Excel Online (Business)

Excel Online (Business) コネクタを使用すると、Microsoft Graph でサポートされているドキュメント ライブラリ (OneDrive for Business、SharePoint サイト、Office 365 Groups) 内の Excel ファイルを操作できます。

このコネクタは、次の製品および地域で利用可能です。

Service クラス 地域
Logic Apps 標準 以下を除くすべての Logic Apps 地域 :
     -   Azure 政府の地域
     -   Azure China の地域
     -   米国国防総省 (DoD)
Power Automate Standard 以下を除くすべての Power Automate 地域 :
     -   米国政府 (GCC)
     -   米国政府 (GCC High)
     -   21 Vianet が運用する中国のクラウド
     -   米国国防総省 (DoD)
Power Apps 標準 以下を除くすべての Power Apps 地域 :
     -   米国政府 (GCC)
     -   米国政府 (GCC High)
     -   21Vianet が運用する中国のクラウド
     -   国防総省 (DoD)
連絡先
件名 Microsoft
URL Microsoft LogicApps サポート
Microsoft Power Automate サポート
Microsoft Power Apps サポート
コネクタ メタデータ
パブリッシャー マイクロソフト
Web サイト https://products.office.com/excel

調整制限

名前 呼び出し 更新期間
接続ごとの API 呼び出し10060 秒

アクション

スクリプトの実行

Excel ブックに対して Office スクリプトを実行します。

テーブルにキー列を追加する

Excel テーブルにキー列を追加します。 新しい列が右側に追加されます。

テーブルに行を追加する

Excel テーブルに新しい行を追加します。

テーブルに行を追加する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりにテーブルに行を追加する を使用します。

Excel テーブルに新しい行を追加します。

テーブルの作成

Excel ワークブックに新しいテーブルを作成します。

テーブルを取得する

Excel ワークブックでテーブルの一覧を取得します。

テーブル内に存在する行を一覧表示する

テーブル内に存在する行を一覧表示します。

ワークシートの作成

Excel ワークブックに新しいワークシートを作成します。

ワークシートの取得

Excel ワークブックでワークシートの一覧を取得します。

行を削除する

キー列を使用して行を削除します。

行を取得する

キー列を使用して行を取得します。

行を更新する

キー列を使用して行を更新します。 入力値は指定されたセルを上書きし、空白のままにされた列は更新されません。 値を (上書きする代わりに) 追加するには、「行を取得」 アクションを使用して最初にコンテンツを取得します。

スクリプトの実行

Excel ブックに対して Office スクリプトを実行します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

スクリプト
scriptId True string

ドロップダウンから実行する Office スクリプトを選択します。

ScriptParameters
ScriptParameters True dynamic

Office スクリプトのパラメーターを指定します。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

テーブルにキー列を追加する

Excel テーブルにキー列を追加します。 新しい列が右側に追加されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn string

キー列名を入力します。

テーブルに行を追加する

Excel テーブルに新しい行を追加します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

item True dynamic

指定された Excel テーブルに追加する行です。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

テーブルに行を追加する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりにテーブルに行を追加する を使用します。

Excel テーブルに新しい行を追加します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

item True dynamic

指定された Excel テーブルに挿入する行です。

戻り値

テーブルの作成

Excel ワークブックに新しいテーブルを作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル名
TableName string

Excel テーブル名を入力します。

テーブル範囲
Range True string

A1 表記を使用してテーブル アドレスを入力します。

列名
ColumnsNames string

「;」 または 「,」 で区切って列名を入力します。

戻り値

テーブル メタデータ

本文​​
TableMetadata

テーブルを取得する

Excel ワークブックでテーブルの一覧を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

戻り値

名前 パス 説明
value array of object
ID
value.id string

テーブル ID です。

件名
value.name string

テーブル名です。

帯状の列を表示する
value.showBandedColumns boolean

帯状の列を表示します。

最初の列を強調する
value.highlightFirstColumn boolean

最初の列を強調します。

最後の列を強調する
value.highlightLastColumn boolean

最後の列を強調します。

帯状の行を表示する
value.showBandedRows boolean

帯状の行を表示します。

フィルター ボタンを表示する
value.showFilterButton boolean

フィルター ボタンを表示します。

ヘッダーの表示
value.showHeaders boolean

ヘッダーを表示します。

合計の表示
value.showTotals boolean

合計を表示します。

スタイル
value.style string

テーブルのスタイルです。

テーブル内に存在する行を一覧表示する

テーブル内に存在する行を一覧表示します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限するための ODATA フィルター クエリです。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

