Azure マネージド ディスクの種類

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット ✔️ 均一スケール セット

現在、Azure マネージド ディスクには 5 種類のディスクがあり、それぞれ特定の顧客シナリオに対処することを目的としています。

ディスクの種類の比較

次の表では、使用するディスクの種類を決定する場合に役立つように、5 種類のディスクを比較しています。

Ultra Disk Premium SSD v2 Premium SSD Standard SSD Standard HDD
ディスクの種類 SSD SSD SSD SSD HDD
シナリオ SAP HANA やトップ レベルのデータベース (たとえば SQL や Oracle) などの I/O 集約型のワークロードと、その他のトランザクションが多いワークロード。 低遅延および高い IOPS とスループットが常に要求される、運用および高パフォーマンスのワークロード 運用環境のワークロードやパフォーマンスに影響されやすいワークロード Web サーバー、あまり使用されていないエンタープライズ アプリケーション、および開発/テスト バックアップ、重要ではない、不定期に起こるアクセス
最大ディスク サイズ 65,536 ギビバイト (GiB) 65,536 GiB 32,767 GiB 32,767 GiB 32,767 GiB
最大スループット 4,000 MB/秒 1,200 MB/秒 900 MB/秒 750 MB/秒 500 MB/秒
最大 IOPS 160,000 80,000 20,000 6,000 2,000
OS ディスクとして使用できるか No いいえ はい はい はい

Ultra ディスク

Azure Ultra Disks は、Azure 仮想マシン (VM) 用の最高性能のストレージ オプションです。 VM を再起動しなくても、Ultra ディスクのパフォーマンス パラメーターを変更できます。 Ultra ディスクは、SAP HANA、最上位層のデータベース、トランザクションの多いワークロードなどのデータ集中型のワークロードに適しています。

Ultra ディスクはデータ ディスクとして使用する必要があり、空のディスクとしてのみ作成できます。 オペレーティング システム (OS) ディスクとしては Premium ソリッド ステート ドライブ (SSD) を使用する必要があります。

Ultra Disk サイズ

Azure Ultra ディスクからは、既定でサブスクリプション別にリージョンあたり最大 32 TiB が提供されますが、Ultra ディスクでは要求があればそれを超える容量が提供されます。 容量の増加を依頼するには、クォータの増加を要求するか、Azure サポートにお問い合わせください。

次の表では、使用するものを決定する場合に役立つように、ディスク サイズとパフォーマンス上限を比較しています。

ディスク サイズ (GiB) IOPS の上限 スループットの上限 (MBps)
4 1,200 300
8 2,400 600
16 4,800 1,200
32 9,600 2,400
64 19,200 4,000
128 38,400 4,000
256 76,800 4,000
512 153,600 4,000
1,024 - 65,536 (この範囲内のサイズは 1 TiB ずつ増えます) 160,000 4,000

Ultra ディスク は、ミリ秒未満の遅延と、前出の表に示した目標 IOPS とスループットを 99.99% の時間で提供するように設計されています。

Ultra ディスクのパフォーマンス

Ultra ディスクは、ディスクをプロビジョニングする前と後の両方で、IOPS とスループットを個別に構成できる柔軟なパフォーマンス構成モデルを特長としています。 Ultra Disk は 4 GiB から最大 64 TiB までのいくつかの固定サイズで用意されています。

Ultra Disk の IOPS

Ultra Disk は、300 IOPS/GiB の IOPS 制限をサポートし、ディスクあたり最大 160,000 IOPS をサポートします。 ディスクのターゲット IOPS を達成するには、選択したディスクの IOPS が VM の IOPS 制限未満であることを確認してください。

現在、一般提供されているサイズの 1 つの VM の IOPS の上限は 80,000 です。 IOPS がさらに大きい Ultra ディスクは、複数の VM をサポートする共有ディスクとして使用できます。

