Share via


Grid クラス

定義

行と列にビューを配置するレイアウト。

public ref class Grid : Microsoft::Maui::Controls::Layout, Microsoft::Maui::IGridLayout, System::Collections::Generic::ICollection<Microsoft::Maui::IView ^>, System::Collections::Generic::IEnumerable<Microsoft::Maui::IView ^>, System::Collections::Generic::IList<Microsoft::Maui::IView ^>
[Microsoft.Maui.Controls.ContentProperty("Children")]
public class Grid : Microsoft.Maui.Controls.Layout, Microsoft.Maui.IGridLayout, System.Collections.Generic.ICollection<Microsoft.Maui.IView>, System.Collections.Generic.IEnumerable<Microsoft.Maui.IView>, System.Collections.Generic.IList<Microsoft.Maui.IView>
[<Microsoft.Maui.Controls.ContentProperty("Children")>]
type Grid = class
    inherit Layout
    interface IGridLayout
    interface ILayout
    interface IView
    interface IElement
    interface ITransform
    interface IContainer
    interface IList<IView>
    interface ICollection<IView>
    interface seq<IView>
    interface IEnumerable
    interface ISafeAreaView
    interface IPadding
[<Microsoft.Maui.Controls.ContentProperty("Children")>]
type Grid = class
    inherit Layout
    interface IGridLayout
    interface ILayout
    interface IView
    interface IElement
    interface ITransform
    interface IContainer
    interface IList<IView>
    interface ICollection<IView>
    interface seq<IView>
    interface IEnumerable
    interface ISafeAreaView
    interface IPadding
    interface ICrossPlatformLayout
Public Class Grid
Inherits Layout
Implements ICollection(Of IView), IEnumerable(Of IView), IGridLayout, IList(Of IView)
継承
派生
属性
実装

注釈

次の例は、基本的な使用方法を示しています。

using System;
using Microsoft.Maui.Controls;

namespace FormsGallery
{
    class GridDemoPage : ContentPage
    {
        public GridDemoPage()
        {
            Grid grid = new Grid
            {
                VerticalOptions = LayoutOptions.FillAndExpand,
                RowDefinitions = 
                {
                    new RowDefinition { Height = GridLength.Auto },
                    new RowDefinition { Height = GridLength.Auto },
                    new RowDefinition { Height = new GridLength(1, GridUnitType.Star) },
                    new RowDefinition { Height = new GridLength(100, GridUnitType.Absolute) }
                },
                ColumnDefinitions = 
                {
                    new ColumnDefinition { Width = GridLength.Auto },
                    new ColumnDefinition { Width = new GridLength(1, GridUnitType.Star) },
                    new ColumnDefinition { Width = new GridLength(100, GridUnitType.Absolute) }
                }
            };

            grid.AddWithSpan(new Label
                {
                    Text = "Grid",
                    FontSize = Device.GetNamedSize (NamedSize.Large, typeof(Label)),
                    HorizontalOptions = LayoutOptions.Center
                }, 0, 3, 0, 1);

            grid.Add(new Label
                {
                    Text = "Autosized cell",
                    TextColor = Color.White,
                    BackgroundColor = Color.Blue
                }, 0, 1);

            grid.Add(new BoxView
                {
                    Color = Color.Silver,
                    HeightRequest = 0
                }, 1, 1);

            grid.Add(new BoxView
                {
                    Color = Color.Teal
                }, 0, 2);

            grid.Add(new Label
                {
                    Text = "Leftover space",
                    TextColor = Color.Purple,
                    BackgroundColor = Color.Aqua,
                    HorizontalTextAlignment = TextAlignment.Center,
                    VerticalTextAlignment = TextAlignment.Center,
                }, 1, 2);

            grid.AddWithSpan(new Label
                {
                    Text = "Span two rows (or more if you want)",
                    TextColor = Color.Yellow,
                    BackgroundColor = Color.Navy,
                    HorizontalTextAlignment = TextAlignment.Center,
                    VerticalTextAlignment = TextAlignment.Center
                }, 2, 3, 1, 3);

            grid.AddWithSpan(new Label
                {
                    Text = "Span 2 columns",
                    TextColor = Color.Blue,
                    BackgroundColor = Color.Yellow,
                    HorizontalTextAlignment = TextAlignment.Center,
                    VerticalTextAlignment = TextAlignment.Center
                }, 0, 2, 3, 4);

            grid.Add(new Label
                {
                    Text = "Fixed 100x100",
                    TextColor = Color.Aqua,
                    BackgroundColor = Color.Red,
                    HorizontalTextAlignment = TextAlignment.Center,
                    VerticalTextAlignment = TextAlignment.Center
                }, 2, 3);

