送信チェーン

ローカル ノードは、要求の送信チェーンが SNA の正しい使用方法、セッションのチェーン使用方法、およびセッションの現在の状態に準拠していることを確認します。 ローカル ノードは、以下のいずれかの条件が真であれば、ホストからのデータの有効な送信チェーンを受け入れます。

  • データ トラフィックが全二重セッションでアクティブである。

  • セッションがデータを受信できる状態にある。

  • 半セッションが現在送信中ではなく、また半二重競合セッションで競合してもいない状態で、セッションがブラケット間にある。 (詳細については、「ブラケット」を参照してください。)

  • ホストが復旧手順を開始するのを、セッションが待機している。 たとえば、ローカル ノードが送信チェーンに否定応答を送信した場合などです。 (詳細については、「回復」を参照してください。)

    ローカル ノードは、送信要求ごとにアプリケーションにデータ メッセージを送信しますが、アプリケーションが接続情報制御ブロックでセグメント配信オプションを指定する際の影響に注意してください。 (詳細については、「セグメント配信」を参照してください)。アプリケーションがセグメント配信を指定しない場合、メッセージ ヘッダーのチェーン開始インジケーター (BCI) およびチェーン終了インジケーター (ECI) アプリケーションのフラグには、要求の要求ヘッダーにあるチェーン インジケーターが反映されます。

    送信チェーンを終了する方法は、いくつかあります。

  • チェーンが完全かつエラーなしとして受信されている。 チェーンに含まれる要求はすべて、データ メッセージとしてアプリケーションに渡され、該当する場合は受信確認されます。

  • アプリケーションが、チェーンの受信中に データ メッセージでエラーを検出する。 アプリケーションは、関連付けられたセンス データをと共に Status-Acknowledge(Nack-1) をローカル ノードに送信する必要があります。次にそのノードは、エラーが発生したデータ メッセージに対応する要求に関して、否定応答とセンス データをホストに送信します。 ローカル ノードはチェーンの残りの部分を消去しないので、アプリケーションにはエンド チェーン (EC) が示されます。 あるいは、ホストが CANCEL を使用してチェーンを終了することもできます。この場合、ACKRQD が設定された Status-Control(CANCEL) としてアプリケーションに配信されます。

  • ローカル ノードが要求のエラーを検出し、システムで検出されたエラー データ メッセージを示して、チェーンの中断を報告している。 このメッセージには、システム検出のエラー インジケーター (SDI) と ECI アプリケーションのフラグ、エラーのセンス コード、および ACKRQD インジケーターが含まれます。 ユーザー データは含まれません。 アプリケーションが Status-Acknowledge(Ack) で応答すると、ローカル ノードは適切なセンス コードを使用してチェーンに否定応答を生成します。 アプリケーションは、報告されたセンス コードを使用して、ユーザーの診断情報を生成することができます。 (たとえば、3270 エミュレーターは PROG チェック コードを生成します)。ローカル ノードはチェーンの残りの部分を消去するため、アプリケーションは EC を認識しない可能性があります。 あるいは、ホストが CANCEL を使用してチェーンを終了することもできます。この場合、ACKRQD が設定された Status-Control(CANCEL) としてアプリケーションに配信されます。

  • ホストが、CANCEL 要求を送信することによって、送信中にチェーンを取り消すことができる。 ローカル ノードは、Status-Control(CANCEL) メッセージをアプリケーションに送信します。これをアプリケーションは受信確認する必要があります

    チェーンの受信中にエラーが発生し、セッションで半二重のフリップフロップ プロトコルが使用されている場合、アプリケーションでは、エラー回復が保留中の状態であると想定する必要があります。 (詳細については、「回復」を参照してください。)

    半二重フリップフロップ プロトコルを使用するセッションの場合、チェーンの最後のデータ メッセージのアプリケーション フラグに CDI (方向の変更) フラグが設定されている場合は、次のようになります。

  • チェーンがエラーなしで受信された場合、アプリケーションには方向がある。

  • アプリケーションがチェーンのメッセージを拒否した場合、ホストには方向がある。

    次の 4 つの図は、ローカル ノードとアプリケーションの間の送信チェーン プロトコルと、それらのプロトコルが基になる SNA プロトコルとの関係を示しています。

    最初の図では、エラーなしで完全な送信チェーンが受信され、アプリケーションによって受け入れられています。 Status-Acknowledge(Ack) を送信した後、アプリケーションには方向があることに注意してください。

    Image that shows an outbound chain received without error and accepted by the application.
    送信チェーンがエラーなしで受信され、アプリケーションによって受け入れられた

    次の図では、エラーなしで完全な送信チェーンが受信されましたが、アプリケーションによって拒否されています。 チェーンに CD がある場合でも、アプリケーションには方向がないことに注意してください。

    Image that shows an outbound chain received without error, but is rejected by the application.
    送信チェーンがエラーなしで受信されたが、アプリケーションによって拒否された

    次の図では、ローカル ノードが EC なしで使われた無効な RQD を検出し、SDI アプリケーション フラグを設定したデータ メッセージと、ACKRQD および適切なセンス コードに要求を変換します。 アプリケーションの Status-Acknowledge(Ack) によって、ホストに対する否定応答が返されます。 この例では、Open (SSCP) の CICB で受信チェック 4007 が指定されていると想定しています。

    Image that shows a local node detects invalid use and converts request.
    ローカル ノードが無効な使用方法を検出し、要求を変換

    次の図では、ホストが送信チェーンを取り消します。

    Image that shows a host canceling the outbound chain.
    ホストが送信チェーンを取り消す

関連項目

PLU 接続を開く
PLU セッション
受信チェーン
セグメントの配信
Brackets
方向
ペーシングとチャンキング
データの確認と拒否]
シャットダウンと休止
回復
アプリケーションが開始する終了
LUSTATs]
応答時間モニターのデータ