次の方法で共有


メッセージ

Message 要素は、Microsoft Exchange の電子メール メッセージを表します。

<Message>
   <MimeContent/>
   <ItemId/>
   <ParentFolderId/>
   <ItemClass/>
   <Subject/>
   <Sensitivity/>
   <Body/>
   <Attachments/>
   <DateTimeReceived/>
   <Size/>
   <Categories/>
   <Importance/>
   <InReplyTo/>
   <IsSubmitted/>
   <IsDraft/>
   <IsFromMe/>
   <IsResend/>
   <IsUnmodified/>
   <InternetMessageHeaders/>
   <DateTimeSent/>
   <DateTimeCreated/>
   <ResponseObjects/>
   <ReminderDueBy/>
   <ReminderIsSet/>
   <ReminderMinutesBeforeStart/>
   <DisplayCc/>
   <DisplayTo/>
   <HasAttachments/>
   <ExtendedProperty/>
   <Culture/>
   <Sender/>
   <ToRecipients/>
   <CcRecipients/>
   <BccRecipients/>
   <IsReadReceiptRequested/>
   <IsDeliveryReceiptRequested/>
   <ConversationIndex/>
   <ConversationTopic/>
   <From/>
   <InternetMessageId/>
   <IsRead/>
   <IsResponseRequested/>
   <References/>
   <ReplyTo/>
   <EffectiveRights/>
   <ReceivedBy/>
   <ReceivedRepresenting/>
   <LastModifiedName/>
   <LastModifiedTime/>
   <IsAssociated/>
   <WebClientReadFormQueryString/>
   <WebClientEditFormQueryString/>
   <ConversationId/>
   <UniqueBody/>
   <ReminderMessageData/>
</Message>

