FileVersionInfo.IsDebug プロパティ

定義

ファイルにデバッグ情報を格納するか、またはデバッグ機能を有効にしてファイルをコンパイルするかを指定する値を取得します。

public:
 property bool IsDebug { bool get(); };
public bool IsDebug { get; }
member this.IsDebug : bool
Public ReadOnly Property IsDebug As Boolean

プロパティ値

ファイルにデバッグ情報を格納する場合、またはデバッグ機能を有効にしてコンパイルする場合は true。それ以外の場合は false

次の例では、 を呼び出 GetVersionInfo してメモ帳の を FileVersionInfo 取得します。 その後、テキスト ボックスにブール値 IsDebug の状態が表示されます。 このコードは、 textBox1 がインスタンス化されていることを前提としています。

private:
    void GetIsDebug()
    {
        // Get the file version for the notepad.
        FileVersionInfo^ myFileVersionInfo =
            FileVersionInfo::GetVersionInfo( Environment::SystemDirectory + "\\Notepad.exe" );

        // Print whether the file contains debugging information.
        textBox1->Text = String::Concat( "File contains debugging information: ",
            myFileVersionInfo->IsDebug );
    }
private void GetIsDebug()
{
    // Get the file version for the notepad.
    FileVersionInfo myFileVersionInfo =
        FileVersionInfo.GetVersionInfo(Environment.SystemDirectory + "\\Notepad.exe");

    // Print whether the file contains debugging information.
    textBox1.Text = "File contains debugging information: " +
        myFileVersionInfo.IsDebug;
}
Private Sub GetIsDebug()
    ' Get the file version for the notepad.
    Dim myFileVersionInfo As FileVersionInfo = _
        FileVersionInfo.GetVersionInfo(Environment.SystemDirectory + "\Notepad.exe")
    
    ' Print whether the file contains debugging information.
    textBox1.Text = "File contains debugging information: " & myFileVersionInfo.IsDebug
End Sub

注釈

プロパティは FileVersionInfo 、ファイルに組み込まれているバージョン リソース情報に基づいています。 バージョン リソースは、多くの場合、.exeファイルや.dllファイルなどのバイナリ ファイルに組み込まれています。テキスト ファイルにはバージョン リソース情報がありません。

バージョン リソースは通常、Win32 リソース ファイルまたはアセンブリ属性で指定されます。 プロパティはIsDebug、Win32 リソース ファイル内のリソースからVERSIONINFO構築されたファイルのVS_FIXEDFILEINFOブロック内のフラグ値を反映VS_FF_DEBUGします。 Win32 リソース ファイルでバージョン リソースを指定する方法の詳細については、プラットフォーム SDK About Resource Files のトピックと VERSIONINFO Resource トピックのトピックを参照してください。

適用対象