カスタム コネクタ

Azure Logic AppsMicrosoft Power AutomateMicrosoft Power Apps には、Microsoft および検証済みサービスに接続するための 1,000 個のコネクタ 以上が用意されていますが、あらかじめ構築されているコネクタが利用できないサービスとの通信が必要になることもあります。 カスタム コネクタでは、独自のトリガーとアクションを備えたコネクタを作成 (さらには共有) できるようにすることで、このシナリオに対応しています。

Screenshot of custom connectors - overview.

Lifecycle

Screenshot of custom connectors - lifecycle.

1. API をビルドする

カスタム コネクタは、REST API (Logic Apps は SOAP API もサポートします) のラッパーで、Logic Apps、Power Automate、または Power Apps に REST または SOAP API との通信を許可します。 これらの API は、次のようなものです。

  • SpotifySlackRackspace、またはユーザーが管理する API などのパブリック (パブリック インターネットで表示可能)。
  • プライベート (ユーザーのネットワークでのみ表示可能)。

作成および管理する予定のパブリック API については、次の Microsoft Azure 製品のいずれかを使用することを検討してください。

プライベート API については、Microsoft は、オンプレミス データ ゲートウェイ を通じてオンプレミス データ接続を提供します。

2. API のセキュリティを確保する

API とコネクタに標準的な認証方法のいずれかを使用します (Microsoft Entra ID を推奨):

認証を実装する必要がないように、Azure portal で API に Microsoft Entra ID 認証を設定できます。 または、API のコードで認証を要求し、強制できます。 カスタム コネクタ用の Microsoft Entra ID の詳細については、Microsoft Entra ID による API とコネクタの保護 を参照してください。

2.1. OAuth 2.0

OAuth 2.0 を使用して自動的に認証する新しく作成されたカスタム コネクタには、コネクタごとのリダイレクト URI があります。 既存の OAuth 2.0 コネクタは、2024 年 2 月 17 日までに、コネクタごとのリダイレクト URI を使用するように更新する必要があります。

  • Web インターフェースを使用してカスタム コネクタを作成した場合は、カスタム コネクタを編集し、セキュリティ タブに移動して、一意のリダイレクト URL に更新 のチェックボックスをオンにし、コネクタごとのリダイレクト URI を有効にします。
  • コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用した複数認証 でカスタム コネクタを作成した場合は、CLI ツールを使用してコネクタを更新して "redirectMode": "GlobalPerConnector" を設定する必要があります。
  • ([セキュリティ] タブの設定、または CLI ツールを使用して) コネクタごとのリダイレクト URI を使用するようにカスタム コネクタが更新されたら、OAuth 2.0 アプリからグローバル リダイレクト URI を削除し、新しく生成された一意のリダイレクト URL を OAuth 2.0 アプリへ追加する必要があります。
  • 2024 年 2 月 17 日から、既存の OAuth 2.0 カスタム コネクタに対してこの更新を適用します。 コネクタごとのリダイレクト URI を使用するように更新されていないカスタム コネクタは、新しい接続で機能しなくなり、ユーザーにエラー メッセージが表示されます。
  • コネクタ リダイレクト URL ごとに移行する更新が必要なカスタム コネクタを確認するには、管理者コネクタ用の Power Apps の 管理者としてカスタム コネクタを取得する アクションを使用する簡単なフローを作成して、その結果をパーサーします。 この記事の後半で添付するフローでは、同じものを使用してすべてのカスタム コネクタを取得します。 次に、接続パラメーターのプロパティにフィルター条件を適用して、Oauth 以外のカスタム コネクタを除外し、続いて別のフィルターを適用して、コネクタごとに一意のリダイレクト URL を使用しないコネクタのみを選択します。 最後に、選択したカスタム コネクタをフローの最初で初期化された配列変数に配置し、それらのコネクタの名前と作成者を示す HTML テーブルを生成します。 このソリューション をインポート するだけで、このフローを環境にインポートできます。 フローをさらに拡張して、HTML テーブルを電子メールとして自分に送信できます。 または、コネクタ作成者に直接電子メールを送信し、更新する必要があるコネクタの名前を提供するように拡張することもできます。

