az webapp

Note

このコマンド グループには、Azure CLI と少なくとも 1 つの拡張機能の両方で定義されているコマンドがあります。 各拡張機能をインストールして、拡張機能を活用します。 拡張機能の詳細をご覧ください。

Web アプリを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az webapp auth

Web アプリの認証と承認を管理します。 v2 認証コマンドを使用するには、"az extension add --name authV2" を実行して authV2 CLI 拡張機能を追加します。

コアと拡張機能 GA
az webapp auth-classic

クラシック形式で Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth-classic show

Web アプリの認証設定をクラシック形式で表示します。

拡張子 GA
az webapp auth-classic update

Web アプリの認証設定をクラシック形式で更新します。

拡張子 GA
az webapp auth apple

Apple ID プロバイダーの Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth apple show

Apple ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth apple update

Apple ID プロバイダーのクライアント ID とクライアント シークレットを更新します。

拡張子 GA
az webapp auth config-version

Web アプリの認証設定の構成バージョンの状態を管理します。 構成バージョン v1 は /auth設定 エンドポイントを参照し、v2 は /auth設定V2 エンドポイントを参照します。

拡張子 GA
az webapp auth config-version revert

Web アプリの認証設定の構成バージョンを v2 から v1 (クラシック) に戻します。

拡張子 GA
az webapp auth config-version show

Web アプリの認証設定の構成バージョンを表示します。 構成バージョン v1 は /auth設定 エンドポイントを参照し、v2 は /auth設定V2 エンドポイントを参照します。

拡張子 GA
az webapp auth config-version upgrade

Web アプリの認証設定の構成バージョンを v1 (クラシック) から v2 にアップグレードします。

拡張子 GA
az webapp auth facebook

Facebook ID プロバイダーの Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth facebook show

Facebook ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth facebook update

Facebook ID プロバイダーのアプリ ID とアプリ シークレットを更新します。

拡張子 GA
az webapp auth github

GitHub ID プロバイダーの Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth github show

GitHub ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth github update

GitHub ID プロバイダーのクライアント ID とクライアント シークレットを更新します。

拡張子 GA
az webapp auth google

Google ID プロバイダーの Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth google show

Google ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth google update

Google ID プロバイダーのクライアント ID とクライアント シークレットを更新します。

拡張子 GA
az webapp auth microsoft

Microsoft ID プロバイダーの Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth microsoft show

Azure Active Directory ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth microsoft update

Azure Active Directory ID プロバイダーのクライアント ID とクライアント シークレットを更新します。

拡張子 GA
az webapp auth openid-connect

カスタム OpenID Connect ID プロバイダーの Web アプリ認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth openid-connect add

新しいカスタム OpenID Connect ID プロバイダーを構成します。

拡張子 GA
az webapp auth openid-connect remove

既存のカスタム OpenID Connect ID プロバイダーを削除します。

拡張子 GA
az webapp auth openid-connect show

カスタム OpenID Connect ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth openid-connect update

既存のカスタム OpenID Connect ID プロバイダーのクライアント ID とクライアント シークレット設定名を更新します。

拡張子 GA
az webapp auth set

Web アプリの認証設定を v2 形式で設定し、既存の設定を上書きします。

拡張子 GA
az webapp auth show

Web アプリの認証設定を表示します。

コア GA
az webapp auth show (authV2 拡張機能)

Web アプリの認証設定を v2 形式で表示します。

拡張子 GA
az webapp auth twitter

Twitter ID プロバイダーの Web アプリの認証と承認を管理します。

拡張子 GA
az webapp auth twitter show

Twitter ID プロバイダーの認証設定を表示します。

拡張子 GA
az webapp auth twitter update

Twitter ID プロバイダーのコンシューマー キーとコンシューマー シークレットを更新します。

拡張子 GA
az webapp auth update

Web アプリの認証設定を更新します。

コア GA
az webapp auth update (authV2 拡張機能)