            // Accomodate iPhone status bar.
            this.Padding = new Thickness(10, Device.OnPlatform(20, 0, 0), 10, 5);

            // Build the page.
            this.Content = grid;
        }
    }
}

さまざまなプラットフォームのグリッドを次に示します。

レイアウト クラスでは、それぞれの子要素の Grid 行と列のインデックスを格納すると便利です。 さらに、要素がグリッドでレイアウトされている場合View、アプリケーション開発者は、静的メソッド、および列と列スパンの同等の静的メソッドを使用GetRowSpan(BindableObject)GetRow(BindableObject)SetRow(BindableObject, Int32)SetRowSpan(BindableObject, Int32)して、子自体から子の位置とスパンにアクセスして変更できます。

Grid のメンバー メソッドのドキュメントには、XAML 構文の例が含まれています。

コンストラクター

Grid()

行と列にビューを配置するレイアウト。

フィールド

_layoutManager

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
ColumnDefinitionsProperty

ColumnDefinitionsバインド可能なプロパティ。

ColumnProperty

添付プロパティのバインド可能なプロパティ Column

ColumnSpacingProperty

ColumnSpacingバインド可能なプロパティ。

ColumnSpanProperty

添付プロパティのバインド可能なプロパティ ColumnSpan

propertyMapper

ビューの内部 PropertyMapperを表します。

(継承元 View)
RowDefinitionsProperty

RowDefinitionsバインド可能なプロパティ。

RowProperty

添付プロパティのバインド可能なプロパティ Row

RowSpacingProperty

RowSpacingバインド可能なプロパティ。

RowSpanProperty

添付プロパティのバインド可能なプロパティ RowSpan

プロパティ

AnchorX

要素の境界を基準にして、変換操作の中心点の X コンポーネントを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
AnchorY

要素の境界を基準にして、変換操作の中心点の Y コンポーネントを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
AutomationId

自動化フレームワークがこの要素を見つけ、対話することを可能にする値を取得または設定します。

(継承元 Element)
Background

要素の背景を Brush 塗りつぶすために使用する を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
BackgroundColor

要素の背景を Color 塗りつぶす を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Batched

この要素に対してバッチ処理された変更が行われることを示す値を取得します。

(継承元 VisualElement)
Behaviors

この要素に関連付けられているオブジェクトの Behavior 一覧を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
BindingContext

この BindableObjectに属するバインドされたプロパティの対象となるプロパティを含むオブジェクトを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 BindableObject)
Bounds

デバイスに依存しない単位で 要素の境界を取得します。

(継承元 VisualElement)
CascadeInputTransparent

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
Children

Microsoft.Maui.Controls プラットフォームによる内部使用。

(継承元 Layout)
class

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 NavigableElement)
ClassId

意味的に同類の要素の集合を識別するために使用される値を取得または設定します。

(継承元 Element)
Clip

要素のクリッピング領域を指定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
ColumnDefinitions

Grid 内の列のレイアウトを制御する ColumnDefinition オブジェクトの順序付けられたコレクションを取得または設定するバインドされたプロパティにインターフェイスを提供します。

ColumnSpacing

Grid 内の列間のスペースの量を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

Count

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
DesiredSize

レイアウト処理の測定パスの実行中に、この要素が計算したサイズを取得します。

(継承元 VisualElement)
DisableLayout

この要素のレイアウトが無効になっていることを示す値を取得します。

(継承元 VisualElement)
Dispatcher

このバインド可能なオブジェクトが作成されたときに使用可能だったディスパッチャーを取得します。それ以外の場合は、使用可能な最も近いディスパッチャー (おそらくウィンドウ/アプリ) を検索しようとします。

