次の方法で共有


Microsoft 365 管理センター内のユーザーのライセンスの割り当てまたは割り当て解除

スモール ビジネス ヘルプとラーニングに関するすべてのスモール ビジネス コンテンツをご覧ください。

Microsoft 365 管理センターの [アクティブ なユーザー] ページまたは [ライセンス] ページで、ユーザーのライセンスの割り当てまたは割り当てを解除できます。 使用する方法は、特定のユーザーのライセンスを割り当てるか割り当て解除するか、特定の製品のユーザーを割り当てるか割り当て解除するかによって異なります。

注:

  • 管理者は、組織内のユーザーが購入したセルフサービス購入サブスクリプションのライセンスを割り当てたり割り当て解除したりすることはできません。 購入または試用版サブスクリプションを引き継ぎ、ライセンスの割り当てまたは割り当て解除を行うことができます。
  • 一部のサブスクリプションでは、サブスクリプションを購入または更新した後、限られた時間内にのみキャンセルできます。 キャンセル期間が過ぎた場合は、定期的な請求をオフにして、期間の終了時にサブスクリプションをキャンセルします。

ユーザーを追加すると同時にライセンスを割り当てる方法を説明します

ヒント

このトピックの手順に関するヘルプが必要な場合は、Microsoft Small Business スペシャリストとの協働を検討してください。 Business Assist を使用すると、オンボーディングから日常使用まで、ビジネスを成長させながら従業員とともに一日中いつでも中小企業の専門家にアクセスできます。

はじめに

[ライセンス] ページを使用してライセンスの割り当てまたは割り当てを解除する

[ライセンス] ページでは、一度に最大 20 人のユーザーに対して、ライセンスを割り当てることや、ライセンスの割り当てを解除することができます。 このページには、所有している製品、各製品の使用可能ライセンスの数、および使用可能ライセンスの合計数のうちの割り当て済みライセンスの数が表示されます。

[ライセンス] ページには、同じ製品名のすべてのサブスクリプションのライセンスの合計が表示されます。 たとえば、5 つのライセンスを持つMicrosoft 365 Business Premiumのサブスクリプションと、同じ製品に対して 8 つのライセンスを持つ別のサブスクリプションがあるとします。 [ライセンス] ページには、すべてのサブスクリプションを合わせて、Microsoft 365 Business Premium のライセンスが 13 個あることが示されます。 この番号は、同じ製品の場合でも、所有しているサブスクリプションごとに行が表示される [ 製品 ] ページに表示される数値とは異なります。

重要

ゲスト ユーザーにライセンスを割り当てる場合は、「ゲスト ユーザーに ライセンスを割り当てる」の手順に従います。

[ライセンス] ページを使用してライセンスを割り当てる

  1. 管理センターで、[ 課金>ライセンス ] ページに移動します。
  2. 製品を選択します。
  3. 製品の詳細ページで、[ライセンスの割り当て] を選択します。
  4. [ユーザーにライセンスを割り当てる] ウィンドウで、名前の入力を開始し、結果から名前を選択して一覧に追加します。 最大 20 人のユーザーを同時に追加することができます。
  5. 特定のアイテムへのアクセス権を割り当てまたは削除するには、[アプリとサービスをオンまたはオフにする] を選択します。
  6. 完了したら、[割り当てる] を選択し、右側のウィンドウを閉じます。

競合が発生した場合は、問題の内容と解決方法を示すメッセージが表示されます。 たとえば、競合するサービスを含むライセンスを選択した場合、エラー メッセージが表示され、各ライセンスに含まれるサービスを確認してやり直します。

ユーザーがアクセスできるアプリとサービスを変更する

  1. 管理センターで、[ 課金>ライセンス ] ページに移動します。
  2. [ライセンス] ページで、特定のユーザーの行を選択します。
  3. 詳細ウィンドウで、アクセス権を付与または削除するアプリとサービスを選択または選択解除します。
  4. 完了したら、[保存] を選択し、[閉じる] を選択します。

[ライセンス] ページを使用してライセンスの割り当てを解除する

  1. 管理センターで、[ 課金>ライセンス ] ページに移動します。
  2. 製品を選択します。
  3. ライセンスの割り当てを解除するユーザーのチェック ボックスをオンにします。
  4. [ライセンスの割り当て解除] を選択します。
  5. [ライセンスの割り当て解除] ボックスで、[割り当て解除] を選択します。

[アクティブ ユーザー] ページを使用してライセンスの割り当てまたは割り当てを解除する

[アクティブ ユーザー] ページを使用してライセンスの割り当てまたは割り当てを解除する場合は、ユーザー ライセンスを製品に割り当てるか、割り当て解除します。

重要

ゲスト ユーザーにライセンスを割り当てる場合は、「ゲスト ユーザーに ライセンスを割り当てる」の手順に従います。

1 人のユーザーにライセンスを割り当てる

  1. 管理センターで、[ユーザー]>[アクティブ ユーザー] ページの順に移動します。
  2. ライセンスを割り当てるユーザーの行を選択します。
  3. 右側のウィンドウで、[ライセンスとアプリ] を選択します。
  4. [ライセンス] セクションを展開し、割り当てるライセンスのボックスを選択して、[変更の保存] を選択します。

