Microsoft 365 Apps for enterprise のライセンス認証の状態をリセットする

この記事は、シニア サポート エスカレーション エンジニアの Eric Splichal、Microsoft 365 Apps Ranger の Matt Philipenko、およびカスタマー エンジニアの Tim Johnson によって作成および保守されています。

組織で次のようなタスクを実行する必要がある場合があります。

  • テナントからテナントへの移行
  • 別のユーザーに対するデバイスの再利用
  • デバイス上の Microsoft 365 に対するライセンス モードの変更

これらのタスクを完了するには、Microsoft 365 apps for enterprise の以前のライセンス認証をクリアして、関連するライセンスとキャッシュされた Office アカウント情報を削除する必要があります。 この削除により、アプリケーションがクリーンな状態にリセットされます。 その後、別の Office アカウントでライセンス認証するか、別のライセンス モードに変更できます。 ライセンス認証の状態をリセットするには、すべての Office アプリケーションを閉じて、次のいずれかの方法を使用します。

注:

  • 以下の手順は、Microsoft Project と Microsoft Visio にも適用されます。
  • この記事の手順とスクリプトは、Office アプリの Windows インストールに適用されます。 Office for Mac のインストールについては、「Mac で Office のライセンス ファイルを削除する方法」を参照してください。

方法: Microsoft サポート/回復アシスタントを使用する

アシスタントは、Officeのアクティブ化をリセットするために必要なすべての手順を完全に自動化し、2つのバージョンが用意されています。 現在の状況に適したバージョンを使用してください。

方法: スクリプトを使用してクリーンアップ プロセスを自動化する

プロセスの各セクションを自動化する次のスクリプトを実行します。 以下に示す OLicenseCleanup.vbs および signoutofwamaccounts.ps1 スクリプトを実行することをお勧めしますが、WPJCleanUp.cmd は、デバイスが社内参加済みの場合にのみ必要です。 各スクリプトが自動化する特定の手順の詳細については、関連する詳細リンクを選択してください。 「自動スクリプトを使用する場合は選択」リンクを使用すると、この方法に戻ります。

  1. 以前のライセンスとキャッシュされたアカウント情報を削除するには、OLicenseCleanup.zip ファイルをダウンロードし、OLicenseCleanup.vbs スクリプトを抽出して、管理者特権のアクセス許可を使用して実行します。 詳細
  2. Office に関連付けられているデバイスの WAM アカウントをクリアするには、signoutofwamaccounts.zip ファイルをダウンロードし、抽出して、管理者特権のアクセス許可で signoutofwamaccounts.ps1 スクリプトを実行します。 signoutofwamaccounts.ps1 を OLicenseCleanup.vbs と同じ場所に保存すると、OLicenseCleanup.vbs を実行したときに自動的に実行されます。 詳細
  3. 社内参加済みアカウントを削除するには、WPJCleanUp.zip をダウンロードし、WPJCleanUp フォルダーを抽出して、WPJCleanUp.cmd を実行します。 詳細

方法: 以前のライセンス認証情報を手動でクリアする

クリーンアップ プロセスの手順を手動で実行する場合は、この方法の情報を使用してください。 このプロセスは、次のセクションで構成されています。


セクション A: キャッシュされたアカウント& Office ライセンスを削除する

このセクションは 3 つのパートに分かれています。 一部のパートでは、レジストリ エントリを編集する必要があります。

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。


パート 1: 以前の Office ライセンス認証を削除する

デバイス上の既存のライセンスを確認して削除します。 vNext、共有コンピューターのライセンス認証、および以前のライセンスを含む、潜在的なライセンス タイプについて、記載されているすべての場所を確認します。

  1. 次の場所で見つかった場合は、すべてのライセンス トークン ファイルとフォルダーを削除します。

    • vNext ライセンス タイプの場合:
      • %localappdata%\Microsoft\Office\Licenses(Microsoft 365 Apps for enterprise バージョン 1909 以降)
    • 共有コンピューターのライセンス認証ライセンス タイプの場合
      • %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Licensing
  2. ospp.vbs スクリプトを使用して、以前のライセンスを確認して削除します。

    • 重要: 次のことを確認してください。

      • リモート コンピューターでスクリプトを実行する場合、Windowsファイアウォールはリモート コンピューターで Windows Management Instrumentation (WMI)トラフィックを許可します。
      • 使用するユーザー アカウントは、スクリプトを実行するコンピューターの管理者グループのメンバーです。
    • ospp.vbs スクリプトを実行する前に、正しいディレクトリを設定する必要があります。 Office のインストールに応じて、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドのいずれかを実行します。

      • 64 ビット オペレーティング システム上での 64 ビット Office のインストールの場合:
        • cd "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16"
      • 64 ビット オペレーティング システム上での 32 ビット Office のインストールの場合:
        • cd "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16"
  3. 次のコマンドを実行して、現在使用中のライセンスのリストを取得します。

    • cscript ospp.vbs /dstatus

      出力は次の形式です。 Output inclues 製品 ID、SKU ID、ライセンス名、ライセンスの説明、ライセンスの状態、エラー コード、インストールされているプロダクト キーの最後の 5 文字

      注: 出力には、複数のアプリケーションのライセンスが含まれる可能性があります。 インストールされているプロダクト キーが検出されないと表示される場合は、手順 4 と 5 をスキップし、以下の手順 6 の「次のレジストリ エントリを削除する」に進みます。 