(継承元 BindableObject)
EffectControlProvider

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
Effects

実行時に要素に適用されるスタイルとプロパティを取得または設定します。

(継承元 Element)
FlowDirection

レイアウトのフロー方向を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Frame

この要素が画面上に存在するフレームを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
GestureController

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
GestureRecognizers

このビューに関連付けられているジェスチャ レコグナイザーのコレクション。

(継承元 View)
Handler

この要素に関連付けられている を IViewHandler 取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Height

この要素の描画時の現在の高さを取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
HeightRequest

この要素の必要な高さオーバーライドを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
HorizontalOptions

要素が LayoutOptions レイアウト サイクルでどのようにレイアウトされるかを定義する を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 View)
Id

アプリケーションの実行中に要素を一意に識別するために使用できる値を取得します。

(継承元 Element)
IgnoreSafeArea

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
InputTransparent

ユーザーの操作中にこの要素がヒット テストに応答するかどうかを示す値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsClippedToBounds

レイアウトがその子を境界にクリップする必要があるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 Layout)
IsEnabled

この要素をユーザー インターフェイスで有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsEnabledCore

この値は、累積 IsEnabled 値を表します。 このプロパティをオーバーライドするすべての型は、値が変更される場合は RefreshIsEnabledProperty() メソッドも呼び出す必要があります。

(継承元 VisualElement)
IsFocused

この要素に現在フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsInPlatformLayout

この要素が現在プラットフォーム レイアウト サイクルを通過していることを示す値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
IsLoaded

要素がメイン オブジェクト ツリーに接続されているかどうかを示します。

(継承元 VisualElement)
IsPlatformEnabled

この要素のプラットフォームと同等の要素が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
IsPlatformStateConsistent

この要素がプラットフォームと同等の要素の状態と現在一致していることを示す値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
IsReadOnly

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IsVisible

この要素を画面上に表示し、レイアウトの領域を占有するかどうかを決定する値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Item[Int32]

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
LogicalChildren
古い.

Microsoft.Maui.Controls プラットフォームによる内部使用。

(継承元 Element)
Margin

ビューの余白を取得または設定します。

(継承元 View)
MaximumHeightRequest

レイアウト中に要素が要求する最大高さを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
MaximumWidthRequest

レイアウト中に要素が要求する最大幅を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
MinimumHeightRequest

レイアウト中に要素が要求する最小高さを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
MinimumWidthRequest

レイアウト中に要素が要求する最小幅を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Navigation

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 NavigableElement)
NavigationProxy

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 NavigableElement)
Opacity

描画時に要素に適用する不透明度値を取得または設定します。 この値の範囲は 0 ~ 1 です。この範囲外の値は、最も近い有効な値に設定されます。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Padding

レイアウトの内側のパディングを取得または設定します。

(継承元 Layout)
Parent

この要素の親 Element を取得または設定します。

(継承元 Element)
RealParent

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
Resources

ローカルのリソース ディクショナリを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Rotation

要素の描画時に、Z 軸を中心とする回転 (アフィン回転) (度単位) を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
RotationX

要素の描画時に、X 軸を中心とする回転 (パースペクティブ回転) (度単位) を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
RotationY

要素の描画時に、Y 軸を中心とする回転 (パースペクティブ回転) (度単位) を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
RowDefinitions

各行の高さを制御する RowDefinition オブジェクトのコレクションを取得または設定するバインドされたプロパティにインターフェイスを提供します。

RowSpacing

Grid 内の行間のスペースを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

Scale

要素に適用するスケール ファクターを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
ScaleX

X 方向に適用するスケールの値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
ScaleY

Y 方向に適用するスケールの値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Shadow

要素によってキャストされる影の効果を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Style

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 NavigableElement)
StyleClass

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 NavigableElement)
StyleId

要素を一意に識別するユーザー定義の値を取得または設定します。

(継承元 Element)
TranslationX

要素の X 変換差分を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
TranslationY

要素の Y 変換差分を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Triggers

この要素に関連付けられているオブジェクトの TriggerBase 一覧を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
VerticalOptions

