次の方法で共有


Desktop Analytics とは

重要

Desktop Analytics は非推奨となり、2022 年 11 月 30 日に廃止されます。 詳細については、「 新機能」を参照してください。

Desktop Analytics は、Configuration Manager と統合されたクラウドベースのサービスです。 このサービスは、Windows クライアントの更新の準備状況に関する情報に基づいた意思決定を行うために、分析情報とインテリジェンスを提供します。 組織のデータと、Microsoft クラウド サービスに接続されている数百万のデバイスから収集されたデータを組み合わせます。

Configuration ManagerでDesktop Analyticsを使用して、次の手順を実行します。

  • organizationで実行されているアプリのインベントリを作成する

  • 最新のWindows 10機能更新プログラムとのアプリの互換性を評価する

  • 互換性の問題を特定し、クラウド対応データ分析情報に基づいて軽減策の提案を受け取る

  • 最小限のデバイス セット全体でアプリケーションとドライバー資産全体を表すパイロット グループを作成する

  • パイロット管理デバイスと運用管理デバイスにWindows 10をデプロイする

Microsoft Intune管理センターのDesktop Analyticsホーム ページのスクリーンショット。

次のビデオは Ignite 2019 からのセッションで、Desktop Analyticsの詳細が含まれています。

Desktop AnalyticsとConfiguration Managerを使用して、管理、サービス、サポートに関するデータドリブン分析情報を通じて Windows TCO を削減する

詳細なデモについては、10:00 にスキップします。

注:

Desktop Analyticsは、2020 年 1 月 31 日に廃止された Windows Analytics の後継者です。

Windows Analytics の機能は、Desktop Analytics サービスで組み合わされます。 Desktop Analyticsは、Configuration Managerと緊密に統合されています。 詳細については、「 Windows Analytics のお客様向けの FAQ」を参照してください。

利点

多くのお客様は、Windows 10を取得して最新の状態を維持することに課題があります。 主な課題は、アプリケーションのテストです。 通常、このプロセスは手動です。 IT 管理者とアプリケーション所有者が既存のアプリケーションを継続的に分析するには、時間がかかります。 次に、発生した問題を修復します。

Desktop Analyticsには、次の利点があります。

  • デバイスとソフトウェアのインベントリ: アプリや Windows のバージョンなどの主要な要因のインベントリ。

  • パイロット識別: 要因の範囲が最も広いデバイスの最小セットを識別します。 Windows のアップグレードと更新プログラムのパイロットにとって最も重要な要因に焦点を当てています。 パイロットがより成功していることを確認すると、運用環境での広範なデプロイをより迅速かつ自信を持って続行できます。

  • 問題の識別: 集約された市場データと環境からのデータを使用して、サービスは、Windows を取得して最新の状態に保つ潜在的な問題を予測します。 その後、潜在的な軽減策が提案されます。

  • Configuration Manager統合: サービス クラウドにより、既存のオンプレミス インフラストラクチャが有効になります。 このデータと分析を使用して、デバイスに Windows を展開および管理します。

前提条件

Desktop Analyticsを使用するには、環境が次の前提条件を満たしていることを確認します。

ヒント

いくつかの Azure 用語を明確にするには:

  • Microsoft Entra ID テナントは、ユーザー アカウントとアプリ登録のディレクトリです。 1 つのテナントに複数のサブスクリプションを設定できます。
  • Azure サブスクリプション は、課金、リソース、サービスを分離します。 これは 1 つのテナントに関連付けられています。

詳細については、「 Microsoft のクラウド オファリングのサブスクリプション、ライセンス、アカウント、テナント」を参照してください。

技術

  • グローバル管理者のアクセス許可を持つアクティブなグローバル Azure サブスクリプションとMicrosoft Entra テナント。 Microsoft アカウント はサポートされていません。

    重要

    Desktop Analyticsは、Windows 診断データを利用する Azure グローバルでホストされる Windows サービスです。 Desktop Analyticsは、米国政府機関のお客様が利用できる Azure グローバル サービスですが、米国政府機関コミュニティ コンプライアンス (GCC) 属性を満たしていません。 Microsoft 製品とサービスのコンプライアンス オファリングの一覧については、 Microsoft セキュリティ センターを参照してください。 Desktop Analytics GCC High または米国国防総省 (DOD) のお客様は使用できません。 Desktop Analytics ワークスペースをホストするためのAzure Government サブスクリプションの使用はサポートされていません。

  • organizationの Intune を設定します。

  • サポートされているバージョンのConfiguration Manager。

    注:

    Desktop Analyticsでは、1 つのMicrosoft Entra テナントにレポートする複数のConfiguration Manager階層がサポートされます。 環境内に複数の階層がある場合は、次のオプションがあります。

