WebClient.UploadDataAsync メソッド

定義

URI で識別されたリソースへデータ バッファーをアップロードします。 このメソッドは、呼び出し元のスレッドをブロックしません。

オーバーロード

UploadDataAsync(Uri, String, Byte[])

指定されたメソッドを使用して、URI で指定されたリソースにデータ バッファーをアップロードします。 このメソッドは、呼び出し元のスレッドをブロックしません。

UploadDataAsync(Uri, String, Byte[], Object)

指定されたメソッドと識別トークンを使用して、URI で指定されたリソースにデータ バッファーをアップロードします。

UploadDataAsync(Uri, Byte[])

POST メソッドを使用して、URI で識別されたリソースにデータ バッファーをアップロードします。 このメソッドは、呼び出し元のスレッドをブロックしません。

UploadDataAsync(Uri, String, Byte[])

指定されたメソッドを使用して、URI で指定されたリソースにデータ バッファーをアップロードします。 このメソッドは、呼び出し元のスレッドをブロックしません。

public:
 void UploadDataAsync(Uri ^ address, System::String ^ method, cli::array <System::Byte> ^ data);
public void UploadDataAsync (Uri address, string? method, byte[] data);
public void UploadDataAsync (Uri address, string method, byte[] data);
member this.UploadDataAsync : Uri * string * byte[] -> unit
Public Sub UploadDataAsync (address As Uri, method As String, data As Byte())

パラメーター

address
Uri

データを受信するリソースの URI。

method
String

リソースにデータを送信するために使用するメソッド。 null の場合、http の既定値は POST、ftp の既定値は STOR です。

data
Byte[]

リソースに送信するデータ バッファー。

例外

address パラメーターが null です。

BaseAddress および address を組み合わせて形成された URI が無効です。

- または -

ストリームのオープン中にエラーが発生しました。

- または -

リソースをホストしているサーバーから応答がありませんでした。

注釈

このメソッドは、データ バッファーをリソースに送信します。 データ バッファーは、スレッド プールから自動的に割り当てられるスレッド リソースを使用して非同期的に送信されます。 データはエンコードされません。 データのアップロードが完了したときに通知を受信するには、イベント にイベント ハンドラーを UploadDataCompleted 追加します。

このメソッドは、データの送信中に呼び出し元のスレッドをブロックしません。 サーバーの応答を待機している間にデータとブロックを送信するには、いずれかのメソッドを UploadData 使用します。

.NET Framework および .NET Core 1.0 では、 メソッドを呼び出すことで、完了していない非同期操作をCancelAsync取り消すことができます。

プロパティが空の BaseAddress 文字列 ("") address ではなく、絶対 URI を含まない場合は、 address と組み合わせて BaseAddress 、要求されたデータの絶対 URI を形成する相対 URI である必要があります。 プロパティが空の QueryString 文字列でない場合は、 に address追加されます。

Note

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースが有効にされている場合にトレース情報を出力します。 詳細については、「.NET Frameworkのネットワーク トレース」を参照してください。

適用対象

UploadDataAsync(Uri, String, Byte[], Object)

指定されたメソッドと識別トークンを使用して、URI で指定されたリソースにデータ バッファーをアップロードします。

public:
 void UploadDataAsync(Uri ^ address, System::String ^ method, cli::array <System::Byte> ^ data, System::Object ^ userToken);
public void UploadDataAsync (Uri address, string? method, byte[] data, object? userToken);
public void UploadDataAsync (Uri address, string method, byte[] data, object userToken);
member this.UploadDataAsync : Uri * string * byte[] * obj -> unit
Public Sub UploadDataAsync (address As Uri, method As String, data As Byte(), userToken As Object)

パラメーター

address
Uri

データを受信するリソースの URI。

method
String

リソースにデータを送信するために使用するメソッド。 null の場合、http の既定値は POST、ftp の既定値は STOR です。

data
Byte[]

リソースに送信するデータ バッファー。

userToken
Object

非同期操作の完了時に呼び出されるメソッドに渡されるユーザー定義のオブジェクト。

例外

address パラメーターが null です。

BaseAddress および address を組み合わせて形成された URI が無効です。

- または -

ストリームのオープン中にエラーが発生しました。

- または -

リソースをホストしているサーバーから応答がありませんでした。

注釈

このメソッドは、データ バッファーをリソースに送信します。 データ バッファーは、スレッド プールから自動的に割り当てられるスレッド リソースを使用して非同期的に送信されます。 データはエンコードされません。 データのアップロードが完了したときに通知を受信するには、イベント にイベント ハンドラーを UploadDataCompleted 追加します。

このメソッドは、データの送信中に呼び出し元のスレッドをブロックしません。 サーバーの応答を待機している間にデータとブロックを送信するには、いずれかのメソッドを UploadData 使用します。

.NET Framework および .NET Core 1.0 では、 メソッドを呼び出すことで、完了していない非同期操作をCancelAsync取り消すことができます。

プロパティが空の BaseAddress 文字列 ("") address ではなく、絶対 URI を含まない場合は、 address と組み合わせて BaseAddress 、要求されたデータの絶対 URI を形成する相対 URI である必要があります。 プロパティが空の QueryString 文字列でない場合は、 に address追加されます。

Note

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースが有効にされている場合にトレース情報を出力します。 詳細については、「.NET Frameworkのネットワーク トレース」を参照してください。

適用対象

UploadDataAsync(Uri, Byte[])

POST メソッドを使用して、URI で識別されたリソースにデータ バッファーをアップロードします。 このメソッドは、呼び出し元のスレッドをブロックしません。

public:
 void UploadDataAsync(Uri ^ address, cli::array <System::Byte> ^ data);
public void UploadDataAsync (Uri address, byte[] data);
member this.UploadDataAsync : Uri * byte[] -> unit
Public Sub UploadDataAsync (address As Uri, data As Byte())

パラメーター

address
Uri

データを受信するリソースの URI。

data
Byte[]

リソースに送信するデータ バッファー。

例外

address パラメーターが null です。

BaseAddress および address を組み合わせて形成された URI が無効です。

- または -

ストリームのオープン中にエラーが発生しました。

- または -

リソースをホストしているサーバーから応答がありませんでした。

注釈

このメソッドは、データ バッファーをリソースに送信します。 データ バッファーは、スレッド プールから自動的に割り当てられるスレッド リソースを使用して非同期的に送信されます。 データはエンコードされません。 データのアップロードが完了したときに通知を受信するには、イベント にイベント ハンドラーを UploadDataCompleted 追加します。

このメソッドは、データの送信中に呼び出し元のスレッドをブロックしません。 サーバーの応答を待機している間にデータとブロックを送信するには、いずれかのメソッドを UploadData 使用します。

.NET Framework および .NET Core 1.0 では、 メソッドを呼び出すことで、完了していない非同期操作をCancelAsync取り消すことができます。

プロパティが空の BaseAddress 文字列 ("") address ではなく、絶対 URI を含まない場合は、 address と組み合わせて BaseAddress 、要求されたデータの絶対 URI を形成する相対 URI である必要があります。 プロパティが空の QueryString 文字列でない場合は、 に address追加されます。

このメソッドは、STOR コマンドを使用して FTP リソースをアップロードします。 HTTP リソースの場合は、POST メソッドが使用されます。

Note

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースが有効にされている場合にトレース情報を出力します。 詳細については、「.NET Frameworkのネットワーク トレース」を参照してください。

適用対象