例外

Exceptions 要素は、受信トレイ ルールで使用可能なすべてのルール例外条件を表す例外を識別します。

<Conditions>
   <Categories/>
   <ContainsBodyStrings/>
   <ContainsHeaderStrings/>
   <ContainsRecipientStrings/>
   <ContainsSenderStrings/>
   <ContainsSubjectOrBodyStrings/>
   <ContainsSubjectStrings/>
   <FlaggedForAction/>
   <FromAddresses/>
   <FromConnectedAccounts/>
   <HasAttachments/>
   <Importance/>
   <IsApprovalRequest/>
   <IsAutomaticForward/>
   <IsAutomaticReply/>
   <IsEncrypted/>
   <IsMeetingRequest/>
   <IsMeetingResponse/>
   <IsNDR/>
   <IsPermissionControlled/>
   <IsReadReceipt/>
   <IsSigned/>
   <IsVoicemail/>
   <ItemClasses/>
   <MessageClassifications/>
   <NotSentToMe/>
   <SentCcMe/>
   <SentOnlyToMe/>
   <SentToAddresses/>
   <SentToMe/>
   <SentToOrCcMe/>
   <Sensitivity/>
   <WithinDateRange/>
   <WithinSizeRange/>
</Conditions>

RulePredicatesType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
Categories
条件または例外を適用するために受信メッセージに適用する必要があるカテゴリが含まれます。
ContainsBodyStrings
条件または例外を適用するために受信メッセージの本文に表示する必要がある文字列を示します。
ContainsHeaderStrings
条件または例外を適用するために受信メッセージのヘッダーに表示する必要がある文字列をインディカに変換します。
ContainsRecipientStrings
条件または例外を適用するために、受信メッセージの ToRecipients プロパティまたは CcRecipients プロパティに表示する必要がある文字列を示します。
ContainsSenderStrings
条件または例外を適用するために受信メッセージの From プロパティに表示する必要がある文字列を示します。
ContainsSubjectOrBodyStrings
条件または例外を適用するために、本文または受信メッセージの件名に表示する必要がある文字列を示します。
ContainsSubjectStrings
条件または例外を適用するために受信メッセージの件名に表示する必要がある文字列を示します。
FlaggedForAction
条件または例外を適用するために受信メッセージに表示する必要があるアクション値のフラグを指定します。
FromAddresses
条件または例外を適用するために受信メッセージを送信する必要がある電子メール アドレスを示します。
FromConnectedAccounts
条件または例外を適用するために受信メッセージを集計する必要がある電子メール アカウント名を表します。
HasAttachments
条件または例外を適用するために、受信メッセージに添付ファイルが必要かどうかを示します。
Importance
条件または例外を適用するために受信メッセージにスタンプされる重要度を指定します。
IsApprovalRequest
条件または例外を適用するために、受信メッセージを承認要求にする必要があるかどうかを示します。
IsAutomaticForward
条件または例外を適用するために、受信メッセージを自動転送する必要があるかどうかを示します。
IsAutomaticReply
条件または例外を適用するために、受信メッセージを自動応答にする必要があるかどうかを示します。
IsEncrypted
条件または例外を適用するために、受信メッセージを S/MIME で暗号化する必要があるかどうかを示します。
IsMeetingRequest
条件または例外を適用するために、受信メッセージが会議出席依頼である必要があるかどうかを示します。
IsMeetingResponse
条件または例外を適用するために、受信メッセージが会議応答である必要があるかどうかを示します。
IsNDR
条件または例外を適用するために、受信メッセージを配信不能レポート (NDR) にする必要があるかどうかを示します。
IsPermissionControlled
条件または例外を適用するために、受信メッセージをアクセス許可制御 (RMS で保護) する必要があるかどうかを示します
IsReadReceipt
条件または例外を適用するために受信メッセージを読み取る必要があるかどうかを示します。
IsSigned
条件または例外を適用するために、受信メッセージを S/MIME 署名する必要があるかどうかを示します。
IsVoicemail
条件または例外を適用するために、受信メッセージをボイス メール メッセージにする必要があるかどうかを示します。
ItemClasses
条件または例外を適用するために受信メッセージにスタンプを付ける必要がある項目クラスを表します。
MessageClassifications
条件または例外を適用するために受信メッセージにスタンプを付ける必要があるメッセージ分類を表します。
NotSentToMe
条件または例外を適用するために、メールボックスの所有者が受信メッセージの ToRecipients プロパティに含まれていないかどうかを示します。
SentCcMe
条件または例外を適用するために、メールボックスの所有者が受信メッセージの CcRecipients プロパティに存在する必要があるかどうかを示します。
SentOnlyToMe
条件または例外を適用するために、メールボックスの所有者が受信メッセージの ToRecipients プロパティの唯一の所有者である必要があるかどうかを示します。
SentToAddresses
条件または例外を適用するために受信メッセージを送信する必要がある電子メール アドレスを示します。
SentToMe
条件または例外を適用するために、メールボックスの所有者が受信メッセージの ToRecipients プロパティに存在する必要があるかどうかを示します。
SentToOrCcMe
条件または例外を適用するために、メールボックスの所有者が受信メッセージの ToRecipients プロパティまたは CcRecipients プロパティに存在する必要があるかどうかを示します。
Sensitivity
条件または例外を適用するために受信メッセージにスタンプする必要がある秘密度を示します。
WithinDateRange
条件または例外を適用するために受信メッセージを受信する必要がある日付範囲を指定します。
WithinSizeRange
条件または例外を適用するために受信メッセージが必要な最小サイズと最大サイズを指定します。

親要素

要素 説明
Rule (RuleType)
1 つのルールを含み、ユーザーのメールボックス内のルールを表します。

テキスト値

なし。

注釈

ルール述語は、ルール条件または例外として使用されます。

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。

要素の情報

名前 Value
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
はい

関連項目

条件