メールボックス データベース コピーを更新する

製品: Exchange Server 2013

更新処理 (シード処理 と呼ばれることもあります) は、メールボックス データベース コピーを、データベース可用性グループ (DAG) 内の別のメールボックス サーバーに追加する処理です。新たに追加されたコピーは、アクティブ コピーからコピーされたログ ファイルが再生されるパッシブ コピーのベースライン データベースになります。以下の条件が発生した場合はシードを行う必要があります。

  • データベースの新しいパッシブ コピーが作成された場合。 新しいメールボックス データベース コピーではシード処理を延期できますが、最終的には、各パッシブ データベース コピーをシード処理して冗長データベース コピーとして機能させる必要があります。

  • パッシブ データベース コピーに相違があり回復不能であるためにデータが失われてフェールオーバーが発生した後。

  • データベースのパッシブ コピーに対して再生できない破損したログ ファイルがシステムで検出されたとき。

  • いずれかのデータベース コピーに対するオフラインでのディスクの最適化が発生した後。

  • データベースのログ生成シーケンスがリセットされ、1 に戻った後。

以下の方法を使用して、シードを実行できます。

  • 自動シード 処理: 自動シードにより、ターゲット メールボックス サーバー上のアクティブなデータベースのパッシブ コピーが生成されます。 自動シードはデータベースの作成中にのみ発生します。

  • Update-MailboxDatabaseCopy コマンドレットを使用したシード 処理: シェルで Update-MailboxDatabaseCopy コマンドレットを使用して、いつでもデータベース コピーをシードできます。

  • メールボックス データベースコピーの更新ウィザードを使用したシード 処理: EAC のメールボックス データベースコピーの更新ウィザードを使用して、いつでもデータベース コピーをシードできます。

  • オフライン データベースを手動でコピーする: データベースのアクティブなコピーをマウント解除し、同じ DAG 内の別のメールボックス サーバー上の同じ場所にデータベース ファイルをコピーできます。 この方法を使用すると、データベースを解除するプロセスが必要になるため、サービスが中断します。

データベース コピーの更新処理には、長い時間がかかる可能性があります。コピーするデータベースが大きい場合、ネットワークの遅延が大きい場合、ネットワークの帯域幅が狭い場合は、特に長い時間がかかります。シード処理が開始されたら、処理が完了するまで EAC やシェルを閉じないでください。閉じてしまうと、シード処理が終了します。

アクティブ コピーまたは最新のパッシブ コピーをシードのソースとして使用して、データベース コピーをシードできます。パッシブ コピーからのシードの場合、次の環境ではネットワーク通信エラーが発生しシード操作が終了しますので注意してください。

  • シード ソースのコピーの状態が "Failed" または "FailedAndSuspended" に変わった場合。

  • データベースが他のコピーにフェールオーバーした場合。

複数のデータベース コピーを同時にシードできます。 ただし、複数のコピーを同時にシードする場合は、データベース ファイルのみをシードし、コンテンツ インデックス カタログを省略する必要があります。 Update-MailboxDatabaseCopy コマンドレットで DatabaseOnly パラメーターを使用してこの操作を行うことができます。

注意

同じソースから複数のターゲットをシードするときに DatabaseOnly パラメーターを使用しない場合、SeedInProgressException エラー FE1C6491 でタスクは失敗します。

メールボックス データベースのコピーに関連するその他の管理タスクをお探しですか? メールボックス データベースのコピーの管理に関するページを参照してください。

始める前に把握しておくべき情報

  • このタスクの予想所要時間:2 分 + データベースのコピーにかかる時間 (データベースの規模、速度、利用可能な帯域幅、ネットワークの待機時間、ストレージの速度など、さまざまな要因による)。

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「高可用性とサイト復元のアクセス許可」の「メールボックス データベースのコピー」。

  • メールボックス データベースのコピーが中断されている必要があります。詳細な手順については、「メールボックス データベース コピーを中断または再開する」を参照してください。

