Share via


az functionapp connection update

functionapp 接続を更新します。

コマンド

名前 説明 Status
az functionapp connection update app-insights

functionapp を app-insights 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update appconfig

functionapp を appconfig 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update cognitiveservices

functionapp を cognitiveservices 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update confluent-cloud

functionapp を confluent-cloud 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update cosmos-cassandra

functionapp を cosmos-cassandra 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update cosmos-gremlin

functionapp を cosmos-gremlin 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update cosmos-mongo

functionapp を cosmos-mongo 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update cosmos-sql

functionapp を cosmos-sql 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update cosmos-table

functionapp を cosmos-table 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update eventhub

functionapp を eventhub 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update keyvault

functionapp を keyvault 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update mysql

関数アプリを mysql 接続に更新します。

コア "非推奨"
az functionapp connection update mysql-flexible

関数アプリを mysql フレキシブル接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update postgres

functionapp から postgres への接続を更新します。

コア "非推奨"
az functionapp connection update postgres-flexible

functionapp を postgres フレキシブル接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update redis

functionapp を Redis 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update redis-enterprise

functionapp を redis-enterprise 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update servicebus

functionapp を servicebus 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update signalr

functionapp を Signalr 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update sql

関数アプリを SQL 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update storage-blob

functionapp をストレージ BLOB 接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update storage-file

functionapp をストレージ ファイル接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update storage-queue

functionapp をストレージ キュー接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update storage-table

functionapp をストレージ テーブル接続に更新します。

コア GA
az functionapp connection update webpubsub

functionapp を webpubsub 接続に更新します。

コア GA

az functionapp connection update app-insights

functionapp を app-insights 接続に更新します。

az functionapp connection update app-insights [--appconfig-id]
                                              [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python}]
                                              [--connection]
                                              [--customized-keys]
                                              [--id]
                                              [--name]
                                              [--no-wait]
                                              [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                              [--resource-group]
                                              [--secret]
                                              [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update app-insights -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update app-insights --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update appconfig

functionapp を appconfig 接続に更新します。

az functionapp connection update appconfig [--appconfig-id]
                                           [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python}]
                                           [--connection]
                                           [--customized-keys]
                                           [--id]
                                           [--name]
                                           [--no-wait]
                                           [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                           [--private-endpoint {false, true}]
                                           [--resource-group]
                                           [--secret]
                                           [--service-principal]
                                           [--system-identity]
                                           [--user-identity]
                                           [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update appconfig -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update appconfig --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update cognitiveservices

functionapp を cognitiveservices 接続に更新します。

az functionapp connection update cognitiveservices [--appconfig-id]
                                                   [--client-type {dotnet, none, python}]
                                                   [--connection]
                                                   [--customized-keys]
                                                   [--id]
                                                   [--name]
                                                   [--no-wait]
                                                   [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                   [--resource-group]
                                                   [--secret]
                                                   [--service-principal]
                                                   [--system-identity]
                                                   [--user-identity]
                                                   [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cognitiveservices -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cognitiveservices --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, none, python
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update confluent-cloud

functionapp を confluent-cloud 接続に更新します。

az functionapp connection update confluent-cloud --connection
                                                 [--appconfig-id]
                                                 [--bootstrap-server]
                                                 [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, none, python, springBoot}]
                                                 [--customized-keys]
                                                 [--kafka-key]
                                                 [--kafka-secret]
                                                 [--name]
                                                 [--no-wait]
                                                 [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                 [--resource-group]
                                                 [--schema-key]
                                                 [--schema-registry]
                                                 [--schema-secret]
                                                 [--source-id]
                                                 [--vault-id]

ブートストラップ サーバー接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update confluent-cloud -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client python

ブートストラップ サーバー接続の認証構成を更新する

az functionapp connection update confluent-cloud -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --bootstrap-server xxx.eastus.azure.confluent.cloud:9092 --kafka-key Name --kafka-secret Secret

スキーマ レジストリ接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update confluent-cloud -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection_schema --client python

スキーマ レジストリ接続の認証構成を更新する

az functionapp connection update confluent-cloud -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection_schema --schema-registry https://xxx.eastus.azure.confluent.cloud --schema-key Name --schema-secret Secret