クエリを選択する
$select string

取得する列のコンマ区切りリストです (既定では最初の 500)。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

ワークシートの作成

Excel ワークブックに新しいワークシートを作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

件名
name string

ワークシート名です。

戻り値

本文​​
WorksheetMetadata

ワークシートの取得

Excel ワークブックでワークシートの一覧を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

戻り値

名前 パス 説明
value array of WorksheetMetadata

行を削除する

キー列を使用して行を削除します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn True string

ドロップダウンから列を選択します。

キー値
id True string

キー値を入力します。

行を取得する

キー列を使用して行を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn True string

ドロップダウンから列を選択します。

キー値
id True string

キー値を入力します。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

行を更新する

キー列を使用して行を更新します。 入力値は指定されたセルを上書きし、空白のままにされた列は更新されません。 値を (上書きする代わりに) 追加するには、「行を取得」 アクションを使用して最初にコンテンツを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn True string

ドロップダウンから列を選択します。

キー値
id True string

キー値を入力します。

項目のプロパティを指定する
item True dynamic

項目のプロパティを指定します。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

トリガー

選択した行の場合

Excel テーブルで選択した行のフローをトリガーします。 (Power Automate にのみ使用可能です。)

選択した行の場合

Excel テーブルで選択した行のフローをトリガーします。 (Power Automate にのみ使用可能です。)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
Location True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePointsSite URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/ SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

DocumentLibrary
DocumentLibrary True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択する

ファイル
File True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択する

テーブル
Table True string

ドロップダウンからテーブルを選択する

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

定義

TableMetadata

テーブル メタデータ

名前 パス 説明
名前
name string

テーブル名

タイトル
title string

テーブルのタイトル

x-ms-permission
x-ms-permission string

テーブルのアクセス許可

x-ms-capabilities
x-ms-capabilities TableCapabilitiesMetadata

テーブルのメタデータ (機能)

スキーマ
schema Object
referencedEntities
referencedEntities Object
webUrl
webUrl string

URL のリンク

TableCapabilitiesMetadata

テーブルのメタデータ (機能)

名前 パス 説明
sortRestrictions
sortRestrictions TableSortRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (並べ替えの制限)

filterRestrictions
filterRestrictions TableFilterRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (フィルターの制限)

selectRestrictions
selectRestrictions TableSelectRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (選択の制限)

isOnlyServerPagable
isOnlyServerPagable boolean

サーバーのページング制限

filterFunctionSupport
filterFunctionSupport array of string

サポートされているフィルター機能の一覧

serverPagingOptions
serverPagingOptions array of string

サポートされているサーバー駆動型ページング機能の一覧

オブジェクト

TableSortRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (並べ替えの制限)

名前 パス 説明
sortable
sortable boolean

このテーブルに並べ替え可能な列があるかどうかを示します

unsortableProperties
unsortableProperties array of string

並べ替え不可能なプロパティの一覧

ascendingOnlyProperties
ascendingOnlyProperties array of string

昇順のみをサポートするプロパティの一覧

TableFilterRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (フィルターの制限)

名前 パス 説明
filterable
filterable boolean

このテーブルにフィルター処理可能な列があるかどうかを示す

nonFilterableProperties
nonFilterableProperties array of string

フィルター処理不可能なプロパティの一覧

requiredProperties
requiredProperties array of string

すべての必須プロパティの一覧

TableSelectRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (選択の制限)

名前 パス 説明
selectable
selectable boolean

このテーブルに選択可能な列があるかどうかを示す

WorksheetMetadata

名前 パス 説明
ID
id string

ワークシート IDです。

件名
name string

ワークシート名です。

位置
position integer

ワークシートの位置です。

可視性
visibility string

ワークシートの可視性です。