ディスクあたりに保証されている最小 IOPS は 1 IOPS/GiB で、全体のベースラインの最小値は 100 IOPS です。 たとえば、4 GiB の Ultra Disk をプロビジョニングした場合、そのディスクの最小 IOPS は 4 ではなく 100 です。

IOPS の詳細については、「仮想マシンとディスクのパフォーマンス」を参照してください。

Ultra Disk のスループット

1 つの Ultra Disk のスループットは、プロビジョニングされた IOPS ごとに 256 KiB/秒に制限され、ディスクあたり最大 4000 MBps に制限されます (MBps = 秒あたり 10^6 バイト)。 各ディスクで保証されている最小スループットは、プロビジョニングされた IOPS ごとに 4 KiB/秒で、全体のベースラインの最小値は 1 MBps です。

実行時に、仮想マシンからディスクをデタッチすることなく、Ultra Disk の IOPS とスループット パフォーマンスを調整できます。 ディスクでパフォーマンス サイズ変更操作を実行した場合、変更が有効になるまでに最大で 1 時間かかることがあります。 24 時間の期間中、最大 4 回のパフォーマンス サイズ変更操作が許可されます。

パフォーマンス帯域幅の容量が不足しているために、パフォーマンス サイズ変更操作が失敗する可能性があります。

Ultra Disk の制限

Ultra ディスクは OS ディスクとして使用することはできず、空のデータ ディスクとしてのみ作成できます。 また、Ultra ディスクは、ディスク エクスポート、ディスク タイプの変更、VM イメージ、可用性セット、Azure ディスク暗号化など、一部の機能では使用できません。 Azure Backup および Azure Site Recovery では、Ultra ディスクはサポートされていません。 さらに、キャッシュされない読み取りとキャッシュされない書き込みだけがサポートされます。 現在、Ultra ディスクのスナップショットはパブリック プレビューとして、スウェーデン中部と米国西部 3 でのみ使用でき、他のリージョンでは使用できません。

Ultra ディスクでは、既定で 4K の物理セクター サイズがサポートされます。 512E セクター サイズは一般提供されているオファリングとして利用できます (サインアップは不要です)。 ほとんどのアプリケーションは 4k のセクター サイズと互換性がありますが、512 バイトのセクター サイズが必要になる場合があります。 たとえば、Oracle Database では、4k のネイティブ ディスクをサポートするには、リリース 12.2 以降が必要です。 以前のバージョンの Oracle DB では、512 バイトのセクター サイズが必要となります。

Ultra ディスクで現在利用できる唯一のインフラストラクチャ冗長オプションは可用性ゾーンです。 他の冗長オプションを使用している VM では、Ultra ディスクを接続できません。

Ultra ディスクが利用できるリージョンとそれに該当する可用性オプションをまとめたものが次の表です。

Note

次の一覧のリージョンに、Ultra ディスクをサポートする可用性ゾーンがない場合、Ultra ディスクを接続するには、インフラストラクチャの冗長なしで、そのリージョンの VM をデプロイする必要があります。

冗長オプション リージョン
単一 VM オーストラリア中部
ブラジル南部
インド中部
東アジア
ドイツ中西部
韓国中部
韓国南部
米国中北部、米国中南部、米国西部
米国アリゾナ州、米国テキサス州、米国バージニア州
1 つの可用性ゾーン 南アフリカ北部
ブラジル南東部
中国北部 3 (プレビュー)
カタール中部
スイス北部
2 つの可用性ゾーン フランス中部
3 つの可用性ゾーン オーストラリア東部
カナダ中部
北ヨーロッパ、西ヨーロッパ
東日本
東南アジア
スウェーデン中部
英国南部
米国中部、米国東部、米国東部 2、米国西部 2、米国西部 3

Ultra Disk がサポートされているすべてのリージョンで、すべての VM サイズを使用できるわけではありません。 次の表に、Ultra ディスクと互換性のある VM シリーズを示します。

