Share via


az mysql flexible-server

Note

このコマンド グループには、Azure CLI と少なくとも 1 つの拡張機能の両方で定義されているコマンドがあります。 各拡張機能をインストールして、拡張機能を活用します。 拡張機能の詳細をご覧ください。

Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az mysql flexible-server ad-admin

サーバーの Active Directory 管理者を管理します。

コア GA
az mysql flexible-server ad-admin create

Active Directory 管理者を作成します。

コア GA
az mysql flexible-server ad-admin delete

Active Directory 管理者を削除します。

コア GA
az mysql flexible-server ad-admin list

すべての Active Directory 管理者を一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server ad-admin show

Active Directory 管理者を取得します。

コア GA
az mysql flexible-server ad-admin wait

Active Directory 管理者が特定の条件を満たすのを待ちます。

コア GA
az mysql flexible-server advanced-threat-protection-setting

サーバーの高度な脅威保護設定を管理します。

コア GA
az mysql flexible-server advanced-threat-protection-setting show

サーバーの高度な脅威保護設定を取得します。

コア GA
az mysql flexible-server advanced-threat-protection-setting update

サーバーの Advanced Threat Protection 設定を更新します。

コア GA
az mysql flexible-server backup

柔軟なサーバー バックアップを管理します。

コア GA
az mysql flexible-server backup create

指定したバックアップ名を持つ特定のサーバーのバックアップを作成します。

コア GA
az mysql flexible-server backup list

特定のサーバーのすべてのバックアップを一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server backup show

特定のサーバーの特定のバックアップの詳細を表示します。

コア GA
az mysql flexible-server connect

フレキシブル サーバーに接続します。

拡張子 GA
az mysql flexible-server create

MySQL フレキシブル サーバーを作成します。

コア GA
az mysql flexible-server db

フレキシブル サーバーで MySQL データベースを管理します。

コア GA
az mysql flexible-server db create

フレキシブル サーバー上に MySQL データベースを作成します。

コア GA
az mysql flexible-server db delete

フレキシブル サーバー上のデータベースを削除します。

コア GA
az mysql flexible-server db list

フレキシブル サーバーのデータベースを一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server db show

データベースの詳細を表示します。

コア GA
az mysql flexible-server delete

フレキシブル サーバーを削除します。

コア GA
az mysql flexible-server deploy

MySQL サーバーの GitHub Actions ワークフローを有効にして実行します。

コア GA
az mysql flexible-server deploy run

GitHub リポジトリで既存のワークフローを実行します。

コア GA
az mysql flexible-server deploy setup

MySQL サーバー用の GitHub Actions ワークフロー ファイルを作成します。

コア GA
az mysql flexible-server execute

フレキシブル サーバーに接続します。

拡張子 GA
az mysql flexible-server export

サーバー上のエクスポート バックアップを管理します。

コア プレビュー
az mysql flexible-server export create

指定したバックアップ名を持つ特定のサーバーのエクスポート バックアップを作成します。

コア プレビュー
az mysql flexible-server firewall-rule

サーバーのファイアウォール規則を管理します。

コア GA
az mysql flexible-server firewall-rule create

フレキシブル サーバー用の新しいファイアウォール規則を作成します。

コア GA
az mysql flexible-server firewall-rule delete

ファイアウォール規則を削除します。

コア GA
az mysql flexible-server firewall-rule list

フレキシブル サーバーのすべてのファイアウォール規則を一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server firewall-rule show

ファイアウォール規則の詳細を取得します。

コア GA
az mysql flexible-server firewall-rule update

ファイアウォール規則を更新します。

コア GA
az mysql flexible-server geo-restore

フレキシブル サーバーをバックアップから geo リストアします。

コア GA
az mysql flexible-server gtid

サーバー上の GTID を管理します。

コア GA
az mysql flexible-server gtid reset

サーバー上の GTID をリセットします。

コア GA
az mysql flexible-server identity

サーバー ユーザー割り当て ID を管理します。

コア GA
az mysql flexible-server identity assign

ユーザー割り当てマネージド ID をサーバーに追加します。

コア GA
az mysql flexible-server identity list

サーバーからユーザー割り当てマネージド ID をすべて一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server identity remove

サーバーからユーザーの署名付きマネージド ID を削除します。

コア GA
az mysql flexible-server identity show

サーバーからユーザー割り当てマネージド ID を取得します。

コア GA
az mysql flexible-server import

MySQL フレキシブル サーバーのインポート ワークフローを管理します。

コア GA
az mysql flexible-server import create

フレキシブル サーバー用の新しいインポート ワークフローを作成します。

コア GA
az mysql flexible-server list

使用可能なフレキシブル サーバーを一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server list-skus

特定のリージョンで使用可能な SKU を一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server parameter

フレキシブル サーバーのサーバー パラメーター値を管理するためのコマンド。

コア GA
az mysql flexible-server parameter list

フレキシブル サーバーのパラメーター値を一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server parameter set

