Office 365 専用/ITAR から vNext への移行のための先進認証の構成要件

概要

この記事では、Outlook のバージョンに応じて、Microsoft Office 365 専用/ITAR から vNext に移行した後の先進認証の構成要件について説明します。

詳細情報

構成要件は、Outlook のバージョンによって異なります。 次の表に、要件の概要と、関連記事へのリンクを示します。

Outlook のバージョン 先進認証のサポート EnableADAL レジストリ キーが必要 AlwaysUseMSOAuthForAutodiscover レジストリ キーが必要 MAPI/HTTP が必要です(現在ブロックを削除します)
Outlook 2016 はい いいえ はい はい
Outlook 2013 はい はい はい はい
Outlook 2010 いいえ 使用不可 使用不可 使用不可

重要

レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

Outlook 2010

  • 先進認証はサポートされていません。
  • ユーザーは基本認証を使用し、資格情報の入力を何度も求められる場合があります。

Outlook 2013

  • 先進認証は、既定では有効になっていません。

  • 先進認証を有効にするには、次のレジストリ サブキーで DWORD 値を 1 に設定します。

    HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Identity\EnableADAL

    HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Identity\Version

    詳細については、「Windows デバイスの Office 2013 の先進認証を有効にする」を参照してください。

  • 次のレジストリ キーの DWORD 値を 1 に設定して、Outlook で先進認証を使用するように強制することをお勧めします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Exchange\AlwaysUseMSOAuthForAutoDiscover

Outlook 2016

Skype for Business または Lync 2013

  • Skype の移行が完了したら、先進認証を有効にすることをお勧めします。

  • Exchange の先進認証を使用する場合は、次のレジストリ キーを有効にすることをお勧めします。 これを行うには、DWORD 値を 1 に設定します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync\ AllowAdalForNonLyncIndependentOfLync

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Lync\ AllowAdalForNonLyncIndependentOfLync