要素が LayoutOptions レイアウト サイクルでどのようにレイアウトされるかを定義する を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 View)
Visual

要素の外観を IVisual オーバーライドする実装を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Width

この要素の現在の幅を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
WidthRequest

この要素の必要な幅オーバーライドを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Window

要素に Window 関連付けられている を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
X

この要素の現在の X 位置を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
Y

この要素の現在の Y 位置を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
ZIndex

レイアウト内の要素の前後の z インデックスを取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)

メソッド

Add(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
AddColumnDefinition(ColumnDefinition)

行と列にビューを配置するレイアウト。

AddLogicalChild(Element)

論理子に を Element 追加します。

(継承元 Element)
AddRowDefinition(RowDefinition)

行と列にビューを配置するレイアウト。

ApplyBindings()

現在のすべてのバインディングを に BindingContext適用します。

(継承元 BindableObject)
Arrange(Rect)

子オブジェクトを配置し、要素のサイズを決定します。

(継承元 VisualElement)
ArrangeOverride(Rect)

古いArrange(Rect)メソッドとの競合を回避するためにインターフェイスを明示的に実装する必要がある場合でも、サブクラスをオーバーライドArrange(Rect)できるようにします。

(継承元 VisualElement)
BatchBegin()

要素のプロパティに対する変更のバッチの開始を通知します。 これにより、より多くのプロパティ値が変更された場合にパフォーマンスが向上する可能性があります。

(継承元 VisualElement)
BatchCommit()

要素へのコマンドのバッチが終端に達したこと、およびこれらのコマンドを今コミットする必要があることを通知します。

(継承元 VisualElement)
ChangeVisualState()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
Clear()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
ClearLogicalChildren()

すべての子 Elementを削除します。

(継承元 Element)
ClearValue(BindableProperty)

バインド可能なプロパティに対して以前に設定された値をクリアします。

(継承元 BindableObject)
ClearValue(BindablePropertyKey)

バインド可能なプロパティに対して以前に設定された値をクリアします。その値は、そのキーによって識別されます。

(継承元 BindableObject)
CoerceValue(BindableProperty)

指定したバインド可能なプロパティの値を強制します。 これは、指定されたバインド可能なプロパティを BindableProperty.CoerceValueDelegate 呼び出すことによって行われます。

(継承元 BindableObject)
CoerceValue(BindablePropertyKey)

指定したバインド可能なプロパティの値を強制します。 これは、指定されたバインド可能なプロパティを BindableProperty.CoerceValueDelegate 呼び出すことによって行われます。

(継承元 BindableObject)
Contains(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
CopyTo(IView[], Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
CreateLayoutManager()

行と列にビューを配置するレイアウト。

CrossPlatformArrange(Rect)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
CrossPlatformMeasure(Double, Double)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
EffectIsAttached(String)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
FindByName(String)

指定した名前を持つ要素を返します。

(継承元 Element)
Focus()

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

(継承元 VisualElement)
GetChildElements(Point)

指定した の下に視覚的に配置された子要素を取得します point

(継承元 View)
GetColumn(BindableObject)

bindable 子要素の列を取得します。

GetColumn(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

GetColumnSpan(BindableObject)

bindable 子要素の列のスパンを取得します。

GetColumnSpan(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

GetEnumerator()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
GetRendererOverrides<T>()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
GetRow(BindableObject)

bindable 子要素の行を取得します。

GetRow(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

GetRowSpan(BindableObject)

bindable 子要素の行のスパンを取得します。

GetRowSpan(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

GetValue(BindableProperty)

指定されたバインド可能なプロパティに含まれる値を返します。

(継承元 BindableObject)
IndexOf(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
Insert(Int32, IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
InsertLogicalChild(Int32, Element)

指定した Element インデックス位置の論理子に を挿入します。

(継承元 Element)
InvalidateMeasure()

行と列にビューを配置するレイアウト。

InvalidateMeasureNonVirtual(InvalidationTrigger)

要素のメジャーを無効にします。

(継承元 VisualElement)
InvalidateMeasureOverride()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IsSet(BindableProperty)