フレキシブル サーバーのパラメーターを更新します。

コア GA
az mysql flexible-server parameter set-batch

フレキシブル サーバーのバッチ更新パラメーター。

コア GA
az mysql flexible-server parameter show

フレキシブル サーバーのパラメーターを取得します。"。

コア GA
az mysql flexible-server replica

読み取りレプリカを管理します。

コア GA
az mysql flexible-server replica create

サーバーの読み取りレプリカを作成します。

コア GA
az mysql flexible-server replica list

特定のサーバーのすべての読み取りレプリカを一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server replica stop-replication

読み取りレプリカへのレプリケーションを停止し、読み取り/書き込みサーバーにします。

コア GA
az mysql flexible-server restart

フレキシブル サーバーを再起動します。

コア GA
az mysql flexible-server restore

バックアップからフレキシブル サーバーを復元します。

コア GA
az mysql flexible-server server-logs

サーバー ログを管理します。

コア GA
az mysql flexible-server server-logs download

ログ ファイルをダウンロードします。

コア GA
az mysql flexible-server server-logs list

サーバーのログ ファイルを一覧表示します。

コア GA
az mysql flexible-server show

フレキシブル サーバーの詳細を取得します。

コア GA
az mysql flexible-server show-connection-string

MySQL フレキシブル サーバー データベースの接続文字列を表示します。

コア GA
az mysql flexible-server start

フレキシブル サーバーを起動します。

コア GA
az mysql flexible-server stop

フレキシブル サーバーを停止します。

コア GA
az mysql flexible-server update

フレキシブル サーバーを更新します。

コア GA
az mysql flexible-server upgrade

フレキシブル サーバーのメジャー バージョンのアップグレード。

コア GA
az mysql flexible-server wait

フレキシブル サーバーが特定の条件を満たすのを待ちます。

コア GA

az mysql flexible-server connect

フレキシブル サーバーに接続します。

az mysql flexible-server connect --admin-user
                                 --name
                                 [--admin-password]
                                 [--database-name]
                                 [--interactive]
                                 [--querytext]

必須のパラメーター

--admin-user -u

管理者のログイン ユーザー名。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

省略可能のパラメーター

--admin-password -p

管理者のログイン パスワード。

--database-name -d

データベースの名前。

--interactive

対話モードでデータベースに接続するには、このパラメーターを渡します。

--querytext -q
非推奨

引数 'querytext' は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。 代わりに 'execute' を使用してください。

フレキシブル サーバーに対して実行するクエリ。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server create

MySQL フレキシブル サーバーを作成します。

カスタムまたは既定の構成を使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。 ネットワーク構成の詳細については、次を参照してください。

az mysql flexible-server create [--address-prefixes]
                                [--admin-password]
                                [--admin-user]
                                [--auto-scale-iops {Disabled, Enabled}]
                                [--backup-identity]
                                [--backup-key]
                                [--backup-retention]
                                [--database-name]
                                [--geo-redundant-backup {Disabled, Enabled}]
                                [--high-availability {Disabled, SameZone, ZoneRedundant}]
                                [--identity]
                                [--iops]
                                [--key]
                                [--location]
                                [--name]
                                [--private-dns-zone]
                                [--public-access]
                                [--resource-group]
                                [--sku-name]
                                [--standby-zone]
                                [--storage-auto-grow {Disabled, Enabled}]
                                [--storage-size]
                                [--subnet]
                                [--subnet-prefixes]
                                [--tags]
                                [--tier]
                                [--version]
                                [--vnet]
                                [--yes]
                                [--zone]

カスタム パラメーターを使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成する

az mysql flexible-server create --location northeurope --resource-group testGroup \
  --name testserver --admin-user username --admin-password password \
  --sku-name Standard_B1ms --tier Burstable --public-access 0.0.0.0 --storage-size 32 \
  --tags "key=value" --version 5.7 --high-availability ZoneRedundant --zone 1 \
  --standby-zone 3 --storage-auto-grow Enabled --iops 500

既定のパラメーターとパブリック アクセスが既定で有効になっている MySQL フレキシブル サーバーを作成します。 リソース グループ、サーバー名、ユーザー名、パスワード、および既定のデータベースは CLI によって作成されます

az mysql flexible-server create

パブリック アクセスを使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成し、このサーバーにアクセスできる IP アドレスの範囲を追加します。 --public-access パラメーターには、'All'、'None'、 <startIpAddress>または <startIpAddress>-<endIpAddress>

az mysql flexible-server create --resource-group testGroup --name testserver --public-access 125.23.54.31-125.23.54.35

プライベート アクセスを使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。 指定された仮想ネットワークとサブネットが存在しない場合は、指定されたアドレス プレフィックスを持つ仮想ネットワークとサブネットが作成されます。

az mysql flexible-server create --resource-group testGroup --name testserver --vnet myVnet --subnet mySubnet --address-prefixes 10.0.0.0/16 --subnet-prefixes 10.0.0.0/24

新しいサブネット リソース ID と新しいプライベート DNS ゾーン リソース ID を使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。 サブネットと DNS ゾーンは、別のサブスクリプションまたはリソース グループに作成できます。

az mysql flexible-server create \
  --resource-group testGroup --name testserver \
  --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNetName}/subnets/{SubnetName} \
  --private-dns-zone /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{resourceGroup}/providers/Microsoft.Network/privateDnsZones/testMySQLFlexibleDnsZone.private.mysql.database.azure.com \
  --address-prefixes 172.0.0.0/16 --subnet-prefixes 172.0.0.0/24