v2 形式で Web アプリの認証設定を更新します。

拡張子 GA
az webapp browse

ブラウザーで Web アプリを開きます。 これは Azure Cloud Shell ではサポートされていません。

コア GA
az webapp config

Web アプリを構成します。

コアと拡張機能 GA
az webapp config access-restriction

Web アプリのアクセス制限を表示、設定、追加、および削除するメソッド。

コア GA
az webapp config access-restriction add

Web アプリにアクセス制限を追加します。

コア GA
az webapp config access-restriction remove

Web アプリからアクセス制限を削除します。

コア GA
az webapp config access-restriction set

SCM サイトが メイン サイトと同じ制限を使用しているかどうかを設定します。

コア GA
az webapp config access-restriction show

Web アプリのアクセス制限設定を表示します。

コア GA
az webapp config appsettings

Web アプリの設定を構成します。 アプリケーション設定を更新または削除すると、アプリがリサイクルされます。

コア GA
az webapp config appsettings delete

Web アプリの設定を削除します。

コア GA
az webapp config appsettings list

Web アプリの設定の詳細を取得します。

コア GA
az webapp config appsettings set

Web アプリの設定を設定します。

コア GA
az webapp config backup

Web アプリのバックアップを管理します。

コア GA
az webapp config backup create

Web アプリのバックアップを作成します。

コア GA
az webapp config backup delete

Web アプリのバックアップを削除します。

コア GA
az webapp config backup list

Web アプリのバックアップを一覧表示します。

コア GA
az webapp config backup restore

バックアップから Web アプリを復元します。

コア GA
az webapp config backup show

Web アプリのバックアップ スケジュールを表示します。

コア GA
az webapp config backup update

Web アプリの新しいバックアップ スケジュールを構成します。

コア GA
az webapp config connection-string

Web アプリの接続文字列を管理します。

コア GA
az webapp config connection-string delete

Web アプリの接続文字列を削除します。

コア GA
az webapp config connection-string list

Web アプリの接続文字列を取得します。

コア GA
az webapp config connection-string set

Web アプリの接続文字列を更新します。

コア GA
az webapp config container

既存の Web アプリのコンテナー設定を管理します。

コア GA
az webapp config container delete

既存の Web アプリのコンテナー設定を削除します。

コア GA
az webapp config container set

既存の Web アプリのコンテナー設定を設定します。

コア GA
az webapp config container show

Web アプリのコンテナー設定の詳細を取得します。

コア GA
az webapp config hostname

Web アプリのホスト名を構成します。

コア GA
az webapp config hostname add

ホスト名を Web アプリにバインドします。

コア GA
az webapp config hostname delete

Web アプリからホスト名のバインドを解除します。

コア GA
az webapp config hostname get-external-ip

Web アプリの外部向け IP アドレスを取得します。

コア GA
az webapp config hostname list

Web アプリのすべてのホスト名バインドを一覧表示します。

コア GA
az webapp config set

Web アプリの構成を設定します。

コア GA
az webapp config show

Web アプリの構成の詳細を取得します。

コア GA
az webapp config snapshot

Web アプリのスナップショットを管理します。

コア GA
az webapp config snapshot list

Web アプリの復元可能なスナップショットを一覧表示します。

コア GA
az webapp config snapshot restore

Web アプリのスナップショットを復元します。

コア GA
az webapp config ssl

Web アプリの SSL 証明書を構成します。

コアと拡張機能 GA
az webapp config ssl bind

SSL 証明書を Web アプリにバインドします。

コア GA
az webapp config ssl bind (appservice-kube 拡張機能)

SSL 証明書を Web アプリにバインドします。

拡張子 GA
az webapp config ssl create

Web アプリアプリでホスト名のマネージド証明書を作成します。

コア プレビュー
az webapp config ssl delete

Web アプリから SSL 証明書を削除します。

コア GA
az webapp config ssl import

Ssl または App Service 証明書を Key Vault から Web アプリにインポートします。

コア GA
az webapp config ssl list

Web アプリの SSL 証明書を一覧表示します。

コア GA
az webapp config ssl show

Web アプリの SSL 証明書の詳細を表示します。

コア GA
az webapp config ssl unbind

Web アプリから SSL 証明書のバインドを解除します。

コア GA
az webapp config ssl unbind (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリから SSL 証明書のバインドを解除します。

拡張子 GA
az webapp config ssl upload

Web アプリに SSL 証明書をアップロードします。

コア GA
az webapp config storage-account

Web アプリの Azure ストレージ アカウント構成を管理します。 (Linux Web Apps と Windows コンテナー Web Apps のみ)。

コア GA
az webapp config storage-account add

Azure ストレージ アカウントの構成を Web アプリに追加します。 (Linux Web Apps と Windows コンテナー Web Apps のみ)。

コア GA
az webapp config storage-account delete

Web アプリの Azure ストレージ アカウント構成を削除します。 (Linux Web Apps と Windows コンテナー Web Apps のみ)。

コア GA
az webapp config storage-account list

Web アプリの Azure ストレージ アカウント構成を取得します。 (Linux Web Apps と Windows コンテナー Web Apps のみ)。

コア GA
az webapp config storage-account update

Web アプリで既存の Azure ストレージ アカウント構成を更新します。 (Linux Web Apps と Windows コンテナー Web Apps のみ)。

コア GA
az webapp connection

Web アプリ接続を管理するコマンド。

コアと拡張機能 GA
az webapp connection create

Web アプリとターゲット リソースの間に接続を作成します。

コアと拡張機能 GA
az webapp connection create app-insights

app-insights への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create appconfig

appconfig への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create confluent-cloud

confluent-cloud への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create cosmos-cassandra

cosmos-cassandra への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create cosmos-gremlin

cosmos-gremlin への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create cosmos-mongo

cosmos-mongo への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create cosmos-sql

cosmos-sql への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create cosmos-table

cosmos-table への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create eventhub

eventhub への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create keyvault

keyvault への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create mysql

mysql への Web アプリ接続を作成します。

コア "非推奨"
az webapp connection create mysql-flexible

mysql-flexible への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create mysql-flexible (serviceconnector-passwordless 拡張機能)

mysql-flexible への Web アプリ接続を作成します。

拡張子 GA
az webapp connection create postgres

postgres への Web アプリ接続を作成します。

コア "非推奨"
az webapp connection create postgres (serviceconnector-passwordless 拡張機能)

postgres への Web アプリ接続を作成します。

拡張子 GA
az webapp connection create postgres-flexible

postgres フレキシブルへの Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create postgres-flexible (serviceconnector-passwordless 拡張機能)

postgres フレキシブルへの Web アプリ接続を作成します。

拡張子 GA
az webapp connection create redis

Redis への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create redis-enterprise

redis-enterprise への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create servicebus

servicebus への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create signalr

Signalr への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create sql

sql への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create sql (serviceconnector-passwordless 拡張機能)

sql への Web アプリ接続を作成します。

拡張子 GA
az webapp connection create storage-blob

ストレージ BLOB への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create storage-file

ストレージ ファイルへの Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create storage-queue

storage-queue への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create storage-table

storage-table への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection create webpubsub

webpubsub への Web アプリ接続を作成します。

コア GA
az webapp connection delete

Web アプリ接続を削除します。

コア GA
az webapp connection list

Web アプリの接続を一覧表示します。

コア GA
az webapp connection list-configuration

Web アプリ接続のソース構成を一覧表示します。

コア GA
az webapp connection list-support-types

Web アプリ接続でサポートされているクライアントの種類と認証の種類を一覧表示します。

コア GA
az webapp connection show

Web アプリ接続の詳細を取得します。

コア GA
az webapp connection update

Web アプリ接続を更新します。

コア GA
az webapp connection update app-insights

Web アプリから app-insights への接続を更新します。

コア GA
az webapp connection update appconfig

Web アプリを appconfig 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update confluent-cloud

Web アプリを confluent-cloud 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update cosmos-cassandra

Web アプリを cosmos-cassandra 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update cosmos-gremlin

Web アプリを cosmos-gremlin 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update cosmos-mongo

Web アプリを cosmos-mongo 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update cosmos-sql

Web アプリを cosmos-sql 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update cosmos-table

Web アプリを cosmos-table 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update eventhub

Web アプリを eventhub 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update keyvault

