次の方法で共有


az acr replication

Azure Container Registries の geo レプリケートリージョンを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az acr replication create

Azure Container Registry のレプリケートされたリージョンを作成します。

コア GA
az acr replication delete

レプリケートされたリージョンを Azure Container Registry から削除します。

コア GA
az acr replication list

geo レプリケートされた Azure Container Registry のすべてのリージョンを一覧表示します。

コア GA
az acr replication show

レプリケートされたリージョンの詳細を取得します。

コア GA
az acr replication update

レプリケーションを更新します。

コア GA

az acr replication create

Azure Container Registry のレプリケートされたリージョンを作成します。

az acr replication create --location
                          --registry
                          [--name]
                          [--region-endpoint-enabled {false, true}]
                          [--resource-group]
                          [--tags]
                          [--zone-redundancy {Disabled, Enabled}]

Azure Container Registry のレプリケートされたリージョンを作成します。

az acr replication create -r myregistry -l westus

Azure Container Registry のレプリケートされたリージョンを作成します。 (自動生成)

az acr replication create --location westus --registry myregistry --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--location -l

Location。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 小文字で指定する必要があります。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

省略可能のパラメーター

--name -n

レプリケーションの名前。 既定値は場所名です。

--region-endpoint-enabled
プレビュー

このレプリケーションへのルーティングを許可します。 要求は無効なレプリケーションにルーティングされません。 リージョン エンドポイントの状態に関係なく、データの同期は続行されます。 既定値: true。

承認された値: false, true
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--zone-redundancy
プレビュー

このレジストリまたはレプリケーションに対してゾーン冗長を有効にする必要があるかどうかを示します。 サポートされている場所など、詳細については、https://aka.ms/acr/az ゾーン冗長を更新できません。 既定値は 'Disabled' です。

承認された値: Disabled, Enabled
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr replication delete

レプリケートされたリージョンを Azure Container Registry から削除します。

az acr replication delete --name
                          --registry
                          [--resource-group]

レプリケートされたリージョンを Azure Container Registry から削除します。

az acr replication delete -n MyReplication -r myregistry

必須のパラメーター

--name -n

レプリケーションの名前。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 小文字で指定する必要があります。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr replication list

geo レプリケートされた Azure Container Registry のすべてのリージョンを一覧表示します。

az acr replication list --registry
                        [--resource-group]

レプリケーションを一覧表示し、結果をテーブルに表示します。

az acr replication list -r myregistry -o table

必須のパラメーター

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 小文字で指定する必要があります。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr replication show

レプリケートされたリージョンの詳細を取得します。

az acr replication show --name
                        --registry
                        [--resource-group]

レプリケートされたリージョンの詳細を取得する

az acr replication show -n MyReplication -r myregistry

必須のパラメーター

--name -n

レプリケーションの名前。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 小文字で指定する必要があります。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr replication update

レプリケーションを更新します。

az acr replication update --name
                          --registry
                          [--add]
                          [--force-string]
                          [--region-endpoint-enabled {false, true}]
                          [--remove]
                          [--resource-group]
                          [--set]
                          [--tags]

レプリケーションのタグを更新する

az acr replication update -n MyReplication -r myregistry --tags key1=value1 key2=value2

レプリケーションを更新します。 (自動生成)

az acr replication update --name MyReplication --registry myregistry --resource-group MyResourceGroup --tags key1=value1 key2=value2

必須のパラメーター

--name -n

レプリケーションの名前。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 小文字で指定する必要があります。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value, string or JSON string>

既定値: []
--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

既定値: False
--region-endpoint-enabled
プレビュー

このレプリケーションへのルーティングを許可します。 要求は無効なレプリケーションにルーティングされません。 リージョン エンドポイントの状態に関係なく、データの同期は続行されます。

承認された値: false, true
--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list <indexToRemove> OR --remove propertyToRemove.

既定値: []
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=<value>

既定値: []
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。