Share via


Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンス

Microsoft Graph では、Microsoft 365 のクラウド サービスを使用する何千万人ものユーザーが中核的な役割を果たします。 ユーザーのデータは、慎重に管理、保護されており、適切な権限があれば、Microsoft Graph サービスでビジネスの生産性や創造性を促進するために利用できます。

プロファイル API を使用すると、アプリ開発者は Microsoft 365 サービスのユーザーをモデル化して表現できます。プロファイル カード API を使用すると、管理者は組織内のユーザーのプロファイル カードに表示される情報を制御できます。

ユーザーのデータが Microsoft Graph に存在するユビキタスであるため、ユーザーの操作から派生したデータは特に興味深いものです。 たとえば、次のような質問への答えを導く知的なインサイトを得ることができます。

  • 「名前が「J」で始まるユーザーを検索する」
  • 「このユーザーにとって最も関心があるドキュメントはどれか?」

Microsoft Graph では、People APIInsights API を使用してユーザーに関連する人物とドキュメントにアクセスできる、よりスマートなアプリを構築できます。

people API は、そのユーザーの連絡先、organization ディレクトリ、および電子メールの最近の通信に基づいて、ユーザーとの関連性によって並べ替えられたユーザーを返します。 これは、人物を選択するシナリオで特に有用です。

Insights API は、高度な分析と機械学習を使用して、ユーザーが 1 日の作業時間を通して必要とする最も関連性の高いファイルを提供します。 この API により、Office Delve、SharePoint ホーム、OneDrive for Business の [Discover] ビュー、Outlook on the web などの使い慣れた Microsoft 365 のエクスペリエンスが強化されます。

People API と Insights API は、あるユーザーに関連する人物とドキュメントを返します

人物のデータと統合する理由

People API は、1 つのエンティティ (person) のデータを返します。このエンティティには、今日のビジネスの世界における個人の一般的なデータが含まれています。 Microsoft Graph ユーザーにとって、この person データを特に便利なものにしているのが、その関連性です。 関連性は、最も関連性の高いものから最も関連性の低いものまで並べ替えられた返された結果に示されます。 次の Microsoft Graph API を使用して、organization内のユーザーを検索できます。

/search エンドポイントを使用する

開発者は、製品/peopleをビルドするときにエンドポイントを/search使用することをお勧めします。エンドポイントはメンテナンス モードです。 エンドポイントの使用を検討する理由を次に /search 示します。

  • 人々の検索への将来の投資はすべて、例えば「ナイロビの会計士ジョン」のような自然言語検索を介して /search利用可能になります。
  • 名前と電子メール以外の属性に一致する属性検索を使用できます。
  • 関連性の高い結果は /search 、人工知能、より優れたデータ モデル、洗練されたスペル修正の使用により、より良い結果を提供します。
  • を使用/searchする場合は商品のコストを削減しますが、特に待機時間を短縮します。

関連性による人物の参照

適切な権限を取得すると、サインインしているユーザー、またはサインインしているユーザーの組織内の他のユーザーに関連する人物を参照できます。 ユーザーは、関連性の順に並べられた person オブジェクトのコレクションを取得します。 応答で返された person オブジェクトのコレクションは、クエリ パラメーター topskiporderbyselect、および filter を指定することでさらにカスタマイズできます。

人物の抽出条件に基づくあいまい検索

アプリがサインインしているユーザーによるアクセス許可を取得している場合は、People API でそのユーザーに関連する人物を検索できます (詳細については、「People のアクセス許可」を参照してください)。

あいまい検索により、完全に一致する項目と、検索目的の推論に基づく結果が返されます。 これを具体的に示す次の例では、サインインしているユーザーに関連し、名前またはメール アドレスに「j」で始まる単語が含まれている person オブジェクトが返されます。

