次の方法で共有


Edge での Copilot

Copilot は、Microsoft Edge サイドバーでアクセスできます。 Bingで使用 Copilot する場合と同様に、複雑な質問をしたり、包括的な回答を見つけたり、情報を要約したり、インスピレーションを得たりすることができます。 Edge でを使用 Copilot する場合は、ページの内容に基づいて質問したり、ブラウザーで開いている PDF を入力したりすることもできます。 [新規作成] タブでは、テキスト、メール、ソーシャル メディアの投稿、アイデアを生成できます。

ユーザーに対して Copilot サービス プランが有効になると、 Copilot Edge では商用データ保護もサポートされます。

Edge で有効にするCopilot

Edge でを使用 Copilot するには、次の手順が必要です。

  1. サービス プランを Copilot 有効にし、ユーザーに適格なライセンスが必要です。
  2. ユーザーは、Entra ID (職場アカウント) を使用して bing.com/chat にサインインする必要があります。
  3. ユーザーは、Edge ブラウザーの右上にあるアイコン (Ctrl + Shift + .) をクリックCopilotしてアクセスCopilotできます。

Copilot では、チャットや新規作成などの Edge 機能では、商用データ保護がサポートされています。 対象の Entra ID ユーザーには、サイドバーのエクスペリエンスの Copilot 上部に "Protected" という単語が表示されます。

Copilot を示すスクリーンショット。

Edge で使用される Copilot データ

Edge で を使用 Copilot する場合、閲覧コンテキストを使用して質問に回答できます。

Microsoft Edge は、ユーザーのプロンプトと Microsoft とのデータ共有に対する同意に基づいて、関連するデータを に Copilot送信する場合があります。 "マンハッタンへの旅行の計画を立てる" など、閲覧コンテキストを必要としない質問については、Edge は、URL、ページ タイトル、ユーザーのクエリ、以前の会話履歴を共有して、質問に効果的に回答できるようにします Copilot 。

ユーザーがページ情報を共有するアクセス許可を付与すると、Microsoft Edge は特定のセッションの閲覧コンテキスト、ユーザーのプロンプト、および以前の会話履歴を送信 Copilot します。 この情報は、意味のある応答を生成するのに役立ちます Copilot 。

商用データ保護が有効になっている場合、このチャット情報はセッションの Copilot 期間を超えて Microsoft によって保持されません。

Edge での Copilot 集計

Copilot Edge では、Edge ブラウザーに表示されるときに、さまざまなドキュメントの内容を要約できます。 現在 Copilot Edge では、一部のドキュメントの種類を要約できますが、他のドキュメントの種類は集計できません。 このグラフを参照して、さまざまなドキュメントの種類に対する Edge Web ページの概要作成の現在のCopilot動作を確認します。 集計のサポートが増えると、グラフが更新されます。

Edge でのデータ損失防止の Copilot 適用方法

Edge for Business には、データ損失防止 (DLP) ポリシーを適用するためのネイティブ機能が用意されています。 これにより、不正なデータ漏えいを防ぐためのorganizationのアプローチは、Edge で自動的にCopilotまで拡張されます。 これらのポリシーは、Microsoft Purview、Intune Mobile Application Management (MAM)、Microsoft Defender for Cloud Apps (MDA) * を使用して構成できます。

DLP ポリシーで Edge でを使用 Copilot する場合、保護された Web ページと PDF へのアクセスが制限されます。 その結果、ユーザーは DLP ポリシーによって保護されたコンテンツをコピーまたは貼り付けることはできません。 また、ユーザーは Edge で を使用して保護されたコンテンツを Copilot 要約することもできません。管理者は、ファイルのアップロード機能を通じて機密ファイルの受信をブロック Copilot できます。

ビデオ: 方法 Data Loss Prevention is enforced with Microsoft Copilot in Edgeを参照してください。

DLP ポリシーと Edge for Business での動作の詳細については、 このページ を参照してください。

*MDA は現在プレビュー段階で利用できます。

Edge で管理 Copilot する

ユーザーは、Microsoft Edge > 設定サイドバー > アプリと通知設定>アプリ固有の設定>>Copilotに移動し、[Microsoft によるページ コンテンツへのアクセスを許可する] トグルをオンまたはオフにすることで、このアクセス許可を変更できます。

管理者は、複数のグループ ポリシー設定を使用して、Edge サイドバーの Copilot の動作を管理できます。

  • Edge で閲覧コンテキストの使用を許可またはブロック Copilot するには、 DiscoverPageContextEnabled ポリシーを使用します。 これにより、 Copilot Web ページや PDF コンテンツを使用してプロンプトに応答できなくなります。
  • Edge で完全に無効 Copilot にするには、 HubsSidebarEnabled ポリシーを使用します。 Edge でブロックすると Copilot 、すべての Edge サイドバー アプリが有効になることが自動的にブロックされます。

iOS および Android 用の Microsoft Edge の Edge で管理Copilotする方法については、「Intuneを使用して iOS と Android で Microsoft Edge を管理する」を参照してください。

Copilot Edge モバイル

organizationにCopilot対してサービス プランが有効になっている場合、ユーザーは職場または学校アカウント (Entra ID) でサインインしたときに、Edge モバイル アプリを介して商用データ保護を使用してアクセスできます。

Edge モバイルには、ユーザー インターフェイスの一部として専用の Copilot ボタンが含まれています。 Edge モバイル インターフェイスから Copilot ボタンを削除する場合は、Intune MAM ポリシーを使用して削除/追加できます。

com.microsoft.intune.mam.managedbrowser.Chat=true (既定値)/false

iOS & Android で Microsoft Edge を管理 する方法の詳細については、こちらをご覧ください。