データ統合 (構成)

概要

次のセクションの情報は、DB2 のデータ プロバイダーとホスト ファイルのデータ プロバイダーを使用してデータ ソースを構成する場合に役立ちます。

名前空間のクラスを使用すると、 Microsoft.HostIntegration.DataAccessLibrary パッケージとデータ ソースの定義を自動化できます。

SQL Server および Office セクションのトピックでは、IBM データベースやファイル システムからのデータを新規または既存のアプリケーションに接続して組み込むのを容易にする、SQL Server 2012 および Office 2010 の新機能について説明します。

次の手順

DB2 のデータ プロバイダー

ホスト ファイルのデータ プロバイダー

データ アクセス ツール

データ アクセス ライブラリ タスク

SQL Server

Office

Entity Framework