Web アプリを keyvault 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update mysql

webapp を mysql 接続に更新します。

コア "非推奨"
az webapp connection update mysql-flexible

Web アプリを mysql フレキシブル接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update postgres

webapp から postgres への接続を更新します。

コア "非推奨"
az webapp connection update postgres-flexible

Web アプリを postgres フレキシブル接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update redis

Web アプリを Redis 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update redis-enterprise

Web アプリを redis-enterprise 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update servicebus

Web アプリを servicebus 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update signalr

Web アプリを Signalr 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update sql

Web アプリを SQL 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update storage-blob

Web アプリをストレージ BLOB 接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update storage-file

Web アプリをストレージ ファイル接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update storage-queue

Web アプリをストレージ キュー接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update storage-table

Web アプリをストレージ テーブル接続に更新します。

コア GA
az webapp connection update webpubsub

webapp から webpubsub への接続を更新します。

コア GA
az webapp connection validate

Web アプリ接続を検証します。

コア GA
az webapp connection wait

接続の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

コア GA
az webapp cors

クロスオリジン リソース共有 (CORS) を管理します。

コア GA
az webapp cors add

許可される配信元を追加します。

コア GA
az webapp cors remove

許可された配信元を削除します。

コア GA
az webapp cors show

許可されたオリジンを表示します。

コア GA
az webapp create

Web アプリを作成する。

コア GA
az webapp create (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリを作成する。

拡張子 GA
az webapp create-remote-connection

Web アプリへの tcp トンネルを使用してリモート接続を作成します。

コア GA
az webapp delete

Web アプリを削除します。

コア GA
az webapp deleted

削除された Web アプリを管理します。

コア プレビュー
az webapp deleted list

削除された Web アプリを一覧表示します。

コア プレビュー
az webapp deleted restore

削除された Web アプリを復元します。

コア プレビュー
az webapp deploy

提供された成果物を Azure Web Apps にデプロイします。

コア GA
az webapp deployment

Web アプリのデプロイを管理します。

コアと拡張機能 GA
az webapp deployment container

コンテナーベースの継続的デプロイを管理します。

コア GA
az webapp deployment container config

コンテナーを使用して継続的デプロイを構成します。

コア GA
az webapp deployment container show-cd-url

継続的デプロイ用に Webhook を構成するために使用できる URL を取得します。

コア GA
az webapp deployment github-actions

Web アプリの GitHub Actions を構成します。

コア GA
az webapp deployment github-actions add

指定したリポジトリに GitHub Actions ワークフロー ファイルを追加します。 ワークフローによって、アプリがビルドされ、指定された Web アプリにデプロイされます。

コア GA
az webapp deployment github-actions remove

指定したリポジトリから GitHub Actions ワークフロー ファイルを削除して切断します。

コア GA
az webapp deployment list-publishing-credentials

使用可能な Web アプリの発行資格情報の詳細を取得します。

コア GA
az webapp deployment list-publishing-profiles

使用可能な Web アプリ デプロイ プロファイルの詳細を取得します。

コア GA
az webapp deployment slot

Web アプリのデプロイ スロットを管理します。

コア GA
az webapp deployment slot auto-swap

デプロイ スロットの自動スワップを構成します。

コア GA
az webapp deployment slot create

デプロイ スロットを作成します。

コア GA
az webapp deployment slot delete

デプロイ スロットを削除します。

コア GA
az webapp deployment slot list

すべてのデプロイ スロットを一覧表示します。

コア GA
az webapp deployment slot swap

Web アプリのデプロイ スロットをスワップします。

コア GA
az webapp deployment source

ソース管理を使用して Web アプリのデプロイを管理します。

コアと拡張機能 GA
az webapp deployment source config

Git リポジトリまたは Mercurial リポジトリからのデプロイを管理します。

コア GA
az webapp deployment source config-local-git

Web アプリのデプロイ用にクローンしてプッシュするための、git リポジトリ エンドポイントの URL を取得します。

コア GA
az webapp deployment source config-zip

Web アプリの kudu zip プッシュデプロイを使用してデプロイを実行します。

コア GA
az webapp deployment source config-zip (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリの kudu zip プッシュデプロイを使用してデプロイを実行します。

拡張子 GA
az webapp deployment source delete

ソース管理の展開構成を削除します。

コア GA
az webapp deployment source show

ソース管理の展開構成の詳細を取得します。

コア GA
az webapp deployment source sync

リポジトリから同期します。 手動統合モードでのみ必要です。

コア GA
az webapp deployment source update-token

Azure App Service にキャッシュされているソース管理トークンを更新します。

コア GA
az webapp deployment user

デプロイのユーザー資格情報を管理します。

コア GA
az webapp deployment user set

デプロイ資格情報を更新します。

コア GA
az webapp deployment user show

デプロイ発行ユーザーを取得します。

コア GA
az webapp hybrid-connection

Web アプリからのハイブリッド接続の一覧表示、追加、削除を行うメソッド。

コア GA
az webapp hybrid-connection add

既存のハイブリッド接続を Web アプリに追加します。

コア GA
az webapp hybrid-connection list

Web アプリ上のハイブリッド接続を一覧表示します。

コア GA
az webapp hybrid-connection remove

Web アプリからハイブリッド接続を削除します。

コア GA
az webapp identity

Web アプリのマネージド ID を管理します。

コア GA
az webapp identity assign

マネージド ID を Web アプリに割り当てます。

コア GA
az webapp identity remove

Web アプリのマネージド ID を無効にします。

コア GA
az webapp identity show

Web アプリのマネージド ID を表示します。

コア GA
az webapp list

Web アプリを一覧表示します。

コア GA
az webapp list-instances

Web アプリまたは Web アプリ スロットのスケールアウトされたすべてのインスタンスを一覧表示します。

コア GA
az webapp list-runtimes

Web アプリに使用できる使用可能な組み込みスタックを一覧表示します。

コア GA
az webapp log

Web アプリのログを管理します。

コア GA
az webapp log config

Web アプリのログ記録を構成します。

コア GA
az webapp log deployment

Web アプリのデプロイ ログを管理します。

コア GA
az webapp log deployment list

Web アプリに関連付けられているデプロイを一覧表示します。

コア GA
az webapp log deployment show

最新のデプロイのデプロイ ログを表示するか、deployment-id が指定されている場合は特定のデプロイを表示します。

コア GA
az webapp log download

Web アプリのログ履歴を zip ファイルとしてダウンロードします。

コア GA
az webapp log show

Web アプリのログ構成の詳細を取得します。

コア GA
az webapp log tail

Web アプリのライブ ログ トレースを開始します。

コア GA
az webapp restart

Web アプリを再起動します。

コア GA
az webapp restart (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリを再起動します。

