次の方法で共有


アプリケーション要求ルーティング処理でのキャッシュ ノードのウォーム アップ

Won Yoo

このドキュメントのこのセクションは、IIS 7 以降向けの Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 に適用されます。

目的

需要の増加を予測して、アプリケーション要求ルーティング処理 (ARR) キャッシュ ノードを事前にキャッシュします (つまり、キャッシュ ノードを "ウォーム アップ" する)。

ARR は、キャッシュをウォーム アップする方法を提供します。 大まかに言えば、ARR は URL の区切りリスト (1 行に 1 つの URL) を持つファイルを使用します。 ARR は、URL の一覧に正しい URL 書き換えルールと CARP を適用して、正しくキャッシュされるようにします。 ARR では、次の 2 つの方法でファイルを使用できます。

  1. ファイル システムに配置されているファイル。
  2. Web サーバーに配置されていて、HTTP (または HTTPS) でアクセスできるファイル。

Note

ファイル内のいずれかの URL が、セキュリティで保護された (HTTPS) サイト上のコンテンツを参照している場合は、ARR キャッシュ ノード自体を HTTPS 用に構成する必要があります。 ARR は GET 要求を localhost に送信して URL 書き換えルールと CARP を適用し、事前にキャッシュされたオブジェクトが適切にキャッシュされるようにします。

この機能は、次の場合に役立ちます。

  1. 需要の増加が予測されるため、コンテンツを事前にキャッシュしたい。
  2. 需要に関係なく、コンテンツが常にキャッシュされるようにしたい。

この機能を使用すると、子キャッシュ層と親キャッシュ層の両方で、または親キャッシュ層でのみ、すべてのキャッシュ ノードを事前にキャッシュできます。

ARR は一括操作のために URL の一覧を含むファイルを使用するため、このチュートリアルを進める前にこのファイルが必要です。

前提条件

この記事では、ユーザーが ARR の全体的な機能に慣れており、ディスク キャッシュを使用して ARR をデプロイおよび構成する方法を理解していることを前提としています。 まだ行っていない場合は、続行する前に次のチュートリアルを確認することを強くお勧めします。

アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 がインストールされていない場合は、次のページからダウンロードできます。

  • IIS 7 (x86) 用 Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 (https://download.microsoft.com/download/4/D/F/4DFDA851-515F-474E-BA7A-5802B3C95101/ARRv2_setup_x86.EXE)。
  • IIS 7 (x64) 用 Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 (https://download.microsoft.com/download/3/4/1/3415F3F9-5698-44FE-A072-D4AF09728390/ARRv2_setup_x64.EXE)。

ARR バージョン 2 をインストールするには、「アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 をインストールする」で説明されている手順に従います。

手順 1 - "すべての"ARR キャッシュ ノードをウォーム アップする (子キャッシュ層と親キャッシュ層の"両方")

子キャッシュ ノードと親キャッシュ ノードの両方でコンテンツを事前にキャッシュするために、子キャッシュ ノードに対して事前キャッシュ アクションが実行されます。

UI を使用して ARR キャッシュ ノードをウォームアップする

  1. IIS マネージャーを起動します。

  2. キャッシュ ウォームアップ機能は、サーバー レベルで使用できます。 サーバーのルートを選択して展開します。

    Screenshot of the A R R 1 server option being highlighted.

  3. [アプリケーション要求ルーティング処理キャッシュ] をダブルクリックします。

  4. [操作] ウィンドウで、[オブジェクトの事前キャッシュ....] をクリックします。

    Screenshot of the Actions pane with a focus on the Pre-cache Objects option.

  5. [オブジェクトの事前キャッシュ] ダイアログ ボックスで、URL を含むファイルの場所とログ ファイルの場所を入力します。 両方の値が必要です。 次の例では、次の値が使用されます。

    c:\mydocuments\warmup.txt c:\mydocuments\warmup.log

    Screenshot of the Pre cache objects dialog box.