バインド可能なプロパティが存在し、値が設定されているかどうかを判断します。

(継承元 BindableObject)
Layout(Rect)

レイアウト サイクル中に要素の境界を更新します。

(継承元 VisualElement)
Measure(Double, Double, MeasureFlags)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
MeasureOverride(Double, Double)

古い Measure メソッドとの競合を回避するためにインターフェイスを明示的に実装する必要がある場合でも、サブクラスをオーバーライド Measure(Double, Double, MeasureFlags) できるようにする方法を提供します。

(継承元 VisualElement)
OnAdd(Int32, IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

OnBindingContextChanged()

行と列にビューを配置するレイアウト。

OnChildAdded(Element)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 VisualElement)
OnChildRemoved(Element, Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 VisualElement)
OnChildrenReordered()

ChildrenReordered イベントを発生させます。

(継承元 VisualElement)
OnClear()

行と列にビューを配置するレイアウト。

OnHandlerChanged()

派生クラスでオーバーライドされた場合は、 イベントを HandlerChanged 発生させる必要があります。

(継承元 Element)
OnHandlerChanging(HandlerChangingEventArgs)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、 イベントを HandlerChanging 発生させる必要があります。

(継承元 Element)
OnInsert(Int32, IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

OnMeasure(Double, Double)

レイアウト測定が発生すると呼び出されるメソッド。

(継承元 VisualElement)
OnParentChanged()

派生クラスでオーバーライドされた場合は、 イベントを ParentChanged 発生させる必要があります。

(継承元 Element)
OnParentChanging(ParentChangingEventArgs)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、 イベントを ParentChanging 発生させる必要があります。

(継承元 Element)
OnParentSet()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 NavigableElement)
OnPropertyChanged(String)

バインドされたプロパティが変更されたときに呼び出されるメソッド。

(継承元 Element)
OnPropertyChanging(String)

PropertyChanging イベントを発生させます。

(継承元 BindableObject)
OnRemove(Int32, IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

OnSizeAllocated(Double, Double)

レイアウト サイクル中に要素のサイズが設定されたときに呼び出されるメソッド。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 VisualElement)
OnUpdate(Int32, IView, IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

PlatformSizeChanged()

この要素のサイズに対応するプラットフォーム要素が変更され、新しいレイアウト サイクルが必要になる可能性があることを通知します。

(継承元 VisualElement)
RefreshIsEnabledProperty()

何らかのイベントが発生し、プロパティの値が変更される場合は、常にこのメソッドを IsEnabledCore 呼び出す必要があります。

(継承元 VisualElement)
Remove(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
RemoveAt(Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
RemoveBinding(BindableProperty)

バインド可能なプロパティから、以前に設定したバインドを削除します。

(継承元 BindableObject)
RemoveDynamicResource(BindableProperty)

以前に設定された動的リソースを削除します。

(継承元 Element)
RemoveLogicalChild(Element)

論理子から特定 Element の の最初の出現箇所を削除します。

(継承元 Element)
SetBinding(BindableProperty, BindingBase)

バインド可能なプロパティにバインドを割り当てます。

(継承元 BindableObject)
SetColumn(BindableObject, Int32)

子要素が配置される列を変更します。

SetColumn(IView, Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetColumnSpan(BindableObject, Int32)

指定した子要素の列のスパンを変更します。

SetColumnSpan(IView, Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetDynamicResource(BindableProperty, String)

指定したキーを BindableProperty 使用して DynamicResource を使用して更新する、この要素の プロパティを設定します。

(継承元 Element)
SetRow(BindableObject, Int32)

子要素が配置される行を変更します。

SetRow(IView, Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetRowSpan(BindableObject, Int32)

指定した子要素の行のスパンを変更します。

SetRowSpan(IView, Int32)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetValue(BindableProperty, Object)

指定したバインド可能なプロパティの値を設定します。

(継承元 BindableObject)
SetValue(BindablePropertyKey, Object)

指定したバインド可能なプロパティの値を設定します。

(継承元 BindableObject)
SetValueCore(BindableProperty, Object, SetValueFlags)

