ホストファイルシステムからデータを取得する方法

他のマネージデータプロバイダーで実行できるのと同様に、を介して HostfileCommand 、オブジェクトの DataReader 実装でホストデータにアクセスできます。

データリーダーを使用してデータを取得するには

  1. HostFileCommand のインスタンスを作成します。

  2. HostFileCommand.ExecuteDBDataReader 呼び出してオブジェクトを DataReader 作成します。

    を呼び出す ExecuteDBDataReader と、データソースからデータ行が取得されます。

  3. クエリの結果から行を取得するには、を使用 DBDataReader.Read します。

    返された行の各列には、その列の名前または序数参照をオブジェクトに DBDataReader 渡すことによってアクセスできます。 ただし、最適なパフォーマンス DBDataReader を得るために、オブジェクトには、ネイティブデータ型 ( GetDateTimeGetDoubleGetGuidGetInt32 、、など) の列値にアクセスできるようにする一連のメソッドが用意されています。

  4. オブジェクトの DBDataReader 処理が完了したら、を呼び出し DBDataReader.Close ます。

    オブジェクトに HostFileCommand 出力パラメーターまたは戻り値が含まれている場合は、 DBDataReader が閉じられるまで使用できません。

    が開い HostFileConnection ている間 DBDataReader 、はその DBDataReader だけで使用されていることに注意してください。 元 DBDataReader のが閉じられるまで、別 DBDataReader のを作成するなど、のコマンド HostFileConnection を実行することはできません。

参照

ホスト ファイル システムから情報を取得する
ホスト ファイルの BizTalk Adapter の構成