拡張子 GA
az webapp scale

Arc 対応 Kubernetes ワークロード上の Web アプリのインスタンス数を変更します。

拡張子 GA
az webapp scan

Web アプリ スキャンに対応するコマンドのグループを保持します。 現在、Linux ベースの Web アプリでのみ使用できます。

拡張子 GA
az webapp scan list-result

Web アプリで実行されたすべてのスキャンの詳細を取得します。最大スキャン制限は Web アプリで設定されます。これにより、Web アプリで実行された各スキャンのスキャン状態に加えて、スキャン ログの結果が表示されます。

拡張子 GA
az webapp scan show-result

指定した scan-id の結果を取得します。これにより、指定された scan-id のスキャン ログ結果がフェッチされます。

拡張子 GA
az webapp scan start

wwwroot ディレクトリ内の指定された Web アプリ ファイルでスキャンを開始します。 ScanID、traking、および結果 URL を含む JSON が返されます。

拡張子 GA
az webapp scan stop

現在実行中のスキャンを停止します。 スキャンが実行されていない場合は何も実行しません。

拡張子 GA
az webapp scan track

scan-id を指定してスキャンの状態を追跡します。[開始、成功、失敗、TimeoutFailure、実行中] からスキャンの状態を追跡できます。

拡張子 GA
az webapp show

Web アプリの詳細を取得します。

コア GA
az webapp show (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリの詳細を取得します。

拡張子 GA
az webapp ssh

SSH コマンドは Web コンテナーへの ssh セッションを確立し、開発者はシェル ターミナルをリモートで取得します。

コア プレビュー
az webapp start

Web アプリを起動します。

コア GA
az webapp stop

Web アプリを停止します。

コア GA
az webapp traffic-routing

Web アプリのトラフィック ルーティングを管理します。

コア GA
az webapp traffic-routing clear

ルーティング規則をクリアし、すべてのトラフィックを運用環境に送信します。

コア GA
az webapp traffic-routing set

デプロイ スロットへのトラフィックのルーティングを構成します。

コア GA
az webapp traffic-routing show

スロット間のトラフィックの現在の分布を表示します。

コア GA
az webapp up

Web アプリを作成し、ローカル ワークスペースからアプリにコードをデプロイします。 このコマンドは、コードが存在するフォルダーから実行するために必要です。 現在のサポートには、Node、Python、.NET Core、ASP.NET が含まれます。 ノード、Python アプリは Linux アプリとして作成されます。 .Net Core、ASP.NET、静的 HTML アプリは、Windows アプリとして作成されます。 静的 HTML アプリとしてデプロイする html フラグを追加します。 コマンドが正常に実行されるたびに、リソース グループ、SKU、場所、プラン、および名前の既定の引数値が現在のディレクトリに保存されます。 これらの既定値は、同じディレクトリ内のコマンドの後続の実行で指定されない引数に対して使用されます。 既定値を管理するには、'az configure' を使用します。

コア GA
az webapp update

既存の Web アプリを更新します。

コア GA
az webapp update (appservice-kube 拡張機能)

既存の Web アプリを更新します。

拡張子 GA
az webapp vnet-integration

Web アプリから仮想ネットワーク統合を一覧表示、追加、削除するメソッド。

コア GA
az webapp vnet-integration add

リージョン仮想ネットワーク統合を Web アプリに追加します。

コア GA
az webapp vnet-integration list

Web アプリ上の仮想ネットワーク統合を一覧表示します。

コア GA
az webapp vnet-integration remove

Web アプリからリージョン仮想ネットワーク統合を削除します。

コア GA
az webapp webjob

Web アプリでの Web ジョブの管理操作を許可します。

コア GA
az webapp webjob continuous

Web アプリでの継続的な Web ジョブの管理操作を許可します。

コア GA
az webapp webjob continuous list

選択した Web アプリ上のすべての継続的な Web ジョブを一覧表示します。

コア GA
az webapp webjob continuous remove

特定の継続的な Web ジョブを削除します。

コア GA
az webapp webjob continuous start

選択した Web アプリで特定の継続的 Web ジョブを開始します。

コア GA
az webapp webjob continuous stop

特定の継続的な Web ジョブを停止します。

コア GA
az webapp webjob triggered

Web アプリでトリガーされた Web ジョブの管理操作を許可します。

コア GA
az webapp webjob triggered list

Web アプリでホストされているすべてのトリガーされた Web ジョブを一覧表示します。

コア GA
az webapp webjob triggered log

Web アプリでホストされている、トリガーされた特定の Web ジョブの履歴を取得します。

コア GA
az webapp webjob triggered remove

Web アプリでホストされている、トリガーされた特定の Web ジョブを削除します。

コア GA
az webapp webjob triggered run

Web アプリでホストされている特定のトリガーされた Web ジョブを実行します。

コア GA

az webapp browse

ブラウザーで Web アプリを開きます。 これは Azure Cloud Shell ではサポートされていません。

az webapp browse [--ids]
                 [--logs]
                 [--name]
                 [--resource-group]
                 [--slot]
                 [--subscription]

ブラウザーで Web アプリを開きます。 (自動生成)

az webapp browse --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--logs -l

Web アプリを起動した直後にログ ストリームの表示を有効にします。

既定値: False
--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp create

Web アプリを作成する。

Web アプリの名前は、AppName.azurewebsites.net として一意の FQDN を生成できる必要があります。

az webapp create --name
                 --plan
                 --resource-group
                 [--acr-use-identity]
                 [--assign-identity]
                 [--deployment-container-image-name]
                 [--deployment-local-git]
                 [--deployment-source-branch]
                 [--deployment-source-url]
                 [--docker-registry-server-password]
                 [--docker-registry-server-user]
                 [--https-only {false, true}]
                 [--multicontainer-config-file]
                 [--multicontainer-config-type {COMPOSE, KUBE}]
                 [--public-network-access {Disabled, Enabled}]
                 [--role]
                 [--runtime]
                 [--scope]
                 [--startup-file]
                 [--subnet]
                 [--tags]
                 [--vnet]

