DbDataAdapter クラス

定義

IDbDataAdapter インターフェイスの実装を支援します。 DbDataAdapter の継承クラスは、厳密な型指定を行う関数のセットを実装しますが、DataAdapter を完全に実装するために必要な機能の大部分は継承します。

public ref class DbDataAdapter abstract : System::Data::Common::DataAdapter, ICloneable, System::Data::IDbDataAdapter
public ref class DbDataAdapter abstract : System::Data::Common::DataAdapter, ICloneable
public abstract class DbDataAdapter : System.Data.Common.DataAdapter, ICloneable, System.Data.IDbDataAdapter
public abstract class DbDataAdapter : System.Data.Common.DataAdapter, ICloneable
type DbDataAdapter = class
    inherit DataAdapter
    interface IDataAdapter
    interface IDbDataAdapter
    interface ICloneable
type DbDataAdapter = class
    inherit DataAdapter
    interface ICloneable
type DbDataAdapter = class
    inherit DataAdapter
    interface IDbDataAdapter
    interface IDataAdapter
    interface ICloneable
type DbDataAdapter = class
    inherit DataAdapter
    interface IDbDataAdapter
    interface ICloneable
    interface IDataAdapter
Public MustInherit Class DbDataAdapter
Inherits DataAdapter
Implements ICloneable, IDbDataAdapter
Public MustInherit Class DbDataAdapter
Inherits DataAdapter
Implements ICloneable
継承
派生
実装

注釈

クラスは DbDataAdapter クラスから DataAdapter 継承し、インターフェイスを IDbDataAdapter 実装します。 これは、リレーショナル データベースで使用するように設計された DataAdapter をクラスが実装するのに役立ちます。

アプリケーションは、クラスのインスタンスを DbDataAdapter 直接作成するのではなく、そのクラスから継承するクラスのインスタンスを作成します。

DbDataAdapter を継承するクラスは、継承されたメンバーを実装し、通常は、プロバイダー固有の機能を追加するための追加メンバーを定義する必要があります。 たとえば、クラスは DbDataAdapter プロパティを SelectCommand 定義し、クラスは DbDataAdapter メソッドの 8 つのオーバーロードを Fill 定義します。 さらに、このクラスは OleDbDataAdapter メソッドを Fill 継承し、ADO Recordset オブジェクトをパラメーターとして受け取る 2 つの追加オーバーロード Fill も定義します。

注意 (実装者)

クラスから DbDataAdapter 継承する場合は、次のコンストラクターを実装することをお勧めします。

Item 説明
*Prv* DataAdapter() PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。
*Prv* DataAdapter(*PrvCommand* *selectCommand*) 指定したSQL SELECT ステートメントを使用して *、PrvDataAdapter* クラスの新しいインスタンスを初期化します。
*Prv* DataAdapter(string *selectCommandText*, string *selectConnectionString*) SQL SELECT ステートメントと接続文字列を使用して *、PrvDataAdapter* クラスの新しいインスタンスを初期化します。
*Prv* DataAdapter(string *selectCommandText*, *PrvConnection* *selectConnection*) SQL SELECT ステートメントと *PrvConnection* オブジェクトを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

.NET Frameworkデータ プロバイダー間の整合性を高めるために、継承クラスに PrvDataAdapter という形式で名前を付ける必要があります。ここで、Prv は、特定の.NET Framework データ プロバイダー名前空間内のすべてのクラスに与えられる統一されたプレフィックスです。 たとえば、"Sql" は System.Data.SqlClient 名前空間のクラスのプレフィックスSqlDataAdapterです。

コンストラクター

DbDataAdapter()

DataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DbDataAdapter(DbDataAdapter)

同じ型の既存の DataAdapter オブジェクトからクラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

DefaultSourceTableName

DataAdapter オブジェクトがテーブル マップに使用する既定の名前。

プロパティ

AcceptChangesDuringFill

Fill 操作中に DataTableDataRow が追加された後で、その行に対して AcceptChanges() を呼び出すかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 DataAdapter)
AcceptChangesDuringUpdate

AcceptChanges()Update(DataSet) が呼び出されるかどうかを取得または設定します。

(継承元 DataAdapter)
CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Component)
Container

