最新の Web サイトに対応するための Internet Explorer から Microsoft Edge へのリダイレクト

この記事は Microsoft Edge 安定バージョン 87 以降に適用されます。

概要

サポート対象外の Internet Explorer 11 (IE11) デスクトップ アプリケーションは、2023 年 2 月 14 日に予定されている 2023 年 2 月の Windows セキュリティ更新プログラム ("B") リリースの一部として、特定のバージョンのWindows 10で完全に無効になります。 詳細はこちら

組織でビジネスの中断が発生しないように、Microsoft Edge で IE モードを設定し、この日付より前に IE11 を無効にすることを強くお勧めします。 方法を確認する

最新の Web サイトの多くが、Internet Explorer と互換性のないデザインを採用しています。 Internet Explorer のユーザーが互換性のないパブリック サイトにアクセスすると、そのサイトがブラウザーと互換性のないものであることを通知するメッセージが表示され、手動で別のブラウザーに切り替える必要があります。

Microsoft Edge Stable バージョン 87 以降では、別のブラウザーの変更に手動で切り替える必要があります。

ユーザーが Internet Explorer と互換性のないサイトにアクセスすると、自動的に Microsoft Edge にリダイレクトされます。 この記事では、リダイレクトのユーザー エクスペリエンスや、自動リダイレクトの構成や無効化に使用するグループ ポリシーについて説明します。

Microsoft は、Internet Explorer との互換性がないことが知られているすべてのサイトの一覧を保持しています。 詳細については、「互換性のないサイトの一覧の更新を要求する」を参照してください。

前提条件

  • Microsoft Edge 安定版 87 以降
  • Windows のバージョン
    • Windows 10 バージョン 1709 以降
    • Windows 8.1
    • Windows 7

リダイレクト エクスペリエンス

Microsoft Edge にリダイレクトすると、ユーザーには次のスクリーンショットにあるようなダイアログが 1 回のみ表示されます。 このダイアログでは、リダイレクトされた理由を説明し、Internet Explorer から Microsoft Edge に閲覧データや設定をコピーすることに対する同意を求めています。 次の閲覧データがインポートされます: お気に入り、パスワード、検索エンジン、開いているタブ、履歴、設定、Cookie、ホーム ページ。

データや環境設定をインポートするためのブラウズ通知とプロンプト。

[Internet Explorer から閲覧データと設定を常に引き継ぐ] をオンにして同意しない場合でも、[ 閲覧の続行 ] をクリックしてセッションを続行できます。

最後に、リダイレクトのたびにアドレス バーの下に次のスクリーンショットに示されているような Web サイトの非互換性バナーが表示されます。

最新のサイトに関する通知と、Microsoft Edge を既定のブラウザーに設定するか、Microsoft Edge を探すように促すプロンプトが表示されます。

Web サイトの非互換性バナー:

  • ユーザーに Microsoft Edge への切り替えを促します
  • Microsoft Edge を既定のブラウザーとして設定するよう提案します
  • Microsoft Edge を探すためのオプションを提供します

サイトが Internet Explorer から Microsoft Edge にリダイレクトされると、サイトの読み込みを開始した [Internet Explorer] タブが、サイトが Microsoft Edge にリダイレクトされた理由を説明する Microsoft サポート ページに移動します。

リダイレクト後は、ユーザーは Internet Explorer の非互換性リストにないサイトを閲覧するために Internet Explorer の使用に戻ることができます。

Microsoft Edge へのリダイレクトを構成するポリシー

これらのポリシーは 2020 年 10 月 26 日までに ADMX ファイルの更新プログラムとして利用可能になり、2020 年 11 月 9 日までに Intune で利用可能になります。

Microsoft Edge への自動リダイレクトを有効にするには、3 つのグループ ポリシーを構成する必要があります。 3 つのポリシーは、次のとおりです。

  • RedirectSitesFromInternetExplorerPreventBHOInstall
  • RedirectSitesFromInternetExplorerRedirectMode
  • HideInternetExplorerRedirectUXForIncompatibleSitesEnabled