VM の種類 サイズ 説明
汎用 DSv3 シリーズDdsv4 シリーズDsv4 シリーズDasv4 シリーズDsv5 シリーズDdsv5 シリーズDasv5 シリーズ バランスのとれた CPU 対メモリ比。 テストと開発、小~中規模のデータベース、および低~中程度のトラフィックの Web サーバーに最適です。
コンピューティング最適化 Fsv2 シリーズ 高い CPU 対メモリ比。 トラフィックが中程度の Web サーバー、ネットワーク アプライアンス、バッチ処理、アプリケーション サーバーに適しています。
メモリ最適化 ESv3 シリーズEasv4 シリーズEdsv4 シリーズEsv4 シリーズEsv5 シリーズEdsv5 シリーズEasv5 シリーズEbsv5 シリーズEbdsv5 シリーズM シリーズMv2 シリーズMsv2/Mdsv2 シリーズ 高いメモリ対 CPU 比。 リレーショナル データベース サーバー、中~大規模のキャッシュ、およびメモリ内分析に適しています。
ストレージ最適化 LSv2 シリーズLsv3 シリーズLasv3 シリーズ ビッグ データ、SQL、NoSQL データベース、データ ウェアハウス、および大規模なトランザクション データベースに最適な、高いディスク スループットと IO。
GPU 最適化 NCv2 シリーズNCv3 シリーズNCasT4_v3 シリーズND シリーズNDv2 シリーズNVv3 シリーズNVv4 シリーズNVadsA10 v5 シリーズ 負荷の高いグラフィックスのレンダリングやビデオ編集、ディープ ラーニングを使用したモデル トレーニングと推論 (ND) に特化した仮想マシン。 1 つまたは複数の GPU で利用できます。
パフォーマンス最適化 HB シリーズHC シリーズHBv2 シリーズ 高スループットのネットワーク インターフェイス (RDMA) のオプションを備えた、最も高速かつ強力な CPU 仮想マシン。

Ultra Disk の使用を開始したい場合は、Azure Ultra Disk の使用に関する記事を参照してください。

Premium SSD v2

Azure Premium SSD v2 は、低コストで安定したミリ秒未満のディスク遅延と、高い IOPS とスループットを必要とする、IO の負荷の高いエンタープライズ ワークロード向けに設計されています。 Premium SSD v2 ディスクのパフォーマンス (容量、スループット、IOPS) は、いつでも個別に構成できるため、多くのシナリオで、パフォーマンスのニーズを満たしながら、高いコスト効率の実現が容易になります。 たとえば、トランザクション集中型データベース ワークロードでは小さいサイズで大量の IOPS が必要であったり、ゲーム アプリケーションでピーク時に大量の IOPS が必要になったりする場合があります。 Premium SSD v2 は、SQL Server、Oracle、MariaDB、SAP、Cassandra、Mongo DB、ビッグ データ/分析、ゲーム、仮想マシンやステートフル コンテナーなどの幅広いワークロードに適しています。

Premium SSD と Premium SSD v2 の相違点

Premium SSD とは異なり、Premium SSD v2 には専用のサイズはありません。 Premium SSD v2 は、サポートされている任意のサイズに設定し、ダウンタイムなしでパフォーマンスに合わせて細かい調整を行うことが可能です。 Premium SSD v2 はホスト キャッシュをサポートしていませんが、短い遅延は大きなメリットをもたらします。これは、ホスト キャッシュが対処するのと同じ中核的な問題の一部に対処するものです。 また、いつでも IOPS、スループット、サイズを調整できるため、ニーズに合わせてディスクをストライプする必要がある場合のメンテナンス オーバーヘッドを回避できます。

