次の方法で共有


Microsoft 365 Apps for enterpriseのデバイス ベースのライセンス

商用のお客様は、Microsoft 365 Apps for enterprise (デバイス) を使用して、ユーザーではなく Windows クライアント デバイスにMicrosoft 365 Apps for enterpriseライセンスを割り当てることができます。 教育機関のお客様は、Microsoft 365 Apps for Education (デバイス) ライセンスを使用して同じことを行うことができます。 このデバイス ベースのライセンスは、多くのユーザーが共有するデバイスでのMicrosoft 365 Apps for enterpriseの管理を簡素化するように設計されています。 サインインし、そのデバイスを使用するすべてのユーザーは、Microsoft 365 Apps for enterpriseを使用してドキュメントを作成および編集できます。

重要

Microsoft 365 Apps for enterprise (デバイス) ライセンスは、Enterprise Agreement/Enterprise Agreement サブスクリプションを通じて商用のお客様が利用できます。 教育機関のお客様の場合、ライセンスは Education (デバイス) 用にMicrosoft 365 Appsされ、教育機関向け登録ソリューション (EES) でのみ使用できます。 詳細については、 教育の可用性に関するブログ記事を参照してください。 商用の可用性については、Microsoft アカウントの担当者にお問い合わせください。

Microsoft 365 Apps for enterprise のデバイスベース ライセンス認証の使用に関する要件

Microsoft 365 Apps for enterpriseのデバイス ベースのライセンスの要件を次に示します。

  • バージョン 1907 以降のMicrosoft 365 Apps for enterprise。
  • Microsoft 365 Apps for enterpriseは、サポートされているバージョンの Windows 11、Windows 10 General Availability Channel (または Semi-Annual Channel、以前の名前)、Windows Server 2022、または Windows Server 2019 を実行しているデバイスにインストールする必要があります。
  • Microsoft 365 Apps for enterpriseがインストールされている Windows クライアント デバイスは、Microsoft Entra参加しているか、ハイブリッド参加Microsoft Entra必要があります。

Microsoft 365 Apps for enterpriseと Windows クライアント デバイスがこれらの要件を満たしていることを確認するには、次の手順を実行します。

  • Windows クライアント デバイスで、Wordなどの Office アプリケーションを開き、[ファイル>アカウント] に移動します。 デバイスにインストールされているMicrosoft 365 Apps for enterpriseのバージョン番号は、[製品情報] セクションの [バージョン情報] セクションに表示されます。

  • Windows クライアント デバイスの [スタート] メニューまたはコマンド プロンプトから「」と入力 winver し、Enter キーを押します。 [ Windows について ] ダイアログが表示され、Windows クライアントのバージョンが一覧表示されます。

  • Microsoft Azure にサインインし、[Microsoft Entra ID> デバイス] に移動します。 [結合の種類] 列に、Windows クライアント デバイスの 結合の種類 が表示されます。

    Windows クライアント デバイスが表示されない場合は、Windows クライアント デバイスにサインインします。 次に、[設定>アカウント]>[職場または学校にアクセスする] に移動し、[接続] を選択し、デバイスを Microsoft Entra ID またはローカル Active Directory ドメインに参加させる手順に従います。

Microsoft 365 Apps for enterprise のデバイスベース ライセンス認証を構成する手順

Windows クライアント デバイスとMicrosoft 365 Apps for enterpriseインストールが指定した要件を満たしていることを確認したら、次のタスクを実行する必要があります。

  • Microsoft Entra ID で使用できるグループに Windows クライアント デバイスを追加します。
  • Microsoft 365 管理センターにサインインし、[課金ライセンス]> に移動して、そのグループに適切なライセンスを割り当てます。 Azure portalでライセンスを割り当てることはできません。
  • ユーザー ベースのライセンスではなく、デバイス ベースのライセンスを使用するようにMicrosoft 365 Apps for enterpriseを構成します。

重要

デバイス ベースのライセンスを使用するようにMicrosoft 365 Apps for enterpriseを構成する前に、必ずMicrosoft Entra グループを作成し、ライセンスを割り当てます。 それ以外の場合は、Microsoft 365 Apps for enterpriseでエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Entra ID のグループに Windows クライアント デバイスを追加し、そのグループ ライセンスを割り当てる