同じリソース グループ内の既存のネットワーク リソースを使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。 指定されたサブネットには他のリソースがデプロイされていない必要があります。このサブネットは、まだ委任されていない場合は Microsoft.DBforMySQL/flexibleServers に委任されます。 プライベート DNS ゾーンがまだリンクされていない場合は、仮想ネットワークにリンクされます。

# create vnet
az network vnet create --resource-group testGroup --name testVnet --location testLocation --address-prefixes 172.0.0.0/16

# create subnet
az network vnet subnet create --resource-group testGroup --vnet-name testVnet --address-prefixes 172.0.0.0/24 --name testSubnet

# create private dns zone
az network private-dns zone create -g testGroup -n testDNS.private.mysql.database.azure.com

az mysql flexible-server create --resource-group testGroup \
  --name testserver --location testLocation \
  --subnet /subscriptions/{SubId}/resourceGroups/{testGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/tesetVnet/subnets/testSubnet \
  --private-dns-zone /subscriptions/{SubId}/resourceGroups/{testGroup}/providers/Microsoft.Network/privateDnsZones/testDNS.mysql.database.azure.com\


az mysql flexible-server create --resource-group testGroup --name testserver \
  --vnet testVnet --subnet testSubnet --location testLocation \
  --private-dns-zone /subscriptions/{SubId}/resourceGroups/{testGroup}/providers/Microsoft.Network/privateDnsZones/testDNS.mysql.database.azure.com

別のリソース グループ/サブスクリプション内の既存のネットワーク リソースを使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。

az mysql flexible-server create --resource-group testGroup \
   --name testserver --location testLocation \
  --subnet /subscriptions/{SubId2}/resourceGroups/{testGroup2}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/tesetVnet/subnets/testSubnet \
  --private-dns-zone /subscriptions/{SubId2}/resourceGroups/{testGroup2}/providers/Microsoft.Network/privateDnsZones/testDNS.mysql.database.azure.com

データ暗号化を使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。

# create keyvault
az keyvault create -g testGroup -n testVault --location testLocation \
  --enable-purge-protection true


# create key in keyvault and save its key identifier
keyIdentifier=$(az keyvault key create --name testKey -p software \
  --vault-name testVault --query key.kid -o tsv)


# create identity and save its principalId
identityPrincipalId=$(az identity create -g testGroup --name testIdentity \
  --location testLocation --query principalId -o tsv)


# add testIdentity as an access policy with key permissions 'Wrap Key', 'Unwrap Key', 'Get' and 'List' inside testVault
az keyvault set-policy -g testGroup -n testVault --object-id $identityPrincipalId \
  --key-permissions wrapKey unwrapKey get list


# create flexible server with data encryption enabled
az mysql flexible-server create -g testGroup -n testServer --location testLocation \
  --key $keyIdentifier --identity testIdentity

geo 冗長バックアップとデータ暗号化を使用して MySQL フレキシブル サーバーを作成します。

# create keyvault
az keyvault create -g testGroup -n testVault --location testLocation \
  --enable-purge-protection true


# create key in keyvault and save its key identifier
keyIdentifier=$(az keyvault key create --name testKey -p software \
  --vault-name testVault --query key.kid -o tsv)


# create identity and save its principalId
identityPrincipalId=$(az identity create -g testGroup --name testIdentity \
  --location testLocation --query principalId -o tsv)


# add testIdentity as an access policy with key permissions 'Wrap Key', 'Unwrap Key', 'Get' and 'List' inside testVault
az keyvault set-policy -g testGroup -n testVault --object-id $identityPrincipalId \
  --key-permissions wrapKey unwrapKey get list


# create backup keyvault
az keyvault create -g testGroup -n testBackupVault --location testBackupLocation \
  --enable-purge-protection true


# create backup key in backup keyvault and save its key identifier
backupKeyIdentifier=$(az keyvault key create --name testBackupKey -p software \
  --vault-name testBackupVault --query key.kid -o tsv)


# create backup identity and save its principalId
backupIdentityPrincipalId=$(az identity create -g testGroup --name testBackupIdentity \
  --location testBackupLocation --query principalId -o tsv)


# add testBackupIdentity as an access policy with key permissions 'Wrap Key', 'Unwrap Key', 'Get' and 'List' inside testBackupVault
az keyvault set-policy -g testGroup -n testBackupVault \
  --object-id $backupIdentityPrincipalId --key-permissions wrapKey unwrapKey get list


# create flexible server with geo redundant backup and data encryption enabled
az mysql flexible-server create -g testGroup -n testServer --location testLocation \
  --geo-redundant-backup Enabled \
  --key $keyIdentifier --identity testIdentity \
  --backup-key $backupKeyIdentifier --backup-identity testBackupIdentity