3. API について記述し、カスタム コネクタを定義する

認証されたアクセスを持つ AP Iを取得したら、次に行うことは、Logic Apps、Power Automate、または Power Apps が API と通信できるように API を記述することです。 次のアプローチがサポートされています。

OpenAPI 概要と Postman コレクションはさまざまな形式を使用しますが、いずれも言語に依存せず、API を記述するコンピューター読み取り可能ドキュメントです。 これらのドキュメントは、API で使用される言語とプラットフォームに応じて、さまざまなツールで生成できます。 バックグラウンドでは、Logic Apps、Power Automate および Power Apps が OpenAPI を使いコネクタを定義します。

4. Logic Apps、 Power Automate、または Power Apps アプリでコネクタを使用する

カスタム コネクタは、Microsoft マネージド コネクタが使用されるのと同じ方法で使用されます。 API への接続を作成し、その接続を使用して、カスタム コネクタ内で公開している任意の操作を呼び出す必要があります。

Power Automate で作成されたコネクタは Power Apps で利用可能です。 同様に、Power Apps で作成されたコネクタは、Power Automate で使用できます。 これは、Logic Apps で作成されたコネクタには当てはまりません。 ただし、OpenAPI 定義または Postman コレクションを再利用し、サービスのいずれかでコネクタを再作成できます。 詳細については、適切なチュートリアルを参照してください。

5. 自分のコネクタの共有

Logic Apps、Power Automate、または Power Apps でリソースを共有するのと同じ方法で、組織内のユーザーとコネクタを共有できます。 共有はオプションですが、コネクタを他のユーザーと共有したい場合があります。

詳しくは、「組織でカスタム コネクタを共有する」をご覧ください。

6. 自分のコネクタを認定する

Logic Apps、Power Automate、Power Apps のすべてのユーザーとコネクタを共有する場合は、コネクタを Microsoft に送って認定を受けてください。 Microsoft では、コネクタをレビューし、技術とコンテンツのコンプライアンスを確認し、機能を検証します。

詳細については、「Microsoft の認定を受けるためにコネクタを提出する」を参照してください。

チュートリアル

チュートリアルでは Cognitive Services Text Analytics API を使用します。 Microsoft は、この API 用のコネクタをすでに提供しています。 これは、カスタム コネクタのライフサイクルや、カスタム コネクタがどのように独自のシナリオをサポートするかを教えるのに適した例です。

シナリオ

作成するコネクタでは、テキスト入力のセンチメント スコア (0.000 から 1.000) を返す テキスト分析 センチメント 操作を公開します。

前提条件

  • 次のいずれかのサブスクリプション:

  • Logic Apps、Power Automate フロー、または Power Apps を作成する方法についての基本的な理解。

  • Cognitive Services Text Analytics API の API キー。

API キーを取得する

Text Analytics API は、API キーを使用してユーザーを認証します。 ユーザーがカスタム コネクタを介して API への接続を作成する場合、ユーザーはこのキーの値を指定します。 API キーを取得するには:

  • API キーを要求 して、API を試します。 これには、Azure サブスクリプションは必要ありません。

  • Azure サブスクリプションに Text Analytics APIを追加 します。 サブスクリプションで API リソースを取得したら、キーセクションから API キーを取得します。

    API キーを取得する

チュートリアルを開始する

詳細ガイダンス

このセクションのチュートリアルとビデオは、Power Platform コネクタを実装の一部として活用するために必要な分析情報を提供します。

チュートリアル

次のチュートリアルでは、特定のカスタム コネクタ シナリオについて詳しく説明します。

動画

次の 45 分間のビデオでは、Power Platform コネクタがどのように機能するかを示します。 また、単純なカスタム コネクタと詳細なカスタム コネクタを作成する方法も示します。

参照

すべてのコネクタの一覧

フィードバックを提供する

コネクタ プラットフォームの問題点や新機能のアイデアなどのフィードバックをお待ちしています。 フィードバックを提供するには、「問題を送信するか、コネクタに関するヘルプを入手する」にアクセスし、フィードバックの種類を選択します。