Share via


DataAdapter パラメーター

DbDataAdapter には 4 つのプロパティがあり、データ ソースからデータを取得したりデータ ソースのデータを更新したりするために使用されます。SelectCommand プロパティは、データ ソースのデータを返します。InsertCommandUpdateCommand、および DeleteCommand の各プロパティは、データ ソースの変更を管理するために使用されます。 SelectCommand プロパティは、FillDataAdapter メソッドを呼び出す前に設定しておく必要があります。 InsertCommandUpdateCommandDeleteCommand の各プロパティは、Update 内のデータに加えられた変更に応じて、DataAdapterDataTable メソッドを呼び出す前に設定する必要があります。 たとえば、行が追加された場合には、InsertCommand を呼び出す前に Update を設定する必要があります。 Update によって挿入行、更新行、または削除行が処理されるとき、DataAdapter でそれぞれの Command プロパティが使用され、アクションが処理されます。 変更された行に関する現在の情報が Command コレクションを経由して Parameters オブジェクトに渡されます。

データ ソースの行を更新するときは、一意識別子を使用してテーブル内の更新する列を識別する UPDATE ステートメントを呼び出します。 一意識別子は、一般には主キー フィールドの値です。 UPDATE ステートメントでは、次の Transact-SQL ステートメントに示すように、一意識別子と更新する列および値の両方を含むパラメーターを使用します。

UPDATE Customers SET CompanyName = @CompanyName
  WHERE CustomerID = @CustomerID  

Note

パラメーターのプレースホルダーの構文はデータ ソースに依存します。 次に、SQL Server のデータ ソースのプレースホルダーの例を示します。 System.Data.OleDb パラメーターおよび System.Data.Odbc パラメーターのプレースホルダーとして、疑問符 (?) を使用します。

この Visual Basic の例では、CustomerID@CustomerID パラメーターの値と等しい行の @CompanyName パラメーターの値で CompanyName フィールドが更新されます。 これらのパラメーターでは、SqlParameter オブジェクトの SourceColumn プロパティを使用して、変更された行から情報が取得されます。 前のサンプル UPDATE ステートメントのパラメーターを次に示します。 このコードは、変数 adapter が有効な SqlDataAdapter オブジェクトを表すことを前提としています。

adapter.Parameters.Add( _  
  "@CompanyName", SqlDbType.NChar, 15, "CompanyName")  
Dim parameter As SqlParameter = _  
  adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@CustomerID", _  
  SqlDbType.NChar, 5, "CustomerID")  
parameter.SourceVersion = DataRowVersion.Original  

Parameters コレクションの Add メソッドは、パラメーター名、データ型、サイズ (その型に適用可能な場合)、および SourceColumn の名前を DataTable から受け取ります。 SourceVersion パラメーターの @CustomerIDOriginal に設定されることに注意してください。 この設定により、変更された DataRow で 1 つまたは複数の識別列の値が変更されている場合に、データ ソース内の既存の行が確実に更新されます。 識別列の値が変更されている場合、Original 行の値がデータ ソースの現在の値と一致し、Current 行の値に更新済みの値が格納されます。 SourceVersion パラメーターの @CompanyName は設定されていないため、既定値である Current の行の値が使用されます。

Note

DataAdapterFill 操作と DataReaderGet メソッドのどちらの場合も、.NET Framework の型は .NET Framework データ プロバイダーから返された型から推論されます。 Microsoft SQL Server、OLE DB、および ODBC のデータ型から推論される .NET Framework の型およびアクセサー メソッドについては、「ADO.NET でのデータ型のマッピング」を参照してください。

Parameter.SourceColumn、Parameter.SourceVersion

SourceColumn および SourceVersion が、引数として Parameter コンストラクターに渡されるか、既存の Parameter のプロパティとして設定されます。 SourceColumn は、DataColumn の値の取得先である DataRowParameter の名前です。 SourceVersion により、DataRow で値の取得に使用される DataAdapter のバージョンを指定します。

DataRowVersion で使用できる SourceVersion 列挙型の値を次の表に示します。

DataRowVersion 列挙定数 説明
Current このパラメーターは列の現在の値を使用します。 既定値です。
Default このパラメーターには列の DefaultValue を使用します。
Original このパラメーターは列の元の値を使用します。
Proposed このパラメーターは提示された値を使用します。