省略可能のパラメーター

--address-prefixes

CIDR 形式で新しい仮想ネットワークを作成するときに使用する IP アドレス プレフィックス。 既定値は 10.0.0.0/16 です。

--admin-password -p

管理者のパスワード。 8 文字以上、最大 128 文字。 パスワードには、英大文字、英小文字、数字、英数字以外の文字のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。

--admin-user -u

管理サーバーのユーザー名を登録します。 一度設定すると、変更できません。

既定値: lovinggoshawk8
--auto-scale-iops

自動スケール iops を有効または無効にします。 既定値は [無効] です。

承認された値: Disabled, Enabled
既定値: Disabled
--backup-identity

データ暗号化の geo バックアップ ユーザー ID の名前またはリソース ID。 ID は、バックアップ リージョンと同じリージョンにある必要があります。

--backup-key

データ暗号化用の geo バックアップ キーコンテナー キーのリソース ID。 キーは、バックアップ リージョンと同じリージョンにある必要があります。

--backup-retention

バックアップが保持される日数。 1 ~ 35 日の範囲。 既定の日数は 7 日です。

既定値: 7
--database-name -d

データベース サーバーのプロビジョニング時に作成するデータベースの名前。

--geo-redundant-backup

geo 冗長バックアップが有効かどうか。

承認された値: Disabled, Enabled
既定値: Disabled
--high-availability

(ZoneRedundant または SameZone) を有効にするか、高可用性機能を無効にします。

承認された値: Disabled, SameZone, ZoneRedundant
既定値: Disabled
--identity

データ暗号化用のユーザー割り当て ID の名前またはリソース ID。

--iops

このサーバーに割り当てられる IOPS の数。 プロビジョニングされたコンピューティングとストレージに基づいて、一定量の無料 IOPS が得られます。 IOPS の既定値は free IOPS です。 コンピューティングとストレージに基づく IOPS の詳細については、「Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーの IOPS」を参照してください。

--key

データ暗号化用の主キーコンテナー キーのリソース ID。

--location -l

Location。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--private-dns-zone

このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 新規または既存のプライベート DNS ゾーンの名前または ID。 同じリソース グループ、異なるリソース グループ、または異なるサブスクリプションのプライベート DNS ゾーンを使用できます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションのゾーンを使いたい場合は、リソース ID を指定してください。ユーザーが指定しない場合、CLI により、仮想ネットワークと同じリソース グループ内に新しいプライベート DNS ゾーンが作成されます。

--public-access

パブリック アクセスを決定します。 IP の許可リストに含める IP アドレスの 1 つまたは範囲を入力します。 IP アドレス範囲はダッシュで区切る必要があり、スペースは含まれません。 0.0.0.0 を指定すると、Azure 内にデプロイされたすべてのリソースからサーバーにアクセスするためのパブリック アクセスが許可されます。 "None" に設定すると、サーバーはパブリック アクセス モードに設定されますが、ファイアウォール規則は作成されません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--sku-name

コンピューティング SKU の名前。 {VM 名} Standard_規則に従います。 例: Standard_B1ms。

既定値: Standard_B1ms
--standby-zone

高可用性が有効になっている場合のスタンバイ サーバーの可用性ゾーン情報。

--storage-auto-grow

ストレージの自動拡張を有効または無効にします。 既定値は [有効] です。

承認された値: Disabled, Enabled
既定値: Enabled
--storage-size

サーバーのストレージ容量。 最小値は 32 GiB、最大値は 16 TiB です。

既定値: 32
--subnet

新規または既存のサブネットの名前またはリソース ID。 このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションのサブネットを使いたい場合は、名前の代わりにリソース ID を指定してください。 サブネットは flexibleServers に委任されることに注意してください。 委任後、このサブネットを他の種類の Azure リソースに使うことはできません。

--subnet-prefixes

CIDR 形式で新しいサブネットを作成するときに使用するサブネット IP アドレス プレフィックス。 既定値は 10.0.0.0/24 です。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--tier

サーバーのコンピューティング レベル。 指定できる値: Burstable、GeneralPurpose、MemoryOptimized。

既定値: Burstable
--version

サーバーのメジャー バージョン。

既定値: 5.7
--vnet

新規または既存の仮想ネットワークの名前または ID。 このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションの vnet を使いたい場合は、リソース ID を指定してください。 名前は 2 文字から 64 文字にする必要があります。 名前は先頭が文字または数字、末尾が文字、数字、アンダースコアでなければならず、中に含めることができるのは文字、数字、アンダースコア、ピリオド、ハイフンのみです。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
--zone -z

リソースをプロビジョニングする可用性ゾーン。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server delete

フレキシブル サーバーを削除します。

az mysql flexible-server delete [--ids]
                                [--name]
                                [--resource-group]
                                [--subscription]
                                [--yes]

フレキシブル サーバーを削除します。

az mysql flexible-server delete --resource-group testGroup --name testserver

確認プロンプトなしでフレキシブル サーバーを削除します。

az mysql flexible-server delete --resource-group testGroup --name testserver --yes

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server execute

フレキシブル サーバーに接続します。

az mysql flexible-server execute --admin-password
                                 --admin-user
                                 --name
                                 [--database-name]
                                 [--file-path]
                                 [--querytext]