Premium SSD v2 の制限事項

  • Premium SSD v2 ディスクを OS ディスクとして使用することはできません。
  • 現在、Premium SSD v2 ディスクはゾーン VM にのみ接続できます。
  • 現時点では、スナップショットの作成はサポートされていません。また、別のディスクの種類のスナップショットから Premium SSD v2 を作成することはできません。
  • 現在、ホストでの暗号化は Premium SSD v2 ディスクではサポートされていません。 ディスクの種類に対してホストでの暗号化を有効にした VM には、引き続き Premium SSD v2 ディスクをアタッチできます。
  • Azure Disk Encryption (Bitlocker または DM-Crypt によるゲスト VM 暗号化) は、Premium SSD v2 ディスクを搭載した VM ではサポートされていません。 Premium SSD v2 でサポートされている、プラットフォームマネージド キーまたはカスタマー マネージド キーを使用した保存時の暗号化を使用することをお勧めします。
  • 現在、Premium SSD v2 ディスクは可用性セット内の VM に接続できません。
  • Azure Backup と Azure Site Recovery は、Premium SSD v2 ディスクを搭載した VM ではサポートされていません。

リージョン別の提供状況

現在、以下のリージョンでのみ使用できます。

  • 米国東部
  • 西ヨーロッパ

Premium SSD v2 のパフォーマンス

Premium SSD v2 ディスクを使用すると、ワークロードのニーズに基づいてディスクの容量、スループット、IOPS を個別に設定できるため、柔軟性が向上し、コストが削減されます。 これらの値によって、ディスクのコストが決まります。

Premium SSD v2 の容量

Premium SSD v2 容量の範囲は、1 GiB から 64 TiB まで、1 GiB 単位です。 GiB ごとに課金されます。詳細については「価格ページ」を参照してください。

Premium SSD v2 では、サブスクリプションあたりとリージョンあたり最大 32 TiB が既定で提供されますが、依頼があればそれを超える容量がサポートされます。 容量の増加を依頼するには、クォータの増加を要求するか、Azure サポートにお問い合わせください。

Premium SSD v2 の IOPS

すべての Premium SSD v2 ディスクのベースライン IOPS は 3000 で、無料です。 6 GiB を超えると、ディスクの最大 IOPS は GiB あたり 500 の割合で、最大 80,000 IOPS まで増やすことができます。 そのため、8 GiB ディスクでは最大 4,000 IOPS、10 GiB はで最大 5,000 IOPS が可能です。 あるディスクに 80,000 IOPS を設定できるようにするには、そのディスクに少なくとも 160 GiB が必要です。 IOPS が 3000 を超えると、ディスクの価格が上がります。

Premium SSD v2 のスループット

すべての Premium SSD v2 ディスクのベースライン スループットは 125 MB/秒で、無料です。 6 GiB を超えると、設定できる最大スループットは、セット IOPS あたり 0.25 MB/秒増加します。 ディスクの IOPS が 3,000 の場合、設定できる最大スループットは 750 MB/秒です。 このディスクのスループットを 750 MB/秒を超えて引き上げるには、その IOPS を増やす必要があります。 たとえば、IOPS を 4,000 に増やした場合、設定できる最大スループットは 1,000 になります。 5,000 IOPS 以上のディスクでサポートされる最大スループットは 1,200 MB/秒です。 スループットが 125 を超えると、ディスクの価格が上がります。

Premium SSD v2 セクター サイズ

Premium SSD v2 では、既定で 4k 物理セクター サイズがサポートされています。 512E セクター サイズもサポートされています。 ほとんどのアプリケーションは 4k のセクター サイズと互換性がありますが、512 バイトのセクター サイズが必要になる場合があります。 たとえば、Oracle Database では、4k のネイティブ ディスクをサポートするには、リリース 12.2 以降が必要です。 以前のバージョンの Oracle DB では、512 バイトのセクター サイズが必要となります。

まとめ

次の表では、使用するものを決定する場合に役立つように、ディスクの容量とパフォーマンスの最大値を比較しています。

ディスク サイズ 使用可能な最大 IOPS 使用可能な最大スループット (MB/秒)
1 GiB から 64 TiB 3,000 から 80,000 (GiB あたり 500 IOPS ずつ増加) 125 から 1,200 (セット IOPS あたり 0.25 MB/秒ずつ増加)

