Pen クラス

定義

直線および曲線の描画に使用するオブジェクトを定義します。 このクラスは継承できません。

public ref class Pen sealed : MarshalByRefObject, ICloneable, IDisposable
public sealed class Pen : MarshalByRefObject, ICloneable, IDisposable
type Pen = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface ICloneable
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class Pen
Inherits MarshalByRefObject
Implements ICloneable, IDisposable
継承
実装

次のコード例では、with a Pen Brush の構築と、プロパティを設定LineJoinする効果を示します。Pen

この例は、Windows フォームで使用するように設計されています。 フォームにコードを貼り付け、フォームのイベントをShowLineJoin処理するときにメソッドを呼び出し、次のようにPaintPaintEventArgs渡しますe

private:
   void ShowLineJoin( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create a new pen.
      Pen^ skyBluePen = gcnew Pen( Brushes::DeepSkyBlue );

      // Set the pen's width.
      skyBluePen->Width = 8.0F;

      // Set the LineJoin property.
      skyBluePen->LineJoin = System::Drawing::Drawing2D::LineJoin::Bevel;

      // Draw a rectangle.
      e->Graphics->DrawRectangle( skyBluePen, Rectangle(40,40,150,200) );

      //Dispose of the pen.
      delete skyBluePen;
   }
private void ShowLineJoin(PaintEventArgs e)
{

    // Create a new pen.
    Pen skyBluePen = new Pen(Brushes.DeepSkyBlue);

    // Set the pen's width.
    skyBluePen.Width = 8.0F;

    // Set the LineJoin property.
    skyBluePen.LineJoin = System.Drawing.Drawing2D.LineJoin.Bevel;

    // Draw a rectangle.
    e.Graphics.DrawRectangle(skyBluePen, 
        new Rectangle(40, 40, 150, 200));

    //Dispose of the pen.
    skyBluePen.Dispose();
}
Private Sub ShowLineJoin(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create a new pen.
    Dim skyBluePen As New Pen(Brushes.DeepSkyBlue)

    ' Set the pen's width.
    skyBluePen.Width = 8.0F

    ' Set the LineJoin property.
    skyBluePen.LineJoin = Drawing2D.LineJoin.Bevel

    ' Draw a rectangle.
    e.Graphics.DrawRectangle(skyBluePen, _
        New Rectangle(40, 40, 150, 200))

    'Dispose of the pen.
    skyBluePen.Dispose()

End Sub

注釈

指定 Pen した幅とスタイルの線を描画します。 このプロパティを DashStyle 使用して、複数の種類の破線を描画します。 a によって描画される Pen 線は、ソリッド カラーやテクスチャなど、さまざまな塗りつぶしスタイルで塗りつぶすことができます。 塗りつぶしのスタイルは、塗りつぶしオブジェクトとして使用されるブラシまたはテクスチャによって異なります。

注意

.net 6 以降のバージョンでは、この種類が含まれている、一般的なパッケージは、Windows オペレーティングシステムでのみサポートされています。 クロスプラットフォームアプリでこの型を使用すると、コンパイル時の警告と実行時例外が発生します。 詳細については、「system.string」を参照してください。 Windows でのみサポートされています。

コンストラクター

Pen(Brush)

Pen を指定して、Brush クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Pen(Brush, Single)

指定された PenBrush を使用して、Width クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Pen(Color)

指定した色を使用して、Pen クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Pen(Color, Single)

指定の Color プロパティと Width プロパティで Pen クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Alignment

Pen の配置を取得または設定します。

Brush

この Pen の属性を決定する Brush を取得または設定します。

Color

この Pen の色を取得または設定します。

CompoundArray

複合ペンを指定する値の配列を取得または設定します。 複合ペンでは、平行線と空白で構成される複合直線を描画します。

CustomEndCap

この Pen で描画された直線の終点で使用する、カスタム キャップを取得または設定します。

CustomStartCap

この Pen で描画された直線の始点で使用する、カスタム キャップを取得または設定します。

DashCap

この Pen で描画された破線で構成されるダッシュの終点で使用する、キャップ スタイルを取得または設定します。

DashOffset

直線の始点からダッシュ パターンの始点までの距離を取得または設定します。

DashPattern

カスタム ダッシュと空白の配列を取得または設定します。

DashStyle

この Pen で描画される破線で使用されるスタイルを取得または設定します。

EndCap

この Pen で描画された直線の終点で使用する、キャップ スタイルを取得または設定します。

LineJoin

この Pen で描画された連続する 2 本の直線の終点の接合スタイルを取得または設定します。

MiterLimit

マイター隅の接合部の太さの限度を取得または設定します。

PenType

この Pen で描画される直線のスタイルを取得します。

StartCap

この Pen で描画された直線の始点で使用する、キャップ スタイルを取得または設定します。

Transform

この Pen のジオメトリック変換のコピーを取得または設定します。

Width

この Pen の幅を、描画に使用される Graphics オブジェクトの単位で取得または設定します。

メソッド

Clone()

この Pen の同一コピーを作成します。

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

この Pen によって使用されているすべてのリソースを解放します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Finalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MultiplyTransform(Matrix)

この Pen の変換行列と指定の Matrix を乗算します。

MultiplyTransform(Matrix, MatrixOrder)

この Pen の変換行列と指定の Matrix を指定の順序で乗算します。

ResetTransform()

対象の Pen のジオメトリック変換行列を単位行列にリセットします。

RotateTransform(Single)

指定した角度だけローカル ジオメトリック変換を回転します。 このメソッドは変換の前に回転を行います。

RotateTransform(Single, MatrixOrder)

指定した順序で、指定した角度だけローカル ジオメトリック変換を回転します。

ScaleTransform(Single, Single)

指定した係数だけローカル ジオメトリック変換をスケーリングします。 このメソッドは変換の前にスケーリング行列を適用します。

ScaleTransform(Single, Single, MatrixOrder)

指定した順序で、指定した係数だけローカル ジオメトリック変換をスケーリングします。

SetLineCap(LineCap, LineCap, DashCap)

この Pen で描画する直線を終了させるとき、使用されるキャップのスタイルを決定する値を設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TranslateTransform(Single, Single)

指定した寸法でローカル ジオメトリック変換を平行移動します。 このメソッドは変換の前に平行移動を行います。

TranslateTransform(Single, Single, MatrixOrder)

指定した順序で、指定した寸法だけローカル ジオメトリック変換を平行移動します。

適用対象