必須のパラメーター

--admin-password -p

管理者のログイン パスワード。

--admin-user -u

管理者のログイン ユーザー名。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

省略可能のパラメーター

--database-name -d

データベースの名前。

--file-path -f

実行する SQL ファイルのパス。

--querytext -q

フレキシブル サーバーに対して実行するクエリ。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server geo-restore

フレキシブル サーバーをバックアップから geo リストアします。

az mysql flexible-server geo-restore --location
                                     --source-server
                                     [--address-prefixes]
                                     [--backup-retention]
                                     [--geo-redundant-backup {Disabled, Enabled}]
                                     [--ids]
                                     [--name]
                                     [--no-wait]
                                     [--private-dns-zone]
                                     [--public-access {Disabled, Enabled}]
                                     [--resource-group]
                                     [--sku-name]
                                     [--storage-auto-grow {Disabled, Enabled}]
                                     [--storage-size]
                                     [--subnet]
                                     [--subnet-prefixes]
                                     [--subscription]
                                     [--tags]
                                     [--tier]
                                     [--vnet]
                                     [--yes]
                                     [--zone]

同じネットワーク構成の場所 'newLocation' の新しいサーバー 'testserverNew' に 'testserver' を geo リストアします。 プライベート アクセス サーバーでは、異なるプライベート DNS ゾーンが使用されます。

az mysql flexible-server geo-restore --resource-group testGroup --name testserverNew --source-server testserver --location newLocation

パブリック アクセスまたはプライベート アクセス サーバー 'testserver' を、新しいサブネットを持つ新しいサーバー 'testserverNew' として geo リストアします。 復元されたサーバーの新しい vnet、サブネット、およびプライベート DNS ゾーンがプロビジョニングされます。 より多くのプライベート アクセス シナリオについては、"フレキシブル サーバーの作成" コマンドを参照してください。

az mysql flexible-server geo-restore --resource-group testGroup --name testserverNew \
  --source-server testserver --vnet newVnet --subnet newSubnet \
  --address-prefixes 172.0.0.0/16 --subnet-prefixes 172.0.0.0/24 \
  --private-dns-zone testDNS.mysql.database.azure.com --location newLocation

パブリック アクセスを持つ新しいサーバー 'testserverNew' としてプライベート アクセス サーバー 'testserver' を geo リストアします。

az mysql flexible-server geo-restore --resource-group testGroup --name testserverNew  --source-server testserver --public-access Enabled --location newLocation

必須のパラメーター

--location -l

Location。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--source-server

復元元のソース サーバーの名前またはリソース ID。

省略可能のパラメーター

--address-prefixes

CIDR 形式で新しい仮想ネットワークを作成するときに使用する IP アドレス プレフィックス。 既定値は 10.0.0.0/16 です。

--backup-retention

バックアップが保持される日数。 1 ~ 35 日の範囲。 既定の日数は 7 日です。

--geo-redundant-backup

geo 冗長バックアップが有効かどうか。

承認された値: Disabled, Enabled
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--private-dns-zone

このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 新規または既存のプライベート DNS ゾーンの名前または ID。 同じリソース グループ、異なるリソース グループ、または異なるサブスクリプションのプライベート DNS ゾーンを使用できます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションのゾーンを使いたい場合は、リソース ID を指定してください。ユーザーが指定しない場合、CLI により、仮想ネットワークと同じリソース グループ内に新しいプライベート DNS ゾーンが作成されます。

--public-access

パブリック アクセスを決定します。

承認された値: Disabled, Enabled
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--sku-name

コンピューティング SKU の名前。 {VM 名} Standard_規則に従います。 例: Standard_B1ms。

--storage-auto-grow

ストレージの自動拡張を有効または無効にします。 既定値は [有効] です。

承認された値: Disabled, Enabled
--storage-size

サーバーのストレージ容量。 最小値は 32 GiB、最大値は 16 TiB です。

--subnet

新規または既存のサブネットの名前またはリソース ID。 このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションのサブネットを使いたい場合は、名前の代わりにリソース ID を指定してください。 サブネットは flexibleServers に委任されることに注意してください。 委任後、このサブネットを他の種類の Azure リソースに使うことはできません。

--subnet-prefixes

CIDR 形式で新しいサブネットを作成するときに使用するサブネット IP アドレス プレフィックス。 既定値は 10.0.0.0/24 です。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--tier

サーバーのコンピューティング レベル。 指定できる値: Burstable、GeneralPurpose、MemoryOptimized。

--vnet

新規または既存の仮想ネットワークの名前または ID。 このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションの vnet を使いたい場合は、リソース ID を指定してください。 名前は 2 文字から 64 文字にする必要があります。 名前は先頭が文字または数字、末尾が文字、数字、アンダースコアでなければならず、中に含めることができるのは文字、数字、アンダースコア、ピリオド、ハイフンのみです。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
--zone -z

リソースをプロビジョニングする可用性ゾーン。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server list

使用可能なフレキシブル サーバーを一覧表示します。

az mysql flexible-server list [--resource-group]

