シフト リソースの種類

名前空間: microsoft.graph

スケジュール内のスケジュールされた作業の単位を表 します

シフトの期間を 1 分未満にすることも、24 時間を超えることはできません。

メソッド

メソッド 戻り値の型 説明
シフトの一覧表示 shift コレクション このスケジュールのシフトの一覧 取得します。
シフトの作成 shift 新しいシフトを作成 します
シフトの取得 shift ID による シフト を取得します。
シフトを置き換える shift シフトを置き換えます。
シフトを削除する なし スケジュールから シフト を削除します。

プロパティ

名前 説明
createdDateTime DateTimeOffset この シフト が最初に作成されたタイムスタンプ。 Timestamp 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時間です。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
draftShift shiftItem マネージャーが表示できるこの シフト のドラフト バージョン。 必須。
id 文字列 シフトの ID。
lastModifiedBy identitySet この シフトを最後に更新した ID。
lastModifiedDateTime DateTimeOffset この シフト が最後に更新されたタイムスタンプ。 Timestamp 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時間です。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
schedulingGroupId 文字列 シフトの一部であるスケジューリング グループの ID。 必須です。
sharedShift shiftItem 従業員とマネージャーの両方が表示できる、この シフト の共有バージョン。 必須です。
userId String シフトに割り当てられたユーザーの ID。 必須です。

JSON 表記

リソースの JSON 表現を次に示します。

{
  "createdDateTime": "DateTimeOffset",
  "draftShift": { "@odata.type": "microsoft.graph.shiftItem" },
  "id": "String",
  "lastModifiedBy": { "@odata.type": "microsoft.graph.identitySet" },
  "lastModifiedDateTime": "DateTimeOffset",
  "schedulingGroupId": "String",
  "sharedShift": { "@odata.type": "microsoft.graph.shiftItem" },
  "userId": "String"
}