callRecord: getPstnCalls

名前空間: microsoft.graph.callRecords

pstnCallLogRow エントリのコレクションとして PSTN 通話のログを 取得します。

アクセス許可

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。

アクセス許可の種類 アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)
委任 (職場または学校のアカウント) サポートされていません。
委任 (個人用 Microsoft アカウント) サポートされていません。
アプリケーション CallRecord-PstnCalls.Read.All, CallRecords.Read.All

HTTP 要求

GET /communications/callRecords/getPstnCalls

関数パラメーター

要求 URL で、次のクエリ パラメーターに値を指定します。 次の表に、この関数で使用できるパラメーターを示します。

パラメーター 種類 説明
fromDateTime DateTimeOffset クエリを実行する時間範囲の開始。 UTC、包括。
時間範囲は、呼び出しの開始時刻に基づいて行います。
toDateTime DateTimeOffset クエリを実行する時間範囲の終了。 UTC、包括。

重要

fromDateTime および toDateTime の値は、90 日間の日付範囲を超えすることはできません。

要求ヘッダー

名前 説明
Authorization ベアラー {token}。必須。

応答

成功した場合、この関数は応答コードと、応答本文の 200 OK pstnCallLogRow エントリのコレクションを返します。

日付範囲に 1000 を超えるエントリがある場合、本文には、呼び出しエントリの次のページを照会する URL も @odata.NextLink 含まれます。 日付範囲の最後のページには. @odata.NextLink 詳細については、「アプリ内のMicrosoft Graphページング」を参照してください

次の例は、指定した日付範囲で発生した PSTN 通話のレコードのコレクションを取得する方法を示しています。 応答には、この最初の応答のレコード数を列挙し、最初の "@odata.count": 1000 @odata.NextLink 1000 を超えるレコードを取得します。 読みやすさのために、応答は 1 レコードのコレクションのみを表示します。 その日付範囲に 1000 件を超える呼び出しがある場合を想定してください。

要求

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/communications/callRecords/getPstnCalls(fromDateTime=2019-11-01,toDateTime=2019-12-01)

応答

注: ここに示す応答オブジェクトは、読みやすさのために短縮されている場合があります。

HTTP/1.1 200 OK

{
    "@odata.context": "https://graph.microsoft.com/v1.0/$metadata#Collection(microsoft.graph.callRecords.pstnCallLogRow)",
    "@odata.count": 1000,
    "value": [{
            "id": "9c4984c7-6c3c-427d-a30c-bd0b2eacee90",
            "callId": "1835317186_112562680@61.221.3.176",
            "userId": "db03c14b-06eb-4189-939b-7cbf3a20ba27",
            "userPrincipalName": "richard.malk@contoso.com",
            "userDisplayName": "Richard Malk",
            "startDateTime": "2019-11-01T00:00:08.2589935Z",
            "endDateTime": "2019-11-01T00:03:47.2589935Z",
            "duration": 219,
            "charge": 0.00,
            "callType": "user_in",
            "currency": "USD",
            "calleeNumber": "+1234567890",
            "usageCountryCode": "US",
            "tenantCountryCode": "US",
            "connectionCharge": 0.00,
            "callerNumber": "+0123456789",
            "destinationContext": null,
            "destinationName": "United States",
            "conferenceId": null,
            "licenseCapability": "MCOPSTNU",
            "inventoryType": "Subscriber",
            "operator": "Microsoft",
            "callDurationSource": "microsoft"
        }],
    "@odata.nextLink": "https://graph.microsoft.com/v1.0/communications/callRecords/getPstnCalls(from=2019-11-01,to=2019-12-01)?$skip=1000"
}

関連項目