必須のパラメーター

--connection

接続の名前。

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--bootstrap-server

Kafka ブートストラップ サーバーの URL。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, none, python, springBoot
--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--kafka-key

Kafka API-Key (キー)。

--kafka-secret

Kafka API-Key (シークレット)。

--name -n

関数アプリの名前。 '--source-id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--source-id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--schema-key

スキーマ レジストリ API キー (キー)。

--schema-registry

スキーマ レジストリの URL。

--schema-secret

スキーマ レジストリ API キー (シークレット)。

--source-id

functionapp のリソース ID。 ['--resource-group', '--name'] が指定されていない場合は必須です。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update cosmos-cassandra

functionapp を cosmos-cassandra 接続に更新します。

az functionapp connection update cosmos-cassandra [--appconfig-id]
                                                  [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                                  [--connection]
                                                  [--customized-keys]
                                                  [--id]
                                                  [--name]
                                                  [--no-wait]
                                                  [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                  [--private-endpoint {false, true}]
                                                  [--resource-group]
                                                  [--secret]
                                                  [--service-endpoint {false, true}]
                                                  [--service-principal]
                                                  [--system-identity]
                                                  [--user-identity]
                                                  [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-cassandra -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-cassandra --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update cosmos-gremlin

functionapp を cosmos-gremlin 接続に更新します。

az functionapp connection update cosmos-gremlin [--appconfig-id]
                                                [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, php, python}]
                                                [--connection]
                                                [--customized-keys]
                                                [--id]
                                                [--name]
                                                [--no-wait]
                                                [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                [--private-endpoint {false, true}]
                                                [--resource-group]
                                                [--secret]
                                                [--service-endpoint {false, true}]
                                                [--service-principal]
                                                [--system-identity]
                                                [--user-identity]
                                                [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-gremlin -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-gremlin --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, php, python
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update cosmos-mongo

functionapp を cosmos-mongo 接続に更新します。

az functionapp connection update cosmos-mongo [--appconfig-id]
                                              [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, springBoot}]
                                              [--connection]
                                              [--customized-keys]
                                              [--id]
                                              [--name]
                                              [--no-wait]
                                              [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                              [--private-endpoint {false, true}]
                                              [--resource-group]
                                              [--secret]
                                              [--service-endpoint {false, true}]
                                              [--service-principal]
                                              [--system-identity]
                                              [--user-identity]
                                              [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-mongo -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-mongo --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update cosmos-sql

functionapp を cosmos-sql 接続に更新します。

az functionapp connection update cosmos-sql [--appconfig-id]
                                            [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                            [--connection]
                                            [--customized-keys]
                                            [--id]
                                            [--name]
                                            [--no-wait]
                                            [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                            [--private-endpoint {false, true}]
                                            [--resource-group]
                                            [--secret]
                                            [--service-endpoint {false, true}]
                                            [--service-principal]
                                            [--system-identity]
                                            [--user-identity]
                                            [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-sql -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-sql --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update cosmos-table

functionapp を cosmos-table 接続に更新します。

az functionapp connection update cosmos-table [--appconfig-id]
                                              [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                              [--connection]
                                              [--customized-keys]
                                              [--id]
                                              [--name]
                                              [--no-wait]
                                              [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                              [--private-endpoint {false, true}]
                                              [--resource-group]
                                              [--secret]
                                              [--service-endpoint {false, true}]
                                              [--service-principal]
                                              [--system-identity]
                                              [--user-identity]
                                              [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-table -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update cosmos-table --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update eventhub

functionapp を eventhub 接続に更新します。

az functionapp connection update eventhub [--appconfig-id]
                                          [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, kafka-springBoot, nodejs, none, python, springBoot}]
                                          [--connection]
                                          [--customized-keys]
                                          [--id]
                                          [--name]
                                          [--no-wait]
                                          [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                          [--private-endpoint {false, true}]
                                          [--resource-group]
                                          [--secret]
                                          [--service-endpoint {false, true}]
                                          [--service-principal]
                                          [--system-identity]
                                          [--user-identity]
                                          [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update eventhub -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update eventhub --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, kafka-springBoot, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update keyvault

functionapp を keyvault 接続に更新します。

az functionapp connection update keyvault [--appconfig-id]
                                          [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                          [--connection]
                                          [--customized-keys]
                                          [--id]
                                          [--name]
                                          [--no-wait]
                                          [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                          [--private-endpoint {false, true}]
                                          [--resource-group]
                                          [--service-endpoint {false, true}]
                                          [--service-principal]
                                          [--system-identity]
                                          [--user-identity]
                                          [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update keyvault -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update keyvault --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update mysql

