IP 設定

LUA LU またはプールに割り当てられた IP 設定により、TN3270 クライアントはその LUA LU またはプールに接続できるようになります。 既定では、LUA LU またはプールには IP アドレスまたはサブネット マスクが割り当てされていません。 これにより、すべての TN3270 クライアントが LUA RU またはプールを使用できるようになります。

LUA LU またはプールを 1 つ以上の特定の TN3270 クライアントに制限する場合は、これらの LUA LU またはプールを使用するクライアント コンピューターの IP アドレスまたはホスト名を決定する必要があります。 Windowsを使用するクライアント コンピューターの場合は、クライアント コンピューターのコマンド プロンプトから ipconfig/all と入力することで、IP アドレス、サブネット マスク、およびホスト名を確認できます。

名前解決を使用して解決できる名前がワークステーションにある場合は、IP アドレスの代わりに使用できます。 たとえば、ワークステーション名がキリンで、IP 名リストにその名前が含まれている場合、正しい IP アドレスにマップされます。 名前解決は、WINS、DHCP、または同様の名前解決サービスで動作します。 WINS と DHCP の詳細については、Windowsドキュメントを参照してください。

LUA RU またはプール内の IP アドレスとサブネット マスクを変更、削除、または追加できます。 複数の LUA RU の構成を変更する場合は、LUA RU に共通する表示の種類、IP アドレス、サブネット マスクなどのプロパティのみを変更できます。 これらの値は LUA LU ごとに一意であるため、LUA LU 名や数値などのプロパティを変更することはできません。

新しい IP アドレスとサブネット マスクを LUA RU の範囲に追加できます。 一部の LUA RU に新しい IP アドレスまたはサブネット マスクが既に存在するが、他の IP アドレスには存在しない場合、追加は既に IP アドレスまたはサブネット マスクを持つものに重複なく発生します。 LUA RU に共通する IP アドレスと、IP アドレス一覧に表示される IP アドレスを変更または削除することもできます。

構成の変更は、変更が保存された後に接続を確立したユーザーにのみ表示されます。 構成の変更が行われた時点で接続されていたユーザーは影響を受けません。

参照

TN3270