Microsoft 365 Appsの共有コンピューターライセンス認証の概要

ヒント

この記事の情報は、管理者と IT 担当者を対象としています。 Office の個人用コピーをアクティブ化する方法については、「Office の ライセンス認証」を参照してください。

共有コンピューターのアクティブ化を使用すると、複数のユーザーがアクセスする組織内のコンピューターにMicrosoft 365 Appsを展開できます。 サポートされているシナリオの例を次に示します。

  • 工場の 3 人の作業者が同じ物理コンピューターを共有し、各ワーカーは 8 時間のシフト中にそのコンピューターで Office を使用します。
  • 病院の15人の看護師は、1日を通して10台の異なるコンピュータでオフィスを使用しています。
  • 5 人の従業員がリモートで同じコンピューターに接続して Office を実行します。
  • 複数の従業員が、会議室や社内の他のパブリック スペースにあるコンピューターで Office を使用します。
  • 複数のユーザーが、 リモート デスクトップ サービス (RDS) を介してホストされている Office のインスタンスにアクセスします。

複数のユーザーが同じコンピューターを共有し、ユーザーが自分のアカウントでログインするシナリオでは、共有コンピューターのライセンス認証が必要です。 通常、ユーザーは 5 台の PC など、限られた数のデバイスでのみMicrosoft 365 Appsをインストールおよびアクティブ化できます。 共有コンピューターのアクティブ化が有効なMicrosoft 365 Appsを使用しても、その制限にはカウントされません。 ユーザーに専用のコンピューターがあり、そのコンピューターで他のユーザーが作業していない場合は、Microsoft 365 Appsにプロダクト キーのライセンス認証を使用します。

注意

Microsoft 365 Appsをアクティブにするには、オペレーティング システムで TLS 1.2 を既定で有効にする必要があります。 Windows 7 Service Pack 1 (SP1) やWindows Server 2012など、一部の古いオペレーティング システムでは、TLS 1.2 を既定で有効にするために更新プログラムが適用されている必要があります。 詳細については、「Windows の WinHTTP で TLS 1.1 および TLS 1.2 を既定のセキュリティで保護されたプロトコルとして有効にするための更新プログラム」を参照してください。 ただし、これらの古いオペレーティング システムでのMicrosoft 365 Appsの実行はサポートされていません。 詳細については、「 Office のサポート リソースの終了」を参照してください。

Microsoft 365 Appsの共有コンピューターのライセンス認証を有効にする方法

共有コンピューターのライセンス認証を使用するには、Microsoft 365 Appsを含むOffice 365 (または Microsoft 365) プランが必要です。また、共有コンピューターのライセンス認証もサポートしています。 共有コンピューターのアクティブ化は、次のプランで使用できます。

  • Microsoft 365 Apps for enterpriseを含むプラン。 たとえば、Office 365 E3またはMicrosoft 365 E5。
  • Project または Visio のデスクトップ バージョンを含むプラン。 たとえば、Project Plan 3やVisio Plan 2などです。
  • Microsoft 365 Apps for businessを含むMicrosoft 365 Business Premium プラン。

注意

  • Microsoft 365 Business Premium プランは、共有コンピューターのライセンス認証のサポートを含む唯一のビジネス プランです。 Microsoft 365 Apps for businessを含む他のビジネス プラン (Microsoft 365 Business Standard など) がありますが、これらのビジネス プランには共有コンピューターのライセンス認証のサポートは含まれていません。
  • 共有コンピューターのアクティブ化は、Microsoft 365 Apps for enterpriseを含む Education プランで使用できます。 たとえば、Office 365 A3やMicrosoft 365 A5などです。
  • 共有コンピューターのアクティブ化は、Office for Macでは使用できません。

各ユーザーにMicrosoft 365 Appsのライセンスを割り当て、ユーザーが自分のユーザー アカウントで共有コンピューターにサインインしていることを確認します。

Microsoft 365 Appsの初回インストール時に共有コンピューターのライセンス認証を有効にする場合は、インストール中に Office 展開ツールに指示できます。

Microsoft 365 Appsが既にインストールされていて、共有コンピューターのアクティブ化を有効にする場合は、3 つのオプションから選択できます。 再インストールは必要ありません。 変更を適用するには、デバイスを再起動する必要があります。

注意

共有コンピューターのアクティブ化が有効になる前にユーザーが既にMicrosoft 365 Appsをアクティブ化している場合は、アクティブ化をリセットして、共有コンピューターのライセンス認証が機能するようにする必要があります。

オプション 1: グループ ポリシーを使用して共有コンピューターのアクティブ化を有効にする

office 用の最新の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) をダウンロードしてグループ ポリシーを使用し、[共有コンピューターのライセンス認証を使用する] ポリシーを有効にします。 このポリシーは、「コンピューター構成\ポリシー管理テンプレート\Microsoft Office 2016 (Machine)ライセンス設定」\\にあります。

