Share via


System Center 2012 Configuration Managerから変更された内容

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

Configuration Managerの現在のブランチでは、System Center 2012 Configuration Managerから重要な変更が導入されています。 この記事では、現在のブランチの元のベースライン バージョン 1511 で見つかった重要な変更と新機能Configuration Manager示します。 Configuration Managerの最近の更新で導入された変更については、「Configuration Manager増分バージョンの新機能」を参照してください。

注:

2019年10月以降、Configuration ManagerはMicrosoft Intune製品ファミリの一部です。 詳細については、「Microsoft Configuration Manager FAQ」を参照してください。

Configuration Manager の 2015 年 12 月のリリース (バージョン 1511) は、Microsoft からの現在のConfiguration Manager製品の最初のリリースでした。 通常、現在のブランチConfiguration Managerと呼ばれます。 現在のブランチ は、このバージョンが製品の増分更新をサポートすることを示します。 また、このリリースと以前のリリースのConfiguration Managerを区別する方法も提供します。

現在のブランチConfiguration Manager:

  • Configuration Manager 2007 や System Center 2012 Configuration Managerなどの以前のバージョンとは異なり、製品名に年または製品識別子を使用しません。

  • 製品内の増分更新プログラム (更新バージョンとも呼ばれます) をサポートします。 最初のリリースはバージョン 1511 でした。 以降のバージョンは、バージョン 1910 など、コンソール内の更新プログラムとして年に数回リリースされます。

  • ベースライン バージョンを使用してインストールされます。 1511 は元のベースライン バージョンでしたが、新しいベースライン バージョンも 2203 のように随時リリースされます。 ベースライン バージョンは、新しいConfiguration Managerサイトと階層をインストールしたり、サポートされているバージョンの System Center 2012 Configuration Managerからアップグレードしたりするために使用できます。

コンソール内の更新プログラム

Configuration Managerでは、更新 とサービスと呼ばれるコンソール内サービス メソッドを使用します。これにより、推奨される更新プログラムを簡単に見つけてインストールできます。

一部のバージョンは、Configuration Manager コンソール内から既存のサイトの更新プログラムとしてのみ使用できます。 これらの更新プログラムを使用して、新しいConfiguration Manager サイトをインストールすることはできません。 たとえば、2111 更新プログラムは、Configuration Manager コンソール内からのみ使用できます。 これは、サポートされているバージョンのConfiguration Managerを既に実行しているサイトを更新するために使用されます。

定期的に、更新プログラムのバージョンも新しい ベースライン バージョンとしてリリースされます。 たとえば、更新バージョン 2203 もベースラインです。 ベースライン バージョンを使用して、新しいサイトまたは階層をインストールします。 2111 などの古いベースライン バージョンから始めず、最新バージョンにアップグレードしてください。 常に最新のベースラインを使用します。

詳細については、次の記事を参照してください。

サービス接続ポイント

現在のブランチConfiguration Manager、新しいサイト システムの役割であるサービス接続ポイントが含まれています。

  • 多くのクラウド対応機能の窓口

  • サイトの更新プログラムをダウンロードする

  • サイトに関する診断データと使用状況データを Microsoft クラウドにアップロードします

このサイト システムの役割は、オンラインモードとオフライン操作モードの両方をサポートします。 詳細については、「 サービス接続ポイントについて」を参照してください。

診断と使用状況データ

Configuration Managerは、サイトとインフラストラクチャに関する診断データと使用状況データを収集します。 この情報は、サービス接続ポイントによってコンパイルされ、Microsoft クラウド サービスに送信されます。 Configuration Managerでは、このデータが環境に適用される更新プログラムをダウンロードする必要があります。 サービス接続ポイントを設定するときに、収集するデータのレベルと、データを自動的に (オンライン) または手動 (オフライン) で送信するかどうかを指定できます。