ポリシー: RedirectSitesFromInternetExplorerPreventBHOInstall

Internet Explorer から Microsoft Edge へのリダイレクトには、"IEtoEdge BHO" という名前の Internet Explorer ブラウザー ヘルパー オブジェクト (BHO) が必要です。 RedirectSitesFromInternetExplorerPreventBHOInstall ポリシーは、この BHO がインストールされるかどうかを制御します。

  • このポリシーを有効にした場合、リダイレクトに必要な BHO はインストールされず、ユーザーは Internet Explorer で特定の Web サイトの非互換性メッセージを引き続き表示します。 BHO が既にインストールされている場合は、次回 Microsoft Edge Stable チャネルが更新されるときにアンインストールされます。
  • このポリシーを無効にするか、構成しなかった場合、BHO がインストールされます。 これは既定の動作です。

BHO の必要性に加えて、RedirectSitesFromInternetExplorerRedirectMode への依存関係があり、「互換性のないサイトのサイトリストに基づいてサイトをリダイレクトする」または「未構成」に設定する必要があります。

ポリシー: RedirectSitesFromInternetExplorerRedirectMode

このポリシーは、Microsoft Edge の既定のブラウザー設定 "Internet Explorer に Microsoft Edge でサイトを開かせる" に対応しています。 この設定にアクセスするには、edge://settings/defaultbrowser の URL にアクセスします。

  • このポリシーを設定していないか、"Sitelist" に設定している場合、Internet Explorer は互換性のないサイトを Microsoft Edge にリダイレクトします。 これは既定の動作です。
  • このポリシーを無効にするには、[有効] を選択し、[オプション: 互換性のないサイトを Internet Explorer から Microsoft Edgeに自動的にリダイレクトする] の下のドロップダウンで、[無効] を選択します。 この状態では、互換性のないサイトは Microsoft Edge にリダイレクトされません。

組織が管理していない個人用デバイスを使用している場合は、 Internet Explorer の互換性に [Internet Explorer モードでサイトの読み込みを許可する] という名前の別の設定が表示されます。

ドメインに参加しているか、モバイル デバイス管理 (MDM) に登録されているデバイスを使用している場合、このオプションは表示されません。

代わりに、ユーザーに Internet Explorer モードでサイトを読み込ませる場合は、Internet Explorer モード テストを許可するポリシーを構成します。

ポリシー: HideInternetExplorerRedirectUXForIncompatibleSitesEnabled

このポリシーでは、互換性のないサイトを Microsoft Edge にリダイレクトするときのユーザー エクスペリエンスを構成します。

  • このポリシーを有効にすると、ユーザーに対する 1 回限りのリダイレクト ダイアログとリダイレクト バナーが表示されなくなります。 ブラウザーのデータやユーザー設定はインポートされません。

  • このポリシーを無効にするか、構成しなかった場合、リダイレクト ダイアログが最初のリダイレクトに表示され、リダイレクトで始まるセッションの永続的なリダイレクト バナーが表示されます。

    ユーザー閲覧データは、ユーザーが新しいリダイレクトを検出するたびにインポートされます。 ただし、これは 1 回限りのリダイレクト ダイアログでユーザーがインポートに同意した場合にのみ発生します。

Microsoft Edge へのリダイレクトを無効にする

Microsoft Edge 安定バージョン 87 にアップデートする前にリダイレクトを無効にする場合は、次の手順を実行します。

  1. RedirectSitesFromInternetExplorerPreventBHOInstall ポリシーを有効に設定します。

Microsoft Edge 安定バージョン 87 にアップデートした後にリダイレクトを無効にする場合は、次の手順を実行します。

  1. RedirectSitesFromInternetExplorerRedirectMode ポリシーを [有効] に設定し、[オプション: 互換性のないサイトを Internet Explorer から Microsoft Edgeに自動的にリダイレクトする] のドロップダウンで、[無効] を選択します。 この設定は、ポリシーが有効になるとすぐにリダイレクトを停止します。
  2. RedirectSitesFromInternetExplorerPreventBHOInstall ポリシーを有効に設定します。 これで次回の Microsoft Edge の更新後に BHO がアンインストールされるようになります。

関連項目