非推奨

このコマンドは非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。

関数アプリを mysql 接続に更新します。

az functionapp connection update mysql [--appconfig-id]
                                       [--client-type {django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot}]
                                       [--connection]
                                       [--customized-keys]
                                       [--id]
                                       [--name]
                                       [--no-wait]
                                       [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                       [--private-endpoint {false, true}]
                                       [--resource-group]
                                       [--secret]
                                       [--service-endpoint {false, true}]
                                       [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update mysql -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update mysql --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret name=XX secret=XX --secret name=XX secret-uri=XX --secret name=XX secret-name=XX

name : 必須。 シークレット認証のユーザー名またはアカウント名。シークレット: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 シークレット認証のパスワードまたはアカウント キー。secret-uri: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット URI。 secret-name: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット名。 これは AKS 専用です。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update mysql-flexible

関数アプリを mysql フレキシブル接続に更新します。

az functionapp connection update mysql-flexible [--appconfig-id]
                                                [--client-type {django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot}]
                                                [--connection]
                                                [--customized-keys]
                                                [--id]
                                                [--name]
                                                [--no-wait]
                                                [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                [--resource-group]
                                                [--secret]
                                                [--service-principal]
                                                [--system-identity]
                                                [--user-identity]
                                                [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update mysql-flexible -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update mysql-flexible --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret name=XX secret=XX --secret name=XX secret-uri=XX --secret name=XX secret-name=XX

name : 必須。 シークレット認証のユーザー名またはアカウント名。シークレット: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 シークレット認証のパスワードまたはアカウント キー。secret-uri: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット URI。 secret-name: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット名。 これは AKS 専用です。

--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity mysql-identity-id=xx

mysql-identity-id: 省略可能。 MySQL フレキシブル サーバー AAD 認証に使用される ID の ID。 サーバー AAD 管理者の場合は無視します。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update postgres

非推奨

このコマンドは非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。

functionapp から postgres への接続を更新します。

az functionapp connection update postgres [--appconfig-id]
                                          [--client-type {django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot}]
                                          [--connection]
                                          [--customized-keys]
                                          [--id]
                                          [--name]
                                          [--no-wait]
                                          [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                          [--private-endpoint {false, true}]
                                          [--resource-group]
                                          [--secret]
                                          [--service-endpoint {false, true}]
                                          [--service-principal]
                                          [--system-identity]
                                          [--user-identity]
                                          [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update postgres -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update postgres --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret name=XX secret=XX --secret name=XX secret-uri=XX --secret name=XX secret-name=XX

name : 必須。 シークレット認証のユーザー名またはアカウント名。シークレット: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 シークレット認証のパスワードまたはアカウント キー。secret-uri: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット URI。 secret-name: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット名。 これは AKS 専用です。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update postgres-flexible

functionapp を postgres フレキシブル接続に更新します。

az functionapp connection update postgres-flexible [--appconfig-id]
                                                   [--client-type {django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot}]
                                                   [--connection]
                                                   [--customized-keys]
                                                   [--id]
                                                   [--name]
                                                   [--no-wait]
                                                   [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                   [--resource-group]
                                                   [--secret]
                                                   [--service-principal]
                                                   [--system-identity]
                                                   [--user-identity]
                                                   [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update postgres-flexible -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update postgres-flexible --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret name=XX secret=XX --secret name=XX secret-uri=XX --secret name=XX secret-name=XX

name : 必須。 シークレット認証のユーザー名またはアカウント名。シークレット: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 シークレット認証のパスワードまたはアカウント キー。secret-uri: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット URI。 secret-name: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット名。 これは AKS 専用です。