詳細については、「 診断と使用状況データ」を参照してください。

非推奨の機能

Intel Active Management Technology (AMT) ベースのコンピューターのネイティブ サポートなどの一部の機能は、Configuration Manager コンソールから削除されます。 ネットワーク アクセス保護などのその他の機能は完全に削除されます。 さらに、Windows Vista、Windows Server 2008、SQL Server 2008 など、一部の古い Microsoft 製品はサポートされなくなりました。

非推奨の機能の一覧については、「 削除された項目と非推奨の項目」を参照してください。

サポートされている製品、オペレーティング システム、および構成の詳細については、「 サポートされている構成」を参照してください。

Intel Active Management Technology (AMT) のサポート

現在のブランチConfiguration Manager、Configuration Manager コンソール内から AMT ベースのコンピューターのネイティブ サポートが削除されます。 AMT ベースのコンピューターは、Microsoft Configuration Manager用 Intel SCS アドオンを使用する場合、フル マネージドのままです。 アドオンを使用すると、AMT を管理するための最新の機能にアクセスできますが、これらの変更を組み込むConfiguration Managerまで発生する制限は削除されます。

Configuration Manager用の統合 AMT の削除には、帯域外管理が含まれます。 帯域外管理ポイントサイト システムの役割は使用できなくなりました。

注:

この変更は、System Center 2012 Configuration Managerの帯域外管理には影響しません。

機能の変更

次のセクションでは、System Center 2012 R2 Configuration Managerとバージョン 1511 バージョンの現在のブランチとの間の機能領域の重要な変更点Configuration Managerまとめます。 機能の最新の変更の詳細については、「 増分バージョンの新機能」を参照してください。

クライアント展開

Configuration Managerでは、サイトの残りの部分を新しいソフトウェアでアップグレードする前に、Configuration Manager クライアントの新しいバージョンをテストするための新機能が導入されています。 新しいクライアントをパイロットする運用前コレクションを設定できます。 運用前の新しいクライアント ソフトウェアに満足したら、クライアントを昇格して、サイトの残りの部分を新しいバージョンで自動的にアップグレードできます。

クライアントをテストする方法の詳細については、「 運用前のコレクションでクライアントのアップグレードをテストする方法」を参照してください。

OS の展開

OS の展開に対する次の変更に注意してください。

  • タスク シーケンスの作成ウィザードでは、新しいタスク シーケンスの種類として、 オペレーティング システムをアップグレード パッケージからアップグレードできます。 以前のバージョンの Windows から Windows 10 以降にコンピューターをアップグレードする手順が作成されます。 詳細については、「 Windows を最新バージョンにアップグレードする」を参照してください。

  • オペレーティング システムを展開するときに、Windows PE ピア キャッシュを使用できるようになりました。 OS を展開するタスク シーケンスを実行するコンピューターでは、配布ポイントからコンテンツをダウンロードするのではなく、Windows PE ピア キャッシュを使用してピア キャッシュ ソースからコンテンツを取得できます。 この動作は、ローカル配布ポイントがないブランチ オフィスのシナリオで WAN トラフィックを最小限に抑えるのに役立ちます。 詳細については、「 WAN トラフィックを減らすために Windows PE ピア キャッシュを準備する」を参照してください。

  • 環境内のサービスとしての Windowsの状態を表示できるようになりました。 また、展開リングを形成するサービス プランを作成し、新しいビルドがリリースされたときにWindows 10以降のコンピューターが最新の状態に保たれるようにすることもできます。 さらに、Windows クライアントがビルドのサポート終了に近づくときのアラートを表示できます。 詳細については、「サービスとしての Windowsの管理」を参照してください。

アプリケーションの管理

アプリケーション管理に対する次の変更に注意してください。

  • Configuration Managerを使用すると、Windows 10 以降を実行しているデバイス用にユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリを展開できます。 詳細については、「 Windows アプリケーションの作成」を参照してください。