Premium SSD v2 をデプロイするには、「Premium SSD v2 のデプロイ」を参照してください。

Premium SSD

Azure Premium SSD では、IO (入出力) を集中的に行うワークロードが存在する仮想マシン (VM) 向けに、高パフォーマンスで待ち時間の少ないディスク サポートが提供されます。 Premium SSD の速度とパフォーマンスを活用するために、既存の VM ディスクを Premium SSD に移行することができます。 Premium SSD はミッションクリティカルな運用アプリケーションに適していますが、互換性のある VM シリーズでのみ使用できます。

Premium Storage に互換性のあるサイズなど、Windows または Linux 用の Azure VM の個別の種類とサイズについて詳しくは、「Azure の仮想マシンのサイズ」を参照してください。 個々の VM サイズの記事を確認し、Premium Storage と互換性があるかどうかを判断する必要があります。

Premium SSD のサイズ

Premium SSD のサイズ P1 P2 P3 P4 P6 P10 P15 P20 P30 P40 P50 P60 P70 P80
ディスク サイズ (GiB) 4 8 16 32 64 128 256 512 1,024 2,048 4,096 8,192 16,384 32,767
ディスクあたりのプロビジョニング済み IOPS 120 120 120 120 240 500 1,100 2,300 5,000 7,500 7,500 16,000 18,000 20,000
ディスクあたりのプロビジョニング済みスループット 25 MB/秒 25 MB/秒 25 MB/秒 25 MB/秒 50 MB/秒 100 MB/秒 125 MB/秒 150 MB/秒 200 MB/秒 250 MB/秒 250 MB/秒 500 MB/秒 750 MB/秒 900 MB/秒
ディスクあたりの最大バースト IOPS 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 30,000* 30,000* 30,000* 30,000* 30,000* 30,000*
ディスクあたりの最大バースト スループット 170 MB/秒 170 MB/秒 170 MB/秒 170 MB/秒 170 MB/秒 170 MB/秒 170 MB/秒 170 MB/秒 1,000 MB/秒* 1,000 MB/秒* 1,000 MB/秒* 1,000 MB/秒* 1,000 MB/秒* 1,000 MB/秒*
最大バースト時間 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 無制限* 無制限* 無制限* 無制限* 無制限* 無制限*
予約対象 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい (最長 1 年) はい (最長 1 年) はい (最長 1 年) はい (最長 1 年) はい (最長 1 年) はい (最長 1 年)

*オンデマンド バーストが有効になっているディスクにのみ適用されます。

容量、IOPS、スループットは、Premium Storage ディスクがプロビジョニングされるときに保証されます。 たとえば、P50 ディスクを作成した場合、対象のディスクに 4,095 GB のストレージ容量、7,500 IOPS、および 250 MB/秒のスループットがプロビジョニングされます。 アプリケーションでは、容量とパフォーマンスのすべてまたは一部を使用できます。 Premium SSD は、1 桁のミリ秒の遅延と、前出の表に示した目標 IOPS とスループットを、99.9% の確率で提供するように設計されています。

Premium SSD のバースト

Premium SSD はディスク バースティングを提供し、IO パターンの予測できない変更に対して優れた耐性を示します。 ディスク バースティングは、OS ディスクのブート時や、スパイクの多いトラフィックがあるアプリケーションに特に役立ちます。 Azure ディスクのバーストのしくみの詳細については、「ディスク レベルのバースト」を参照してください。

Premium SSD のトランザクション

Premium SSD では、スループットが 256 KiB 以下の I/O 操作は、それぞれ単一の I/O 操作とみなされます。 スループットが 256 KiB を超える I/O 操作は、サイズが 256 KiB の複数の I/O とみなされます。

Standard SSD

Azure Standard SSD は、低い IOPS レベルで一貫したパフォーマンスを必要とするワークロード向けに最適化されています。 オンプレミスのハード ディスク ドライブ (HDD) ソリューションでサポートされているさまざまなワークロードを抱えるお客様にとって、特に適した選択肢です。 Standard HDD に比べて、Standard SSD は、可用性、一貫性、信頼性、遅延が優れています。 Standard SSD は、Web サーバー、低い IOPS のアプリケーション サーバー、使用の少ないエンタープライズ アプリケーション、非運用ワークロードに適しています。 Standard HDD のように、Standard SSD はすべての Azure VM で使用できます。