サブスクリプション内のすべての MySQL フレキシブル サーバーを一覧表示します。

az mysql flexible-server list

リソース グループ内のすべての MySQL フレキシブル サーバーを一覧表示します。

az mysql flexible-server list --resource-group testGroup

リソース グループ内のすべての MySQL フレキシブル サーバーをテーブル形式で一覧表示します。

az mysql flexible-server list --resource-group testGroup --output table

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server list-skus

特定のリージョンで使用可能な SKU を一覧表示します。

az mysql flexible-server list-skus --location

特定のリージョンで使用可能な SKU を一覧表示します。

az mysql flexible-server list-skus -l eastus

テーブル出力の特定のリージョンで使用可能な SKU を一覧表示します

az mysql flexible-server list-skus -l eastus -o table

必須のパラメーター

--location -l

Location。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server restart

フレキシブル サーバーを再起動します。

az mysql flexible-server restart [--failover]
                                 [--ids]
                                 [--name]
                                 [--resource-group]
                                 [--subscription]

フレキシブル サーバーを再起動します。

az mysql flexible-server restart --resource-group testGroup --name testserver

フェールオーバーを使用してフレキシブル サーバーを再起動する

az mysql flexible-server restart --resource-group testGroup --name testserver --failover Forced

省略可能のパラメーター

--failover

サーバー再起動操作の強制フェールオーバー。 使用できる値: Forced。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server restore

バックアップからフレキシブル サーバーを復元します。

az mysql flexible-server restore --source-server
                                 [--address-prefixes]
                                 [--backup-retention]
                                 [--geo-redundant-backup {Disabled, Enabled}]
                                 [--ids]
                                 [--name]
                                 [--no-wait]
                                 [--private-dns-zone]
                                 [--public-access {Disabled, Enabled}]
                                 [--resource-group]
                                 [--restore-time]
                                 [--sku-name]
                                 [--storage-auto-grow {Disabled, Enabled}]
                                 [--storage-size]
                                 [--subnet]
                                 [--subnet-prefixes]
                                 [--subscription]
                                 [--tags]
                                 [--tier]
                                 [--vnet]
                                 [--yes]
                                 [--zone]

"testserver" を、同じネットワーク構成の新しいサーバー 'testserverNew' として特定の時点に復元します。

az mysql flexible-server restore --resource-group testGroup --name testserverNew --source-server testserver --restore-time "2017-06-15T13:10:00Z"

パブリック アクセスまたはプライベート アクセス サーバー 'testserver' を、新しいサブネットを持つ新しいサーバー 'testserverNew' として現在の時点に復元します。 復元されたサーバーの新しい vnet、サブネット、およびプライベート DNS ゾーンがプロビジョニングされます。 より多くのプライベート アクセス シナリオについては、"フレキシブル サーバーの作成" コマンドを参照してください。

az mysql flexible-server restore --resource-group testGroup --name testserverNew \
  --source-server testserver --vnet newVnet --subnet newSubnet \
  --address-prefixes 172.0.0.0/16 --subnet-prefixes 172.0.0.0/24 \
  --private-dns-zone testDNS.mysql.database.azure.com

パブリック アクセスを使用して、プライベート アクセス サーバー 'testserver' を新しいサーバー 'testserverNew' として現在の時点に復元します。

az mysql flexible-server restore --resource-group testGroup --name testserverNew \
  --source-server testserver --public-access Enabled

必須のパラメーター

--source-server

復元元のソース サーバーの名前またはリソース ID。

省略可能のパラメーター

--address-prefixes

CIDR 形式で新しい仮想ネットワークを作成するときに使用する IP アドレス プレフィックス。 既定値は 10.0.0.0/16 です。

--backup-retention

バックアップが保持される日数。 1 ~ 35 日の範囲。 既定の日数は 7 日です。

--geo-redundant-backup

geo 冗長バックアップが有効かどうか。

承認された値: Disabled, Enabled
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--private-dns-zone

このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 新規または既存のプライベート DNS ゾーンの名前または ID。 同じリソース グループ、異なるリソース グループ、または異なるサブスクリプションのプライベート DNS ゾーンを使用できます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションのゾーンを使いたい場合は、リソース ID を指定してください。ユーザーが指定しない場合、CLI により、仮想ネットワークと同じリソース グループ内に新しいプライベート DNS ゾーンが作成されます。

--public-access

パブリック アクセスを決定します。

承認された値: Disabled, Enabled
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--restore-time

復元元の時点 (ISO8601形式) (2017-04-26T02:10:00+00:00 など) の既定値は現在の時刻に設定されます。

既定値: 2024-05-20T03:39:31+00:00
--sku-name

コンピューティング SKU の名前。 {VM 名} Standard_規則に従います。 例: Standard_B1ms。

--storage-auto-grow

ストレージの自動拡張を有効または無効にします。 既定値は [有効] です。

承認された値: Disabled, Enabled
--storage-size

サーバーのストレージ容量。 最小値は 32 GiB、最大値は 16 TiB です。

--subnet

新規または既存のサブネットの名前またはリソース ID。 このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションのサブネットを使いたい場合は、名前の代わりにリソース ID を指定してください。 サブネットは flexibleServers に委任されることに注意してください。 委任後、このサブネットを他の種類の Azure リソースに使うことはできません。

