Share via


Rule (RuleType)

Rule 要素には 1 つのルールが含まれており、ユーザーのメールボックス内のルールを表します。

<Rule>
    <RuleId>
    <DisplayName>
    <Priority>
    <IsEnabled>
    <IsNotSupported>
    <IsInError>
    <Conditions>
    <Exceptions>
    <Actions>
</Rule>

RuleType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
RuleId
ルール識別子を指定します。
DisplayName (string)
ルールの表示名を格納します。
優先度
ルールを実行する順序を示します。
Isenabled
ルールが有効かどうかを示します。
IsNotSupported
マネージド コード API でルールを変更できるかどうかを示します。
IsInError
ルールがエラー状態かどうかを示します。
条件
満たされたときにルールのルール アクションをトリガーする条件を識別します。
例外
受信トレイ ルールで使用可能なすべてのルール例外条件を表す例外を識別します。
アクション
条件が満たされたときにメッセージに対して実行されるアクションを表します。

親要素

要素 説明
CreateRuleOperation
新しいルールを作成する操作を表します。
InboxRules
ユーザーのメールボックス内のルールの配列を表します。
SetRuleOperation
既存のルールを更新する操作を表します。

テキスト値

なし。

注釈

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。

要素の情報

要素
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
はい

関連項目

UpdateInboxRules

SetRuleOperation

CreateRuleOperation