IContainer を含む Component を取得します。

(継承元 Component)
ContinueUpdateOnError

行の更新中にエラーが発生したときに、例外を生成するかどうかを指定する値を取得または設定します。

(継承元 DataAdapter)
DeleteCommand

データ セットからレコードを削除するコマンドを取得または設定します。

DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Component)
Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。

(継承元 Component)
FillCommandBehavior

データ アダプターにデータを読み込むコマンドの動作を取得または設定します。

FillLoadOption

アダプターが LoadOption から DataTable にデータを読み込む方法を決定する DbDataReader を取得または設定します。

(継承元 DataAdapter)
InsertCommand

データ ソースに新しいレコードを挿入するために使用するコマンドを取得または設定します。

MissingMappingAction

一致するテーブルまたは列が受信データに含まれていない場合に実行するアクションを決定します。

(継承元 DataAdapter)
MissingSchemaAction

既存の DataSet スキーマが受信データと一致しないときに実行するアクションを決定します。

(継承元 DataAdapter)
ReturnProviderSpecificTypes

Fill メソッドがプロバイダー固有の値、または共通の CLS 準拠の値のどちらを返すかを取得または設定します。

(継承元 DataAdapter)
SelectCommand

データ ソース内のレコードを選択するコマンドを取得または設定します。

Site

ComponentISite を取得または設定します。

(継承元 Component)
TableMappings

ソース テーブルと 1 つのテーブル間のプライマリ マッピングを提供するコレクションを DataTable取得します。

(継承元 DataAdapter)
UpdateBatchSize

バッチ処理サポートを有効にするかどうか、および、1 回のバッチで実行可能なコマンド数を指定する値を取得または設定します。

UpdateCommand

データ ソース内のレコードを更新するコマンドを取得または設定します。

メソッド

AddToBatch(IDbCommand)

IDbCommand を現在のバッチに追加します。

ClearBatch()

バッチからすべての IDbCommand オブジェクトを削除します。

CloneInternals()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この DataAdapter のインスタンスのコピーを作成します。

(継承元 DataAdapter)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateRowUpdatedEvent(DataRow, IDbCommand, StatementType, DataTableMapping)

RowUpdatedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

CreateRowUpdatingEvent(DataRow, IDbCommand, StatementType, DataTableMapping)

RowUpdatingEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

CreateTableMappings()

新しい DataTableMappingCollection を作成します。

(継承元 DataAdapter)
Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Component)
Dispose(Boolean)

DbDataAdapter によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
ExecuteBatch()

現在のバッチを実行します。

Fill(DataSet)

DataSet 内の行を追加または更新します。

Fill(DataSet, Int32, Int32, String)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。

Fill(DataSet, Int32, Int32, String, IDbCommand, CommandBehavior)

DataSet 名、ソース テーブル名、コマンド文字列、およびコマンド動作を使用して、データ ソース内の列と一致するように、DataSet 内の指定した範囲の行を追加または更新します。

Fill(DataSet, String)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の列と一致するように DataTable 内の行を追加または更新します。

Fill(DataSet, String, IDataReader, Int32, Int32)

DataSetDataTableIDataReader の名前を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataSet 内の指定した範囲の行を追加または更新します。

Fill(DataSet, String, IDataReader, Int32, Int32)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。

(継承元 DataAdapter)
Fill(DataTable)

DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。

Fill(DataTable, IDataReader)

指定した DataTableIDataReader の名前を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の行を追加または更新します。

Fill(DataTable, IDataReader)

DataTable 名と指定した DataTable を使用して、データ ソース内の行と一致するように、IDataReader 内の行を追加または更新します。

(継承元 DataAdapter)
Fill(DataTable, IDbCommand, CommandBehavior)

指定した DataTableDataTable、および IDbCommand を使用して、データ ソース内の行と一致するように、CommandBehavior 内の行を追加または更新します。

Fill(DataTable[], IDataReader, Int32, Int32)

データ ソース内の行と一致するように、DataTable オブジェクトのコレクション内の指定した範囲の行を追加または更新します。

(継承元 DataAdapter)
Fill(DataTable[], Int32, Int32, IDbCommand, CommandBehavior)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。

Fill(Int32, Int32, DataTable[])

1 つ以上 DataTable のオブジェクトの行を、指定したレコードから始まり、指定された最大レコード数まで取得するデータ ソース内の行と一致するように追加または更新します。

FillSchema(DataSet, SchemaType)