既定の構成で Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName

Java 11 ランタイムを使用して Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --runtime "java:11:Java SE:11"

NodeJS 10.14 ランタイムを使用して Web アプリを作成し、ローカル Git リポジトリからデプロイします。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --runtime "node:12LTS" --deployment-local-git

DockerHub からイメージを含む Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName -i nginx

プライベート DockerHub レジストリからイメージを含む Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName -i MyImageName -s username -w password

プライベート Azure Container Registry からイメージを含む Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName -i myregistry.azurecr.io/docker-image:tag

別のリソース グループ内にある共有 App Service プランを使用して WebApp を作成します。

AppServicePlanID=$(az appservice plan show -n SharedAppServicePlan -g MyASPRG --query "id" --out tsv) az webapp create -g MyResourceGroup -p "$AppServicePlanID" -n MyUniqueAppName

必須のパラメーター

--name -n

新しい Web アプリの名前。 Web アプリ名には、英数字とハイフンのみを使用でき、ハイフンで開始または終了することはできません。また、64 文字未満にする必要があります。

--plan -p

App Service プランの名前またはリソース ID。 "appservice plan create" を使用して取得します。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--acr-use-identity

acr use マネージド ID からプル イメージを有効または無効にします。

既定値: False
--assign-identity

スペースで区切られたシステム割り当て ID またはユーザー割り当て ID を受け入れます。 システム割り当て ID を参照するには '[system]' を使用し、ユーザー割り当て ID を参照するにはリソース ID を使用します。 その他の例については、ヘルプを参照してください。

--deployment-container-image-name -i

Docker Hub のコンテナー イメージ名 (publisher/image-name:tag など)。

--deployment-local-git -l

ローカル git を有効にします。

--deployment-source-branch -b

デプロイするブランチ。

既定値: master
--deployment-source-url -u

手動統合とリンクする Git リポジトリの URL。

--docker-registry-server-password -w

コンテナー レジストリ サーバーのパスワード。 プライベート レジストリに必要です。

--docker-registry-server-user -s

コンテナー レジストリ サーバーのユーザー名。

--https-only

HTTP を使用してアプリに対して行われたすべてのトラフィックを HTTPS にリダイレクトします。

承認された値: false, true
既定値: False
--multicontainer-config-file

Linux のみ。 マルチコンテナー アプリの構成ファイル。 (ローカルまたはリモート)。

--multicontainer-config-type

Linux のみ。

承認された値: COMPOSE, KUBE
--public-network-access

Web アプリへのパブリック アクセスを有効または無効にします。

承認された値: Disabled, Enabled
--role

システム割り当て ID が持つロール名または ID。

既定値: Contributor
--runtime -r

Framework:Version 形式の正規化された Web ランタイム (例: "PHP:7.2")。使用可能なリストに使用 az webapp list-runtimes します。

--scope

システム割り当て ID がアクセスできるスコープ。

--startup-file

Linux のみ。 Web のスタートアップ ファイル。

--subnet

Web アプリに参加させる既存のサブネットの名前またはリソース ID。 名前でサブネットを指定する場合は、--vnet 引数も必要です。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--vnet

リージョン仮想ネットワークの名前またはリソース ID。 異なるリソース グループ間に同じ名前の vnet が複数存在する場合は、vnet リソース ID を使用して、使用する vnet を指定します。 vnet 名が使用されている場合、既定では、Web アプリと同じリソース グループ内の vnet が使用されます。 --subnet 引数と共に使用する必要があります。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp create (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリを作成する。

Web アプリの名前は、AppName.azurewebsites.net として一意の FQDN を生成できる必要があります。

az webapp create --name
                 --resource-group
                 [--assign-identity]
                 [--custom-location]
                 [--deployment-container-image-name]
                 [--deployment-local-git]
                 [--deployment-source-branch]
                 [--deployment-source-url]
                 [--docker-registry-server-password]
                 [--docker-registry-server-user]
                 [--max-worker-count]
                 [--min-worker-count]
                 [--multicontainer-config-file]
                 [--multicontainer-config-type {COMPOSE, KUBE}]
                 [--plan]
                 [--role]
                 [--runtime]
                 [--scope]
                 [--startup-file]
                 [--tags]

既定の構成で Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName

'|' 区切り記号を使用して、Java 11 ランタイムを使用して Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --runtime "java|11|Java SE|11"

':' 区切り記号を使用して、Java 11 ランタイムを使用して Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --runtime "java:11:Java SE:11"

NodeJS 10.14 ランタイムを使用して Web アプリを作成し、ローカル Git リポジトリからデプロイします。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --runtime "node|10.14" --deployment-local-git

DockerHub からイメージを含む Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName -i nginx

プライベート DockerHub レジストリからイメージを含む Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName -i MyImageName -s username -w password

プライベート Azure Container Registry からイメージを含む Web アプリを作成します。

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName -i myregistry.azurecr.io/docker-image:tag

別のリソース グループ内にある共有 App Service プランを使用して WebApp を作成します。

AppServicePlanID=$(az appservice plan show -n SharedAppServicePlan -g MyASPRG --query "id" --out tsv) az webapp create -g MyResourceGroup -p "$AppServicePlanID" -n MyUniqueAppName

appservice kubernetes 環境で WebApp を作成する

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --custom-location /subscriptions/sub_id/resourcegroups/group_name/providers/microsoft.extendedlocation/customlocations/custom_location_name

appservice kubernetes 環境とカスタムの場所と同じリソース グループに WebApp を作成する

az webapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --custom-location custom_location_name

必須のパラメーター

--name -n

新しい Web アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--assign-identity

スペースで区切られたシステム割り当て ID またはユーザー割り当て ID を受け入れます。 システム割り当て ID を参照するには '[system]' を使用し、ユーザー割り当て ID を参照するにはリソース ID を使用します。 その他の例については、ヘルプを参照してください。