次のセクションの SqlClient コード サンプルでは、UpdateCommand 列を 2 つのパラメーター CustomerID (SourceColumn) および @CustomerID (SET CustomerID = @CustomerID) の @OldCustomerID として使用する WHERE CustomerID = @OldCustomerID のパラメーターを定義します。 @CustomerID パラメーターを使用して、CustomerID 列を DataRow の現在の値に更新します。 そのため、SourceVersionCurrent である CustomerIDSourceColumn が使用されます。 @OldCustomerID パラメーターは、データ ソースの現在の行を識別するために使用されています。 一致する列の値がその行の Original バージョンで見つかったため、SourceColumnCustomerID である同じ SourceVersion (Original) が使用されます。

SqlClient パラメーターの使用

次のコード サンプルでは、データベースから追加のスキーマ情報を取得するために SqlDataAdapter を作成し、MissingSchemaActionAddWithKey に設定する方法を示します。 SelectCommand プロパティ、InsertCommand プロパティ、UpdateCommand プロパティ、および DeleteCommand プロパティが設定され、各プロパティに対応する SqlParameter オブジェクトが Parameters コレクションに追加されます。 このメソッドは SqlDataAdapter オブジェクトを返します。

public static SqlDataAdapter CreateSqlDataAdapter(SqlConnection connection)
{
    SqlDataAdapter adapter = new()
    {
        MissingSchemaAction = MissingSchemaAction.AddWithKey,

        // Create the commands.
        SelectCommand = new SqlCommand(
        "SELECT CustomerID, CompanyName FROM CUSTOMERS", connection),
        InsertCommand = new SqlCommand(
        "INSERT INTO Customers (CustomerID, CompanyName) " +
        "VALUES (@CustomerID, @CompanyName)", connection),
        UpdateCommand = new SqlCommand(
        "UPDATE Customers SET CustomerID = @CustomerID, CompanyName = @CompanyName " +
        "WHERE CustomerID = @oldCustomerID", connection),
        DeleteCommand = new SqlCommand(
        "DELETE FROM Customers WHERE CustomerID = @CustomerID", connection)
    };

    // Create the parameters.
    adapter.InsertCommand.Parameters.Add("@CustomerID",
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID");
    adapter.InsertCommand.Parameters.Add("@CompanyName",
        SqlDbType.VarChar, 40, "CompanyName");

    adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@CustomerID",
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID");
    adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@CompanyName",
        SqlDbType.VarChar, 40, "CompanyName");
    adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@oldCustomerID",
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID").SourceVersion =
        DataRowVersion.Original;

    adapter.DeleteCommand.Parameters.Add("@CustomerID",
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID").SourceVersion =
        DataRowVersion.Original;

    return adapter;
}
Public Function CreateSqlDataAdapter( _
    ByVal connection As SqlConnection) As SqlDataAdapter

    Dim adapter As New SqlDataAdapter()
    adapter.MissingSchemaAction = MissingSchemaAction.AddWithKey

    ' Create the commands.
    adapter.SelectCommand = New SqlCommand( _
        "SELECT CustomerID, CompanyName FROM CUSTOMERS", connection)
    adapter.InsertCommand = New SqlCommand( _
        "INSERT INTO Customers (CustomerID, CompanyName) " & _
         "VALUES (@CustomerID, @CompanyName)", connection)
    adapter.UpdateCommand = New SqlCommand( _
        "UPDATE Customers SET CustomerID = @CustomerID, CompanyName = " & _
        "@CompanyName WHERE CustomerID = @oldCustomerID", connection)
    adapter.DeleteCommand = New SqlCommand( _
        "DELETE FROM Customers WHERE CustomerID = @CustomerID", connection)

    ' Create the parameters.
    adapter.InsertCommand.Parameters.Add("@CustomerID", _
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID")
    adapter.InsertCommand.Parameters.Add("@CompanyName", _
        SqlDbType.VarChar, 40, "CompanyName")

    adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@CustomerID", _
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID")
    adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@CompanyName", _
        SqlDbType.VarChar, 40, "CompanyName")
    adapter.UpdateCommand.Parameters.Add("@oldCustomerID", _
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID").SourceVersion = _
        DataRowVersion.Original

    adapter.DeleteCommand.Parameters.Add("@CustomerID", _
        SqlDbType.Char, 5, "CustomerID").SourceVersion = _
        DataRowVersion.Original

    Return adapter
End Function

OleDb パラメーターのプレースホルダー

OleDbDataAdapter オブジェクトと OdbcDataAdapter オブジェクトの場合は、疑問符 (?) のプレースホルダーを使用してパラメーターを特定する必要があります。