Microsoft.Maui.Controls プラットフォームによる内部使用。

(継承元 BindableObject)
SetValueFromRenderer(BindableProperty, Object)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
SetValueFromRenderer(BindablePropertyKey, Object)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
SizeAllocated(Double, Double)

サブツリー レイアウトの開始を通知するためにレイアウト サイクル中に呼び出されるメソッド。

(継承元 VisualElement)
UnapplyBindings()

現在のコンテキストから現在のすべてのバインドを削除します。

(継承元 BindableObject)
Unfocus()

この要素にキーボード フォーカスを設定解除します。

(継承元 VisualElement)

イベント

BatchCommitted

プロパティ変更のバッチが を呼び出 BatchCommit()してコミットされたときに発生します。

(継承元 VisualElement)
BindingContextChanged

BindingContext プロパティの値が変化したときに発生します。

(継承元 BindableObject)
ChildAdded

子要素が 要素に追加されるたびに発生します。

(継承元 Element)
ChildRemoved

子要素が 要素から削除されるたびに発生します。

(継承元 Element)
ChildrenReordered

この要素の子の順序が変更されたときに発生します。

(継承元 VisualElement)
DescendantAdded

子要素が要素のサブツリーに追加されるたびに発生します。

(継承元 Element)
DescendantRemoved

子要素が要素サブツリーから削除されるたびに発生します。

(継承元 Element)
FocusChangeRequested
古い.

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 VisualElement)
Focused

この要素にフォーカスがある場合に発生します。

(継承元 VisualElement)
HandlerChanged

要素のハンドラーが変更されるたびに発生します。

(継承元 Element)
HandlerChanging

要素のハンドラーが変更を開始するたびに発生します。

(継承元 Element)
Loaded

要素が構築され、オブジェクト ツリーに追加されたときに発生します。

(継承元 VisualElement)
MeasureInvalidated

要素の現在のメジャーが無効になったときに発生します。

(継承元 VisualElement)
ParentChanged

要素の親が変更されるたびに発生します。

(継承元 Element)
ParentChanging

要素の が変更を開始するたびに発生します。

(継承元 Element)
PropertyChanged

プロパティ値が変更するときに発生します。

(継承元 BindableObject)
PropertyChanging

プロパティ値が変更されようとしている場合に発生します。

(継承元 BindableObject)
SizeChanged

要素のサイズが変更されたときに発生します。

(継承元 VisualElement)
Unfocused

この要素がフォーカスされていない場合に発生します。

(継承元 VisualElement)
Unloaded

要素がメイン オブジェクト ツリーに接続されなくなったときに発生します。

(継承元 VisualElement)

明示的なインターフェイスの実装

IBindableLayout.Children

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IContextFlyoutElement.ContextFlyout

ビューの を ContextFlyout 取得します。 メニュー ポップアップ、メニュー ポップアップ サブ項目、およびメニュー ポップアップ区切り記号をコンテキスト ポップアップに追加できます。

(継承元 Element)
IDynamicResourceHandler.SetDynamicResource(BindableProperty, String)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 BindableObject)
IEffectControlProvider.RegisterEffect(Effect)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Element)
IElement.Handler

要素のビュー ハンドラーを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
IElement.Parent

要素の親を取得します。

(継承元 Element)
IElementController.Descendants()

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
IElementController.LogicalChildren

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
IElementController.SetValueFromRenderer(BindableProperty, Object)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
IEnumerable.GetEnumerator()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IGestureController.CompositeGestureRecognizers

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
IGridLayout.ColumnDefinitions

行と列にビューを配置するレイアウト。

IGridLayout.RowDefinitions

行と列にビューを配置するレイアウト。

IHotReloadableView.Reload()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
IHotReloadableView.ReloadHandler

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
IHotReloadableView.TransferState(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
ILayout.ClipsToBounds

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
INameScope.RegisterName(String, Object)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
INameScope.UnregisterName(String)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 Element)
IPaddingElement.OnPaddingPropertyChanged(Thickness, Thickness)

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IPaddingElement.PaddingDefaultValueCreator()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IPropertyMapperView.GetPropertyMapperOverrides()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
IReplaceableView.ReplacedView

