Microsoft.RecoveryServices コンテナー/privateEndpointConnections 2022-04-01

Bicep リソース定義

vaults/privateEndpointConnections リソースの種類は、次の場所にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections@2022-04-01' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  tags: {
    tagName1: 'tagValue1'
    tagName2: 'tagValue2'
  }
  parent: resourceSymbolicName
  eTag: 'string'
  properties: {
    privateEndpoint: {
      id: 'string'
    }
    privateLinkServiceConnectionState: {
      actionRequired: 'string'
      description: 'string'
      status: 'string'
    }
    provisioningState: 'string'
  }
}

プロパティ値

vaults/privateEndpointConnections

Name 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
location リソースの場所。 string
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部の子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボル名: コンテナー
eTag オプションの ETag。 string
properties PrivateEndpointConnectionResource プロパティ PrivateEndpointConnection

PrivateEndpointConnection

Name 説明
privateEndpoint プライベート エンドポイント接続に関連付けられているプライベート エンドポイントを取得または設定します PrivateEndpoint
privateLinkServiceConnectionState プライベート リンク サービスの接続状態を取得または設定します PrivateLinkServiceConnectionState
provisioningState プライベート エンドポイント接続のプロビジョニング状態を取得または設定します '削除中'
'Failed'
'保留中'
'Succeeded'

PrivateEndpoint

Name 説明
id ID を取得または設定します string

PrivateLinkServiceConnectionState

Name 説明
actionRequired 必要なアクションを取得または設定します string
description 説明を取得または設定します string
status 状態を取得または設定します '承認済み'
'Disconnected'
'保留中'
'Rejected'

ARM テンプレート リソース定義

コンテナー/privateEndpointConnections リソースの種類は、次の場所にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections リソースを作成するには、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections",
  "apiVersion": "2022-04-01",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "tags": {
    "tagName1": "tagValue1",
    "tagName2": "tagValue2"
  },
  "eTag": "string",
  "properties": {
    "privateEndpoint": {
      "id": "string"
    },
    "privateLinkServiceConnectionState": {
      "actionRequired": "string",
      "description": "string",
      "status": "string"
    },
    "provisioningState": "string"
  }
}

プロパティ値

vaults/privateEndpointConnections

Name 説明
type リソースの種類 'Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections'
apiVersion リソース API のバージョン '2022-04-01'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
location リソースの場所。 string
tags リソース タグ。 タグ名と値のディクショナリ。 「テンプレートのタグ」を参照してください
eTag オプションの ETag。 string
properties PrivateEndpointConnectionResource プロパティ PrivateEndpointConnection

PrivateEndpointConnection

Name 説明
privateEndpoint プライベート エンドポイント接続に関連付けられているプライベート エンドポイントを取得または設定します PrivateEndpoint
privateLinkServiceConnectionState プライベート リンク サービスの接続状態を取得または設定します PrivateLinkServiceConnectionState
provisioningState プライベート エンドポイント接続のプロビジョニング状態を取得または設定します '削除中'
'Failed'
'保留中'
'Succeeded'

PrivateEndpoint

Name 説明
id ID を取得または設定します string

PrivateLinkServiceConnectionState

Name 説明
actionRequired 必要なアクションを取得または設定します string
description 説明を取得または設定します string
status 状態を取得または設定します '承認済み'
'Disconnected'
'保留中'
'Rejected'

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

コンテナー/privateEndpointConnections リソースの種類は、次の場所にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections@2022-04-01"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  tags = {
    tagName1 = "tagValue1"
    tagName2 = "tagValue2"
  }
  body = jsonencode({
    properties = {
      privateEndpoint = {
        id = "string"
      }
      privateLinkServiceConnectionState = {
        actionRequired = "string"
        description = "string"
        status = "string"
      }
      provisioningState = "string"
    }
    eTag = "string"
  })
}

プロパティ値

vaults/privateEndpointConnections

Name 説明
type リソースの種類 "Microsoft.RecoveryServices/vaults/privateEndpointConnections@2022-04-01"
name リソース名 string (必須)
location リソースの場所。 string
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: コンテナー
tags リソース タグ。 タグ名と値のディクショナリ。
eTag オプションの ETag。 string
properties PrivateEndpointConnectionResource プロパティ PrivateEndpointConnection

PrivateEndpointConnection

名前 説明 [値]
privateEndpoint プライベート エンドポイント接続に関連付けられているプライベート エンドポイントを取得または設定します PrivateEndpoint
privateLinkServiceConnectionState プライベート リンク サービスの接続状態を取得または設定します PrivateLinkServiceConnectionState
provisioningState プライベート エンドポイント接続のプロビジョニング状態を取得または設定します "削除中"
"Failed"
"保留中"
"Succeeded"

PrivateEndpoint

名前 説明
id ID を取得または設定します string

PrivateLinkServiceConnectionState

名前 説明
actionRequired 必要なアクションを取得または設定します string
description 説明を取得または設定します string
status 状態を取得または設定します "承認済み"
"切断済み"
"保留中"
"Rejected"