--subnet-prefixes

CIDR 形式で新しいサブネットを作成するときに使用するサブネット IP アドレス プレフィックス。 既定値は 10.0.0.0/24 です。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--tier

サーバーのコンピューティング レベル。 指定できる値: Burstable、GeneralPurpose、MemoryOptimized。

--vnet

新規または既存の仮想ネットワークの名前または ID。 このパラメーターは、プライベート アクセスを使用してリージョン間レプリカ サーバーを作成する場合にのみ適用されます。 プライベート アクセスを持つリージョン内読み取りレプリカの場合、ソース サーバーの設定が引き継がれ、このパラメーターは無視されます。 別のリソース グループまたはサブスクリプションの vnet を使いたい場合は、リソース ID を指定してください。 名前は 2 文字から 64 文字にする必要があります。 名前は先頭が文字または数字、末尾が文字、数字、アンダースコアでなければならず、中に含めることができるのは文字、数字、アンダースコア、ピリオド、ハイフンのみです。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
--zone -z

リソースをプロビジョニングする可用性ゾーン。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server show

フレキシブル サーバーの詳細を取得します。

az mysql flexible-server show [--ids]
                              [--name]
                              [--resource-group]
                              [--subscription]

フレキシブル サーバーの詳細を取得する

az mysql flexible-server show --resource-group testGroup --name testserver

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server show-connection-string

MySQL フレキシブル サーバー データベースの接続文字列を表示します。

az mysql flexible-server show-connection-string [--admin-password]
                                                [--admin-user]
                                                [--database-name]
                                                [--ids]
                                                [--server-name]
                                                [--subscription]

cmd 言語とプログラミング言語の接続文字列を表示します。

az mysql flexible-server show-connection-string -s testserver -u username -p password -d databasename

省略可能のパラメーター

--admin-password -p

管理者のパスワード。 8 文字以上、最大 128 文字。 パスワードには、英大文字、英小文字、数字、英数字以外の文字のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。

既定値: {password}
--admin-user -u

管理サーバーのユーザー名を登録します。 一度設定すると、変更できません。

既定値: {login}
--database-name -d

データベース サーバーのプロビジョニング時に作成するデータベースの名前。

既定値: {database}
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--server-name -s

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

既定値: {server}
--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server start

フレキシブル サーバーを起動します。

az mysql flexible-server start [--ids]
                               [--name]
                               [--no-wait]
                               [--resource-group]
                               [--subscription]

フレキシブル サーバーを起動します。

az mysql flexible-server start --resource-group testGroup --name testserver

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server stop

フレキシブル サーバーを停止します。

az mysql flexible-server stop [--ids]
                              [--name]
                              [--no-wait]
                              [--resource-group]
                              [--subscription]

フレキシブル サーバーを停止します。

az mysql flexible-server stop --resource-group testGroup --name testserver

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

既定値: False
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server update

フレキシブル サーバーを更新します。

az mysql flexible-server update [--add]
                                [--admin-password]
                                [--auto-scale-iops {Disabled, Enabled}]
                                [--backup-identity]
                                [--backup-key]
                                [--backup-retention]
                                [--disable-data-encryption {false, true}]
                                [--force-string]
                                [--geo-redundant-backup {Disabled, Enabled}]
                                [--high-availability {Disabled, SameZone, ZoneRedundant}]
                                [--identity]
                                [--ids]
                                [--iops]
                                [--key]
                                [--maintenance-window]
                                [--name]
                                [--public-access {Disabled, Enabled}]
                                [--remove]
                                [--replication-role]
                                [--resource-group]
                                [--set]
                                [--sku-name]
                                [--standby-zone]
                                [--storage-auto-grow {Disabled, Enabled}]
                                [--storage-size]
                                [--subscription]
                                [--tags]
                                [--tier]

サーバーとリソース グループのローカル コンテキストを使用して、フレキシブル サーバーの SKU を更新します。

az mysql flexible-server update --sku-name Standard_D4ds_v4 --tier GeneralPurpose

フレキシブル サーバーのタグを更新します。

az mysql flexible-server update --resource-group testGroup --name testserver --tags "k1=v1" "k2=v2"

データ暗号化のキーと ID を設定または変更します。

# get key identifier of the existing key
newKeyIdentifier=$(az keyvault key show --vault-name testVault --name testKey \
  --query key.kid -o tsv)


# update server with new key/identity
az mysql flexible-server update --resource-group testGroup --name testserver \
  --key $newKeyIdentifier --identity newIdentity

geo 冗長バックアップを使用したデータ暗号化のキー、ID、バックアップ キー、バックアップ ID を設定または変更します。

# get key identifier of the existing key and backup key
newKeyIdentifier=$(az keyvault key show --vault-name testVault --name testKey \
  --query key.kid -o tsv)

newBackupKeyIdentifier=$(az keyvault key show --vault-name testBackupVault \
  --name testBackupKey --query key.kid -o tsv)


