次の方法で共有


ConnectingSID

ConnectingSID 要素は、ExchangeImpersonation SOAP ヘッダーを使用しているときに偽装するアカウントを表します。

<ConnectingSID>
   <PrincipalName/>
</ConnectingSID>
<ConnectingSID>
   <SmtpAddress/>
</ConnectingSID>
<ConnectingSID>
    <SID/> 
</ConnectingSID>
<ConnectingSID>
   <PrimarySmtpAddress/>
</ConnectingSID>

ConnectingSIDType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
PrincipalName
偽装に使用するアカウントのユーザー プリンシパル名 (UPN) を表します。 これは、ユーザー アカウントが存在するドメインの UPN である必要があります。
SID
偽装に使用するアカウントのセキュリティ識別子 (SID) のセキュリティ記述子定義言語 (SDDL) 形式を表します。
PrimarySmtpAddress
Exchange 偽装に使用するアカウントのプライマリ簡易メール転送プロトコル (SMTP) アドレスを表します。 プライマリ SMTP アドレスが指定されている場合は、ユーザーの SID を取得するために、追加の Active Directory ディレクトリ サービス参照のコストがかかります。 使用可能な場合は、SID または UPN を使用することをお勧めします。
SmtpAddress
Exchange 偽装に使用するアカウントの簡易メール転送プロトコル (SMTP) アドレスを表します。 SMTP アドレスが指定されている場合は、ユーザーの SID を取得するために、追加の Active Directory 参照のコストがかかります。 使用可能な場合は、SID または UPN を使用することをお勧めします。

親要素

要素 説明
ExchangeImpersonation
要求の SOAP ヘッダーで使用されます。 この要素が存在する場合、呼び出し元は ExchangeImpersonation 要素に含まれるアカウントを偽装しようとしています。
この要素への XPath 式を次に示します:
/ExchangeImpersonation

注釈

呼び出し元アカウントには、クライアント アクセス サーバーの ms-exch-impersonation 権限と、偽装するメールボックスを含むメールボックス データベース、または Active Directory ユーザーまたは連絡先オブジェクトの ms-exch-MayImpersonate 権限が必要です。

この要素を記述するスキーマは、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている MicrosoftExchange Server 2007 を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。

要素の情報

要素
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目