Share via


EndTime

EndTime 要素は、期間の終了を表します。

<EndTime>dateTime</EndTime>

dateTime

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
TimeWindow
ユーザーの可用性情報に対してクエリを実行する期間を識別します。

この要素への XPath 式を次に示します:

/GetUserAvailabilityRequest/FreeBusyViewOptions/TimeWindow
DetailedSuggestionsWindow
推奨される会議時間に関する詳細情報を照会する期間を識別します。

この要素への XPath 式を次に示します:

/GetUserAvailabilityRequest/SuggestionViewOptions/DetailedSuggestionsWindow.
Duration (UserOofSettings)
OofState 要素が Scheduled に設定されている場合に Out of Office (OOF) 状態を有効にする期間を指定します

この要素に対して可能な XPath 式を次に示します。

/SetUserOofSettingsRequest/UserOofSettings/Duration

/GetUserOofSettingsResponse/OofSettings/Duration
Occurrence
定期的な予定表アイテムの単一回変更されたアイテムを表します。
CalendarEvent
一意の予定表アイテムの出現を表します。 これは、可用性に関するお問い合わせに使用されます。 EndTime 要素は、CalendarEvent 要素で必要です。 CalendarEvent 要素の EndTime 要素は、CalendarEvent 型に固有です。

この要素への XPath 式を次に示します:

/GetUserAvailabilityResponse/FreeBusyResponseArray/FreeBusyResponse/FreeBusyView/CalendarEventArray/CalendarEvent[i]

テキスト値

テキスト値は必須です。

注釈

StartTime 要素は、期間の先頭を表します。

終了時刻は、クライアントの時刻を表します。

スキーマには、多数の EndTime 要素が 含まれています。

注:

この要素を記述するスキーマは、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている MicrosoftExchange Server 2007 を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。

要素の情報

名前 Value
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目