      ライセンスを削除するアプリケーションに対して部分的なプロダクト キーが返される場合は、以下の手順 4. で使用する インストール済みプロダクト キーの最後の 5 文字 に表示される値に注意してください。 

  4. 次のコマンドを実行して、関連する部分的なプロダクト キーを使用して、アプリケーションのライセンスを削除します。

    • cscript ospp.vbs /unpkey:<last 5 characters of product key>

      • 例: cscript ospp.vbs /unpkey:2WC00
    • ライセンスが削除されると、「プロダクト キーを正常にアンインストールしました」というメッセージが表示されます。 出力には、Office 16 のプロダクト キーのアンインストールと、「プロダクト キーを正常にアンインストールしました」というメッセージが表示されます。

  5. 必要に応じて cscript ospp.vbs /unpkey コマンドを繰り返して、手順 3 の出力にリストされているアプリケーションのライセンスを削除します。

  6. 次のレジストリ エントリを削除します。

    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing

パート 2: HKCU レジストリでキャッシュされた Office アカウント ID を削除する

次のレジストリ エントリを削除します。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Identity

共有コンピューターのライセンス認証を有効にしている場合は、HKEY_USERS\<The user SID>\Software\Microsoft\Office\16.0\Common レジストリ キーから ID レジストリ キーの場所を削除します。 現在サインインしているユーザーの SID を取得するには、管理者権限のないコマンド プロンプトでコマンド whoami /user を実行します。


パート 3: Windows 資格情報マネージャーに格納されている Office 資格情報を削除する
  1. [コントロール パネル]> [資格情報マネージャー] を開きます。

  2. [Windows 資格情報] を選択します。

  3. 各資格情報の横にあるドロップダウン矢印を選択して、Office にリストされているすべての資格情報を削除し、[削除] を選択します。

    資格情報マネージャーの例は、Office の 2 つのエントリを示しています

  4. 次のレジストリ キーの下に存在する値を確認して削除します。 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage System

自動スクリプトを使用するかどうかを選択します


セクション B: マネージド デバイスのキャッシュされた Office 資格情報をクリアする

管理対象デバイスの場合、キャッシュされた Office 資格情報を削除する必要がある追加の場所があります。 デバイスは、Azure AD 参加 (AADJ)、Hybrid Azure AD 参加 (HAADJ)、または職場参加 (WPJ) の場合、管理対象と見なされます。 これらの構成では、資格情報を別の場所に格納する Web アカウント管理 (WAM) を使用します。

AADJ および HAADJ デバイスのデバイスで Office に関連付けられている WAM アカウントをクリアするために手動で実行できる手順はありません。

signoutofwamaccounts.zip ファイルをダウンロードし、抽出して、signoutofwamaccounts.ps1 スクリプトを管理者として実行します。

signoutofwamaccounts.ps1 スクリプトは、Office に関連付けられているトークンとアカウントを削除し、安全に実行できます。 AADJ および HAADJ デバイスでは、アプリケーションのシングル サインオン(SSO) 状態およびデバイス状態には影響しません。

スクリプトは、Windows 10 Version 1803 以降でのみ実行できます。 オペレーティング システムに互換性がない場合は、「サポートされていない Windows 10 バージョンです」という通知が表示されます。

デバイスが管理されているかどうかを確認するには、管理者特権のコマンドプロンプトで dsregcmd /status コマンドを実行します。

表示される出力で、「デバイスの状態」セクションの AzureAdJoinedEnterpriseJoined、および DomainJoined パラメーターの値を確認します。 次に、次の表を使用して、デバイスが AADJ であるか HAADJ であるかを判別します。

AzureAdJoined EnterpriseJoined DomainJoined デバイスの状態
動作する 動作しない 動作しない Azure AD 参加済み (AADJ)
動作しない 動作しない 動作する ドメイン参加済み (DJ)
動作する 動作しない 動作する Hybrid AD 参加済み (HAADJ)

詳細については、「dsregcmd コマンドを使用したデバイスのトラブルシューティング」を参照してください。

自動スクリプトを使用するかどうかを選択します


セクション C: Workplace-Joined アカウントをクリアする

デバイスの WPJ アカウントをクリアすると、現在の Windows セッションのシングル サインオン (SSO) 動作も削除されます。 現在の Windows セッションのすべてのアプリケーションは SSO 状態を失い、デバイスは管理ツールから登録解除され、クラウドから登録解除されます。 次にアプリケーションを開こうとすると、サインインするように求められます。

よくわからない場合は、デバイスが社内参加済みであるかどうかを確認します。 上記のセクション B の説明に従って、管理者特権のコマンド プロンプトから dsregcmd /status コマンドを実行します。

社内参加済み (WPJ) (Azure AD登録済み) デバイスの状態は、出力のユーザーの状態セクションに表示されます。 社内参加済みパラメーターに表示される値が動作するの場合、デバイスが社内参加済みであることを示しています。

WPJ アカウントをクリアするには、次の手順を実行します。

  1. デバイスで、[スタート] ボタンを選択し、[設定] を選択します。
  2. [アカウント]>、[職場または学校にアクセスする] の順に選択します。
  3. 削除する職場または学校アカウントを選択し、[削除] を選択します。

自動スクリプトを使用するかどうかを選択します

関連情報