DiagnosticSource.StartActivity(Activity, Object) メソッド

定義

Activity を開始し、開始イベントを書き込みます。

public:
 System::Diagnostics::Activity ^ StartActivity(System::Diagnostics::Activity ^ activity, System::Object ^ args);
public System.Diagnostics.Activity StartActivity (System.Diagnostics.Activity activity, object? args);
public System.Diagnostics.Activity StartActivity (System.Diagnostics.Activity activity, object args);
member this.StartActivity : System.Diagnostics.Activity * obj -> System.Diagnostics.Activity
Public Function StartActivity (activity As Activity, args As Object) As Activity

パラメーター

activity
Activity

開始する Activity です。

args
Object

イベントのペイロードとして渡される値を表すオブジェクトです。

戻り値

Activity

チェーンで役立つために開始されたアクティビティです。

注釈

Activity 、論理演算、そのコンテキスト、および親関係を記述します。現在のは Activity 操作処理を流れます。

このメソッドは、指定された を開始し、指定 Activityされた のグローバル Activity.Current および Activity.Parent アクティビティを Activity保持し、新しい Activity が開始されたことをコンシューマーに通知します。 コンシューマーは、コンテキストの追加やテレメトリの拡張にアクセス Activity.Current できます。

プロデューサーは、ペイロード内のコンシューマーに追加の詳細を渡すことができます。

適用対象