"Table" という名前の DataTable を指定された DataSet に追加し、指定された SchemaType に基づいて、データ ソースにあるスキーマと一致するようにスキーマを構成します。

FillSchema(DataSet, SchemaType, IDbCommand, String, CommandBehavior)

指定した DataTableDataSet を追加し、指定した SchemaType に基づいて、データ ソース内のスキーマと一致するようにスキーマを設定します。

FillSchema(DataSet, SchemaType, String)

指定した DataSetDataTable を追加し、指定した SchemaType および DataTable に基づいて、データ ソースにあるスキーマと一致するようにスキーマを構成します。

FillSchema(DataSet, SchemaType, String, IDataReader)

DataTable を指定した DataSet に追加します。

(継承元 DataAdapter)
FillSchema(DataTable, SchemaType)

指定された SchemaType に基づいて、指定された DataTable のスキーマを構成します。

FillSchema(DataTable, SchemaType, IDataReader)

DataTable を指定した DataSet に追加します。

(継承元 DataAdapter)
FillSchema(DataTable, SchemaType, IDbCommand, CommandBehavior)

指定した DataTable、コマンド文字列、および SchemaType 値に基づいて、指定した CommandBehavior のスキーマを設定します。

GetBatchedParameter(Int32, Int32)

現在のバッチのコマンドの 1 つから IDataParameter を返します。

GetBatchedRecordsAffected(Int32, Int32, Exception)

バッチ更新内の、個々の更新の試行に関する情報を返します。

GetFillParameters()

SQL SELECT ステートメントの実行時にユーザーが設定したパラメーターを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
HasTableMappings()

DataTableMappingCollection が作成されているかどうかを示します。

(継承元 DataAdapter)
InitializeBatching()

DbDataAdapter のバッチ処理を初期化します。

InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
OnFillError(FillErrorEventArgs)

FillError イベントを発生させます。

OnFillError(FillErrorEventArgs)

Fill 中にエラーが発生したときに呼び出されます。

(継承元 DataAdapter)
OnRowUpdated(RowUpdatedEventArgs)

.NET データ プロバイダーの RowUpdated イベントを発生させます。

OnRowUpdating(RowUpdatingEventArgs)

.NET データ プロバイダーの RowUpdating イベントを発生させます。

ResetFillLoadOption()

FillLoadOption を既定の状態にリセットし、Fill(DataSet)AcceptChangesDuringFill を受け入れるようにします。

(継承元 DataAdapter)
ShouldSerializeAcceptChangesDuringFill()

AcceptChangesDuringFill プロパティを永続化する必要があるかどうかを判断します。

(継承元 DataAdapter)
ShouldSerializeFillLoadOption()

FillLoadOption プロパティを永続化する必要があるかどうかを判断します。

(継承元 DataAdapter)
ShouldSerializeTableMappings()

1 つ以上の DataTableMapping オブジェクトが存在し、それらを永続化する必要があるかどうかを確認します。

(継承元 DataAdapter)
TerminateBatching()

DbDataAdapter のバッチ処理を終了します。

ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。 このメソッドはオーバーライドできません。

(継承元 Component)
Update(DataRow[])

指定した DataSet 内の配列での挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。

Update(DataRow[], DataTableMapping)

指定した DataRow オブジェクトの配列内の挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。

Update(DataSet)

指定した DataSet での挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。

Update(DataSet, String)

DataSet 内の指定した DataTable 名を持つ挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。

Update(DataTable)

指定した DataTable での挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。

events

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。

(継承元 Component)
FillError

格納操作中にエラーが発生したときに返されます。

FillError

格納操作中にエラーが発生したときに返されます。

(継承元 DataAdapter)

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()
互換性のために残されています。

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。

IDataAdapter.TableMappings

ソース テーブルをデータセット テーブルにマップする方法を示すコレクションを取得します。

(継承元 DataAdapter)
IDbDataAdapter.DeleteCommand

データ セットからレコードを削除する SQL ステートメントを取得または設定します。

IDbDataAdapter.InsertCommand

データ ソースに新しいレコードを挿入する SQL ステートメントを取得または設定します。

IDbDataAdapter.SelectCommand

データ ソース内のレコードを選択する SQL ステートメントを取得または設定します。

IDbDataAdapter.UpdateCommand

データ ソース内のレコードを更新する SQL ステートメントを取得または設定します。

適用対象

こちらもご覧ください