注意

Microsoft 365 Apps for businessでは、共有コンピューターのアクティブ化を有効にするグループ ポリシーの使用はサポートされていないため、別の方法を使用して共有コンピューターのライセンス認証を有効にする必要があります。

オプション 2: レジストリ エディターを使用して共有コンピューターのアクティブ化を有効にする

レジストリ エディターを使用して、SharedComputerLicensing の文字列値 (Reg_SZ) を追加し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\構成の下に 1 を設定します。

オプション 3: Microsoft サポートと回復アシスタントを使用して、共有コンピューターのアクティブ化を有効にする

サポートと回復アシスタントは、共有コンピューターのライセンス認証の要件を確認し、共有コンピューターのアクティブ化を有効にするために、すべての手順を完全に自動化します。 エンタープライズと UI の 2 つのバージョンで利用できます。 状況に最も適したバージョンを使用します。

Microsoft サポート および Recovery Assistant のエンタープライズ (コマンド ライン) バージョン

Microsoft サポートと回復アシスタントの Enterprise バージョンは、スクリプトを作成できるコマンド ライン バージョンであり、複数のデバイスと、すぐにアクセスできないデバイスに推奨されます。 Enterprise バージョンをダウンロードする

Microsoft サポートと回復アシスタントの UI バージョン

1 つのデバイスまたはいくつかの個別のデバイスで Office のライセンス認証をリセットする必要がある場合は、Microsoft サポートと回復アシスタントの UI バージョンをお勧めします。 UI バージョンをダウンロードする

共有コンピューターのライセンス認証が有効になっていることを確認する

Microsoft 365 Appsがインストールされたら、そのコンピューターで共有コンピューターのライセンス認証が有効になっていることを確認できます。

注意

共有コンピューターのアクティブ化とビューアー モードの両方が有効になっているデバイスでは、ライセンスを持つユーザーが誤って ビューアー モードに配置されるという既知の問題があります。 この問題は、バージョン 2205 以降で修正されています。

Microsoft 365 Appsでの共有コンピューターのアクティブ化のしくみ

共有コンピューターのアクティブ化が有効になっているコンピューターにMicrosoft 365 Appsがインストールされた後の動作を次に示します。

  1. ユーザーが自分のアカウントでコンピューターにサインインします。

  2. ユーザーは、Word などの Office プログラムを起動します。

  3. Microsoft 365 Appsインターネット上の Office ライセンス サービスに接続して、ユーザーのライセンス トークンを取得します。

    ユーザーがMicrosoft 365 Appsを使用するライセンスを付与されているかどうかを判断するには、Office ライセンス サービスがユーザーのアカウントをOffice 365知っている必要があります。 場合によっては、Microsoft 365 Appsはユーザーに情報の提供を求めます。 たとえば、[Office ライセンス認証] ダイアログ ボックスが表示されます。

    Office をアクティブ化します。

    環境が Office 365 (Azure Active Directory) アカウントとローカル Active Directory (AD) アカウントを同期するように構成されている場合、ユーザーにプロンプトが表示されない可能性が最も高くなります。 Microsoft 365 Appsは、Office 365でユーザーのアカウントに関する必要な情報を自動的に取得できる必要があります。

  4. ユーザーがMicrosoft 365 Appsのライセンスを取得している場合、ライセンス トークンはユーザーのプロファイル フォルダー内のコンピューターに格納され、Microsoft 365 Appsがアクティブになります。 ユーザーはMicrosoft 365 Appsを使用できるようになりました。

これらの手順は、共有コンピューターにサインインするユーザーごとに繰り返されます。 各ユーザーは固有のライセンス トークンを取得します。 1 人のユーザーがコンピューターでMicrosoft 365 Appsをアクティブ化したからといって、コンピューターにサインインする他のすべてのユーザーに対してMicrosoft 365 Appsがアクティブ化されるわけではありません。

共有コンピューターのライセンス認証が有効にされている別のコンピューターを同じユーザーが使用する場合、同じステップが実行されます。 ユーザーがサインインするコンピューターごとに異なるライセンス トークンがあります。

ユーザーが再び共有コンピューターにサインインした場合、Microsoft 365 Appsは同じライセンス トークン (有効な場合) を使用します。

Microsoft 365 Appsの共有コンピューターのアクティブ化に関するその他の詳細

ライセンス トークンの更新 共有コンピューターに格納されているライセンス トークンは、30 日間のみ有効です。 ライセンス トークンの有効期限が近づくと、Microsoft 365 Appsは、ユーザーがコンピューターにログオンし、Microsoft 365 Appsを使用するときに、ライセンス トークンの更新を自動的に試行します。

ユーザーが共有コンピューターに 30 日間サインインしない場合、ライセンス トークンの有効期限が切れる可能性があります。 ユーザーが次回Microsoft 365 Appsを使用しようとすると、Microsoft 365 Appsインターネット上の Office ライセンス サービスに接続して、新しいライセンス トークンを取得します。