  • ソフトウェア センターには、新しい最新の外観があります。 以前はアプリケーション カタログにのみ表示されていたユーザーが利用できるアプリが、[アプリケーション] タブの [ソフトウェア センター] に表示されるようになりました。この動作により、これらのデプロイが検出しやすくなり、ユーザーが別のアプリケーション カタログを参照する必要が生じやすくなります。 さらに、Silverlight 対応ブラウザーは不要になりました。 詳細については、「 アプリケーション管理の計画と構成」を参照してください。

  • MDM アプリケーションの種類を使用した新しい Windows インストーラーを使用すると、Windows 10 以降を実行する登録済み PC に Windows インストーラー ベースのアプリを作成して展開できます。 詳細については、「 Windows アプリケーションの作成」を参照してください。

  • Configuration Manager 2012 では、Windows ストア内のアプリへのリンクを指定するには、リンクを直接指定するか、アプリがインストールされているリモート コンピューターを参照します。 現在のブランチConfiguration Managerでもリンクを直接入力できますが、参照コンピューターを参照する代わりに、Configuration Manager コンソールからアプリのストアを直接参照できます。

ソフトウェア更新プログラム

ソフトウェア更新プログラムに対する次の変更に注意してください。

  • Configuration Managerコンピューターのソフトウェア更新プログラム管理方法の違いを検出できるようになりました。 具体的には、Windows Update for Business (WUfB) に接続する Windows コンピューターと、WSUS に接続されているコンピューターを区別できます。 UseWUServer 属性は新しく、コンピューターを WUfB で管理するかどうかを指定します。 コレクション内のこの設定を使用して、これらのコンピューターをソフトウェア更新プログラムの管理から削除できます。 詳細については、「Windows Update for Business との統合」を参照してください。

  • Configuration Manager コンソールから WSUS クリーンアップ タスクをスケジュールして実行できるようになりました。 [ソフトウェア更新ポイント コンポーネントのプロパティ] で、WSUS クリーンアップ タスクの実行を選択すると、次のソフトウェア更新プログラムの同期時に実行されます。 期限切れのソフトウェア更新プログラムは WSUS サーバーで拒否された状態に設定され、コンピューター上のWindows Update エージェントは、これらのソフトウェア更新プログラムをスキャンしなくなります。 詳細については、「 WSUS クリーンアップ タスクをスケジュールして実行する」を参照してください。

コンプライアンス設定

コンプライアンス設定に対する次の変更に注意してください。

  • Configuration Managerは、構成項目を作成するためのワークフローを改善します。 ここで、構成項目を作成し、サポートされているプラットフォームを選択すると、そのプラットフォームに関連する設定のみが使用できるようになります。 「コンプライアンス設定の概要」を参照してください。

  • 構成項目の作成ウィザードを使用すると、作成する構成項目の種類を簡単に選択できるようになりました。 さらに、次の新しい構成項目と更新された構成項目を使用できます。

    • Configuration Manager クライアントで管理されているWindows 10以降のデバイス

    • Configuration Manager クライアントで管理されている mac OS X デバイス

    • Configuration Manager クライアントで管理される Windows デスクトップコンピューターとサーバー コンピューター

    • Configuration Manager クライアントなしで管理されるWindows 8.1およびWindows 10以降のデバイス

    詳細については、「 構成項目を作成する方法」を参照してください。

  • Configuration Manager クライアントなしで管理される macOS X コンピューターでの設定管理のサポート。

オンプレミスモバイルデバイス管理

オンプレミスのConfiguration Manager インフラストラクチャを使用して、モバイル デバイスを管理できるようになりました。 すべてのデバイスと管理データはオンプレミスで処理され、Microsoft Intuneやその他のクラウド サービスの一部ではありません。 この種類のデバイス管理には、クライアント ソフトウェアは必要ありません。 Configuration Managerは、デバイス OS に組み込まれている機能を持つデバイスを管理します。

詳しくは、「オンプレミス インフラストラクチャを使用したモバイル デバイスの管理」をご覧ください。

次の手順

増分バージョンの新機能