編集

次の方法で共有


ライフサイクルに関する FAQ - 拡張セキュリティ更新プログラム

製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

拡張セキュリティ更新 (ESU) プログラムとは何ですか?

拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) プログラムは、サポート終了日を過ぎて特定の従来のマイクロソフト製品を実行する必要があるお客様にとって最後の手段です。 これらは、長期的なソリューションとしてではなく、より新しいサポートされているプラットフォームに移行しながら、セキュリティを維持するための一時的なブリッジとして意図されています。 ESU には、緊急* または重要* なセキュリティ更新プログラムが含まれています。これらの更新プログラムのサポート期間は、製品の拡張サポート終了日の後、最長 3 年間となっています。

拡張セキュリティ更新プログラムは、利用可能な場合に配布されます。 ESU には、新機能、お客様から要求されたセキュリティ以外の更新プログラム、または設計変更要求は含まれておりません

ESU プログラムは、製品のライフサイクルを延長したり、製品のライフサイクルを超えて製品のテクニカル サポートを拡張したりすることはありません。

* Microsoft Security Response Center (MSRC) によって定義されています。

どのような製品が含まれていますか?

ESU の可用性と終了日

製品 延長サポート/ESU 開始日の終了日 ESU (1 年) 終了日 ESU (2 年) 終了日 ESU (3 年) 終了日 セキュリティ ゾーンの種類
SQL Server 2008/R2 (Enterprise、Standard、Datacenter、Web、Workgroup)** 2019 年 7 月 9 日 2020 年 7 月 14 日 2021 年 7 月 13 日 2022 年 7 月 12 日 クリティカル
Windows Embedded 2008 R2 for Embedded Systems 2019 年 7 月 9 日 2020 年 7 月 14 日 2021 年 7 月 13 日 2022 年 7 月 12 日 クリティカル
Windows Server 2008/R2 (Datacenter、Standard、Enterprise)** 2020 年 1 月 14 日 2021 年 1 月 12 日 2022 年 1 月 11 日 2023 年 1 月 10 日 クリティカル、重要
Windows 7 (プロ、企業) 2020 年 1 月 14 日 2021 年 1 月 12 日 2022 年 1 月 11 日 2023 年 1 月 10 日 クリティカル、重要
Windows 7 エンベッドシステム向けプロフェッショナル 2020 年 1 月 14 日 2021 年 1 月 12 日 2022 年 1 月 11 日 2023 年 1 月 10 日 クリティカル、重要
Windows サーバー エンベッド 2008/R2* 2020 年 1 月 14 日 2021 年 1 月 12 日 2022 年 1 月 11 日 2023 年 1 月 10 日 クリティカル、重要
Windows Embedded Standard 7 2020 年 10 月 13 日 2021 年 10 月 12 日 2022 年 10 月 11 日 2023 年 10 月 10 日 クリティカル、重要
Windows Embedded POSReady 7 2021 年 10 月 12 日 2022 年 10 月 11 日 2023 年 10 月 10 日 2024 年 10 月 8 日 クリティカル、重要
Dynamics AX 2009 2022 年 4 月 12 日 Dynamics 365 移行プログラムを介して 2023 年 1 月 10 日まで利用可能な ESU 該当なし 該当なし クリティカル
Dynamics AX 2012/R2 2022 年 4 月 12 日 Dynamics 365 移行プログラムを介して 2023 年 1 月 10 日まで利用可能な ESU 該当なし 該当なし クリティカル
SQL Server 2012 2022 年 7 月 12 日 2023 年 7 月 11 日 2024 年 7 月 9 日 2025 年 7 月 8 日 クリティカル
Windows Server 2012/R2 2023 年 10 月 10 日 2024 年 10 月 8 日 2025 年 10 月 14 日 2026 年 10 月 13 日 クリティカル、重要
SQL Server 2014 2024 年 7 月 9 日 2025 年 7 月 8 日 2026 年 7 月 14 日 2027 年 7 月 12 日 クリティカル

*一部の組み込み製品の拡張セキュリティ更新プログラムは、OEM経由で入手できます。 その他はすべてボリューム ライセンスを使用できます。
** また、Windows Server と SQL Server 2008 および 2008 R2 では、Azure でのみ 1 年間の ESU を使用できます。

拡張セキュリティ更新プログラムを購入せずに、延長サポート日後にサポートを受けることができますか?

拡張セキュリティ更新プログラムを入手し、アクティブなサポート プランを契約しているお客様は、実際の ESU に固有の問題に対するサポートを受けることができます。

  • ESU キー、ライセンス、および更新プログラムのデプロイ、インストール、およびライセンス認証
  • ESU の結果として導入されたバグ/回帰に対するサービス要求

一般的なテクニカル サポートとトラブルシューティングのサポートは、ライフサイクルの終了 (上の表に示した延長サポートの終了日) に達した製品には利用できません。 ESU を購入または使用しても、関連する製品のサポート ライフサイクルは変更されません。

Esus を購入するにはどうすればよいですか?

Azure の場合: 拡張セキュリティ更新プログラムは、Azure の VM に対して無料です。 これらには、Azure Virtual Machines (VM)、専用ホスト、Azure VMware Solution、Nutanix Cloud Clusters on Azure、Azure Stack ポートフォリオなどの宛先が含まれています。 対象のお客様は、Azure Hybrid Benefit (有効なソフトウェア アシュアランスまたはサーバー サブスクリプションをお持ちのお客様がご利用いただける特典) を使用して、Azure Virtual Machines (IaaS) や Azure SQL Database Managed Instance (PaaS) のライセンスに対して割引を受けることができます。

オンプレミス/ハイブリッド環境の場合: 拡張セキュリティ更新プログラムは、特定のボリューム ライセンス プログラムを通じて、または Windows Server および SQL Server 用の Azure Arc 対応サーバーを通じて利用できます。 詳細については、Microsoft パートナーまたはアカウント チームにお問い合わせください。 一部の組み込み製品の ESUs は、組み込みデバイスの製造元から入手できます。 Dynamics 365 クラウド移行オファーを通じて利用可能な ESU の場合、お客様はクラウド サービス プロバイダー (CSP) ライセンス プログラムを介して購入できます。