--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update redis

functionapp を Redis 接続に更新します。

az functionapp connection update redis [--appconfig-id]
                                       [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                       [--connection]
                                       [--customized-keys]
                                       [--id]
                                       [--name]
                                       [--no-wait]
                                       [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                       [--private-endpoint {false, true}]
                                       [--resource-group]
                                       [--secret]
                                       [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update redis -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update redis --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update redis-enterprise

functionapp を redis-enterprise 接続に更新します。

az functionapp connection update redis-enterprise [--appconfig-id]
                                                  [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                                  [--connection]
                                                  [--customized-keys]
                                                  [--id]
                                                  [--name]
                                                  [--no-wait]
                                                  [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                                  [--resource-group]
                                                  [--secret]
                                                  [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update redis-enterprise -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update redis-enterprise --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update servicebus

functionapp を servicebus 接続に更新します。

az functionapp connection update servicebus [--appconfig-id]
                                            [--client-type {dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                            [--connection]
                                            [--customized-keys]
                                            [--id]
                                            [--name]
                                            [--no-wait]
                                            [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                            [--private-endpoint {false, true}]
                                            [--resource-group]
                                            [--secret]
                                            [--service-endpoint {false, true}]
                                            [--service-principal]
                                            [--system-identity]
                                            [--user-identity]
                                            [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update servicebus -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update servicebus --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update signalr

functionapp を Signalr 接続に更新します。

az functionapp connection update signalr [--appconfig-id]
                                         [--client-type {dotnet, dotnet-internal, none}]
                                         [--connection]
                                         [--customized-keys]
                                         [--id]
                                         [--name]
                                         [--no-wait]
                                         [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                         [--private-endpoint {false, true}]
                                         [--resource-group]
                                         [--secret]
                                         [--service-principal]
                                         [--system-identity]
                                         [--user-identity]
                                         [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update signalr -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update signalr --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, none
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update sql

関数アプリを SQL 接続に更新します。

az functionapp connection update sql [--appconfig-id]
                                     [--client-type {django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot}]
                                     [--connection]
                                     [--customized-keys]
                                     [--id]
                                     [--name]
                                     [--no-wait]
                                     [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                     [--private-endpoint {false, true}]
                                     [--resource-group]
                                     [--secret]
                                     [--service-endpoint {false, true}]
                                     [--service-principal]
                                     [--system-identity]
                                     [--user-identity]
                                     [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update sql -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update sql --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: django, dotnet, dotnet-internal, go, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret name=XX secret=XX --secret name=XX secret-uri=XX --secret name=XX secret-name=XX

name : 必須。 シークレット認証のユーザー名またはアカウント名。シークレット: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 シークレット認証のパスワードまたはアカウント キー。secret-uri: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット URI。 secret-name: シークレットの <1 つである secret-uri、secret-name> が必要です。 パスワードを格納する Keyvault シークレット名。 これは AKS 専用です。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update storage-blob

functionapp をストレージ BLOB 接続に更新します。

az functionapp connection update storage-blob [--appconfig-id]
                                              [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                              [--connection]
                                              [--customized-keys]
                                              [--id]
                                              [--name]
                                              [--no-wait]
                                              [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                              [--private-endpoint {false, true}]
                                              [--resource-group]
                                              [--secret]
                                              [--service-endpoint {false, true}]
                                              [--service-principal]
                                              [--system-identity]
                                              [--user-identity]
                                              [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-blob -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-blob --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update storage-file

functionapp をストレージ ファイル接続に更新します。

az functionapp connection update storage-file [--appconfig-id]
                                              [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot}]
                                              [--connection]
                                              [--customized-keys]
                                              [--id]
                                              [--name]
                                              [--no-wait]
                                              [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                              [--private-endpoint {false, true}]
                                              [--resource-group]
                                              [--secret]
                                              [--service-endpoint {false, true}]
                                              [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-file -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-file --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, php, python, ruby, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update storage-queue

