半二重フリップフロップ方向

セッションの確立に使用される BIND には、ブラケット マシンと方向マシンの初期状態に関する情報が保持されています。 次のいずれかの条件が満たされる場合、BIND でこれを指定できます。

  • ブラケットは使用されません。

  • ブラケット リセット状態は、ブラケット内です。

    どちらの条件も満たされない場合、方向の初期状態は "競合" になります。

    BIND で方向が指定されている場合、アプリケーションでは、データがフローできるようになったら直ちに、半二重リセット状態で指定されている方向状態を想定する必要があります。 このフィールドは、特定の方向のみを受け入れる BIND チェック インデックスを使用して間接的に、または Open(PLU) OK Confirm メッセージのバインド情報制御ブロック (BICB) 内の HDXRSET フィールドを読み取るか、 Open(PLU) RequestBIND を読み取ることによって直接的に、取得することができます。 PLU 接続を開く方法の詳細については、「PLU 接続を開く」を参照してください。

    競合状態のときは、PLU またはアプリケーションがブラケットを開始できます。 (詳細については、「ブラケット」を参照してください)。ブラケットを開くときにブラケット開始 (BB)、チェーン開始 (BC)、チェーン終了 (EC)、または方向変更 (CD) を送信することによってブラケットが放棄された場合を除き、ブラケットの正常なイニシエーターが方向を取得します。 セカンダリが競合の勝者であると想定されるため、アプリケーションは、競合からの送信状態を想定して、BB を送信し、Status-Session(BETB) を受信する前にローカル ノードからの後続の Status-Control(BID) Request を拒否することができます。 アプリケーションでは、競合状態で Status-Control(BID) Request を受け入れるときは、受信状態を想定する必要があります。

    半二重フリップフロップの方向は、次のアクションによって変更できます。

  • RH に方向変更 (CD) インジケーターが含まれ、それに対応する方向変更インジケーター (CDI) フラグが DATAFMI および Status-Control メッセージに含まれているデータの、送信または受信。 CD は、チェーンの最後 (および、ECI、EBIUI で配信されるセグメントを受信するアプリケーションの場合) でのみ使用されることに注意してください。 また、CD は次の通常のフローの Status-Control 要求でのみ有効であることにも注意してください: LUSTATCANCELCHASEQC

  • アプリケーションが受信状態 (エラー回復保留中状態) を想定する必要があるときの、否定応答の受信。 詳細については、「回復」を参照してください。

  • アプリケーションは、CDI が保持されているホストからのデータを拒否する場合は、受信状態のままでいる必要があります。

    FM プロファイルが正しい (3、4、または 7) とすると、アプリケーションで CODE1 が 0x0001 に設定された Status Control(SIGNAL) Request を使用してホストに方向を要求できます。 CODE2 にはユーザー定義の値を設定します。

    次の 3 つの図は、半二重フリップフロップ モードを使用するアプリケーションの方向プロトコルを示したものです。

    最初の図では、アプリケーションによってエラーなしで CD が発行および受信されています。

    Image that shows application issues and receives the CD without error.
    アプリケーションはエラーなしで CD を発行および受信する

    次の図では、受信データに対してホストから否定応答が送信されています。 アプリケーションでは受信状態を想定しており、その後ホストによって CD が送信されてアプリケーションに方向が指定されます。

    Image that shows a host send a negative response to inbound data.
    ホストが受信データに否定応答を送信する

    次の図では、完全な送信チェーンがエラーなしで受信されますが、アプリケーションによって拒否されます。 チェーンに CD がある場合でも、アプリケーションには方向がないことに注意してください。

    Image that shows a complete outbound chain received without error, but is rejected by application.
    完全な送信チェーンがエラーなしで受信されたが、アプリケーションによって拒否される

関連項目

PLU 接続を開く
PLU セッション
送信チェーン
受信チェーン
セグメントの配信
Brackets
方向
ペーシングとチャンキング
データの確認と拒否]
シャットダウンと休止
回復
アプリケーションが開始する終了
LUSTATs]
応答時間モニターのデータ