お客様が ESU をデプロイする場所に関係なく、特定の製品のサポート終了日から最大 3 年間カバレッジが利用可能です。

ユニファイド サポートには Esus が含まれていますか。

いいえ、統合サポートには ESU は含まれません。

ESU 更新プログラムをインストールする方法

Azure の場合: Azure でホストされている適用可能な仮想マシン (VM) が更新プログラムを受信するように構成されている場合、その VM は ESU に対して自動的に有効になり、これらの更新プログラムは無料で提供されます。

オンプレミス/ハイブリッドの場合: お客様は、M365 管理センター ポータルを通じて複数のアクティブ化キーにアクセスするか、Azure Arc 対応サーバーを通じて ESU を直接インストールすることで ESU をインストールできます。 インストールの詳細については、Windows Server の場合はこちら、SQL Server のインストールの場合はこちらを参照してください。

Windows Server および SQL Server 用の ESU

Azure 以外で ESU ライセンスを取得する方法

お客様には、ESU (ESU) のライセンス付与について 2 つのオプションがあります。

  1. Azure Arc 対応サーバー経由: Azure Arc で有効になっている拡張セキュリティ更新プログラムを使用します。
  2. 商用ライセンス: Microsoft 商用ライセンス プログラムを通じて拡張セキュリティ更新プログラム ライセンス (SKU) を取得します。

最大限の柔軟性と利便性を実現するには、Azure Arc 対応サーバーを使用することをお勧めします。

ESU ライセンスは、Microsoft から直接取得することも、EA リセラーや CSP パートナーなどのパートナーから取得することもできます (上記の両方の種類の ESU について、2023 年 10 月 1 日の時点で ESU を販売する資格があります)。

適格性基準

オンプレミスまたはホスト環境で ESU の資格を得るには、サーバーまたはオペレーティング システムが次の前提条件のいずれかを満たしている必要があります。

  1. Enterprise Agreement (EA)、Enterprise Agreement サブスクリプション (EAS)、サーバーおよびクラウド加入契約 (SCE)、または教育ソリューション加入契約 (EES) などのプログラムを通じて取得したアクティブなソフトウェア アシュアランス (SA) プランの対象となる。
  2. クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) を含む任意のプログラムを通じて取得したアクティブなサブスクリプション ライセンスがある。
  3. サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) パートナーを通じて「ライセンス込み」サービスとして取得している。

注:

「ライセンス込み」とは、独自のライセンスを使用するのではなく、SPLA パートナーから Windows Server または SQL Server のライセンスを直接取得したことを意味します。

展開シナリオ

Azure Arc および ESU ライセンス (SKU) で有効になっている ESU は、オンプレミスでデプロイされているか、Azure 以外のクラウド (ホスティング サービス プロバイダーを含む) でデプロイされているかに関係なく、適切にライセンスを取得した任意のサーバーまたはオペレーティング システムに適用できます。 OS を別のクラウドで実行している場合は、基になるソフトウェアのそれぞれのアウトソーシング ポリシーまたはライセンス モビリティ ポリシーに必ず準拠してください。

例:

  1.               SPLA シナリオ: SPLA パートナーからソフトウェアを購入した場合は、ESU ライセンスでカバーできます。
  2.               BYOL シナリオ: アウトソーシング ポリシーまたはライセンス モビリティを通じて独自のライセンスをクラウド ホスティング プロバイダーに持ち込んだ場合は、ソフトウェアを ESU ライセンスでカバーできます。
  3. オンプレミス: ソフトウェアをオンプレミスで実行している場合は、ESU ライセンスでカバーできます。

Azure Arc で有効になっている ESU を使用したライセンス

Windows Server 2012 および 2012 R2 の場合

Windows Server 2012 および 2012 R2 の Azure Arc 対応サーバー経由の ESU を選択する場合、ライセンスには 2 つのオプションがあります。

  1. 仮想コア ライセンス: オペレーティング システムで使用される仮想コアの数に基づいて料金が発生します。 このオプションでは、Standard Edition の料金が使用されます。 複数の VM を運用している場合、コストはすべての VM の仮想コアの合計数に基づいて計算されます。 仮想コア ライセンスには、VM あたり最低 8 コアが必要です。 このオプションは、仮想マシンとして実行されている OS をカバーする場合にのみ使用できます。
  2. 物理コア ライセンス: ホスト オペレーティング システムで使用される物理コアの数に基づいて料金が発生します。 このオプションでは、どちらのエディションも使用できます。 物理コア ライセンスでは、WS Standard ホスト上で実行される最大 2 つのゲスト VM が対象となることに注意してください (追加の VM には、追加の ESU ライセンスが必要です)。 WS Datacenter ホストでは、追加のライセンスを必要とせずに、すべての VM が対象となります。 物理コア ライセンスには、サーバーあたり最低 16 コアが必要です。 このオプションは、物理ホスト、仮想マシン、またはその両方の組み合わせとして実行される OS をカバーするために使用できます。

Azure Arc で有効になっている ESU の場合は、基になるサーバーまたはオペレーティング システムのライセンス付与方法に関係なく、いずれかのライセンス オプションを選択できます。 VM の物理コア ライセンスと仮想コア ライセンスを混在させることもできます。 基になるソフトウェアに対して許可されている仮想化権利に従っていることを確認してください。

サポート終了日後のサインアップに対するバック課金

サポート終了日 (SQL Server 2012 2 年目の場合は 2023 年 7 月 11 日、Windows Server 2012/R2 の場合は 2023 年 10 月 10 日) の後に Azure Arc によって有効になっている ESU に登録したお客様の場合は、サポート終了日以降に登録できなかった月に対して 1 回限りの前払い料金が請求され、月末に請求が行われます。 たとえば、お客様が 2024 年 1 月に登録した場合、最初の月に 2023 年 10 月、11 月、12 月の 1 回限りのバック課金を受け取ることになります。

