Debug.Fail メソッド

定義

エラー メッセージを出力します。

オーバーロード

Fail(String, String)

エラー メッセージと詳細エラー メッセージを出力します。

Fail(String)

指定されたエラー メッセージを出力します。

Fail(String, String)

エラー メッセージと詳細エラー メッセージを出力します。

public:
 static void Fail(System::String ^ message, System::String ^ detailMessage);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Fail (string message, string detailMessage);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Fail (string? message, string? detailMessage);
[<System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")>]
static member Fail : string * string -> unit
Public Shared Sub Fail (message As String, detailMessage As String)

パラメーター

message
String

出力するメッセージ。

detailMessage
String

出力する詳細メッセージ。

属性

次の例では、 メソッドを Fail 使用して、例外処理中にメッセージを出力します。

catch ( Exception^ e ) 
{
   #if defined(DEBUG)
   Debug::Fail( "Cannot find SpecialController, proceeding with StandardController", "Setting Controller to default value" );
   #endif
}
catch (Exception)
{
    Debug.Fail("Invalid value: " + value.ToString(),
       "Resetting value to newValue.");
    value = newValue;
}
Catch e As Exception
    Debug.Fail("Invalid value: " + value.ToString(), "Resetting value to newValue.")
    value = newValue
End Try

switch ステートメントで メソッドを使用 Fail することもできます。

   switch ( option )
   {
      case Option::First:
         result = 1.0;
         break;

      // Insert additional cases.
      
      default:
         #if defined(DEBUG)
         Debug::Fail( "Unknown Option" + option, "Result set to 1.0" );
         #endif
         result = 1.0;
         break;
   }
switch (option1)
{
    case MyOption.First:
        result = 1.0;
        break;

    // Insert additional cases.

    default:
        Debug.Fail("Unknown Option " + option1, "Result set to 1.0");
        result = 1.0;
        break;
}
Select Case option1
    Case MyOption.First
        result = 1.0
    
    ' Insert additional cases.
    Case Else
        Debug.Fail("Unknown Option " & option1, "Result set to 1.0")
        result = 1.0
End Select

注釈

既定の動作では、アプリケーションが DefaultTraceListener ユーザー インターフェイス モードで実行されているときにメッセージ ボックスにメッセージが出力され、コレクション内の TraceListener インスタンスに Listeners 出力されます。

注意

メッセージ ボックスの表示は、 の存在 DefaultTraceListenerによって異なります。 DefaultTraceListenerがコレクション内にないListeners場合、メッセージ ボックスは表示されません。 はDefaultTraceListenerclear>、remove、または プロパティ () で メソッドを呼び出すことによって削除<できます。<>ClearListenersSystem.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear()

この動作は、コレクションに を追加 TraceListener するか、コレクションから Listeners 削除することでカスタマイズできます。

こちらもご覧ください

適用対象

Fail(String)

指定されたエラー メッセージを出力します。

public:
 static void Fail(System::String ^ message);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Fail (string message);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Fail (string? message);
[<System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")>]
static member Fail : string -> unit
Public Shared Sub Fail (message As String)

パラメーター

message
String

出力するメッセージ。

属性

次の例では、 メソッドを Fail 使用して、例外処理中にメッセージを出力します。

catch ( Exception^ e ) 
{
   #if defined(DEBUG)
   Debug::Fail( "Unknown Option " + option + ", using the default." );
   #endif
}
catch (Exception)
{
    Debug.Fail("Unknown Option " + option + ", using the default.");
}
Catch e As Exception
    Debug.Fail("Unknown Option " + myOption1 + ", using the default.")
End Try

switch ステートメントで メソッドを使用 Fail することもできます。

   switch ( option )
   {
      case Option::First:
         result = 1.0;
         break;

      // Insert additional cases.
      
      default:
         #if defined(DEBUG)
         Debug::Fail( "Unknown Option" + option );
         #endif
         result = 1.0;
         break;
   }
switch (option)
{
    case Option.First:
        result = 1.0;
        break;

    // Insert additional cases.

    default:
        Debug.Fail("Unknown Option " + option);
        result = 1.0;
        break;
}
Select Case myOption1
    Case MyOption.First
        result = 1.0
    
    ' Insert additional cases.
    Case Else
        Debug.Fail(("Unknown Option " & myOption1.ToString))
        result = 1.0
End Select

注釈

既定の動作では、アプリケーションが DefaultTraceListener ユーザー インターフェイス モードで実行されているときにメッセージ ボックスにメッセージが出力され、コレクション内の TraceListener インスタンスに Listeners 出力されます。

注意

メッセージ ボックスの表示は、 の存在 DefaultTraceListenerによって異なります。 DefaultTraceListenerがコレクション内にないListeners場合、メッセージ ボックスは表示されません。 はDefaultTraceListenerclear>、remove、または プロパティ () で メソッドを呼び出すことによって削除<できます。<>ClearListenersSystem.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear()

この動作は、コレクションに を追加 TraceListener するか、コレクションから Listeners 削除することでカスタマイズできます。

こちらもご覧ください

適用対象