functionapp をストレージ キュー接続に更新します。

az functionapp connection update storage-queue [--appconfig-id]
                                               [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot}]
                                               [--connection]
                                               [--customized-keys]
                                               [--id]
                                               [--name]
                                               [--no-wait]
                                               [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                               [--private-endpoint {false, true}]
                                               [--resource-group]
                                               [--secret]
                                               [--service-endpoint {false, true}]
                                               [--service-principal]
                                               [--system-identity]
                                               [--user-identity]
                                               [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-queue -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-queue --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python, springBoot
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update storage-table

functionapp をストレージ テーブル接続に更新します。

az functionapp connection update storage-table [--appconfig-id]
                                               [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python}]
                                               [--connection]
                                               [--customized-keys]
                                               [--id]
                                               [--name]
                                               [--no-wait]
                                               [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                               [--private-endpoint {false, true}]
                                               [--resource-group]
                                               [--secret]
                                               [--service-endpoint {false, true}]
                                               [--service-principal]
                                               [--system-identity]
                                               [--user-identity]
                                               [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-table -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update storage-table --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-endpoint

サービス エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース リソースは VNet に含まれている必要があり、ターゲット SKU はサービス エンドポイント機能をサポートする必要があります。

承認された値: false, true
--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az functionapp connection update webpubsub

functionapp を webpubsub 接続に更新します。

az functionapp connection update webpubsub [--appconfig-id]
                                           [--client-type {dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python}]
                                           [--connection]
                                           [--customized-keys]
                                           [--id]
                                           [--name]
                                           [--no-wait]
                                           [--opt-out {auth, configinfo, publicnetwork}]
                                           [--private-endpoint {false, true}]
                                           [--resource-group]
                                           [--secret]
                                           [--service-principal]
                                           [--system-identity]
                                           [--user-identity]
                                           [--vault-id]

リソース名を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update webpubsub -g FuncAppRG -n MyFunctionApp --connection MyConnection --client-type dotnet

リソース ID を使用して接続のクライアントの種類を更新する

az functionapp connection update webpubsub --id /subscriptions/{subscription}/resourceGroups/{source_resource_group}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}/providers/Microsoft.ServiceLinker/linkers/{linker} --client-type dotnet

省略可能のパラメーター

--appconfig-id

構成を格納するアプリ構成 ID。

--client-type

functionapp で使用されるクライアントの種類。

承認された値: dotnet, dotnet-internal, java, nodejs, none, python
--connection

functionapp 接続の名前。

--customized-keys

既定の構成名を変更するために使用されるカスタマイズされたキー。 キーは元の名前、値はカスタマイズされた名前です。

--id

接続のリソース ID。 '--id' が指定されていない場合は、['--resource-group'、'--name'、'--connection'] が必要です。

--name -n

関数アプリの名前。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--opt-out

一部の構成手順を無効にするかどうか。 configinfo を使用して、ソースの構成情報の変更を調整します。 publicnetwork を使用して、パブリック ネットワーク アクセスの構成を無効にします。認証を使用して、マネージド ID の有効化や RBAC ロールの付与などの認証構成をスキップします。

承認された値: auth, configinfo, publicnetwork
--private-endpoint

プライベート エンドポイントでターゲット サービスを接続します。 ソース仮想ネットワーク内のプライベート エンドポイントを事前に作成する必要があります。

承認された値: false, true
--resource-group -g

関数アプリを含むリソース グループ。 '--id' が指定されていない場合は必須です。なし。

--secret

シークレットの認証情報。

使用法: --secret。

--service-principal

サービス プリンシパルの認証情報。

使用法: --service-principal client-id=XX secret=XX

client-id : 必須。 サービス プリンシパルのクライアント ID。 object-id: 省略可能。 サービス プリンシパル (エンタープライズ アプリケーション) のオブジェクト ID。 secret : 必須。 サービス プリンシパルのシークレット。

--system-identity

システム割り当て ID の認証情報。

使用法: --system-identity。

--user-identity

ユーザー割り当て ID の認証情報。

使用法: --user-identity client-id=XX subs-id=XX

client-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のクライアント ID。 subs-id : 必須。 ユーザー割り当て ID のサブスクリプション ID。

--vault-id

シークレット値を格納するキー コンテナーの ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。