Dim selectSQL As String = _  
  "SELECT CustomerID, CompanyName FROM Customers " & _  
  "WHERE CountryRegion = ? AND City = ?"  
Dim insertSQL AS String = _  
  "INSERT INTO Customers (CustomerID, CompanyName) VALUES (?, ?)"  
Dim updateSQL AS String = _  
  "UPDATE Customers SET CustomerID = ?, CompanyName = ? " & _  
  WHERE CustomerID = ?"  
Dim deleteSQL As String = "DELETE FROM Customers WHERE CustomerID = ?"  
string selectSQL =
  "SELECT CustomerID, CompanyName FROM Customers " +  
  "WHERE CountryRegion = ? AND City = ?";  
string insertSQL =
  "INSERT INTO Customers (CustomerID, CompanyName) " +  
  "VALUES (?, ?)";  
string updateSQL =
  "UPDATE Customers SET CustomerID = ?, CompanyName = ? " +  
  "WHERE CustomerID = ? ";  
string deleteSQL = "DELETE FROM Customers WHERE CustomerID = ?";  

パラメーターとして使用されるクエリ ステートメントは、作成する必要のある入力パラメーターおよび出力パラメーターを定義します。 パラメーターを作成するには、Parameters.Add メソッドまたは Parameter コンストラクターを使用して、列名、データ型、およびサイズを指定します。 Integer などの組み込みのデータ型の場合は、サイズを指定する必要はありません。サイズを指定する場合、既定のサイズを指定することになります。

次のコード サンプルでは、SQL ステートメントのパラメーターを作成した後、DataSet にデータを格納します。

OleDb の例

' Assumes that connection is a valid OleDbConnection object.  
Dim adapter As OleDbDataAdapter = New OleDbDataAdapter
  
Dim selectCMD AS OleDbCommand = New OleDbCommand(selectSQL, connection)  
adapter.SelectCommand = selectCMD  
  
' Add parameters and set values.  
selectCMD.Parameters.Add( _  
  "@CountryRegion", OleDbType.VarChar, 15).Value = "UK"  
selectCMD.Parameters.Add( _  
  "@City", OleDbType.VarChar, 15).Value = "London"  
  
Dim customers As DataSet = New DataSet  
adapter.Fill(customers, "Customers")  
// Assumes that connection is a valid OleDbConnection object.  
OleDbDataAdapter adapter = new OleDbDataAdapter();  
  
OleDbCommand selectCMD = new OleDbCommand(selectSQL, connection);  
adapter.SelectCommand = selectCMD;  
  
// Add parameters and set values.  
selectCMD.Parameters.Add(  
  "@CountryRegion", OleDbType.VarChar, 15).Value = "UK";  
selectCMD.Parameters.Add(  
  "@City", OleDbType.VarChar, 15).Value = "London";  
  
DataSet customers = new DataSet();  
adapter.Fill(customers, "Customers");  

Odbc パラメーター

' Assumes that connection is a valid OdbcConnection object.  
Dim adapter As OdbcDataAdapter = New OdbcDataAdapter  
  
Dim selectCMD AS OdbcCommand = New OdbcCommand(selectSQL, connection)  
adapter.SelectCommand = selectCMD  
  
' Add Parameters and set values.  
selectCMD.Parameters.Add("@CountryRegion", OdbcType.VarChar, 15).Value = "UK"  
selectCMD.Parameters.Add("@City", OdbcType.VarChar, 15).Value = "London"  
  
Dim customers As DataSet = New DataSet  
adapter.Fill(customers, "Customers")  
// Assumes that connection is a valid OdbcConnection object.  
OdbcDataAdapter adapter = new OdbcDataAdapter();  
  
OdbcCommand selectCMD = new OdbcCommand(selectSQL, connection);  
adapter.SelectCommand = selectCMD;  
  
//Add Parameters and set values.  
selectCMD.Parameters.Add("@CountryRegion", OdbcType.VarChar, 15).Value = "UK";  
selectCMD.Parameters.Add("@City", OdbcType.VarChar, 15).Value = "London";  
  
DataSet customers = new DataSet();  
adapter.Fill(customers, "Customers");  

Note

パラメーターにパラメーター名が指定されない場合、"Parameter1" から始まり数字が増分される既定名 ParameterNが割り当てられます。 パラメーター名を指定するときには、ParameterN という名前付け規則を使用しないことをお勧めします。これは、指定した名前が ParameterCollection 内の既存の既定パラメーター名と競合しないようにするためです。 指定した名前が既に存在する場合は、例外がスローされます。

関連項目