これは、お客様が ESU を断続的に非アクティブ化した場合にも当てはまります。 たとえば、お客様が 2023 年 10 月に登録し、2023 年 11 月に登録解除し、2024 年 3 月に再登録した場合、再登録により 2023 年 12 月、2024 年 1 月、および 2024 年 2 月のバック課金がトリガーされます。

ディザスター リカバリー特典サーバー

Azure Arc で有効になっている ESU を使用すると、追加コストを発生させることなく、有料の ESU カバレッジを対象となるディザスター リカバリー特典サーバーにリンクできます。 ソフトウェアの基になるディザスター リカバリー特典ポリシーに従っていることを確認してください。

開発環境

Azure Arc で有効になっている ESU を使用すると、Microsoft Developer Edition ライセンスまたは Visual Studio サブスクリプションでライセンス付与された開発インスタンスとテスト インスタンスを追加コストなしでカバーできます。

商用ライセンスを通じた拡張セキュリティ更新プログラム ライセンス (SKU) によるライセンス付与

概要

商用ライセンスを通じて取得した拡張セキュリティ更新プログラム ライセンス (SKU) は、1 年目 ESU、2 年目 ESU、3 年目 ESU などの年間カバレッジ期間に対して有効です。 各 ESU ライセンスにより、特定のサーバーまたはオペレーティング システムは、その SKU で定義された期間 (カレンダーの年ではなく)、セキュリティ更新プログラムを受信できます。 カバレッジの包括的な一覧については、このページの上部にある表を参照してください。

前提条件

ESU の 2 年目および 3 年目ライセンスを取得できるのは、前年の ESU ライセンスも取得している場合のみです。 たとえば、ESU の 2 年目ライセンスを取得する前に、ESU 1 年目も取得する必要があります。

必要な ESU ライセンスの数の決定

ESU ライセンスは、サーバーまたはオペレーティング システムの基になるコア ライセンスの数に対応します。 Windows Server と SQL Server のライセンスは、物理コアまたは仮想コアに基づいて付与できます。 商用ライセンスを通じて販売される ESU の場合、ライセンスは、基になる Windows Server または SQL Server のライセンス付与方法と一致している必要があります。

  • 物理コア ベース: 基になるソフトウェアに対してこのオプションを選択した場合は、サーバー上の物理コアごとに ESU ライセンスが必要になります。 追加のライセンスを必要とせず、ホスト上で実行されている有効なライセンスを付与したすべてのゲスト VM が対象となります (Windows Server および SQL Server ソフトウェア エディションでは、許可されるゲストの数に対して許可される仮想化権利が異なることに注意してください)。Windows Server の物理コア ライセンスには、プロセッサあたり最小 8 コア、サーバーあたり最小 16 コアが必要です。 SQL Server には、プロセッサあたり最小 4 コアが必要です。
  • 仮想コア ベース: 基になるソフトウェアに対してこのオプションを選択した場合は、VM に割り当てられた仮想コアごとに ESU ライセンスが必要になります。 Windows Server の仮想コア ライセンスには、VM あたり最小 8 コアが必要です。 SQL Server には、VM あたり最小 4 コアが必要です。

要約すると、商用ライセンス ESU (SKU) でライセンスを付与する場合、ESU コア ライセンスの数は、基になる Windows Server または SQL Server のライセンス付与方法と一致する必要があります。 また、商用ライセンス ESU を使用する場合は、ESU のエディションが基になるソフトウェアのエディションと一致していることを確認する必要があります。 たとえば、VM に Windows Server Datacenter があり、仮想コア レベルでライセンスを取得する場合は、ESU Datacenter エディションを取得する必要があります。

注:

WS 2012 ライセンスの大部分は、(VM ごとではなく) プロセッサごとまたはコアごとに販売されました。 ESU コアの計算では、各 2 プロセッサ ライセンス (サーバーあたりの最小数) は 16 物理コアに相当することが前提とされます。

例:

  1. 物理コア シナリオ: 物理コア ベースで Windows Server Datacenter のライセンスが付与された 16 コア サーバーを使用しているお客様は、16 ESU Datacenter ライセンスを取得する必要があります。 これは、サーバー上で実行されているゲスト VM の数に関係なく、サーバー全体を対象とします。
  2. 仮想コア シナリオ: 仮想コア ベースで Windows Server Standard のライセンスが付与された 3 つの 8 コア VM を使用しているお客様は、すべての VM をカバーするために、Standard Edition の 24 ESU ライセンスが必要になります。 VM を追加する場合は、それに応じて追加の ESU ライセンスを取得する必要があります。 8 つの仮想コアを超える VM の場合、つまり最小数を超える場合は、すべての仮想コアを合計して正しい価格を取得します。特定のサーバーの基になるライセンスの状態を把握すると、必要な拡張セキュリティ更新プログラムのライセンスの数を正確に判断できます。

ディザスター リカバリー特典サーバー

商用ライセンスによる ESU (SKU) を使用すると、追加のライセンスを取得せずに、対象となるディザスター リカバリー特典サーバーをカバーすることもできます。 ソフトウェアの基になるディザスター リカバリー特典ポリシーに従っていることを確認してください。

開発環境

商用ライセンスによる ESU (SKU) を使用すると、Microsoft Developer Edition ライセンスまたは Visual Studio サブスクリプションでライセンス付与された開発インスタンスとテスト インスタンスを追加コストなしでカバーできます。

価格設定

Azure の場合

ワークロードを Azure に移行するお客様は、サポート終了日から 3 年間、仮想マシンの実行コストを超える追加料金なしで SQL Server 2012、Windows Server 2012 および 2012 R2 の ESU にアクセスできます。 これには現在、Azure 仮想マシン (VM)、専用ホスト、Azure VMware Solution、Nutanix Cloud Clusters on Azure、Azure Stack ポートフォリオなどの Azure の宛先が含まれています。

Azure の ESU の場合、無料 ESU にはソフトウェア アシュアランスは必要ありませんが、Azure ハイブリッド特典にはソフトウェア アシュアランスが必要です。

オンプレミスおよびホスト環境の場合

1 年目: 年間の完全なライセンス価格の 100%*

2 年目: 年間の完全なライセンス価格の 100%

3 年目: 年間の完全なライセンス価格の 100%

* SQL Server 2012 1 年目 ESU は、完全なライセンス価格の 75% でした

完全なライセンス価格は、L+SA 契約のライセンス部分ではなく、ライセンスのみの購入に相当します。

Windows Server 2012/R2 および SQL Server 2012 ESU に関する一般的な質問

SQL Server 2012 および Windows Server 2012/2012 R2 のサポート終了はいつですか?