複数のユーザーにライセンスを割り当てる

  1. 管理センターで、[ユーザー]>[アクティブ ユーザー] ページの順に移動します。
  2. ライセンスを割り当てるユーザー名の横にある円を選択します。
  3. 上部にある [製品ライセンスの管理] を選択します。
  4. [ 製品ライセンスの管理 ] ウィンドウで、[ 追加の割り当て: 既存のライセンスを保持し、さらに>次へを割り当てる] を選択します。
  5. [ ライセンス] で、選択したユーザーに付与するライセンスのボックスを選択します。
    既定では、それらのライセンスに関連付けられているすべてのサービスがユーザーに自動的に割り当てられます。 ユーザーが利用できるサービスを制限できます。 ユーザーが持たないようにするサービスのボックスの選択を解除します。
  6. ウィンドウの下部にある [変更の保存] をクリックします。
    すべてのユーザーに十分なライセンスがない場合は、さらにライセンスを購入する必要がある場合があります。

注:

多数のユーザーにライセンスを割り当てる場合は、Microsoft Entra IDのグループ メンバーシップ別にユーザーにライセンスを割り当てるを使用します。

ゲスト ユーザーにライセンスを割り当てる

ゲスト ユーザーを招待して、Microsoft Entra 管理センターでorganizationと共同作業できます。 ゲスト ユーザーの詳細については、「 B2B コラボレーションの概要」を参照してください。 ゲスト ユーザーがいない場合は、「 クイック スタート: ゲスト ユーザーを追加して招待を送信する」を参照してください。

重要

次の手順を実行するには、全体管理者である必要があります。

  1. Microsoft Entra 管理センターに移動します。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、[ユーザー] [すべてのユーザー] の順に>選択します。
  3. [ ユーザー ] ページで、検索ボックスの横にある [ フィルターの追加] を選択します。
  4. [ フィルターの追加] ドロップダウン リストで、[ ユーザーの種類] を選択します。
  5. [ ] ドロップダウン リストを選択し、[ ゲスト] を選択し、[ 適用] を選択します。
  6. 結果の一覧で、ライセンスが必要なユーザーの名前を選択します。
  7. ナビゲーション ウィンドウの [ 管理] で、[ライセンス] を選択 します
  8. [割り当て] を選択します。
  9. [ ライセンスの選択] で、ライセンスを割り当てる製品を選択します。
  10. [ライセンス オプションの確認] で、ゲスト ユーザーがアクセス権を持たないようにするサービスの [チェック] ボックスをオフにします。
  11. ページの下部にある [保存] を選択 します

アクティブなユーザー ページを使用して、ライセンスの割り当てを解除する

[アクティブ ユーザー] ページを使用してライセンスの割り当てを解除すると、ユーザーから製品ライセンスを削除します。

1 ユーザーからライセンスの割り当てを解除する

  1. 管理センターで、[ユーザー]>[アクティブ ユーザー] ページの順に移動します。
  2. ライセンスの割り当てを解除するユーザーの行を選択します。
  3. 右側のウィンドウで、[ライセンスとアプリ] を選択します。
  4. [ライセンス] セクションを展開し、割り当ての解除を行うライセンスのボックスを選択を解除して、[変更の保存] を選択します。

複数のユーザーからライセンスの割り当てを解除する

  1. 管理センターで、[ユーザー]>[アクティブ ユーザー] ページの順に移動します。
  2. ライセンスの割り当てを解除するユーザー名の横にある丸ボタンを選択します。
  3. 上部にある [製品ライセンスの管理] を選択します。
  4. [製品ライセンスの管理] ウィンドウで、[すべての割り当てを解除]>[変更を保存] を選択します。
  5. ウィンドウの下部で、[完了]を選択します。

ライセンスを削除すると、ユーザーのデータはどうなりますか?

  • ユーザーからライセンスを削除すると、そのアカウントに関連付けられているデータは 30 日間保持されます。 30 日間の猶予期間後、データは削除され、復元できなくなります。 ただし、アイテム保持ポリシーにリンクされており、保持ラベルに一致するコンテンツは検出のために保持されます。
  • OneDrive for Business に保存されたファイルは、ユーザーが Microsoft 365 管理センターから削除されるか、Active Directory 同期によって削除されない限り、削除されません。 詳細については、「OneDrive の保持と削除」を参照してください。
  • ライセンスが削除されると、ユーザーのメールボックスは、コンテンツ検索や電子情報開示 (Premium) などの電子情報開示ツールを使用して検索できなくなります。
  • Office 365 Enterprise E3 などの Enterprise サブスクリプションがある場合、Exchange Online では、非アクティブなメールボックスを使用して、削除されたユーザー アカウントのメールボックス データを保存できます。 詳細については、「Exchange Online の非アクティブなメールボックスの作成と管理」を参照してください。
  • ライセンスが削除された後にユーザーの Microsoft 365 データへのアクセスをブロックする方法と、その後データにアクセスする方法については、「 概要: 元従業員とセキュリティで保護されたデータを削除する」を参照してください。
  • ユーザーのライセンスを削除しても、Microsoft 365 アプリがインストールされている場合は、Microsoft 365 アプリを使用するときに ライセンスのない製品とライセンス認証エラーが Office に表示されます

次の手順

ライセンスを割り当て、ユーザーに Microsoft 365 アプリがインストールされていない場合は、Microsoft 365 for business の従業員クイック セットアップをユーザーと共有して、Microsoft 365 をダウンロードしてインストールまたは再インストールしたり、PC または Mac にOffice 2021したり、モバイル デバイスで Microsoft 365 アプリとメールを設定したりできます。

ライセンスの割り当てを解除し、未使用のライセンスを他のユーザーに再割り当てする予定がない場合は、必要以上に多くのライセンスを支払わないよう 、サブスクリプションからライセンスを削除 することを検討してください。

一般法人向け Microsoft 365 のサブスクリプションとライセンスを理解する (記事)
Microsoft ビジネス サブスクリプションのライセンスを購入または削除 する (記事)