次の方法で共有


開始

Start 要素は、期間の開始を表します。

<Start/>

DateTime

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
CalendarItem
Exchange 予定表アイテムを表します。
DeletedOccurrence
定期的な予定表アイテムの削除された出現を表します。
FirstOccurrence
定期的な予定表アイテムの最初の出現を表します。
LastOccurrence
定期的な予定表アイテムの最後のアイテムを表します。
MeetingRequest
Exchange ストアの会議出席依頼を表します。
Occurrence
定期的な予定表アイテムの単一回変更されたアイテムを表します。

テキスト値

テキスト値は、期間の開始を表します。

注釈

UpdateItem 操作では、Exchange ストア アイテムの 開始時刻終了 時刻を設定できます。 UpdateItem 要求では、 開始時刻終了 時刻も設定せずに設定できます。 開始時刻が終了時刻より後の場合、エラーが発生する可能性があります。 クライアント アプリケーションは、期間を維持するために、その開始時刻が変更されたときに終了時刻に調整を実行する必要があることに注意してください。

注:

定期的なマスター アイテムの 開始日終了日 に、週単位の繰り返しパターンの最初の出現日と等しい日付がない場合、タイム ゾーン オフセット情報は失われます。

この要素を記述するスキーマは、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている 2007 Microsoft Exchange Server実行されているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。

要素の情報

コード
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目