Share via


CloudSpatialAnchorSession クラス

定義

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

public ref class CloudSpatialAnchorSession : IDisposable
public class CloudSpatialAnchorSession : IDisposable
type CloudSpatialAnchorSession = class
    interface IDisposable
Public Class CloudSpatialAnchorSession
Implements IDisposable
継承
CloudSpatialAnchorSession
実装

コンストラクター

CloudSpatialAnchorSession()

既定の構成で新しいインスタンスを初期化します。

CloudSpatialAnchorSession(IntPtr, Boolean)

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

プロパティ

Configuration

セッションの構成情報。

Diagnostics

セッションの診断設定。これは、トラブルシューティングと改善のためにデータを収集して送信するために使用できます。

LocationProvider

粗い再配置を使用してアンカーを作成および検索するために使用される場所プロバイダー。

LogLevel

セッション ログ イベントのログ レベル。

Session

アンカーの検索に使用される追跡セッション。

SessionId

セッションの一意識別子。

TelemetryEnabled

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

メソッド

ConvertCookieToHandle(UInt64)

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

ConvertHandleToCookie(IntPtr)

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

CreateAnchorAsync(CloudSpatialAnchor)

指定したローカル アンカーおよび文字列プロパティから、新しい永続化された空間アンカーを作成します。

CreateWatcher(AnchorLocateCriteria)

指定した条件を満たすアンカーを監視する新しいオブジェクトを作成します。

DeleteAnchorAsync(CloudSpatialAnchor)

永続化された空間アンカーを削除します。

Dispose()

アンマネージ リソースの解放またはリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。

Finalize()

クラスのインスタンスをファイナライズします CloudSpatialAnchorSession

GetAccessTokenWithAccountKeyAsync(String)

アカウント キーから Azure Spatial Anchors アクセス トークンを取得します。

GetAccessTokenWithAuthenticationTokenAsync(String)

認証トークンから Azure Spatial Anchors アクセス トークンを取得します。

GetActiveWatchers()

アクティブなウォッチャーの一覧を取得します。

GetAnchorPropertiesAsync(String)

特定の識別子がまだ見つからない場合でも、特定の識別子のクラウド空間アンカーを取得します。

GetNearbyAnchorIdsAsync(NearDeviceCriteria)

特定の条件に対応するすべての近くのクラウド空間アンカー ID の一覧を取得します。

GetSessionStatusAsync()

セッションの状態を記述する オブジェクトを取得します。

ProcessFrame(IntPtr)

アプリケーションでは、フレームごとの処理が必要なプラットフォームでこのメソッドを呼び出す必要があります。

RefreshAnchorPropertiesAsync(CloudSpatialAnchor)

指定した空間アンカーのプロパティを更新します。

Reset()

このセッションでキャプチャされた環境データをリセットします。追跡が失われた場合、アプリケーションはこのメソッドを呼び出す必要があります。

Start()

セッションの環境データのキャプチャを開始します。

Stop()

セッションの環境データのキャプチャを停止し、未処理の検索操作をすべて取り消します。 環境データは維持されます。

UpdateAnchorPropertiesAsync(CloudSpatialAnchor)

指定した空間アンカーを更新します。

イベント

AnchorLocated

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

Error

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

LocateAnchorsCompleted

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

OnLogDebug

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

SessionUpdated

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

TokenRequired

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

UpdatedSensorFingerprintRequired

このクラスを使用して、空間アンカーを作成、検索、および管理します。

適用対象