IDbDataAdapter インターフェイス

定義

DataSet にデータを格納し、データ ソースを更新するために使用されるコマンド関連プロパティのセットを表します。リレーショナル データベースにアクセスする .NET データ プロバイダーによって実装されます。

public interface class IDbDataAdapter : System::Data::IDataAdapter
public interface IDbDataAdapter : System.Data.IDataAdapter
type IDbDataAdapter = interface
    interface IDataAdapter
Public Interface IDbDataAdapter
Implements IDataAdapter
派生
実装

次の例では、派生クラスをSqlDataAdapter使用し、SqlCommandデータ SqlConnectionソースからレコードを選択します。 その後、塗りつぶし DataSet が返されます。 これを実現するために、メソッドには、初期化されたDataSet接続文字列、および Transact-SQL SELECT ステートメントであるクエリ文字列が渡されます。

private static DataSet SelectRows(DataSet dataset,
    string connectionString,string queryString)
{
    using (SqlConnection connection =
        new SqlConnection(connectionString))
    {
        SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter();
        adapter.SelectCommand = new SqlCommand(
            queryString, connection);
        adapter.Fill(dataset);
        return dataset;
    }
}
Public Function SelectRows( _
    ByVal dataSet As DataSet, ByVal connectionString As String, _
    ByVal queryString As String) As DataSet

    Using connection As New SqlConnection(connectionString)
        Dim adapter As New SqlDataAdapter()
        adapter.SelectCommand = New SqlCommand( _
            queryString, connection)
        adapter.Fill(dataSet)
        Return dataSet
    End Using
End Function

注釈

インターフェイスは IDbDataAdapter インターフェイスから IDataAdapter 継承され、オブジェクトはリレーショナル データベースで使用するように設計された DataAdapter を作成できます。 IDbDataAdapterインターフェイスと、必要に応じてユーティリティ クラスを使用すると、DbDataAdapter継承クラスで DataAdapter クラスを実装できます。これは、データ ソースと DataSet. DataAdapter クラスの詳細については、「 DataAdapter からの DataSet の設定」を参照してください。 .NET Framework データ プロバイダーの実装の詳細については、「.NET Framework Data Providerの実装」を参照してください。

アプリケーションはインターフェイスの IDbDataAdapter インスタンスを直接作成しませんが、継承 IDbDataAdapter するクラスのインスタンスを作成します DbDataAdapter

IDbDataAdapter を継承するクラスは、継承されたメンバーを実装し、通常は、プロバイダー固有の機能を追加するための追加メンバーを定義する必要があります。 たとえば、インターフェイスはIDbDataAdapterプロパティをSelectCommand定義しDbDataAdapter、インターフェイスはパラメーターとして受け取るメソッドをDataTable定義Fillします。 さらに、このクラスは OleDbDataAdapter プロパティとメソッドを SelectCommand 継承し、ADO Recordset オブジェクトを Fill パラメーターとして受け取るメソッドの Fill 2 つの追加オーバーロードも定義します。

注意 (実装者)

.NET Frameworkデータ プロバイダー間の一貫性を高めるために、継承クラスに DataAdapter という形式Prvで名前を付けます。これはPrv、特定の.NET Framework データ プロバイダー名前空間内のすべてのクラスに与えられる統一プレフィックスです。 たとえば、 Sql 名前空間内のクラスの SqlDataAdapter プレフィックスです System.Data.SqlClient

インターフェイスから IDbDataAdapter 継承する場合は、次のコンストラクターを実装する必要があります。

アイテム 説明
PrvDataAdapter() PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。
PrvDataAdapter(PrvCommand selectCommand) 指定したSQL SELECT ステートメントを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。
PrvDataAdapter(string selectCommandText, string selectConnectionString) SQL SELECT ステートメントと接続文字列を使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。
PrvDataAdapter(string selectCommandText, PrvConnection selectConnection) SQL SELECT ステートメントと PrvConnection オブジェクトを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

DeleteCommand

データ セットからレコードを削除する SQL ステートメントを取得または設定します。

InsertCommand

データ ソースに新しいレコードを挿入する SQL ステートメントを取得または設定します。

MissingMappingAction

割り当てられていないソース テーブルまたはソース列をソース名で渡して、フィルター処理するか、エラーを発生させるかどうかを指示または指定します。

(継承元 IDataAdapter)
MissingSchemaAction

存在しないソース テーブル、ソース列、それらのリレーションシップをデータセット スキーマに追加するか、無視するか、またはエラーを発生させるかを表示または指定します。

(継承元 IDataAdapter)
SelectCommand

データ ソース内のレコードを選択する SQL ステートメントを取得または設定します。

TableMappings

ソース テーブルをデータセット テーブルにマップする方法を示すコレクションを取得します。

(継承元 IDataAdapter)
UpdateCommand

データ ソース内のレコードを更新する SQL ステートメントを取得または設定します。

メソッド

Fill(DataSet)

DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataSet 内の行を追加または更新します。また、Table という名前の DataTable を作成します。

(継承元 IDataAdapter)
FillSchema(DataSet, SchemaType)

"Table" という名前の DataTable を指定された DataSet に追加し、指定された SchemaType に基づいて、データ ソースにあるスキーマと一致するようにスキーマを構成します。

(継承元 IDataAdapter)
GetFillParameters()

SQL SELECT ステートメントの実行時にユーザーが設定したパラメーターを取得します。

(継承元 IDataAdapter)
Update(DataSet)

指定された DataSet 内の Table という名前の DataTable に含まれる挿入行、更新行、または削除行に対して、INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に呼び出します。

(継承元 IDataAdapter)

適用対象