Share via


unsafe (C# リファレンス)

unsafe キーワードは、ポインターに関連するすべての操作に必要な、unsafe コンテキストを示します。 詳細については、「アンセーフ コードとポインター」を参照してください。

unsafe 修飾子は、型またはメンバーの宣言で使用できます。 そのため、型やメンバーの全体的なテキスト範囲が unsafe コンテキストと見なされます。 たとえば、次に示すのは、unsafe 修飾子を使用して宣言されたメソッドです。

unsafe static void FastCopy(byte[] src, byte[] dst, int count)
{
    // Unsafe context: can use pointers here.
}

unsafe コンテキストのスコープはパラメーター リストからメソッドの末尾までなので、ポインターはパラメーター リストでも使用できます。

unsafe static void FastCopy ( byte* ps, byte* pd, int count ) {...}

また、unsafe ブロックを使用して、そのブロック内で unsafe コードを使用できるようにすることもできます。 次に例を示します。

unsafe
{
    // Unsafe context: can use pointers here.
}

アンセーフ コードをコンパイルするには、AllowUnsafeBlocks コンパイラ オプションを指定する必要があります。 unsafe コードは、共通言語ランタイムでは検証できません。

// compile with: -unsafe
class UnsafeTest
{
    // Unsafe method: takes pointer to int.
    unsafe static void SquarePtrParam(int* p)
    {
        *p *= *p;
    }

    unsafe static void Main()
    {
        int i = 5;
        // Unsafe method: uses address-of operator (&).
        SquarePtrParam(&i);
        Console.WriteLine(i);
    }
}
// Output: 25

C# 言語仕様

詳細については、「C# 言語の仕様」のアンセーフ コードに関するセクションを参照してください。 言語仕様は、C# の構文と使用法に関する信頼性のある情報源です。

関連項目