    • さまざまな商用 ID とMicrosoft Entraテナントを使用します。
    • 同じ商用 ID を使用して、Microsoft Entra テナントと Desktop Analytics インスタンスを共有するように両方の階層を構成します。 階層ごとに 異なるアプリ を使用します。 ポータルが変更を反映するには、階層を切断してから最大で 30 日かかる場合があります。
  • Windows 10を実行しているデバイス。

    重要

    2021 年 7 月以降、Desktop Analyticsは Windows 診断データ プロセッサの構成をサポートしています。 この構成は、サポートされているバージョンのWindows 10に対してのみ行われます。 詳細については、「 Windows 診断データ プロセッサの構成のサポート」を参照してください。

    Desktop Analyticsでは、Windows 11はサポートされていません。ハードウェアの準備Windows 11詳細については、テナント接続とエンドポイント分析を有効にすることをお勧めします。

    • 最新の更新プログラムをインストールします。 詳細については、「デバイスの 更新」を参照してください。

    • サポートされているバージョンのConfiguration Manager クライアントで管理されます。

    • バージョン 2010 以降では、Configuration Managerを使用して、長期サービス チャネル (LTSC) 2019 デバイスWindows 10 Enterprise登録してDesktop Analyticsできます。 これらのデバイスを登録したら、展開計画でそれらを評価して、LTSC から半期のサービス チャネルに移行できます。

      注:

      Desktop Analyticsでは、WINDOWS 10 ENTERPRISE LTSC 2019 のみがサポートされます。これは、Windows 10 Version 1809と同等です。 Windows 10 Enterprise 2015 LTSB (バージョン 1507) またはWindows 10 Enterprise 2016 LTSB (バージョン 1607) はサポートされていません。

      バージョン 2006 以前Configuration Managerでは、Desktop Analyticsでは、WINDOWS 10 LTSC との間のアップグレードはサポートされていません。 詳細については、「サービスとしての Windowsの概要」を参照してください。

    注:

    Desktop Analyticsは、インプレース アップグレード シナリオを最適にサポートするように設計されています。 32 ビットから 64 ビットのアーキテクチャなど、大きな変更を加える必要がある場合は、イメージング シナリオを使用します。 Desktop Analytics分析情報は、これらの従来の OS 展開シナリオでは引き続き重要ですが、インプレース アップグレード固有のガイダンスは無視できます。 詳細については、「Configuration Managerを使用してエンタープライズ オペレーティング システムを展開するシナリオ」を参照してください。

  • Windows 診断 データ。 詳細については、次の記事を参照してください。

  • デバイスから Microsoft パブリック クラウドへのネットワーク接続。 詳細については、「 データ共有を有効にするインターネット エンドポイント」を参照してください。

重要

Microsoft は、プライバシーを管理するツールとリソースを提供することに強いコミットメントを持っています。 その結果、Microsoft は、ヨーロッパの国/地域 (欧州経済地域 [EEA]、スイス、英国) にあるデバイスから次のデータを収集しません。

  • Windows 8.1 デバイスからの Windows 診断データ
  • Windows 7 のアプリ使用状況データ

ライセンスとコスト

  • アクティブなグローバル Azure サブスクリプション。

  • Microsoft Entra テナント。

    注:

    Configuration Managerの同等のサブスクリプションのほとんどは、Microsoft Entra ID も含まれています。 たとえば、Microsoft 365 プランEnterprise Mobility + Security ライセンスに関するページを参照してください。

  • 管理者がMicrosoft Intune管理センターにアクセスするための少なくとも 1 つの Intune ライセンス。

  • Desktop Analyticsに登録されているデバイスには、有効なConfiguration Manager ライセンスが必要です。 詳細については、「Configuration Manager ライセンス」を参照してください。

  • デバイスのユーザーには、次のいずれかのライセンスが必要です。

    • Windows 10 Enterprise E3 または E5 (Microsoft 365 F3、E3、または E5 に含まれます)

    • Windows 10 Education A3 または A5 (Microsoft 365 A3 または A5 に含まれます)

    • ユーザーあたりの仮想デスクトップ アクセス (VDA) のWindows 10

注:

これらのライセンス サブスクリプションのコストを超えて、Azure Log Analytics 内でDesktop Analyticsを使用するための追加コストは発生しません。 Desktop Analyticsによって取り込まれるデータ型は、Log Analytics のデータ インジェストとリテンション期間の料金から解放されます。 課金対象外のデータ型として、このデータは Log Analytics の毎日のデータ インジェスト上限の対象にもなりません。 詳細については、「 Log Analytics の使用状況とコスト」を参照してください。

同じ Log Analytics ワークスペースを使用する別の Azure ソリューションを使用する場合は、デバイスに対して課金される可能性があります。 たとえば、Azure Security Center。 Desktop Analyticsデバイスに対して課金されないようにするには、これらの他の課金対象ソリューション用に別の Log Analytics ワークスペースを使用します。

次の手順

次のチュートリアルでは、Configuration ManagerでのDesktop Analyticsの概要に関する詳細なガイドを示します。