GET /me/people/?$search=j

プロファイル API (プレビュー) との統合の理由

プロファイル API は、次世代のモデリングであり、そして Microsoft 365 サービスのユーザーを表しています。 ユーザーデータと共にプロファイルデータを使用して、Microsoft Graph に基づいてカスタマイズした操作を作成できます。

organizationでプロファイル カードを構成する理由

プロファイル カードを使用すると、組織内のユーザーは、名前や連絡先情報など、お互いに関する情報を見ることができます。 管理者は、プロファイル カード API を使用して、組織に関する情報が Microsoft 365 のユーザー エクスペリエンス内にどのように表示されるかをカスタマイズできます。

organizationで代名詞を構成する理由

代名詞は文の中の人の名前の代わりとして機能し、英語、"she"、"her、"he"、"him"、性別に依存しない "彼ら" など、複数の言語で使用できる性別に依存しないバージョンがあります。 正確な代名詞の使用は、人の名前や初期観察に基づく仮定を避け、包摂性と敬意を示します。 ハイブリッド、多文化の職場または学校環境では、適切な代名詞を使用する単純な行為は、相互の信頼を構築し、コミュニケーションを向上させるのに役立ちます。 管理者は、pronounsSettings API を使用して、organizationで代名詞設定を構成できます。

ドキュメントベースのインサイトと統合する理由

インテリジェンスを使用したコラボレーションの改善

ユーザーは多くの場合、通常の 1 日の作業時間中に、多くのドキュメントに保存されている大量の情報を操作し、さまざまな方法で他のユーザーと共同作業を行います。 必要な情報が必要なときに常に見つかることが重要です。

トレンド共有使用 API を含む Insights API を使用して、ユーザーの現在のコンテキストとニーズに基づいて Microsoft 365 全体からファイルを抽出することにより、ユーザーの生産性が向上し、組織内のコラボレーションが改善されます。 組織は、これらのドキュメント ベースの分析情報のプライバシー設定をカスタマイズし、特定の Microsoft 365 エクスペリエンスでこれらの分析情報の可用性を制御できます。

アプリでは、Insights API の結果を簡単にレンダリングできます。 すべての結果には、プレビュー イメージの URL やプレビュー テキストなどの一般的な視覚化プロパティのセットが付属しています。

関連するコンテンツの視覚化

Microsoft 365 の Delve では、trending のインサイトを使用して、ユーザーが現在最も興味を持っているドキュメントを見つけることができます。 図 1 を参照してください。

プログラムの中で Insights API の trending エンティティを使用すると、アプリの顧客に同じようなエクスペリエンスを提供できます。 trending エンティティを使用して、ユーザーが最近話題にしているドキュメントやユーザーに関連するドキュメントに接続します。 人気上昇中のドキュメントの一覧表示では、OneDrive または SharePoint のチーム サイトに保存されているファイルが、関連性の最も高いものから順に並べ替えて返されます。

図 1. ユーザーの一般的なドキュメントを示す Microsoft 365 の Delve

あるユーザーに人気のあるドキュメントが表示されている Microsoft 365 の Delve のスクリーンショット

ユーザーが共同作業の後で作業に戻れるようにする

新しい Microsoft 365 の人物カードは、used および shared のインサイトを利用して人物と知識単位を結びます。 人物カードは、あるユーザーに関連するドキュメントを識別し、表示します。 ユーザーは、Outlook on the web など、スイート全体で人物カードを表示できます。 図 2 を参照してください。

Insights API は、used および shared エンティティと同様の機能を提供します。 Microsoft 365 で、あるユーザーが最近表示または操作したもの、または同僚が最近そのユーザーと共有したものが返されます。

図 2. ユーザーのカードを表示するOutlook on the web

最近使用したファイルが表示されている、Outlook on the web のあるユーザーの人物カードのスクリーン ショット

Microsoft Viva Insights (プレビュー) と統合する理由

Microsoft Viva Insightsは、人々がどのように時間を費やし、誰と過ごしているかについての洞察を提供します。 このデータは、人々が 1 日を計画し、さまざまな仕事のパターンを理解し、仕事と生活のバランスを取るのに役立ちます。

Analytics API を使用すると、ユーザー分析データをカスタムのサード パーティ アプリと同期または統合して、ユーザーの生産性と共同作業の向上に役立つさまざまなシナリオをサポートすることができます。 たとえば、Viva Insights データをモバイル デバイスアクティビティと統合して、ユーザーがすべての仕事やソーシャル アクティビティを追跡し、1 つのアプリ内で 1 日を計画するのに役立ちます。

API リファレンス

これらのサービスの API リファレンスをお探しですか?

次の手順