MessageType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
MimeContent
base64Binary 形式で表されるオブジェクトのネイティブの多目的インターネット メール拡張機能 (MIME) ストリームが含まれます。
ItemId
Exchange ストア内のアイテムの一意識別子と変更キーを格納します。 このプロパティは読み取り専用です。
ParentFolderId
アイテムまたはフォルダーを含む親フォルダーの識別子を表します。 このプロパティは読み取り専用です。
ItemClass
アイテムのメッセージ クラスを表します。
件名
Exchange ストアアイテムと応答オブジェクトの件名を表します。 件名は 255 文字に制限されています。
Sensitivity
項目の秘密度レベルを示します。
Body
メッセージの実際の本文の内容を表します。
添付ファイル
Exchange ストア内のアイテムに添付されているアイテムまたはファイルを格納します。
DateTimeReceived
メールボックス内のアイテムが受信された日時を表します。
サイズ
項目のサイズをバイト単位で表します。 このプロパティは読み取り専用です。
Categories
メールボックス内のアイテムが属するカテゴリを識別する文字列のコレクションを表します。
Importance
項目の重要性について説明します。
InReplyTo
このアイテムが応答するアイテムの識別子を表します。
IsSubmitted
アイテムが送信トレイの既定のフォルダーに送信されているかどうかを示します。
IsDraft
アイテムがまだ送信されていないかどうかを表します。
IsFromMe
ユーザーがアイテムを自分に送信したかどうかを示します。
IsResend
アイテムが以前に送信されたかどうかを示します。
IsUnmodified
項目が変更されたかどうかを示します。
InternetMessageHeaders
メールボックス内のアイテムに含まれるすべてのインターネット メッセージ ヘッダーのコレクションを表します。
DateTimeSent
メールボックス内のアイテムが送信された日時を表します。
DateTimeCreated
メールボックス内の特定のアイテムが作成された日時を表します。
ResponseObjects
Exchange ストア内のアイテムに関連付けられているすべての応答オブジェクトのコレクションを格納します。
ReminderDueBy
イベントが発生した日時を表します。 これは、 ReminderMinutesBeforeStart 要素によって使用され、アラームが表示されるタイミングを決定します。
ReminderIsSet
Exchange ストア内のアイテムにアラームが設定されているかどうかを示します。
ReminderMinutesBeforeStart
アラームが表示されるイベントの分数を表します。
DisplayCc
CC 行の内容に使用される表示文字列を表します。 これは、すべての CC 受信者の表示名の連結文字列です。
DisplayTo
[To] ボックスの内容に使用される表示文字列を表します。 これは、すべての宛先受信者の表示名の連結文字列です。
HasAttachments
アイテムに表示される添付ファイルが少なくとも 1 つ存在する場合に true に 設定されるプロパティを表します。 このプロパティは読み取り専用です。
ExtendedProperty
フォルダーとアイテムの拡張プロパティを識別します。
Culture
メールボックス内の特定のアイテムのカルチャを表します。
Sender
アイテムの送信者を識別します。
ToRecipients
メッセージの受信者のセットが含まれます。
CcRecipients
メッセージのコピーを受信する受信者のコレクションを表します。
BccRecipients
電子メール メッセージのブラインド カーボン コピー (Bcc) を受信する受信者のコレクションを表します。
IsReadReceiptRequested
アイテムの送信者が開封確認を要求するかどうかを示します。
IsDeliveryReceiptRequested
アイテムの送信者が配信確認を要求するかどうかを示します。
ConversationIndex
このメッセージが属するスレッドを表すバイナリ ID を格納します。
ConversationTopic
会話識別子を表します。
From
メッセージが送信された宛先を表します。
InternetMessageId
アイテムのインターネット メッセージ識別子を表します。
IsRead
メッセージが読み取られたかどうかを示します。
IsResponseRequested
電子メール メッセージへの応答が要求されるかどうかを示します。
関連情報
応答を元のメッセージに関連付けるために使用される Usenet ヘッダーを表します。
ReplyTo
応答を送信する必要があるアドレスのセットを識別します。
EffectiveRights
アイテムまたはフォルダーのアクセス許可設定に基づくクライアントの権限を格納します。 この要素は読み取り専用です。
ReceivedBy
デリゲート アクセス シナリオでデリゲートを識別します。
ReceivedRepresenting
デリゲート アクセス シナリオでプリンシパルを識別します。
LastModifiedName
アイテムを変更する最後のユーザーの表示名を格納します。
LastModifiedTime
アイテムが最後に変更された日時を示します。
IsAssociated
アイテムがフォルダーに関連付けられているかどうかを示します。
WebClientReadFormQueryString
Microsoft Office Outlook Web App エンドポイントに連結してOutlook Web App内のアイテムを読み取る URL を表します。
WebClientEditFormQueryString
Outlook Web App エンドポイントに連結してOutlook Web App内のアイテムを編集する URL を表します。
ConversationId
アイテムまたは会話の識別子を格納します。
UniqueBody
この会話の一意の本文を表す HTML フラグメントまたはプレーン テキストを表します。
ReminderMessageData
アラーム メッセージのデータが含まれます。

親要素

要素 説明
AdjacentMeetings
会議時間に隣接するすべての予定表アイテムについて説明します。
AppendToItemField
UpdateItem 操作中に項目の 1 つのプロパティに追加するデータを識別します。
ConflictingMeetings
会議時間と競合するすべてのアイテムを識別します。
Create (ItemSync)
ローカル クライアント ストアに作成する 1 つの項目を識別します。
ItemAttachment
別の Exchange アイテムに添付されている Exchange アイテムを表します。
Items
項目の配列を格納します。
Items (NonEmptyArrayOfAllItemsType)
ParentFolderId (TargetFolderIdType) 要素によって識別されるフォルダー内に作成する項目の配列を格納します。
SetItemField
UpdateItem 操作の項目の 1 つのプロパティに対する更新を表します。
Update (ItemSync)
ローカル クライアント ストアで更新する 1 つの項目を識別します。

テキスト値

なし。

注釈

の Message 要素 である Message (Availability) は、OOF メッセージを返すために Availability 操作によって使用されます。

メッセージ 要素は、電子メール メッセージと、Exchange Web Services (EWS) スキーマによって厳密に型指定されていないその他のすべての項目を表します。 IPM などの項目。共有と IPM。InfoPath は Message 要素として返されます。 Exchange 2010 は、応答で基本 Item 要素を返しません。

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。

要素の情報

要素
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目