インターネット接続 共有コンピューターは、ライセンス トークンを取得または更新するために、インターネット上の Office ライセンス サービスに接続する必要があるため、共有コンピューターとインターネット間の信頼性の高い接続が必要です。

機能の縮小モード ユーザーがMicrosoft 365 Appsのライセンスを持っていない場合、またはユーザーが [Office のライセンス認証] ダイアログ ボックスを閉じた場合、ライセンス トークンは取得されないため、Microsoft 365 Appsはアクティブ化されません。 Microsoft 365 Apps機能が縮小されました。 つまり、ユーザーは Office ドキュメントを表示および印刷できますが、ドキュメントを作成または編集することはできません。 ユーザーには、ほとんどの機能がオフになっているというメッセージも Office プログラムに表示されます。

機能の削減。

(バージョン 2205 以降の場合)デバイスでビューアー モードが有効になっている場合、ユーザーは機能の縮小モードではなくビューアー モードになります。

アクティブ化の制限 通常、ユーザーは 5 台の PC など、限られた数のデバイスでのみMicrosoft 365 Appsをインストールおよびアクティブ化できます。 共有コンピューターのアクティブ化が有効なMicrosoft 365 Appsを使用しても、その制限にはカウントされません。

Microsoft では、1 人のユーザーが特定の期間内に適切な数の共有コンピューターでMicrosoft 365 Appsをアクティブ化できます。 まれなケースとして、この数を超過した場合、ユーザーにエラー メッセージが表示されます。

コンピューターがアクティブ化されたメッセージが多すぎます。

シングル サインオンをお勧めします シングル サインオン (SSO) の使用は、ユーザーがアクティブ化のためにサインインするように求められる頻度を減らすために推奨されます。 シングル サインオンが構成されている場合、Microsoft 365 Appsは、ユーザーにMicrosoft 365 Appsのライセンスが割り当てられている限り、ユーザーが Windows へのサインインに提供するユーザー資格情報を使用してアクティブ化されます。 詳細については、「 Microsoft 365 ID モデルと Azure Active Directory」を参照してください

シングル サインオンを使用しない場合は、ローミング プロファイルの使用を検討し、ローミング プロファイルの一部として %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\ライセンス フォルダーを含める必要があります。

ライセンス トークンローミング バージョン 1704 の Microsoft 365 Apps 以降では、ユーザーのプロファイルでローミングするか、ネットワーク上の共有フォルダーに配置されるようにライセンス トークンを構成できます。 以前は、ライセンス トークンは常にローカル コンピューター上の特定のフォルダーに保存され、その特定のコンピューターに関連付けされていました。 このような場合、ユーザーが別のコンピューターにサインインした場合、ユーザーは新しいライセンス トークンを取得するために、そのコンピューターでMicrosoft 365 Appsをアクティブ化するように求められます。 ライセンス トークンをローミングする機能は、非永続的な VDI シナリオに特に役立ちます。

ライセンス トークンローミングを構成するには、Office 展開ツールまたはグループ ポリシーを使用するか、レジストリ エディターを使用してレジストリを編集できます。 どの方法を選択した場合でも、ユーザーに固有のフォルダーの場所を指定する必要があります。 フォルダーの場所は、ユーザーのローミング プロファイルの一部またはネットワーク上の共有フォルダーのいずれかです。 Microsoft 365 Appsは、そのフォルダーの場所に書き込む必要があります。 ネットワーク上の共有フォルダーを使用している場合は、ネットワーク待機時間の問題が Office プログラムを開くためにかかる時間に悪影響を及ぼす可能性があることに注意してください。 場所は、既定の場所 (%localappdata%\Microsoft\Office\16.0\ライセンス) を使用しない場合にのみ必要です。

  • グループ ポリシーを使用している場合は、Office 用の最新の管理テンプレート ファイル (ADMX/ADML) をダウンロードし、[共有コンピューターのライセンス認証で使用されるライセンス トークンを保存する場所を指定する] ポリシー設定を有効にします。 このポリシー設定は、[コンピューターの構成\ポリシー\] [管理用テンプレート\] Microsoft Office 2016 (マシン)\の [ライセンス設定] にあります。

  • If you're using the Office Deployment Tool, include the SCLCacheOverride and SCLCacheOverrideDirectory in the Property element of your configuration.xml file. For more information, see Configuration options for the Office Deployment Tool.

  • To edit the registry, go to HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration, add a string value of SCLCacheOverride, and set the value to 1. Also, add a string value of SCLCacheOverrideDirectory and set the value to the path of the folder to save the licensing token.

    注意

    Microsoft Application Virtualization (App-V) を使用してMicrosoft 365 Appsを展開する場合、レジストリの場所はソフトウェア\Microsoft\Office\16.0\共通\ライセンスHKEY_LOCAL_MACHINE\。