--custom-location

カスタムの場所の名前または ID。 アプリとは異なるリソース グループ内のカスタムの場所に ID を使用します。

--deployment-container-image-name -i

Linux のみ。 Docker Hub のコンテナー イメージ名 (publisher/image-name:tag など)。

--deployment-local-git -l

ローカル git を有効にします。

--deployment-source-branch -b

デプロイするブランチ。

既定値: master
--deployment-source-url -u

手動統合とリンクする Git リポジトリの URL。

--docker-registry-server-password -w

コンテナー レジストリ サーバーのパスワード。 プライベート レジストリに必要です。

--docker-registry-server-user -s

コンテナー レジストリ サーバーのユーザー名。

--max-worker-count
プレビュー

割り当てられるワーカーの最大数。

--min-worker-count
プレビュー

割り当てるワーカーの最小数。

--multicontainer-config-file

Linux のみ。 マルチコンテナー アプリの構成ファイル。 (ローカルまたはリモート)。

--multicontainer-config-type

Linux のみ。

承認された値: COMPOSE, KUBE
--plan -p

App Service プランの名前またはリソース ID。 "appservice plan create" を使用して取得します。

--role

システム割り当て ID が持つロール名または ID。

既定値: Contributor
--runtime -r

Framework 形式の正規化された Web ランタイム |バージョン (例: "PHP|5.6")。 使用可能なリストに使用 az webapp list-runtimes します。

--scope

システム割り当て ID がアクセスできるスコープ。

--startup-file

Linux のみ。 Web のスタートアップ ファイル。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp create-remote-connection

Web アプリへの tcp トンネルを使用してリモート接続を作成します。

az webapp create-remote-connection [--ids]
                                   [--instance]
                                   [--name]
                                   [--port]
                                   [--resource-group]
                                   [--slot]
                                   [--subscription]
                                   [--timeout]

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--instance -i

接続する Web アプリ インスタンス。 既定値は none (なし) です。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--port -p

リモート接続のポート。 既定値: ランダムに使用可能なポート。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--timeout -t

タイムアウト (秒)。 既定値は none (なし) です。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp delete

Web アプリを削除します。

az webapp delete [--ids]
                 [--keep-dns-registration]
                 [--keep-empty-plan]
                 [--keep-metrics]
                 [--name]
                 [--resource-group]
                 [--slot]
                 [--subscription]

Web アプリを削除します。 (自動生成)

az webapp delete --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--keep-dns-registration
非推奨

引数 'keep_dns_registration' は非推奨となり、バージョン '3.0.0' で削除されます。

DNS 登録を保持します。

--keep-empty-plan

空の App Service プランを保持します。

--keep-metrics

アプリのメトリックを保持します。

--name -n

Web アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp deploy

提供された成果物を Azure Web Apps にデプロイします。

az webapp deploy [--async {false, true}]
                 [--clean {false, true}]
                 [--ids]
                 [--ignore-stack {false, true}]
                 [--name]
                 [--resource-group]
                 [--restart {false, true}]
                 [--slot]
                 [--src-path]
                 [--src-url]
                 [--subscription]
                 [--target-path]
                 [--timeout]
                 [--track-status {false, true}]
                 [--type {ear, jar, lib, startup, static, war, zip}]

war ファイルを非同期的にデプロイします。

az webapp deploy --resource-group ResourceGroup --name AppName --src-path SourcePath --type war --async true

静的テキスト ファイルを wwwroot/staticfiles/test.txt にデプロイする

az webapp deploy --resource-group ResourceGroup --name AppName --src-path SourcePath --type static --target-path staticfiles/test.txt

省略可能のパラメーター

--async

true の場合、成果物は非同期的にデプロイされます。 (成果物が Web アプリにプッシュされると、コマンドは終了します)。 "--src-url" を使用する場合、同期デプロイはまだサポートされていません。

承認された値: false, true
--clean

true の場合、ファイルをデプロイする前にターゲット ディレクトリをクリーンします。 既定値は、成果物の種類に基づいて決定されます。

承認された値: false, true
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--ignore-stack

true の場合、スタック固有の既定値は無視されます。

承認された値: false, true
--name -n

デプロイする Web アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--restart

true の場合、デプロイ後に Web アプリが再起動されます。 複数の成果物を展開していて、以前の展開でサイトを再起動しない場合は、これを false に設定します。

承認された値: false, true
--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--src-path

デプロイする成果物のパス。 例: "myapp.zip" または "/myworkspace/apps/myapp.war"。

--src-url

成果物の URL。 Web アプリは、この URL から成果物をプルします。 例: "http://mysite.com/files/myapp.war?key=123".

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--target-path

成果物をデプロイする必要がある絶対パス。 既定値は "home/site/wwwroot/" です。例: "/home/site/deployments/tools/"、"/home/site/scripts/startup-script.sh" です。

--timeout

デプロイ操作のタイムアウト (ミリ秒単位)。 "--src-url" を使用する場合、同期デプロイはまだサポートされていないため、"--src-url" を使用する場合は無視されます。

--track-status

true の場合、デプロイ中の Web アプリの起動状態は、Linux Web アプリに対して追跡されます。

承認された値: false, true
既定値: False
--type

デプロイされる成果物の種類をオーバーライドするために使用されます。

承認された値: ear, jar, lib, startup, static, war, zip
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp list

Web アプリを一覧表示します。

az webapp list [--resource-group]

MyResourceGroup 内のすべての Web アプリを一覧表示します。

az webapp list --resource-group MyResourceGroup

すべての Web アプリの既定のホスト名と状態を一覧表示します。

az webapp list --query "[].{hostName: defaultHostName, state: state}"

実行中のすべての Web アプリを一覧表示します。

az webapp list --query "[?state=='Running']"

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp list-instances

Web アプリまたは Web アプリ スロットのスケールアウトされたすべてのインスタンスを一覧表示します。

az webapp list-instances --name
                         --resource-group
                         [--slot]

