Uri.EscapeDataString(String) メソッド

定義

文字列をエスケープ表現に変換します。

public:
 static System::String ^ EscapeDataString(System::String ^ stringToEscape);
public static string EscapeDataString (string stringToEscape);
static member EscapeDataString : string -> string
Public Shared Function EscapeDataString (stringToEscape As String) As String

パラメーター

stringToEscape
String

エスケープする文字列。

戻り値

String

stringToEscape のエスケープ表現。

例外

stringToEscapenullです。

注意: Windows ストア アプリ用 .NET またはポータブル クラス ライブラリでは、基本クラスの例外である FormatException を代わりにキャッチします。

stringToEscape の長さが 32766 文字を超えています。

注釈

既定では、 メソッドは EscapeDataString RFC 2396 の予約されていない文字を除くすべての文字を 16 進数表現に変換します。 国際リソース識別子 (IRI) または国際化ドメイン名 (IDN) の解析が有効になっている場合、 EscapeDataString メソッドは RFC 3986 の予約されていない文字を除くすべての文字を 16 進数表現に変換します。 すべての Unicode 文字は、エスケープされる前に UTF-8 形式に変換されます。

このメソッドは、 に stringToEscape エスケープ シーケンスがないことを前提としています。

既定では、文字列は RFC 2396 に従ってエスケープされます。 国際リソース識別子 (IRI) または国際化ドメイン名 (IDN) の解析が有効になっている場合、文字列は RFC 3986 および RFC 3987 に従ってエスケープされます。 予約文字と予約されていない文字の定義については、次の RFC を参照してください。

IRI サポートの詳細については、 クラスの「解説」セクションを Uri 参照してください。

適用対象