デバイス ベースのライセンスを構成するには、まず、Microsoft Entra ID で使用できるグループに Windows クライアント デバイスを追加する必要があります。 次の表に、サポートされているグループの種類と、それらのグループを作成できる場所について説明します。

グループの種類 これらのツールを使用して作成する
割り当てられたメンバーシップまたは静的メンバーシップを持つセキュリティ。 セキュリティ グループをメールで有効にしないでください。 Microsoft Entra 管理センター

オンプレミスの Active Directory と Microsoft Entra Connect を使用して Microsoft Entra ID に同期する
動的デバイス メンバーシップを使用したセキュリティ Microsoft Entra 管理センター
配布リスト オンプレミスの Active Directory と Microsoft Entra Connect を使用して Microsoft Entra ID に同期する

Microsoft Entra Connect を使用してオンプレミスのExchange Serverと Microsoft Entra ID に同期する

Microsoft 365 管理センター
Office 365 サポートされていません (Microsoft Entra ID のグループの種類)

Azure グループ管理の詳細については、次の記事を参照してください。

適切なグループの種類を作成し、適切な Windows クライアント デバイスをグループに割り当てた後、そのグループにライセンスを割り当てる必要があります。 その方法の手順については、「 デバイスのライセンスを管理する」を参照してください。 ライセンスは 1 つのグループにのみ割り当てることができますが、そのグループ内のグループを入れ子にすることはできます。

重要

  • ライセンスの割り当ては、Microsoft 365 管理センターの [課金>ライセンス] で行う必要があります。 Azure portalでライセンスを割り当てることはできません。
  • これらのライセンスを割り当てるには、グローバル管理者である必要があります。
  • Microsoft 365 管理センターの [課金>ライセンス>サブスクリプション] に移動した後、必ず [Microsoft 365 Apps for enterprise (デバイス)] または [Microsoft 365 Apps for Education (デバイス)] を選択してください作成したグループにそれらのライセンスを割り当てるには、(所有しているライセンスに応じて)

デバイス ベースのライセンスを使用するようにMicrosoft 365 Apps for enterpriseを構成する

Windows クライアント デバイスを含む Microsoft Entra ID でグループにライセンスを割り当てた後、ユーザー ベースのライセンスではなくデバイス ベースのライセンスを使用するようにMicrosoft 365 Apps for enterpriseを構成する必要があります。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

  • Office 展開ツールと DeviceBasedLicensing 設定。
  • グループ ポリシーと "Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイス ベースのライセンスを使用する" ポリシー設定

Office 展開ツールの使用

Office 展開ツールを使用してMicrosoft 365 Apps for enterpriseをインストールまたは構成する場合は、configuration.xml ファイルに次の行を追加します。

<Property Name="DeviceBasedLicensing" Value="1" />

重要

Office 展開ツールを使用してデバイス ベースのライセンスを構成するには、バージョン 1909 以降のMicrosoft 365 Apps for enterpriseをインストールしている必要があります。 以前のバージョンでは、Office 展開ツールで DeviceBasedLicensing 設定を使用してデバイス ベースのライセンスが適切に構成されないという問題が発生しました。

以前のバージョンのMicrosoft 365 Apps for enterpriseを使用している場合は、グループ ポリシーを使用してデバイス ベースのライセンスを構成できます。 または、管理者特権のコマンド プロンプトから、次のコマンドを実行できます。

reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration /v O365ProPlusRetail.DeviceBasedLicensing /t REG_SZ /d 1

ヒント

  • 最新の機能とバグ修正を行えるように、Microsoft ダウンロード センターで利用可能な最新バージョンの Office 展開ツール を常に使用していることを確認してください。
  • テキスト エディターを使用して configuration.xml を作成する代わりに、 Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用することをお勧めします。 OCT には、選択を行い、Office 展開ツールで使用する configuration.xml ファイルを作成するための Web ベースのインターフェイスが用意されています。 詳細については、「Office カスタマイズ ツールの概要」を参照してください。 OCT の [ ライセンスとライセンス認証 ] セクションで、デバイス ベースのライセンスを構成する選択肢があります。

