Azure Logic Apps、Power Automate、Power Apps のカスタム コネクタに関するよくあるご質問

注意

このトピックは、Azure Logic Apps、Power Automate、および Power Apps でのカスタム コネクタの作成および使用に関するチュートリアル シリーズの一部です。 カスタム コネクタの概要 を必ず読んで、プロセスを理解してください。

API と OpenAPI

Q: コネクタと API 要求にはどのような制限がありますか?
A: 次の表に制限を示します。

Azure Logic Apps 制限
作成できるカスタム コネクタの数 Azure サブスクリプションあたり 1,000
カスタム コネクタによって作成された接続ごとの 1 分あたりの要求数 コネクタによって作成された接続ごとに 500 要求
Swagger ファイルで許可されるボディあたりの最大スキーマ数 512
Swagger ファイルで許可されている操作の最大数 256
Swagger ファイルで許可されている操作あたりのスキーマの最大数 16,384
Swagger ファイルで許可されているスキーマの最大数 Swaggerファイルで許可される操作の最大数* Swaggerファイルで許可される操作ごとのスキーマの最大数
Power AutomateおよびPower Apps 制限
作成できるカスタム コネクタの数 無料プラン: one1
Office 365 および Dynamics 365 プラン: 1 つ
ユーザーごとのプラン: 50
カスタム コネクタによって作成された接続ごとの 1 分あたりの要求数 コネクタによって作成された接続ごとに 500 要求

1 無料プランでは、接続やカスタム コネクタを社内の他のユーザーと共有することはできません。

OpenAPI 概要または Postman コレクションを使用してカスタム コネクタを記述する場合、ファイルは 1 MB 未満である必要があります。

Q: ゲートウェイ経由でのコネクタと操作のサイズ制限はありますか?
A: 制限については、ゲートウェイのドキュメント を参照してください。

Q: 私の API は動的ホストを使用しています。どうすれば OpenAPI で実装できますか?
A: ポリシー テンプレートを使用して、実行時にホストを動的に変更できます。 詳細については、ホスト URL を設定する を参照してください。

認定資格です

Q: API を所有しておらず、API を使用する明示的な権限がありません。それでもコネクタを作成できますか?
A: はい、これらのコネクタは、組織内で内部使用するために登録して共有することも、独立した発行元コネクタとして公開することもできます。 コネクタを独立した発行元として認定および一般公開するには、基になるサービスを所有したり、API を使用する明示的な権限を提示する必要は ありません

Q: 認定にはどれくらいの時間がかかりますか?
A: 認定の所要時間は、提出物の品質とテストのスピードによって大きく異なります。 プロセスの問題がなければ、通常 3 〜 5 営業日かかります。 認定後、すべてのリージョンへのデプロイには、さらに 7 から 10 営業日かかります。

Q: 質問提出手順がよくわからない場合や手順の実行に問題がある場合は、どこでサポートを受けることができますか?
A: サポートが必要な場合は、Microsoft の担当者にお問い合わせください。 また、ドキュメントに対するフィードバックをいただければ、より良いものに改善していくことができます。

Q: コネクタを Premium ではなく Standard コネクタとして認定することはできますか?
A: いいえ。 残念ながら、現時点ではプレミアムとして認定されたコネクタだけがリリースされます。 Power Automate ライセンスをお持ちのユーザーであれば、スタンダードとプレミアムの両方のコネクタをご利用いただけます。

Q: コネクタから Preview タグを削除することはできますか?
A: Preview タグを削除するには、コネクタが特定の要件を満たしている必要があります。 ご利用のコネクタが十分に使用されており、信頼性が高いことを確認してから、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。

Q: コネクタのスロットル制限を調整できますか?
A: スロットル制限の調整はケースバイケースで処理されています。 コネクタの制限の調整をご希望の場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。

Q: 認定に登録するには、コネクタを完成させる必要がありますか?
A: (登録は独立した発行元には適用されません。) いいえ、認定を受けたいと思った時点ですぐに認定に登録してください。 登録が完了すると、必要に応じて、マイクロソフトの担当者が開発期間中に連絡を取り、サポートを提供します。

Q: ISV Studio の コネクタ認定 タブでコネクタを管理するために、送信にコネクタの所有者を追加することはできますか?
A: (IVS Studio は独立した発行元には適用されません。) はい、複数の所有者が許可されています。 所有者を追加するにあたってのサポートが必要な場合は、Microsoft 担当者に連絡してください。

詳細については、コネクタの認定を受ける を参照してください。

要件

Q: REST API なしでコネクタを作成できますか?
A: Power Apps と Power Automate では、サービスに対して安定した HTTP REST API をサポートする必要があります。 Logic Apps については、SOAP API を使用するオプションもあります。

Q: API の公開にはどのようなツールを使用できますか?
A: Azure には、API としてサービスを公開するために使用できる機能やサービスがあります。これには、ホスト用の Azure App Service や API Management などが含まれます。

Q: どのような認証の種類がサポートされていますか?
A: 次のサポートされている認証標準を使用できます:

注意

クライアント資格情報付与タイプはサポートしていません。

サポート

Q: コネクタ開発に関する技術的な質問があります。どこに相談すればいいですか?
A: Power Automate フォーラムのコネクタ開発フォーラム に質問を追加してください。 私たちのチームまたはコミュニティ メンバーが回答します。 同様の問題を検索することもできます。 質問を投稿すると、より広いコミュニティから回答を得ることができ、フォーラムのサポート情報が向上します。

Q: Postman Collection V2 に対応していますか?
A: はい、Postman Collection v2 のサポートは 2021 年 10 月現在利用可能です。

Q: OpenAPI 3.0 をサポートしていますか?
A: いいえ、現在は OpenAPI 2.0 のみサポートしています。 OpenAPI 3 へのサポートはバックログにあります。

Q: コネクタ開発作業に使用できる開発者プランはありますか?
A: はい、Power Apps コミュニティ計画 は使用可能で、Power Apps と Power Automate は無料です。

トリガー

Q: Webhook なしのトリガーを作成できますか?
A: Azure Logic Apps と Power Automate のカスタム コネクタでサポートされるのは、Webhook ベースのトリガーとポーリング トリガーです。 Webhook ベースのトリガーはイベントの発生を待機しますが、ポーリング トリガーは指定された頻度でサービスを呼び出して新しいデータをチェックします。 他の実装パターンが必要な場合は、API の詳細を添えて condevhelp@microsoft.com にお問い合わせください。

関連項目

コネクタの概要
コネクタの認定を受ける

フィードバックを提供する

コネクタ プラットフォームの問題点や新機能のアイデアなどのフィードバックをお待ちしています。 フィードバックを提供するには、「問題を送信するか、コネクタに関するヘルプを入手する」にアクセスし、フィードバックの種類を選択します。