Standard SSD のサイズ

Standard SSD のサイズ E1 E2 E3 E4 E6 E10 E15 E20 E30 E40 E50 E60 E70 E80
ディスク サイズ (GiB) 4 8 16 32 64 128 256 512 1,024 2,048 4,096 8,192 16,384 32,767
ディスクあたりの IOPS 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 2,000 最大 4,000 最大 6,000
ディスクあたりのスループット 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 400 MB/秒 最大 600 MB/秒 最大 750 MB/秒
ディスクあたりの最大バースト IOPS 600 600 600 600 600 600 600 600 1000
ディスクあたりの最大バースト スループット 150 MB/秒 150 MB/秒 150 MB/秒 150 MB/秒 150 MB/秒 150 MB/秒 150 MB/秒 150 MB/秒 250 MB/秒
最大バースト時間 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分 30 分

Standard SSD は、1 桁のミリ秒の遅延と、前出の表に示されている上限までの IOPS とスループットを 99% の時間で提供するように設計されています。 実際の IOPS とスループットは、トラフィック パターンによって異なる場合があります。 Standard SSD は、HDD ディスクよりも一貫したパフォーマンスを提供し、遅延が少なくなります。

Standard SSD のトランザクション

Standard SSD では、スループットが 256 KiB 以下の I/O 操作は、それぞれ単一の I/O 操作とみなされます。 スループットが 256 KiB を超える I/O 操作は、サイズが 256 KiB の複数の I/O とみなされます。 これらのトランザクションでは、課金対象のコストが発生します。

Standard SSD のバースト

Standard SSD はディスク バースティングを提供し、IO パターンの予測できない変更に対して優れた耐性を示します。 OS ブート ディスクとトラフィック スパイクの影響を受けやすいアプリケーションは、どちらもディスク バースティングから利点が得られます。 Azure ディスクのバーストのしくみの詳細については、「ディスク レベルのバースト」を参照してください。

Standard HDD

Azure Standard HDD によって、遅延に耐性があるワークロードを実行する VM 向けの信頼性の高い低コストのディスク サポートが提供されます。 Standard Storage では、データは HDD に保存され、パフォーマンスは SSD ベースのディスクよりも大きく変化する可能性があります。 Standard HDD は、ほとんどの IO 操作で、書き込み待機時間が 10 ミリ秒未満および読み取り待機時間が 20 ミリ秒未満になるように設計されています。 ただし、実際のパフォーマンスは IO サイズやワークロード パターンによって異なる場合があります。 VM を使用するとき、開発/テスト シナリオや重要度の低いワークロードには Standard HDD ディスクを使用できます。 Standard HDD はすべての Azure リージョンで使用可能であり、すべての Azure VM で使用できます。

Standard HDD のサイズ

Standard ディスクの種類 S4 S6 S10 S15 S20 S30 S40 S50 S60 S70 S80
ディスク サイズ (GiB) 32 64 128 256 512 1,024 2,048 4,096 8,192 16,384 32,767
ディスクあたりの IOPS 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 500 最大 1,300 最大 2,000 最大 2,000
ディスクあたりのスループット 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 60 MB/秒 最大 300 MB/秒 最大 500 MB/秒 最大 500 MB/秒

Standard HDD のトランザクション

Standard HDD では、各 I/O 操作は、I/O サイズに関係なく、単一のトランザクションとみなされます。 これらのトランザクションは、課金への影響があります。