  • SQL Server 2012 の延長サポートは、2022 年 7 月 12 日に終了しました。
  • Windows Server 2012 および 2012 R2 の延長サポートは、2023 年 10 月 10 日に終了します。

ライフサイクル サポートの期限の詳細については、こちらを参照してください。

後でオンボードし、2012 ESU の 2 年目のみを購入できますか?

いいえ、組織は遅れてオンボードする場合、前の月/年分の ESU を購入する必要があります。

Azure の無料 ESU はどこで入手できますか?

Azure のお客様は、無料の ESU を利用できます。これには、Azure 仮想マシン、Azure 専用ホスト、Azure VMWare Solutions、Nutanix Cloud Clusters on Azure、Azure Stack Hub/Edge/HCI で実行されるワークロードが含まれます。

2008 ESU と比較して、2012 ESU の更新プログラムの種類に変更はありますか?

いいえ、2012 ESU の更新プログラムの種類に変更はありません。 Windows Server では「クリティカル」および「重要」のパッチを配布し、SQL Server では「クリティカル」の更新プログラムを配布します。

「クリティカル」または「重要」と見なされる内容の詳細については、「Security Update Severity Rating System」の Web ページを参照してください。

ESU には、新機能、お客様から要求されたセキュリティ以外の更新プログラム、または設計変更要求は含まれておりません。 ただし、Microsoft では必要に応じて、セキュリティ以外の修正プログラムを含める場合があります。

2008 以降、ESU のお客様向けのテクニカル サポート オプションに変更はありますか?

いいえ、2012 年に ESU のお客様向けのテクニカル サポート オプションに変更はありませんが、ESU のテクニカル サポートが範囲内のセキュリティ更新プログラムに限定されるという認識を明確にしました。

SQL Server 2012、Windows Server 2012/2012 R2 のどのエディションが ESU の対象となりますか?

SQL Server Version 2012 の Enterprise Edition および Standard Edition、Windows Server Version 2008/2008 R2 と 2012/2012 R2 の Standard Edition、Datacenter Edition、および Embedded Edition が、ESU の対象となります。 Windows Server および SQL Server の 2008 R2 バージョンは、X86 (32 ビット) プロセッサをサポートする最終バージョンであり、それ以降のバージョンはすべて x64 のみです。

ESU には何が含まれますか?

SQL Server 2012 の場合: ESU には、サポート終了後最大 3 年間、「クリティカル」と評価されたセキュリティ更新プログラムの提供が含まれます。

              Windows Server 2012/2012 R2 の場合: ESU には、サポート終了後最大 3 年間、セキュリティ更新プログラムと「クリティカル」および「重要」と評価された「Security Update Severity Rating System」の提供が含まれます。

ESU は利用可能になった場合に配布されます。 ESU には、新機能、お客様から要求されたセキュリティ以外の更新プログラム、または設計変更要求は含まれておりません。 ただし、Microsoft では必要に応じて、セキュリティ以外の修正プログラムを含める場合があります。

「クリティカル」または「重要」と見なされる内容の詳細については、MSRC サイトを参照してください

SQL Server 2012 の ESU で「クリティカル」な更新プログラムのみを提供するのはなぜですか?

過去のサポート イベントの終了では、SQL Server はエンタープライズのお客様のコンプライアンス基準を満たすクリティカルなセキュリティ更新プログラムのみを提供しました。 SQL Server では、一般的な月例セキュリティ更新プログラムが提供されません。 Microsoft では、MSRC の「セキュリティ更新プログラム ガイド」にオンデマンドの SQL Server セキュリティ更新プログラム (GDR) のみを提供しています。ここでは、SQL Server が影響を受ける製品として特定されています。

SQL Server の新しい重要な更新プログラムが提供されず、MSRC ではなくお客様によって重要であると見なされる状況が発生した場合、Microsoft ではケースバイケースでお客様と協力して、適切な軽減策を提案します。

CSP プログラムで ESU はいつ購入できるようになりますか?

  • Azure Arc で有効になっている ESU: 2023 年 9 月 1 日。
  • ライセンス (Azure Arc 以外の) ESU: 2023 年 10 月 1 日。

お客様とパートナーは、CSP プログラムを通じて購入した ESU をどのように使用できますか?

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) パートナーは、Windows Server および SQL Server のサポート終了バージョン用の ESU を提供できるようになります。  これにより、お客様は、オンプレミスのデプロイや、承認されたホストで実行されるアウトソーシング環境内で ESU の対象となるライセンスを使用する権利が得られます。 お客様は、SPLA パートナーまたは CSP ホストから取得した「ライセンス込み」ワークロードに ESU ライセンスを適用することもできます。

オンプレミスで ESU を取得するために、お客様はすべてのオンプレミス サーバーをアクティブなソフトウェア アシュアランスでカバーする必要がありますか?

いいえ、お客様は、ESU に必要な数の 2012/2012 R2 オンプレミス サーバーをソフトウェア アシュアランスでカバーすることを選択できます。

お客様は、SQL Server Express Edition または Developer Edition の ESU を購入できますか?

