セルフサービスによる購入を管理する (管理者)

管理者は、組織内のユーザーが行ったセルフサービス購入を確認できます。 セルフサービス購入ごとに、製品名、購入者名、購入したサブスクリプション、有効期限、購入価格、割り当てられたユーザーが表示されます。 組織で必要な場合は、PowerShell を使用して製品ごとにセルフサービス購入をオフにすることができます。 セルフサービス購入または一元的に購入した製品に対して、同じデータ管理とアクセス ポリシーがあります。

また、組織内のユーザーがセルフサービスで購入できるかどうかを制御することもできます。 詳細については、「MSCommerce PowerShell モジュールに AllowSelfServicePurchase を使用する」を参照してください。

セルフサービス サブスクリプションを表示する

  1. 管理センターで、[課金]>[製品] ページの順に移動します。
  1. 管理センターで、[課金]>[製品] ページの順に移動します。
  1. [製品] タブで、フィルター アイコンを選択し、[セルフサービス] を選択します。
  2. サブスクリプションの詳細を表示するには、一覧からサブスクリプションを選択します。

セルフサービス購入サブスクリプションのライセンスを持つユーザーを表示する

注:

管理者は、組織内のユーザーが購入したセルフサービス購入サブスクリプションのライセンスを割り当てたり割り当て解除したりすることはできません。 セルフサービス購入サブスクリプションを引き継ぐと、ライセンスの割り当てまたは割り当て解除を行うことができるようになります。

  1. 管理センターで、[ 課金>ライセンス ] ページに移動します。
  1. 管理センターで、[ 課金>ライセンス ] ページに移動します。
  1. フィルター アイコンを選択し、[ セルフサービス] を選択します。
  2. 製品を選択すると、ユーザーに割り当てられているライセンスが表示されます。

    注:

    1 つの製品に対して複数の購入がある場合、その製品は 1 回だけ表示され、[ 利用可能な数量 ] 列には、その製品に対して購入したすべてのサブスクリプションの合計が表示されます。

  3. [ユーザー] リストは、セルフサービス購入を行ったユーザーの名前でグループ化されます。
  4. これらのサブスクリプションのライセンスを持つユーザーの一覧をエクスポートするには、エクスポートするサブスクリプションを選択し、[ ユーザーのエクスポート] を選択します。

セルフサービス購入を無効または有効にする

組織内のユーザーのセルフサービス購入を無効または有効にすることができます。 MSCommerce PowerShell モジュールには、AllowSelfServicePurchasePolicyID パラメーター値が含まれています。これにより、組織内のユーザーがセルフサービス購入を行えるかどうか、およびどの製品を購入できるかを制御できます。

MSCommerce PowerShell モジュールを使用すると以下のことができます。

  • AllowSelfServicePurchase パラメーター値の既定の状態 (製品で有効か無効かに関係なく) を表示します
  • 利用可能な製品の一覧およびセルフサービス購入の有効または無効を表示する
  • 特定の製品の現在の設定を表示または変更し、有効または無効にする

重要

AllowSelfServicePurchase ポリシーを使用すると、セルフサービス購入とセルフサービス試用版の両方が有効または無効になります。 セルフサービス購入に使用できる製品の一覧については、「セルフサービス購入 製品とその状態の一覧を表示する」を参照してください。 試用版サブスクリプションでは、Project と Visio のみが使用できます。

詳細については、「MSCommerce PowerShell モジュールに AllowSelfServicePurchase を使用する」を参照してください。

1 つのサブスクリプションでライセンスを一元化する

既存のライセンスを割り当てたり、セルフサービス購入に割り当てられたユーザーに対して既存の契約を通じて追加のサブスクリプションを購入したりできます。 これらの一元的に購入したライセンスを割り当てた後、購入者に既存のサブスクリプションを取り消す要求を行うことができます。