  • 更新しているパッシブ データベース コピーをホストしているサーバーで、リモート レジストリ サービスを実行している。

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。

ヒント

問題がある場合は、 Exchange のフォーラムで質問してください。 Exchange Serverのフォーラムにアクセスします。

EAC を使用してメールボックス データベース コピーを更新する

  1. EAC で、 [サーバー] > [データベース] に移動します。

  2. 更新するパッシブ コピーがあるメールボックス データベースを選択します。

  3. 詳細ウィンドウの [データベース コピー] タブで、シードするパッシブ データベース コピーの下にある [中断] をクリックします。オプションのコメントを記入し、 [保存] をクリックします。

  4. 詳細ウィンドウの [データベース コピー] タブで、シードするパッシブ データベース コピーの下にある [更新] をクリックします。

  5. 既定では、データベースのアクティブ コピーがシードのソース データベースとして使用されます。 シード処理にデータベースのパッシブ コピーを使用する場合は、[ 参照]... をクリックして、ソースに使用するパッシブ データベース コピーを含むサーバーを選択します。

  6. [保存] をクリックして、パッシブ データベース コピーを更新します。

シェルを使用してメールボックス データベース コピーを更新する

この例では、MBX1 上のデータベース DB1 のコピーをシードする方法を示します。

Update-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1\MBX1

この例は、シード用のソース メールボックス サーバーとして MBX2 を使用して、MBX1 上のデータベース DB1 のコピーをシードする方法を示します。

Update-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1\MBX1 -SourceServer MBX2

この例では、コンテンツ インデックス カタログをシードせずに、MBX1 上のデータベース DB1 のコピーをシードする方法を示します。

Update-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1\MBX1 -DatabaseOnly

この例では、データベース ファイルをシードせずに、MBX1 上のデータベース DB1 のコピーのコンテンツ インデックス カタログをシードする方法を示します。

Update-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1\MBX1 -CatalogOnly

オフライン データベースを手動でコピーする

  1. データベースに対して循環ログが有効になっている場合、処理の前に無効にする必要があります。メールボックス データベースの循環ログを無効にするには、次の例のように Set-MailboxDatabase コマンドレットを使用します。

    Set-MailboxDatabase DB1 -CircularLoggingEnabled $false
    
  2. データベースのマウントを解除する。この例のように、Dismount-Database コマンドレットを使用できます。

    Dismount-Database DB1 -Confirm $false
    
  3. 手動で、データベース ファイル (データベース ファイルとすべてのログ ファイル) を外部のディスク ドライブやネットワーク共有などの別の場所にコピーします。

  4. データベースをマウントします。この例のように、Mount-Database コマンドレットを使用できます。

    Mount-Database DB1
    
  5. コピーをホストするサーバー上で、外部のドライブまたはネットワーク共有からアクティブなデータベース コピーと同じパスにデータベース ファイルをコピーします。 たとえば、アクティブ なコピー データベース パスが D:\DB1 DB1.edb\で、ログ ファイル パスが D:\DB1 の場合、コピーをホストするサーバー上のデータベース ファイルを D:\DB1 にコピーします。

  6. この例に示すように、 Add-MailboxDatabaseCopy コマンドレットと SeedingPostponed パラメーターを 使用してメールボックス データベースのコピーを追加します。

    Add-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1 -MailboxServer MBX3 -SeedingPostponed
    
  7. データベースに循環ログが有効になっている場合、この例のように、Set-MailboxDatabase コマンドレットを使用して、循環ログを再度有効にします。

    Set-MailboxDatabase DB1 -CircularLoggingEnabled $true
    

正常な動作を確認する方法

メールボックス データベース コピーが正常にシードされたことを確認するには、次のいずれかを実行します。

  • EAC で [サーバー] > [データベース] に移動します。シードされたデータベースを選択します。詳細ペインに、データベースのコピーの状況とそのコンテンツ インデックスが、現在のコピー キューの長さと共に表示されます。

  • シェルで次のコマンドを実行して、メールボックス データベースのコピーが正常にシードされ、かつ正常な状態にあることを確認します。

    Get-MailboxDatabaseCopyStatus <DatabaseCopyName>
    

    ステータスとコンテンツ インデックス ステータスの両方が正常である必要があります。