課金

マネージド ディスクを使用するときには、課金に関する次の考慮事項が適用されます。

  • ディスクの種類
  • マネージド ディスクのサイズ
  • スナップショット
  • 送信データ転送
  • トランザクション数

マネージド ディスクのサイズ: マネージド ディスクは、それらのプロビジョニング済みサイズに従って課金されます。 Azure では、プロビジョニング済みサイズ (切り上げたもの) は、提供される最も近いディスク サイズにマップされます。 提供されるディスク サイズの詳細については、前の表を参照してください。 各ディスクは、サポートされているプロビジョニング済みディスク サイズのオファリングにマップされ、それに応じて課金されます。 たとえば、200 GiB の Standard SSD をプロビジョニングした場合、E15 (256 GiB) のディスク サイズのオファーにマップされます。 プロビジョニングされたディスクには、ストレージ サービスの月額料金を使用して、時間割りで計算して課金されます。 たとえば、E10 ディスクをプロビジョニングし、20 時間の使用後に削除するとします。 この場合、ディスクに書き込まれたデータの量に関係なく、E10 オファリングの 20 時間分に対して課金されます。

スナップショット: スナップショットは、使用されているサイズに基づいて請求されます。 たとえば、64 GiB のプロビジョニング済み容量でマネージド ディスクのスナップショットを作成し、実際に使用されたデータ サイズが 10 GiB であるとします。 この場合、スナップショットは使用されたデータ サイズである 10 GiB 分のみ課金されます。

スナップショットの詳細については、マネージド ディスクの概要に関するページのスナップショットのセクションを参照してください。

送信データ転送: 送信データ転送 (Azure データ センターから送信されるデータ) では、帯域幅の使用量に対して課金されます。

トランザクション: Standard マネージド ディスクで実行されるトランザクションの数に対して課金されます。 Standard SSD では、スループットが 256 KiB 以下の I/O 操作は、それぞれ単一の I/O 操作とみなされます。 スループットが 256 KiB を超える I/O 操作は、サイズが 256 KiB の複数の I/O とみなされます。 Standard HDD では、各 IO 操作は、I/O サイズに関係なく、単一のトランザクションとみなされます。

トランザクション コストを含め、Managed Disks の価格の詳細については、「Managed Disks の価格」をご覧ください。

Ultra ディスクの VM 予約料金

Azure VM には、Ultra Disk と互換性があるかどうかを示す機能があります。 Ultra ディスク互換 VM では、コンピューティング VM インスタンスとブロック ストレージ スケール ユニット間に専用の帯域幅容量が割り当てられてパフォーマンスが最適化され、待機時間が減少します。 この容量を VM に追加すると、予約料金がかかります。 予約料金は、Ultra ディスクがアタッチされていない VM 上で Ultra ディスク 機能を有効にした場合にのみかかります。 Ultra ディスク互換 VM に Ultra ディスクがアタッチされている場合、予約料金は適用されません。 この料金は、VM 上にプロビジョニングされている vCPU ごとにかかります。

Note

制約付きコア VM サイズの場合、予約料金は、制限付きコアではなく実際の vCPU 数に基づいています。 Standard_E32-8s_v3 の場合、予約料金は 32 コアに基づきます。

Ultra Disk の価格について詳しくは、Azure ディスクの価格に関するページをご覧ください。

Azure ディスク予約

ディスク予約により、1 年分のディスク ストレージの前払い購入で割引が提供されるため、総コストが削減されます。 ディスク予約を購入する場合は、ターゲットリージョンで特定のディスク SKU を選択します。 たとえば、米国中部リージョンでは、1 年間に 5 つの P30 (1 TiB) の Premium SSD を選択できます。 ディスク予約エクスペリエンスは、Azure 予約 VM インスタンスに似ています。 VM 予約とディスク予約をバンドルすると、最大限に節約できます。 現時点で、Azure ディスク予約には、すべての運用リージョンで P30 (1 TiB) から P80 (32 TiB) までの Premium SSD SKU の 1 年間のコミットメント プランが用意されています。 予約済みディスクの価格の詳細については、Azure ディスクの価格のページを参照してください。

次のステップ

開始する場合は、「Managed Disks の価格」を参照してください。