  1. 管理センターで、[ 課金>購入サービス ] ページに移動します。
  1. 管理センターで、[課金>購入サービス] ページに移動します。
  1. 購入する製品を見つけて選択し、[ 購入] を選択します。
  2. 購入を完了するには、残りの手順を完了します。
  3. 次の手順で参照するユーザーの一覧をエクスポートするには、「 セルフサービス購入サブスクリプションのライセンスを持つユーザーを表示 する」の手順に従います。
  4. 他のサブスクリプションでライセンスを持っているすべてのユーザーにライセンスを割り当てます。 完全な手順については、「 ユーザーにライセンスを割り当てる」を参照してください。
  5. セルフサービス購入サブスクリプションを購入したユーザーに連絡し、 キャンセルするように依頼します。

セルフサービス購入サブスクリプションを引き継ぐ

組織内のユーザーによって作成されたセルフサービス購入サブスクリプションを引き継ぐこともできます。 セルフサービス購入サブスクリプションを引き継ぐ場合、次の 2 つのオプションがあります。

  1. ユーザーを別のサブスクリプションに移動し、元のサブスクリプションを取り消します。
  2. セルフサービス購入サブスクリプションを取り消し、割り当てられたユーザーからライセンスを削除します。

ユーザーを別のサブスクリプションに移動する

ユーザーを別のサブスクリプションに移動すると、古いサブスクリプションは自動的に取り消されます。 最初にセルフサービス購入サブスクリプションを購入したユーザーは、サブスクリプションが取り消されたことを示す電子メールを受け取ります。

注:

ユーザーを移動するサブスクリプションで移動するユーザーごとに、使用可能なライセンスが必要です。

  1. 管理センターで、[課金]>[製品] ページの順に移動します。
  1. 管理センターで、[製品課金>] ページに移動します。
  1. [製品] タブで、フィルター アイコンを選択し、[セルフサービス] を選択します。
  2. 引き継ぐサブスクリプションを選択します。
  3. [サブスクリプションの詳細] ページの [ サブスクリプションと設定 ] セクションで、[ このサブスクリプションを制御する] を選択します。
  4. 右側のウィンドウで、[ ユーザーの移動] を選択します。
  5. ユーザーを移動する製品を選択し、[ユーザーの移動] を選択 します
  6. [ ユーザーの移動先] ボックスで、[ユーザーの 移動] を選択 します。 移動プロセスには数分かかる場合があります。 プロセスの実行中はブラウザーを閉じないでください。
  7. 移動プロセスが完了したら、[完了した移動] ウィンドウを閉じます。
  8. サブスクリプションの詳細ページで、セルフサービス購入 サブスクリプションの [サブスクリプションの状態][削除済み] と表示されます。

セルフサービス購入サブスクリプションを取り消す

セルフサービス購入サブスクリプションを取り消す場合、ライセンスを持つユーザーは製品にアクセスできなくなります。 最初にセルフサービス購入サブスクリプションを購入したユーザーは、サブスクリプションが取り消されたことを示す電子メールを受け取ります。

  1. 管理センターで、[課金]>[製品] ページの順に移動します。
  1. 管理センターで、[製品課金>] ページに移動します。
  1. [製品] タブで、フィルター アイコンを選択し、[セルフサービス] を選択します。
  2. キャンセルするサブスクリプションを選択します。
  3. [サブスクリプションの詳細] ページの [ サブスクリプションと設定 ] セクションで、[ このサブスクリプションを制御する] を選択します。
  4. 右側のウィンドウで、[ サブスクリプションの取り消し] を選択します。
  5. ドロップダウン リストからキャンセルの理由を選択し、[ サブスクリプションの取り消し] を選択します。
  6. [キャンセルしますか? ] ボックスで、[サブスクリプションの取り消し] を選択します。
  7. 右側のウィンドウを閉じます。
  8. サブスクリプションの詳細ページで、[ サブスクリプションの状態 ] が [削除済み] と表示されます。

お困りの際は、 お問い合わせください。

セルフサービスでの購入に関するよく寄せられる質問については、「セルフサービスでの購入に関する FAQ」を参照してください。

ご質問がある場合や、セルフサービスでのご購入については、サポートにお問い合わせください。