必須のパラメーター

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--slot -s

Web アプリ スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp list-runtimes

Web アプリに使用できる使用可能な組み込みスタックを一覧表示します。

az webapp list-runtimes [--linux]
                        [--os {linux, windows}]

省略可能のパラメーター

--linux
非推奨

引数 'linux' は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。 代わりに '--os-type' を使用してください。

Linux ベースの Web アプリのランタイム スタックを一覧表示します。

既定値: False
--os --os-type

出力を Windows ランタイムまたは Linux ランタイムのみに制限します。

承認された値: linux, windows
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp restart

Web アプリを再起動します。

az webapp restart [--ids]
                  [--name]
                  [--resource-group]
                  [--slot]
                  [--subscription]

Web アプリを再起動します。 (自動生成)

az webapp restart --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp restart (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリを再起動します。

az webapp restart [--ids]
                  [--name]
                  [--resource-group]
                  [--slot]
                  [--subscription]

Web アプリを再起動します。 (自動生成)

az webapp restart --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp scale

Arc 対応 Kubernetes ワークロード上の Web アプリのインスタンス数を変更します。

az webapp scale --instance-count
                [--ids]
                [--name]
                [--resource-group]
                [--slot]
                [--subscription]

MyApp のインスタンス数を 2 に変更します。

az webapp scale -g MyResourceGroup -n MyApp --instance-count 2

必須のパラメーター

--instance-count

インスタンスの数。

既定値: 1

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp show

Web アプリの詳細を取得します。

az webapp show [--ids]
               [--name]
               [--resource-group]
               [--slot]
               [--subscription]

Web アプリの詳細を取得します。 (自動生成)

az webapp show --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp show (appservice-kube 拡張機能)

Web アプリの詳細を取得します。

az webapp show [--ids]
               [--name]
               [--resource-group]
               [--slot]
               [--subscription]

Web アプリの詳細を取得します。 (自動生成)

az webapp show --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp ssh

プレビュー

このコマンドはプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

SSH コマンドは Web コンテナーへの ssh セッションを確立し、開発者はシェル ターミナルをリモートで取得します。

az webapp ssh [--ids]
              [--instance]
              [--name]
              [--port]
              [--resource-group]
              [--slot]
              [--subscription]
              [--timeout]

Web アプリに ssh で接続する

az webapp ssh -n MyUniqueAppName -g MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--instance -i

接続する Web アプリ インスタンス。 既定値は none (なし) です。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--port -p

リモート接続のポート。 既定値: ランダムに使用可能なポート。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--timeout -t

タイムアウト (秒)。 既定値は none (なし) です。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp start

Web アプリを起動します。

az webapp start [--ids]
                [--name]
                [--resource-group]
                [--slot]
                [--subscription]

Web アプリを起動します。 (自動生成)

az webapp start --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp stop

Web アプリを停止します。

az webapp stop [--ids]
               [--name]
               [--resource-group]
               [--slot]
               [--subscription]

Web アプリを停止します。 (自動生成)

az webapp stop --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp up

Web アプリを作成し、ローカル ワークスペースからアプリにコードをデプロイします。 このコマンドは、コードが存在するフォルダーから実行するために必要です。 現在のサポートには、Node、Python、.NET Core、ASP.NET が含まれます。 ノード、Python アプリは Linux アプリとして作成されます。 .Net Core、ASP.NET、静的 HTML アプリは、Windows アプリとして作成されます。 静的 HTML アプリとしてデプロイする html フラグを追加します。 コマンドが正常に実行されるたびに、リソース グループ、SKU、場所、プラン、および名前の既定の引数値が現在のディレクトリに保存されます。 これらの既定値は、同じディレクトリ内のコマンドの後続の実行で指定されない引数に対して使用されます。 既定値を管理するには、'az configure' を使用します。

az webapp up [--app-service-environment]
             [--dryrun]
             [--html]
             [--ids]
             [--launch-browser]
             [--location]
             [--logs]
             [--name]
             [--os-type {Linux, Windows}]
             [--plan]
             [--resource-group]
             [--runtime]
             [--sku {B1, B2, B3, D1, F1, FREE, I1, I1v2, I2, I2v2, I3, I3v2, I4v2, I5v2, I6v2, P0V3, P1MV3, P1V2, P1V3, P2MV3, P2V2, P2V3, P3MV3, P3V2, P3V3, P4MV3, P5MV3, S1, S2, S3, SHARED, WS1, WS2, WS3}]
             [--subscription]
             [--track-status {false, true}]

実際に操作を実行せずに、作成されるアプリの詳細を表示する

az webapp up --dryrun

デプロイするコードが存在するフォルダーからコマンドを実行して、既定の構成で Web アプリを作成します。

az webapp up

指定した名前の Web アプリを作成する

az webapp up -n MyUniqueAppName

指定した名前と Java 11 ランタイムを使用して Web アプリを作成する

az webapp up -n MyUniqueAppName --runtime "java:11:Java SE:11"

デプロイするコードが存在するフォルダーからコマンドを実行して、特定のリージョンに Web アプリを作成します。

az webapp up -l locationName

デプロイ操作が完了したら、Web アプリを作成し、ログ ストリーミングを有効にします。 これにより、ログ ストリーミングを有効にするために必要な既定の構成が有効になります。

az webapp up --logs

Web アプリを作成し、静的 HTML アプリとしてデプロイします。

az webapp up --html

省略可能のパラメーター

--app-service-environment -e

デプロイ先の (既存の) App Service Environment の名前またはリソース ID。 Isolated V2 sku [I1v2, I2v2, I3v2] が必要です。

--dryrun

作成操作とデプロイ操作を実行するのではなく、概要を表示します。

既定値: False
--html

アプリの検出を無視し、HTML アプリとしてデプロイします。

既定値: False
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--launch-browser -b

既定のブラウザーを使用して、作成したアプリを起動します。 これは Azure Cloud Shell ではサポートされていません。

既定値: False
--location -l

Location。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--logs

Web アプリを起動した直後にログ ストリームの表示を有効にするために必要な既定のログ記録を構成します。

既定値: False
--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--os-type

作成するアプリの OS の種類を設定します。

承認された値: Linux, Windows
--plan -p

Web アプリに関連付けられている App Service プランの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--runtime -r