Office 展開ツールの使用とサポートされる構成オプションの詳細については、次の記事を参照してください。

Microsoft Intuneの使用

必要なポリシーは、Microsoft Intuneの構成プロファイルを使用して設定できます。

  • [デバイス>構成プロファイル] に移動します
  • 新しいプロファイルを作成し、プラットフォームとして [Windows 10以降] を選択し、プロファイルの種類として [設定カタログ] を選択します。
  • Microsoft Office 2016 (マシン) > ライセンス設定に移動し、[デバイス ベースのライセンスを使用してOffice 365 ProPlusポリシーを選択します。
  • ポリシーを有効にし、ターゲット デバイスを含むグループに割り当てます。

グループ ポリシーを使用する

グループ ポリシーを使用してMicrosoft 365 Apps for enterprise設定を構成する場合は、[Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイス ベースのライセンスを使用する] ポリシー設定を有効にすることができます。 このポリシー設定は、コンピューターの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Microsoft Office 2016 (コンピューター)\ライセンス設定にあります。

注:

  • このポリシー設定を使用するには、最新バージョンの 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) を Microsoft ダウンロード センターからダウンロードします。
  • このポリシー設定は、以前に "Office 365 ProPlusにデバイス ベースのライセンスを使用する" という名前でした。以前の名前のポリシー設定を構成した場合でも、選択した設定が適用されます。

Microsoft 365 Apps for enterpriseのデバイス ベースのライセンスのトラブルシューティング

デバイス ライセンスの状態を表示するには、Microsoft 365 Apps管理センターにサインインし、[正常性ライセンス]> に移動します。 そのページには、デバイス ライセンスでライセンス認証に失敗したデバイスが表示されます。

また、Microsoft 365 Apps for enterpriseがデバイス ベースのライセンスを使用していることを確認するには、Wordなどの Office アプリケーションを開き、[ファイル>アカウント] に移動します。 [ 製品情報 ] セクションに、[ 属している: このデバイス] が表示されます。

デバイス ベースのライセンスが正しく構成されていないデバイスは、機能に影響します。 ユーザーがデバイスでMicrosoft 365 Apps for enterpriseを使用しようとすると、Microsoft 365 は機能が低下モードになります。 つまり、ユーザーは Office アプリケーションで既存のドキュメントを開いて印刷できますが、ユーザーは新しいドキュメントを作成したり、既存のドキュメントを編集して保存したりすることはできません。

このような場合、ユーザーには、次のメッセージが表示されたリボンの下にバナーも表示されます。

ライセンスが必要 管理者は、ファイルを編集できるように、このデバイスに Office ライセンスを割り当てる必要があります。

この問題をトラブルシューティングするには、デバイスが Microsoft Entra ID に正しく参加していること、およびデバイスがライセンスが割り当てられているグループに追加されていることを確認します。 また、デバイスをグループに追加してから約 1 時間の遅延が発生する可能性があるため、このメッセージが表示される可能性があります。 アプリを閉じて、後でもう一度アプリを開きます。

それ以外の場合は、ユーザーに次のメッセージが表示される場合があります。

ライセンスを確認できない このデバイスの Office ライセンスの確認に問題があります。

この場合、デバイスでインターネット上の Office ライセンス サービスへの接続に問題があります。 Office は Office ライセンス サービスに問い合わせて、デバイスのライセンスが適切に付与されていることを確認し、有効期限が切れようとしているライセンスを自動的に更新しようとします。 デバイス ベースのライセンスは 90 日間で期限切れに設定されているため、デバイスは常にインターネットにアクセスする必要はありません。 ライセンス の有効期限 が切れる約 10 日前に、ライセンスを確認できないというメッセージが通常表示されます。

サブスクリプション ライセンスまたは共有コンピューターのライセンス認証からデバイス ベースのライセンスへの移行

Microsoft 365 Appsが既にインストールされ、ユーザー ベースのサブスクリプション ライセンスまたは共有コンピューターのライセンス認証でアクティブ化されている場合は、デバイスベースのライセンスに移行する前に、デバイスのライセンス状態をリセットする必要があります。 アクティブ化状態をリセットするには、「アクティブ化状態Microsoft 365 Apps for enterpriseリセットする」を参照してください。

デバイスがインターネットにアクセスできることを確認するか、ファイアウォールが Office ライセンス サービスへのアクセスを妨げていることを確認します。 ファイアウォール設定の詳細については、「OFFICE 365 URL と IP アドレス範囲」を参照してください。