いいえ。 お客様は、SQL Server Express Edition または Developer Edition の ESU を購入できません。 ただし、ワークロードを Azure に移行し、Azure サブスクリプションの使用コストを超える追加料金なしで ESU を取得できます。 また、SQL Server 運用ワークロード用の ESU を使用しているお客様は、開発およびテストの目的でのみ、SQL Server Developer Edition を実行しているサーバーに更新プログラムを適用することができます。

ESU の対象となるサーバーにアクセスするには、CAL にソフトウェア アシュアランスが必要ですか?

はい、お客様は、CAL 用のアクティブなソフトウェア アシュアランス (または同等のサブスクリプション ライセンス) と、アクティブな ESU カバレッジを持つサーバーへのアクセスを許可するエクスターナル コネクタ ライセンスを持っている必要があります。 ただし、CAL またはエクスターナル コネクタ ライセンスには、ESU カバレッジは必須ではなく、利用可能でもありません。

SQL Server 2012 のお客様が ESU の特典を活用するには、最新の Service Pack を実行する必要がありますか?

はい、お客様が ESU を適用するには、最新の Service Pack を使用した SQL Server 2012 を実行する必要があります。 Microsoft では、最新の Service Pack に適用できる更新プログラムのみを生成します。

ソフトウェア アシュアランスのない SQL Server 2012 および Windows Server 2012/2012 R2 のお客様にはどのようなオプションがありますか?

ソフトウェア アシュアランスを使用していないお客様の場合、ESU にアクセスするための代替オプションは、Azure に移行することです。 変動するワークロードの場合は、いつでもスケールアップまたはスケールダウンできる従量課金制で Azure に移行することをお勧めします。 予測可能なワークロードの場合は、サーバー サブスクリプションと予約インスタンスを通じて Azure に移行することをお勧めします。

オンプレミスに留まる必要があるお客様は、これらのプログラムによるソフトウェア アシュアランスに加えて、EAS、EES、CSP によるアクティブなサーバー サブスクリプションや、EA または SCE によるライセンスを使用している場合に ESU を購入できます。 また、EA、EAS、SCE、EES、または CSP によるサブスクリプションによる製品ライセンスに加え、Open、Select、または MPSA 契約によるソフトウェア アシュアランスを使用することもできます。 ライセンスとソフトウェア アシュアランスは、同じ契約に基づく必要はありません。

サーバーを Azure に移行する必要がある期限はありますか? それともお客様はサポート終了日まで待つことができますか?

Windows Server 2012/R2 または SQL Server 2012 のワークロードの Azure への移行に期限はありません。 ただし、ESU を逃さないように、サポート終了日までに移行を完了することをお勧めします。 お客様が 1 年間の ESU カバレッジを逃した場合、現在の期間のカバレッジを購入すると同時に、前年のカバレッジも購入できます。

サポート終了日の詳細については、「製品およびサービスのライフサイクル情報の検索 -- Microsoft ライフサイクル | Microsoft Docs」を参照してください。

お客様は、オンプレミス環境用の ESU を使用して、Visual Studio (MSDN) サブスクリプションに基づいてライセンスが付与された非運用サーバーをカバーできますか?

運用サーバー用の ESU を購入したお客様は、Visual Studio (MSDN) サブスクリプションに基づいてライセンスが付与されたサーバーにそれらのセキュリティ更新プログラムを追加費用なしで適用することもできます。 お客様がカバーできる MSDN サーバーの数に制限はありません。 運用サーバー用の ESU を購入した場合、それらの更新プログラムは任意の数の MSDN サーバーに適用できます。

このオファーは、プレミアム アシュアランスに代わるものですか?

プレミアム アシュアランスは利用できなくなりましたが、既に購入したお客様にはプレミアム アシュアランスの条件が適用されます。

既存のライセンスが Select のソフトウェア アシュアランス付き、または Microsoft 製品およびサービス契約を通じて購入された場合でも、対象となる別の契約に基づいて ESU を購入できますか?

ESU の前提条件として、ソフトウェア アシュアランスが必要です。 ソフトウェア アシュアランスまたは同等のサブスクリプションを使用している場合 (登録/プログラムの種類が異なる場合でも)、Microsoft Enterprise Agreement (EA)、Enterprise Agreement サブスクリプション (EAS)、またはサーバーおよびクラウド加入契約 (SCE) でソフトウェア アシュアランス対象サーバーの ESU を購入できます。

ソフトウェア アシュアランスが期限内に更新されなかった場合、またはまったく更新されなかった場合はどうなりますか?

ESU カバレッジはソフトウェア アシュアランス カバレッジと同時に終了する必要はありませんが、お客様は、特定の年の ESU カバレッジを購入する時点で、対象となるソフトウェア アシュアランス カバレッジが少なくとも 1 か月残っている必要があります。

Windows Server OEM ライセンスを使用しているお客様が ESU を追加する必要がある場合はどうなりますか?

ESU は、Enterprise Agreement (EA)、エンタープライズ サブスクリプション契約 (EAS)、サーバーおよびクラウド加入契約 (SCE)、教育ソリューション加入契約 (EES) に基づくアクティブなソフトウェア アシュアランスを使用するお客様や、CSP などのプログラムを介したサブスクリプションを使用するお客様が購入できます。

プレインストールされた Windows Server で実行されているアプリは、サポートされている OS バージョンまたは Azure 上の Windows Server に移行することをお勧めします。

ESU のサポートに関する質問

ESU の購入時にテクニカル サポートは含まれていますか?

ESU のテクニカル サポートは、ESU の一部として受け取ったセキュリティ更新プログラムに限定されます。これには、ESU キーや ESU 更新プログラムのデプロイとインストール、および ESU 更新による回帰のサポートが含まれます。

お客様はサポート終了日以降、ESU を購入せずに SQL Server 2012 または Windows Server 2012/2012 R2 のテクニカル サポートを受けられますか?

いいえ。 お客様が ESU のない SQL Server 2012 または Windows Server 2012/2012 R2 を使用している場合、サポート プランがあってもサポート チケットをログに記録することはできません。

ESU を使用する製品のサポートを要求する場合、どのようなサポートが期待されますか?