Framework:Version 形式の正規化された Web ランタイム (例: "PHP:7.2")。使用可能なリストに使用 az webapp list-runtimes します。

--sku

価格レベル (例: F1(Free)、D1(Shared)、B1(Basic Small)、B2(Basic Medium)、B3(Basic Large)、S1(Standard Small)、P1V2(プレミアム V2 Small)、P2V2(プレミアム V2 Medium)、P3V 2(プレミアム V2 Large)、P0V3(プレミアム V3 Extra Small)、P1V3(プレミアム V3 Small)、P2V3(プレミアム V3 Medium)、P3V3(プレミアム V3 Large)、P1MV3(プレミアム メモリ最適化 V3 Small)、P2MV3(プレミアム メモリ最適化 V3 Medium)、P3MV3(プレミアム メモリ最適化 V3 Large)、P4MV3(プレミアム メモリ最適化 V3 エクストラ ラージ)、P5MV3 (プレミアムメモリ最適化 V3 特大)、I1 (分離小)、I2 (分離メディア)、I3 (分離された大)、I1v2 (Isolated V2 Small)、I2v2 (Isolated V2 Medium)、I3v2 (Isolated V2)Large)、I4v2 (Isolated V2 I4v2)、I5v2 (Isolated V2 I5v2)、I6v2 (Isolated V2 I6v2)、WS1 (Logic Apps Workflow Standard 1)、WS2 (Logic Apps Workflow Standard 2)、WS3 (Logic Apps Workflow Standard 3)。

承認された値: B1, B2, B3, D1, F1, FREE, I1, I1v2, I2, I2v2, I3, I3v2, I4v2, I5v2, I6v2, P0V3, P1MV3, P1V2, P1V3, P2MV3, P2V2, P2V3, P3MV3, P3V2, P3V3, P4MV3, P5MV3, S1, S2, S3, SHARED, WS1, WS2, WS3
--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--track-status

true の場合、デプロイ中の Web アプリの起動状態は、Linux Web アプリに対して追跡されます。

承認された値: false, true
既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp update

既存の Web アプリを更新します。

az webapp update [--add]
                 [--client-affinity-enabled {false, true}]
                 [--force-dns-registration {false, true}]
                 [--force-string]
                 [--https-only {false, true}]
                 [--ids]
                 [--minimum-elastic-instance-count]
                 [--name]
                 [--prewarmed-instance-count]
                 [--remove]
                 [--resource-group]
                 [--set]
                 [--skip-custom-domain-verification {false, true}]
                 [--skip-dns-registration {false, true}]
                 [--slot]
                 [--subscription]
                 [--ttl-in-seconds {false, true}]

Web アプリのタグを更新します。

az webapp update -g MyResourceGroup -n MyAppName --set tags.tagName=tagValue

Web アプリを更新します。 (自動生成)

az webapp update --https-only true --name MyAppName --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value, string or JSON string>

既定値: []
--client-affinity-enabled

セッション アフィニティ Cookie の送信を有効にします。

承認された値: false, true
--force-dns-registration
非推奨

引数 'force_dns_registration' は非推奨となり、バージョン '3.0.0' で削除されます。

true の場合、Web アプリのホスト名は DNS に強制的に登録されます。

承認された値: false, true
--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

既定値: False
--https-only

HTTP を使用してアプリに対して行われたすべてのトラフィックを HTTPS にリダイレクトします。

承認された値: false, true
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--minimum-elastic-instance-count -i
プレビュー

インスタンスの最小数。 アプリは、エラスティック スケールの App Service プランに含まれる必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定しない場合、名前がランダムに生成されます。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--prewarmed-instance-count -w
プレビュー

事前ウォーミングされたインスタンスの数。 アプリは、エラスティック スケールの App Service プランに含まれる必要があります。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list <indexToRemove> OR --remove propertyToRemove.

既定値: []
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=<value>

既定値: []
--skip-custom-domain-verification
非推奨

引数 'skip_custom_doメイン_verification' は非推奨となり、バージョン '3.0.0' で削除されます。

true の場合、Web アプリに関連付けられているカスタム (*.azurewebsites.net 以外メインは検証されません。

承認された値: false, true
--skip-dns-registration
非推奨

引数 'skip_dns_registration' は非推奨となり、バージョン '3.0.0' で削除されます。

True Web アプリのホスト名が作成時に DNS に登録されていない場合。

承認された値: false, true
--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--ttl-in-seconds
非推奨

引数 'ttl_in_seconds' は非推奨となり、バージョン '3.0.0' で削除されます。

Web アプリの既定の doメイン 名の有効期間 (秒単位)。

承認された値: false, true
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az webapp update (appservice-kube 拡張機能)

既存の Web アプリを更新します。

az webapp update [--add]
                 [--client-affinity-enabled {false, true}]
                 [--force-string]
                 [--https-only {false, true}]
                 [--ids]
                 [--minimum-elastic-instance-count]
                 [--name]
                 [--prewarmed-instance-count]
                 [--remove]
                 [--resource-group]
                 [--set]
                 [--slot]
                 [--subscription]

Web アプリのタグを更新します。

az webapp update -g MyResourceGroup -n MyAppName --set tags.tagName=tagValue

Web アプリを更新します。 (自動生成)

az webapp update --https-only true --name MyAppName --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value, string or JSON string>

既定値: []
--client-affinity-enabled

セッション アフィニティ Cookie の送信を有効にします。

承認された値: false, true
--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

既定値: False
--https-only

HTTP を使用してアプリに対して行われたすべてのトラフィックを HTTPS にリダイレクトします。

承認された値: false, true
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--minimum-elastic-instance-count -i
プレビュー

インスタンスの最小数。 アプリは、エラスティック スケールの App Service プランに含まれる必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 を使用して az configure --defaults web=<name>既定値を構成できます。

--prewarmed-instance-count -w
プレビュー

事前ウォーミングされたインスタンスの数。 アプリは、エラスティック スケールの App Service プランに含まれる必要があります。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list <indexToRemove> OR --remove propertyToRemove.

既定値: []
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=<value>

既定値: []
--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で運用スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。