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 View)
IToolTipElement.ToolTip

ユーザーがビューにポインターを置いたときに、ビューの目的の簡単な説明を表示する小さな四角形のポップアップ ウィンドウを表します。

(継承元 Element)
IView.Arrange(Rect)

子要素を配置し、Element のサイズを決定します。

(継承元 VisualElement)
IView.Background

ビューの背景を塗りつぶすペイントを取得します。

(継承元 VisualElement)
IView.Clip

ビューの内容のアウトラインを定義するために使用されるパスを取得します。

(継承元 VisualElement)
IView.FlowDirection

UI 要素が目でスキャンされる方向

(継承元 VisualElement)
IView.Height

IView の指定した高さを取得します。

(継承元 VisualElement)
IView.HorizontalLayoutAlignment

コンテナー内でのこの要素の配置の水平方向の側面を決定します

(継承元 View)
IView.InvalidateArrange()

この View のレイアウトを無効にするために呼び出されるメソッド。

(継承元 VisualElement)
IView.InvalidateMeasure()

このビューの現在のメジャー値が無効になり、次のメジャー パス中に再計算する必要があることを通知します。

(継承元 VisualElement)
IView.IsFocused

このビューが現在フォーカスされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 VisualElement)
IView.Margin

Margin は、ビューと隣接するビュー間の距離を表します。

(継承元 View)
IView.MaximumHeight

0 から double までの IView の指定された最大高さ制約を取得します。PositiveInfinity。

(継承元 VisualElement)
IView.MaximumWidth

0 から double までの IView の指定された最大幅制約を取得します。PositiveInfinity。

(継承元 VisualElement)
IView.Measure(Double, Double)

ビューのサイズを更新します。

(継承元 VisualElement)
IView.MinimumHeight

0 から double までの IView の指定された最小高さ制約を取得します。PositiveInfinity。

(継承元 VisualElement)
IView.MinimumWidth

0 から double までの IView の指定された最小幅制約を取得します。PositiveInfinity。

(継承元 VisualElement)
IView.Semantics

アクセシビリティのためにすべてのビューにセマンティクスを追加します

(継承元 VisualElement)
IView.Shadow

ターゲット ビューの周囲に影を描画します。

(継承元 VisualElement)
IView.VerticalLayoutAlignment

コンテナー内でのこの要素の配置の垂直方向の側面を決定します

(継承元 View)
IView.Visibility

このビューをビジュアル ツリーの一部にするかどうかを決定する値を取得します。

(継承元 VisualElement)
IView.Width

IView の指定した幅を取得します。

(継承元 VisualElement)
IVisualElementController.EffectiveFlowDirection

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 VisualElement)
IVisualElementController.InvalidateMeasure(InvalidationTrigger)

.NET MAUI による内部使用の場合。

(継承元 VisualElement)
IVisualTreeElement.GetVisualChildren()

行と列にビューを配置するレイアウト。

(継承元 Layout)
IVisualTreeElement.GetVisualParent()

要素のビジュアルの親を取得します。

(継承元 Element)

拡張メソッド

AbortAnimation(IAnimatable, String)

アニメーションを停止します。

Animate(IAnimatable, String, Animation, UInt32, UInt32, Easing, Action<Double,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

Animate(IAnimatable, String, Action<Double>, Double, Double, UInt32, UInt32, Easing, Action<Double,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

Animate(IAnimatable, String, Action<Double>, UInt32, UInt32, Easing, Action<Double,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

Animate<T>(IAnimatable, String, Func<Double,T>, Action<T>, UInt32, UInt32, Easing, Action<T,Boolean>, Func<Boolean>, IAnimationManager)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

AnimateKinetic(IAnimatable, String, Func<Double,Double,Boolean>, Double, Double, Action, IAnimationManager)

指定のパラメーターを設定し、運動アニメーションを開始します。

AnimationIsRunning(IAnimatable, String)

handle で指定されたアニメーションが実行されているかどうかを示すブール値を返します。

Batch(IAnimatable)

行と列にビューを配置するレイアウト。

GetPropertyIfSet<T>(BindableObject, BindableProperty, T)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetAppTheme<T>(BindableObject, BindableProperty, T, T)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetAppThemeColor(BindableObject, BindableProperty, Color, Color)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetBinding(BindableObject, BindableProperty, String, BindingMode, IValueConverter, String)

プロパティにバインドを作成し、適用します。

Add(Grid, IView, Int32, Int32)

IViewGrid指定した列と行の行範囲が 1 で、列スパンが 1 の に を追加します。

Add(Grid, IView, Int32, Int32, Int32, Int32)
古い.