    ファイル システム上のファイルの場所ではなく、URL を指定できます。 たとえば、http://mytestserver/warmup.txt を使用できます。

    Note

    warmup.txt ファイルには、1 行に 1 つの URL が必要です。 また、「CDN でのアプリケーション要求ルーティング処理の展開」の説明に従ってホスト名を書き換える場合は、このファイル内の URL のドメイン名が、キャッシュ ノードが受け取ることを想定するドメイン名と一致する必要があります。 ARR は URL を処理することでホスト名を書き換え、CARP を適用してコンテンツを正しくキャッシュするため、URL は事前に書き換えられたドメイン名である必要があります。

手順 2 - 機能を確認する

ウォームアップ機能が正しく機能したかどうかを確認するには、手順 1 で指定したログ ファイルを確認します。

  1. ログ ファイルを見つけます。

  2. メモ帳を使用してログ ファイルを開きます。 ログ ファイルの例を次に示します。

    Screenshot of the Notepad log file containing various file paths.

  3. または、ARR の参照機能を使用して、IIS マネージャーを使用してキャッシュされたコンテンツを確認することもできます。 参照機能の詳細については、「アプリケーション要求ルーティング処理でディスク上のキャッシュされたコンテンツを参照する」を参照してください。

手順 3 - 親キャッシュ層で"のみ"ARR キャッシュ ノードをウォーム アップする

場合によっては、親キャッシュ層でのみ事前キャッシュを行うと便利な場合があります。 たとえば、地域ごとの子キャッシュ ノードをサポートするために、親キャッシュ ノードが地理的に分散している場合があります。 このような環境では、親キャッシュ ノードでのみ事前キャッシュするだけで十分な場合があります。また、こうすることで子キャッシュ ノードによる時期尚早なコンテンツの事前キャッシュを防止することもできます。

親キャッシュ層でのみ事前キャッシュする手順は、上記の手順 1 で説明した手順と似ています。 主な違いは次のとおりです。

  • 事前キャッシュ操作は、親キャッシュ ノードで実行されます (手順 1 での子キャッシュ ノードとは異なります)。
  • 親キャッシュ ノード上の CARP を正しく判別するための追加情報が提供されます。

UI を使用して ARR キャッシュ ノードをウォームアップする

  1. IIS マネージャーを起動します。

  2. キャッシュ ウォームアップ機能は、サーバー レベルで使用できます。 サーバーのルートを選択して展開します。

    Screenshot of the A R R 1 server root being highlighted, expanding to reveal more options.

  3. [アプリケーション要求ルーティング処理キャッシュ] をダブルクリックします。

  4. [操作] ウィンドウで、[オブジェクトの事前キャッシュ....] をクリックします。

    Screenshot of the Actions pane with a focus on the Pre Cache Objects option.

  5. [オブジェクトの事前キャッシュ] ダイアログ ボックスで、上記の手順 1 のように必要な情報を指定するだけでなく、[このサーバー上のすべてのコンテンツをキャッシュしない] チェック ボックスをオンにして、ダイアログ ボックスをさらに展開します。

    Screenshot of the Pre cache objects dialog box with the Do not cache all content on this server option being selected.

    [ピア サーバー] テーブルに、事前キャッシュ操作を実行しているサーバーを含めて、ARR サーバーの名前を入力します。 この操作により、[このサーバーのアドレス] ドロップダウン リストが自動的に設定されます。 この操作を実行するサーバーの名前を選択します。

    重要

    CARP を正しく処理するには、ピア サーバーの名前とドロップダウン リスト内のサーバーの選択が必要です。 サーバーの名前は、サーバー ファームの子キャッシュ ノードによる参照の仕方と正確に一致する必要があることに注意してください。 CARP は、サーバーの名前を考慮に入れるハッシュ アルゴリズムを使用します。 したがって、同じ結果のハッシュ値を計算するには、サーバーの名前が正確に一致する必要があります

まとめ

これで、URL の一覧を含むファイルを使用して ARR キャッシュ ノードが正常にウォーム アップされました。

その他の ARR バージョン 2 のチュートリアルについては、「アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 の概要」にあるドキュメントを参照してください。