お客様が ESU を購入し、既存のサポート プランを使用している場合:

シナリオ: お客様は、ESU キーのインストール、ライセンス、ライセンス認証に関するサポート チケットを開くことができます。
応答: はい

シナリオ: お客様は ESU 更新プログラムのインストールに関するサポート チケットを開くことができます
応答: はい

シナリオ: お客様は、ESU のインストールによって発生した問題に関するサポート チケットを開くことができます
応答: はい、問題が ESU によって発生していると判断された場合、サポート チームがお客様に代わってバグを報告します。

シナリオ: サポート チームは、ESU 自体に関連しない一般的な製品機能やトラブルシューティングのサポートを提供します。
応答: いいえ

このプログラムは、指定された製品とそれに付属するコンポーネントのみを対象としています。 明示的に記載されていない限り、このプログラムの範囲は、お客様が対象製品上で実行している、または対象製品と共に実行している他の製品やツールには拡張されません。

Microsoft では、お客様が拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) を購入した際に、ESUに関連しない問題のトラブルシューティングをサポートしますか?

その必要はありません。 ESU プログラムでは、製品のテクニカル サポートを延長しません。

ユニファイド サポートには Esus が含まれていますか。

いいえ、お客様は ESU を別途購入する必要があります。 ESU のコストは、Unified Support 契約の価格計算には含まれません。 ただし、統合サポートと ESU をご利用のお客様は、ESU 自体に直接関連する問題 (ESU のライセンス、ライセンス認証、インストールなど) についてテクニカル サポートを要求できます。

ESU の限定的なテクニカル サポートについて、お客様はどのように確認されますか? また、サポート インシデントをオンラインで送信できますか?

すべてのお客様は、契約番号を添えて Microsoft サポートに電話し、ESU を取得していることを確認する必要があります。 ESU のお客様向けにサポート インシデントが作成されます。 Services Hub では、サポートが終了した製品がドロップダウン メニューに表示されません。

Tech Router は、誰が ESU を購入したかをどのようにして知るのでしょうか?

検証プロセスを完全に自動化する取り組みを続けると、お客様が ESU を購入したかどうかが Tech Routerによって検証されます。 お客様が検証されると、ケースが作成され、ESU テクニカル サポートの適切なキューに転送されます。 お客様は、検証のために Enterprise Agreement 番号または完全な顧客名を指定する必要があります。

新しい機能が必要な問題がお客様に発生した場合、どのようなサポートが期待されますか?

調査の結果、解決するには最近のリリースで利用可能な製品の機能拡張が必要であると判断された場合、その機能が既に利用可能な最新のリリースにアップグレードするようお客様に要求されます。 SQL 2012、Windows Server 2012/2012 R2 に対しては、新しい製品の機能拡張は行われません。

ESU の対象となるオペレーティング システム イメージに対してオフライン サービスは使用できますか?

いいえ。 Windows 7、Windows Server 2008/R2、および 2012/R2 用の拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) には、オンライン サービスが必要です (更新プログラムを取得するイメージで起動します。詳細については、「オンライン サービス」を参照してください)。

ESU は、オフライン サービス モードではサポートされていません。 オフライン サービス モードで ESU を適用すると、エラーが生成され、更新は失敗します。

ESU はどのように配布されますか?

Azure では、ESU は自動的に適用されます。

オンプレミス環境とホスト環境では、ESU を取得するには 2 つのオプションがあります。

  1. Azure Arc 対応サーバーによって有効になる ESU。Azure portal 経由でマシンを Windows Server 2012/R2 または SQL Server 2012 ESU に登録し、Azure Arc 対応サーバー経由で接続し、Azure の課金サービスとして料金を支払うことができます。 これらの ESU に対して月額料金を支払います。 キーは必要ありません。新しい Azure サブスクリプションではすべての認証を実行し、キーの取得、デプロイ、管理の必要性を置き換えます。 さらに、インベントリ ビューには、Azure Arc で有効になっているすべての Windows および SQL Server マシンの拡張セキュリティ更新プログラムのカバレッジが表示されます。詳細については、こちらを参照してください。

  2. ESU は、Windows Update、Windows Server Update Service、カタログを通じて入手できます。 Wsusscn2.cab には ESU も含まれており、拡張セキュリティ更新プログラムの期間中に使用できます。 最新の Wsusscn2.cab ファイルは、Download Wsusscn2.cab からダウンロードできます。

Azure 上の ESU

無料 ESU の対象となる Azure の宛先は何ですか?

これには現在、Azure 仮想マシン (VM)、専用ホスト、Azure VMware Solution、Nutanix Cloud Clusters on Azure、Azure Stack HCI などの Azure の宛先が含まれています。

お客様は、SQL Server 2012 だけでなく、Windows Server 2012/2012 R2 バージョンでも Azure ハイブリッド特典を活用できますか?

はい、アクティブなソフトウェア アシュアランスまたは同等のサーバー サブスクリプションを使用しているお客様は、Azure ハイブリッド特典を活用できます。

              SQL Server: お客様は、Azure SQL Managed Instance、Azure Virtual Machines、およびハイブリッド環境の Azure Arc で有効化された Azure SQL Managed Instance 上で実行される SQL Server の既存のオンプレミス ライセンス投資を割引価格で活用できます。

Windows Server: お客様は、既存のオンプレミス ライセンスへの投資を活用して、Azure Virtual Machines を節約できます。

Azure IaaS への移行を選択したお客様は、SQL Server と Windows Server に対する Azure ハイブリッド特典の節約を組み合わせてコストをさらに削減できます。

お客様は Azure Government リージョンで無料の ESU を取得できますか?

はい、ESU は Azure Government リージョンの Azure 仮想マシンで使用できるようになります。

2012/2012 R2 サーバー ワークロードをホスト環境で実行している場合、ESU のテクニカル サポートを受けるにはどうすればよいですか?