IViewGrid指定した行と列のスパンで に を追加します。

AddWithSpan(Grid, IView, Int32, Int32, Int32, Int32)

IView指定した行と列のGridスパンを持つ指定した行と列の に を追加します。

FindByName<T>(Element, String)

行と列にビューを配置するレイアウト。

CancelAnimations(VisualElement)

要素のすべてのアニメーション (、LayoutToTranslateToScaleToなど) をview中止します。

FadeTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

opacitylengtheasing パラメーターで表現されるフェードを実行するタスクを返します。

LayoutTo(VisualElement, Rect, UInt32, Easing) によって指定された の VisualElement 境界を、 パラメーターで view 指定された四角形に容易にするタスクを bounds 返します。
RelRotateTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElement をその現在のローテーションから drotation だけ回転させます。

RelScaleTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElement をその現在のスケールから dscale に変更するタスクを返します。

RotateTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

、、および パラメーターで記述されている によって指定された をローテーションVisualElementするタスクをrotationlengtheasing返します。view

RotateXTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

によって指定された view の X 軸VisualElementを傾斜させ、時間lengthを取って を使用easingするタスクを返します。rotation

RotateYTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

によって指定された view の Y 軸VisualElementを傾斜させ、時間lengthを取って を使用easingするタスクを返します。rotation

ScaleTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElement を絶対倍率 scale にスケールするタスクを返します。

ScaleXTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

によってview指定された の X 軸をVisualElement絶対スケール 係数 scaleにスケーリングするタスクを返します。

ScaleYTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

によってview指定された の Y 軸をVisualElement絶対スケール係数 scaleにスケーリングするタスクを返します。

TranslateTo(VisualElement, Double, Double, UInt32, Easing)

現在の値から新しい値に要素 TranslationXTranslationY プロパティをアニメーション化します。 これにより、入力レイアウトが視覚レイアウトと同じ位置になります。

HasVisualStateGroups(VisualElement)

element に 1 つまたは複数の表示状態グループが関連付けられている場合、true。 それ以外の場合、false を返します。

CheckHandlers(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

ComputeDesiredSize(IView, Double, Double)

行と列にビューを配置するレイアウト。

ComputeFrame(IView, Rect)

行と列にビューを配置するレイアウト。

ToHandler(IElement, IMauiContext)

行と列にビューを配置するレイアウト。

ToPlatform(IElement, IMauiContext)

行と列にビューを配置するレイアウト。

ToHandler(IView, IMauiContext)

行と列にビューを配置するレイアウト。

SetSemanticFocus(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

CaptureAsync(IView)

行と列にビューを配置するレイアウト。

GetVisualElementWindow(IVisualTreeElement)

要素が 1 つ内に含まれている場合は、Visual Tree 要素を含む Window を取得します。

GetVisualTreeDescendants(IVisualTreeElement)

特定の Visual Tree 要素の子の一覧として、子孫の階層全体を取得します。

GetVisualTreeElements(IVisualTreeElement, Point)

指定された Point に基づいて、ビジュアル ツリー要素の子の一覧を取得します。

GetVisualTreeElements(IVisualTreeElement, Rect)

四角形に基づく Visual Tree Elements の子の一覧を取得します。

GetVisualTreeElements(IVisualTreeElement, Double, Double)

指定された x、y 点に基づいて、Visual Tree Elements の子の一覧を取得します。

GetVisualTreeElements(IVisualTreeElement, Double, Double, Double, Double)

ピクセルではなくプラットフォーム単位で指定された座標で定義された四角形に基づいて、Visual Tree Elements の子の一覧を取得します。

適用対象