# update server with new key/identity and backup key/identity
az mysql flexible-server update --resource-group testGroup --name testserver \
  --key $newKeyIdentifier --identity newIdentity \
  --backup-key $newBackupKeyIdentifier --backup-identity newBackupIdentity

フレキシブル サーバーのデータ暗号化を無効にします。

az mysql flexible-server update --resource-group testGroup --name testserver \
  --disable-data-encryption

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value, string or JSON string>

既定値: []
--admin-password -p

管理者のパスワード。 8 文字以上、最大 128 文字。 パスワードには、英大文字、英小文字、数字、英数字以外の文字のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。

--auto-scale-iops

自動スケール iops を有効または無効にします。 既定値は [無効] です。

承認された値: Disabled, Enabled
--backup-identity

データ暗号化の geo バックアップ ユーザー ID の名前またはリソース ID。 ID は、バックアップ リージョンと同じリージョンにある必要があります。

--backup-key

データ暗号化用の geo バックアップ キーコンテナー キーのリソース ID。 キーは、バックアップ リージョンと同じリージョンにある必要があります。

--backup-retention

バックアップが保持される日数。 1 ~ 35 日の範囲。 既定の日数は 7 日です。

--disable-data-encryption

キーを削除してデータ暗号化を無効にします。

承認された値: false, true
既定値: False
--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

既定値: False
--geo-redundant-backup

geo 冗長バックアップが有効かどうか。

承認された値: Disabled, Enabled
--high-availability

(ZoneRedundant または SameZone) を有効にするか、高可用性機能を無効にします。

承認された値: Disabled, SameZone, ZoneRedundant
--identity

データ暗号化用のユーザー割り当て ID の名前またはリソース ID。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--iops

このサーバーに割り当てられる IOPS の数。 プロビジョニングされたコンピューティングとストレージに基づいて、一定量の無料 IOPS が得られます。 IOPS の既定値は free IOPS です。 コンピューティングとストレージに基づく IOPS の詳細については、「Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーの IOPS」を参照してください。

--key

データ暗号化用の主キーコンテナー キーのリソース ID。

--maintenance-window

メインテナントに指定された期間 (UTC)。 例: "Sun:23:30" to schedule on Sunday, 11:30pm UTC. "無効" で既定のパスに戻すには。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--public-access

サーバーのパブリック アクセスを有効または無効にします。

承認された値: Disabled, Enabled
--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list <indexToRemove> OR --remove propertyToRemove.

既定値: []
--replication-role

サーバーのレプリケーション ロール。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=<value>

既定値: []
--sku-name

コンピューティング SKU の名前。 {VM 名} Standard_規則に従います。 例: Standard_B1ms。

--standby-zone

高可用性が有効になっている場合のスタンバイ サーバーの可用性ゾーン情報。

--storage-auto-grow

ストレージの自動拡張を有効または無効にします。 既定値は [有効] です。

承認された値: Disabled, Enabled
--storage-size

サーバーのストレージ容量。 最小値は 32 GiB、最大値は 16 TiB です。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--tier

サーバーのコンピューティング レベル。 指定できる値: Burstable、GeneralPurpose、MemoryOptimized。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server upgrade

フレキシブル サーバーのメジャー バージョンのアップグレード。

az mysql flexible-server upgrade --version {8}
                                 [--ids]
                                 [--name]
                                 [--resource-group]
                                 [--subscription]
                                 [--yes]

サーバー 'testsvr' を MySQL メジャー バージョン 8 にアップグレードします。

# make sure that sql_mode only contains values allowed in new version, for example:
az mysql flexible-server parameter set -g testgroup -s testsvr -n sql_mode \
  -v "ONLY_FULL_GROUP_BY,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO"

# upgrade server to MySQL major version 8.
az mysql flexible-server upgrade -g testgroup -n testsvr -v 8

必須のパラメーター

--version -v

サーバーのメジャー バージョン。

承認された値: 8

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az mysql flexible-server wait

フレキシブル サーバーが特定の条件を満たすのを待ちます。

az mysql flexible-server wait [--created]
                              [--custom]
                              [--deleted]
                              [--exists]
                              [--ids]
                              [--interval]
                              [--name]
                              [--resource-group]
                              [--subscription]
                              [--timeout]
                              [--updated]

フレキシブル サーバーが特定の条件を満たすのを待ちます。

az mysql flexible-server wait --exists --resource-group testGroup --name testserver

省略可能のパラメーター

--created

'provisioningState' が 'Succeeded' で作成されるまで待ちます。

既定値: False
--custom

条件がカスタム JMESPath クエリを満たすまで待ちます。 例: provisioningState!='InProgress'、instanceView.statuses[?code=='PowerState/running']。

--deleted

削除されるまで待ちます。

既定値: False
--exists

リソースが存在するまで待ちます。

既定値: False
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--interval

ポーリング間隔 (秒単位)。

既定値: 30
--name -n

サーバーの名前。 名前に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみです。 3 文字以上、最大 63 文字。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--timeout

最大待機時間 (秒単位)。

既定値: 3600
--updated

provisioningState が 'Succeeded' で更新されるまで待ちます。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。