ESU オファーには、セキュリティ更新プログラムの範囲を超えるテクニカル サポートは含まれません。 SPLA 経由で Windows Server 2012/2012 R2 または SQL Server 2012 を購入したお客様は、SPLA プロバイダーに問い合わせる必要があります。そのプロバイダーではパートナー サポート契約を使用できます。 SPLA を通じて購入した場合、お客様は Microsoft に直接問い合わせることはできません。

オンプレミスおよびその他のクラウド/ホスティング環境の ESU

Azure Arc 対応サーバー ソリューションはサード パーティの更新ツール (SolarWinds や Qualys など) で動作しますか?

はい。ESU の配信には、ファースト パーティまたはサード パーティのソリューションを柔軟に使用できます。 一般的な修正プログラムのソリューションとしては、Azure の Update Management Center、Systems Center Configuration Manager、Qualys、SolarWinds、Tanium などがあります。

完全にオフラインで操作する必要があり、Azure に接続できない場合は、ESU をどのようにデプロイすればよいですか?

Azure Arc 対応サーバーは、接続の断続的な損失に対処できますが、30 日間で少なくとも 1 回は接続する必要があります。 Azure Arc 対応サーバーでは、接続オプションとしてパブリック エンドポイント、プロキシ サーバー、プライベート リンクがサポートされています。 切断されたシナリオで ESU が必要な場合は、ESU キーを手動で適用する必要があります。 詳細については、こちらを参照してください

Azure Arc で有効になっている SQL Server 2012 の ESU にサインアップするにはどうすればよいですか?

Azure Arc サブスクリプションで有効になっている SQL Server 2012 の ESU をアクティブ化するには、次の手順に従います。

  1. 1 年間の ESU を購入していることを確認します。
  2. デプロイ オプションのいずれかを使用して Azure Arc に登録したいインスタンスをオンボードし、ライセンスをソフトウェア アシュアランスに設定します。
  3. 接続されている各コンピューターで [SQL Server 構成] ブレードを使用して ESU をアクティブ化します。

Azure Arc で有効になっている SQL Server ESU は、請求書にどのように記載されますか?

Azure Arc で有効になっている SQL Server ESU には、2023 年 6 月 26 日以降いつでもサインアップできますが、課金は 2023 年 9 月 1 日以降に自動的に開始されます。 ESU サブスクリプションがアクティブ化された時点から保護が開始されるため、できるだけ早くサインアップすることをお勧めします。

毎月の請求額には、エディション、ESU に登録したサーバー コアの合計数、月の日数に基づく拡張セキュリティ更新プログラム サブスクリプションの合計金額が表示されます。

サブスクリプションの途中で Azure に移行する場合、ESU サブスクリプションをキャンセルするにはどうすればよいですか?

次の場合、ESU の料金はすぐに停止します。

  1. 何らかの理由でサブスクリプションを手動でキャンセルした場合。
  2. SQL サーバーを Azure に移行した場合。手動キャンセルは必要ありません。
  3. SQL サーバーを新しいバージョンにアップグレードした場合。手動キャンセルは必要ありません。

Azure への移行や新しいバージョンへのアップグレードを行わずに ESU をキャンセルするか、サブスクリプションを解除すると、課金がすぐに停止され、それ以降はパッチにアクセスできなくなります。

ESU の製品および実装に関する質問

オフライン ライセンス認証を実行するにはどうすればよいですか?

Win7/Server 2008 R2 および 2012/R2: ESU の前提条件の更新プログラムをインストール (ブログを参照) した後で、次の手順に従って電話によるライセンス認証を行うことができます。

Windows Server 2008 SP2: 今後のリリースでサポートされる予定ですが、同じ手順が適用されます。

  1. Slmgr.vbs /ipk < ESUs MAK Key> でプロダクト キーをインストールします
  2. 対応する ESU ライセンス認証 ID を使用して、ESU キーのインストール ID を取得します (各プログラムの ESU ライセンス認証 ID のブログを参照してください)。 例:
    C:\Windows\system32>slmgr /dti 77db037b-95c3-48d7-a3ab-a9c6d41093e0
    Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
    Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved。
    Installation ID: 003842447833058154105433619200708862559816407110910340
  3. インストール ID を取得したら、お住まいの地域の Microsoft ライセンス認証センターに問い合わせてください。確認 ID を取得する手順が案内されるので、メモします。
  4. Slmgr /atp <確認 ID><ESU ライセンス認証 ID> を使用して、上記の手順で取得した確認 ID で ESU SKU のライセンスを認証します。
    C:\Windows\system32>slmgr /atp
    77db037b-95c3-48d7-a3ab-a9c6d41093e0
    Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
    Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved。
    製品 77db037b-95c3-48d7-a3ab-a9c6d41093e0 の確認 ID が正常に入金されました。
    この手順の後で、ESU ライセンスは正常に認証されます (slmgr /dlv <ESU ライセンス認証 ID> にライセンス認証済みと表示されます)。

入れ子になった VM で ESU を取得するにはどうすればよいですか?

入れ子になった VM で ESU を取得するには、Azure 上で実行している場合でも、最上位のゲスト VM (入れ子になった VM) に ESU キーをインストールしてアクティブ化する必要があります。 ESU (Windows Server 2008/2008 R2、2012/2012 R2、と Windows 7 の両方) を購入してアクティブ化する方法の詳細な手順については、Tech Community のこのブログ投稿を参照してください

2012 環境のインベントリを作成するための推奨ツールはありますか?

お客様は、ソフトウェアおよびハードウェアのインベントリに優先するツールを使用できます。 Azure Migration Center サイトで、Microsoft およびパートナーが提供するインベントリ ツールへのリンクを見つけてください。

VMware ベースのワークロードをオンプレミスから Azure に移行するためのオプションは何ですか?

お客様は、Azure Site Recovery を使用するか、多くのパートナー ツールを使用して、オンプレミスの VMware ベースの仮想マシンから Azure 仮想マシンにワークロードを移行できます。 もう 1 つのオプションは、専用ホスティング エクスペリエンスを提供する新しい VMware on Azure ソリューションです。

Server 2012 のお客様が独自のライセンス持ち込み (BYOL) を必要とする場合、ソフトウェア アシュアランス カバレッジを取得する必要がありますか?

