必須)