はい、お客様は、ライセンス モビリティ プログラムの一部として Azure 仮想マシン上の SQL Server の BYOL プログラムを使用するには、ソフトウェア アシュアランスを取得している必要があります。 ソフトウェア アシュアランスを使用していないお客様には、2008 環境の Azure SQL Managed Instance に移行することをお勧めします。 お客様は、従量課金制の Azure 仮想マシンに移行することもできます。 コアごとに SQL のライセンスが付与されているソフトウェア アシュアランスのお客様には、Azure ハイブリッド特典を使用して Azure に移行するオプションもあります。

Azure SQL Managed Instance は、オンプレミスの SQL Server とほぼ 100% の互換性を提供する Azure のサービスです。 Managed Instance は、組み込みの高可用性/ディザスター リカバリー機能に加えて、インテリジェントなパフォーマンス機能とオンザフライでスケールする機能を提供します。 また、Managed Instance は、手動によるセキュリティ パッチ適用やアップグレードの必要性を排除する、バージョンレスのエクスペリエンスも提供します。 BYOL プログラムの詳細については、「Azure の価格ガイダンス」ページを参照してください。

現在 Windows Server 2012/R2 または SQL Server 2012 で実行されているアプリケーションが、Azure で実行されるのか、それとも新しいバージョンの Windows Server または SQL Server で実行されるのかをお客様はどのように確認できますか?

Azure 上で実行されている Windows Server インスタンス (VMware や Nutanix ソリューションなど) と、Azure 接続デバイスである Azure Stack Hub および Azure Stack HCI は、無料 ESU の対象となります。

SQL Server および Windows Server 2012 で実行されているアプリは、通常、アプリケーション コードを変更せずに Azure に再ホストできます。 Azure またはオンプレミスでアップグレードする準備ができているお客様は、Azure Marketplace カタログを確認したり、ソフトウェア ベンダーに相談して、Windows Server および SQL Server のすべてのバージョンでサポートされているアプリのマトリックスを見つけることができます。

注:

Windows Server を使用する通常の VM とクラシック VM の両方がサポートされています。

お客様は、サーバー アプリケーションを移行する前に、アプリケーション インフラストラクチャを評価する必要があります。 Azure Migration Center では、推奨されるプロセスの詳細について説明します。また、Azure Migrate などのサービスを活用して、Azure でアプリケーション インフラストラクチャを実行するためのコスト見積もりなど、準備状況の評価を完了する方法についても説明します。 さらに質問がある場合は、Microsoft パートナー、Microsoft サービス、またはアカウント チームと協力して、アプリケーションの準備状況を評価してください。

お客様は Windows Server Update Services を Microsoft Update サイトと同期することで ESU をダウンロードできますか? それともオンライン カタログからインポートする必要がありますか?

ESU は、Windows Update、Windows Server Update サービス、カタログなどの通常のすべてのチャネルを通じて引き続き入手できます。 オンライン カタログから Windows Server Update Services (WSUS) にインポートする必要はありません。

Windows Server Update Services が WS 2012 / 2012 R2 の ESU を承認していても、ESU キーをライセンス認証していない場合、Windows Update によってエラーが発生しますか?

更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) では適用できないものとして表示されます。 カタログから ESU を手動でインストールしようとすると、インストールに失敗します。 また、ESU がアクティブ化されたデバイスと ESU がアクティブ化されていないデバイスは、パッチをデプロイするために同じコンピューター グループに存在できることに注意してください。

サポート終了日後に SQL Server セキュリティ更新プログラムをインストールする代わりに、サードパーティのアプリケーション制御ソリューションを使用して SQL Server 環境を保護できますか?

サードパーティのアプリケーション制御ソリューションは、製品のセキュリティ修正プログラムに代わるものではありません。

Azure Stack で ESU を取得できる SQL Server と Windows Server のバージョンは何ですか?

SQL Server 2012 ESU は、Azure Stack でサポートされます。 Windows Server 2012、2012 R2 は、Azure Stack でサポートされます。

共有ストレージを通じて SQL Server 2012 クラスターを使用しているお客様にとって、Azure に移行するためのガイダンスは何ですか?

Azure では現在、共有ストレージ クラスタリングをサポートしていません。 Azure 上で高可用性 SQL Server インスタンスを構成する方法については、SQL Server の高可用性に関するこのガイドを参照してください。

その他のリソース

詳細情報を教えてください。

ドキュメント

Windows Server の ESU の取得方法

SQL Server の ESU の取得方法

              対象となる Windows デバイスの拡張セキュリティ更新プログラムを入手 - Microsoft コミュニティ ハブ

Microsoft ライフサイクル ポリシー | Microsoft Learn

すべての Azure Arc 対応サーバーの Learn ドキュメント:

Azure Arc を使用した Windows Server 2012 用の拡張セキュリティ更新プログラムを配信する準備をする方法 - Azure Arc | Microsoft Learn

Windows Server 2012 の拡張セキュリティ更新プログラムのライセンス プロビジョニング ガイドライン - Azure Arc | Microsoft Learn

Azure Arc を使用した Windows Server 2012 の拡張セキュリティ更新プログラムの課金サービス - Azure Arc | Microsoft Learn

Windows Server 2012 用の拡張セキュリティ更新プログラムを配信する - Azure Arc | Microsoft Learn

Azure Arc 拡張セキュリティ更新プログラムのライセンスをプログラムによってデプロイおよび管理する - Azure Arc | Microsoft Learn

Azure Arc を使用した Windows Server 2012 の拡張セキュリティ更新プログラムの配信に関するトラブルシューティング方法 - Azure Arc | Microsoft Learn

価格 -- Azure Arc | Microsoft Azure

KB5031043: 延長サポートが 2023 年 10 月 10 日に終了した後もセキュリティ更新プログラムを受け取り続ける手順 - Microsoft サポート

Windows Server 2012/R2: 拡張セキュリティ更新プログラム | Windows IT Pro ブログ (microsoft.com)

ESU に関するその他のお客様向け製品に関する FAQ